スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/20(月) 22:06:07.658 ID:Ycmb2iMa0
男「ジャーン、新車を買ったぞ!」

妻「まぁ、ステキ!」

娘「かっこいいー! これなんてくるま?」

男「ハイエースっていうんだ」

男「今日はこのハイエースで家族でドライブに行こう!」

娘「いこー!」

妻「くれぐれも安全運転でお願いね」

THE IDOLM@STER

1: ◆Freege5emM 2015/06/07(日) 23:49:51.79 ID:6IkAj5xbo
※少し地の文有り
※あらすじ
周子と志希のちょっとぎこちない交流

※塩見周子
https://i.imgur.com/wY7cTND.jpg
https://i.imgur.com/DPOOe9V.jpg

※一ノ瀬志希
https://i.imgur.com/EVzwCZT.jpg
https://i.imgur.com/cMDSN1U.jpg

※ 友情出演 宮本フレデリカ
https://i.imgur.com/3fHaZRb.jpg
https://i.imgur.com/GIgNcln.jpg

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433688581

THE IDOLM@STER

1: ◆oMBS3yv5ZU 2015/12/12(土) 19:13:35.41 ID:0n1ypoRSO
P「と云うキャッチコピーで行こうと思うんだが」

律子「却下です」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449915215

THE IDOLM@STER

1: ◆3xQXQ8weeA 2018/09/20(木) 11:10:06 ID:MwJf958s
灯織ぃいいいいうわああああ

イルミネとPが灯織を褒め倒す。シャニマスSSもっと増えれ

その他

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/07/03(火) 23:39:02 ID:C.YkkYY2
俺「ふぅ、ようやく今日の仕事も終わりそうだ。後は片付けをするだけ……」

???「ふっふっふ」

俺「!?何者だ!」

怪人・追加案件「俺様は怪人・追加案件!」

魔女・滑り込み依頼「私は魔女・滑り込み依頼!」

怪人・追加案件「貴様の命、もらい受けに参った!」

魔女・滑り込み依頼「じわじわと苦しめて殺してあげるわ!」

俺「ひ、ひぃぃぃ!?ば、化け物!に、逃げないと……!」

怪人・追加案件「おっと、戦闘員・雑務部隊!取り囲め!」

雑務A「ザツザツ!」

雑務B「ザツザツ!」

雑務C「ザツザツ!」

ラブライブ!

1: ◆ndS4LjgmzU 2016/09/04(日) 16:11:37.86 ID:2UKtG3nT0
ほのぼの系リハビリ。
あなた視点です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472973097

その他

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/18(火) 21:33:39 ID:vFLiViwA
あたしの町には怪獣がいるらしい

大きさは学校の体育館くらいだって

怪獣ってだけでも不思議なんだけど、この怪獣は

「うーん…あたしには見えないなあ」

「おいら見える」

見える人と見えない人がいる

THE IDOLM@STER

1: ◆TOYOUsnVr. 2018/09/19(水)00:23:56 ID:0EE
ある昼下がりのこと。

そろそろ娘が学校から帰ってくる頃だろう、と掃除の手を止め、台所に入ります。

髪を後ろで束ね、手を洗い、エプロンをつけたのちに、冷蔵庫の中を確認します。

買い物の必要はなさそうでした。

今ある食材で作れそうなものをいくつか思い浮かべ、適当に手近なものを取り出して、シンクの上に並べていきます。

さて、娘が帰ってくるまでに手早く作ってしまうとしましょう。

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/24(土) 21:53:20.61 ID:6nJWYlSF0
デレアニ×戦闘中のSSです

それではどうぞ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445691200

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆TLyYpvBiuw 2016/12/30(金) 09:58:10.04 ID:HHBrV44ao

ある日、鎮守府の所在するこの地方に雪が降り積もった。

鎮守府の外では加賀さんと電さんが雪掻きをしている。

加賀さんはクリスマスプレゼントであるピンクのモコモコしたコートと、これまたピンクの手袋を身に付けている。

電さんは支給品の紺色のコートと白の軍手であった。

そこへパラリと小雪がちらつく。

電「もう降らなくてもいいよ、早く止んでくれー!」

二人が懸命に雪掻きをしているのにはある理由があった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483059489

PAGE TOP