スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

P「頭を挙げて山月を望み!」 小鳥「頭を垂れて故郷を思う!」

THE IDOLM@STER

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 22:47:12.14 ID:E9QLOY56o

P「………。」

小鳥「………。」

P「小鳥さん。」

小鳥「はい。」

P「どうですか?故郷を思いますか?」

小鳥「うーん。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394977631


2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 22:56:37.17 ID:E9QLOY56o

小鳥「月をみて……そんな事を思うよりも」

小鳥「私はお酒を飲んだ方がいいと思うんです!」

P「あ、このパターンは。」

小鳥「ピヨヘヘヘ。飲むんですよ。」

小鳥「一杯一杯!また一杯!」ピヨヘヘヘヘ

P「また飲むんですか~。」

P「このまえ、体重増えたって言ったじゃないですか……。」

小鳥「ううっ……。」

P「ビール腹はかっこ悪いですよ。」

P「うわー小鳥ビール腹なのぉ(似てない美希のものまね)」

P「とか事務所のメンバーに言われますよ。」

小鳥「ううっ。」

3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 23:02:42.23 ID:E9QLOY56o

P「あー。でも。」

P「実家帰りたくなったなぁ……。」

次の日

社長「…と、いうわけで。」

小鳥「プロデューサーさんはお休みを取られて、地元に帰られました。」

アイドル「…………。」

ヒュッ!!

社長・小鳥「!?」

小鳥「か……風のごとく。」

社長「いやいや、青春だねぇ。」

4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 23:06:27.39 ID:E9QLOY56o

P地元

P「………ん?」

P「あれ?降りる駅を間違えたかな?」

P「俺とした事が…ハッハッハッ。」

P「俺が降りる駅はこの先の礎土駅だよなぁ……。」

看板「礎土駅」バババァーz_ン!!

P「………。」

P「あれ、これ俺の地元だ。」

5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 23:15:20.33 ID:E9QLOY56o

じいさん「はっはっは、ばあさんや。畑仕事へ行ってくるぞや。」

ばあさん「はいはい、元気に言っといでー。」

じいさん「HAHAHA、BASANや、ちょっとダンシングに行ってくるZE!!」

ばあさん「HEY!! あたしもフィーバしますぞえ!!」

P「何だよこの変わりよう……。」

春香「ねぇねぇ、プロデューサーさんが困ってるよ。」コソコソ

貴音「成程。」コソコソコソコソ

響「でもどうするんさ……。」

千早「運を天に任せましょう。」

社長「そうだねぇ……。」

小鳥「ピヨピヨ。」

アイドル「あれ! 二人とも何時の間に!」

社長・小鳥「みんなには言われたくない。」

6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 23:16:57.09 ID:E9QLOY56o

そして楽しく過ごしました。

12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 09:58:21.90 ID:O0bb9Vibo

P「な……なんか凄い見られてる気がする。」

クルッ

全員「」ササッ

P「………気のせいだよな。」

全員「うんうん」

P「でも、昼飯。どうすっかなぁ…。」

P「腹へった~」グゥゥゥゥゥ

13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 10:02:04.95 ID:O0bb9Vibo

美希「なら、ミキがハニーの実家で作ってあげるの」ダッ

千早「やめなさい、どうせおにぎりでしょ!」グッ

春香「抜けがけですよ、抜けがけ!」ググッ

やよい「そうですよ、ご飯なら私に任せてほしいです。」

やよい「家庭の味です!」

三人「うっさい! もやし職人が!」

やよい「なっ!」

伊織「その話は聞き捨てならないわ!!」

響「う、うがー! 喧嘩はだめだぞ!」

四条「そうです、ここは折衷案で私と響で……。」

春香・美希・千早・伊織・やよい「あ?」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

貴音「……面妖な。」ショボン

14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 10:06:56.90 ID:O0bb9Vibo

春香「ここはメインヒロインの私が……」

伊織「良いや私よ!」

P「あの……」

貴音「私の超絶美味なラーメンを。」

響「じぶんの特製沖縄料理さ!」

やよい「いやいや、特選もやしりょうりです!」

P「おい……。」

春香・美希・千早・伊織・やよい・貴音・響「何ですか! 五月蠅いですプロデューサー!」

P「はい。」

春香・美希・千早・伊織・やよい・貴音・響「全く………。」

春香・美希・千早・伊織・やよい・貴音・響「………えっ。」

P「うん。」

15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 10:10:35.54 ID:O0bb9Vibo

春香「プ・・・プロデューサーさん。どうしてここに!」アセアセ

千早「き、奇遇ですね。」アセアセ

美希「ホントだよ! 偶然後ろをつけまわ…ムググ」ムグムグ

P「みんな、仕事は?」

全員「五秒で終わらしてきました。」

P「何ですと。」

P「ってか、社長に小鳥さんも……。」

社長「はははっ、何というか…ね。」

小鳥「ゆるして下さい。これも、若さゆえの過ちなんです。」

美希「若さゆえって……小鳥」

千早「やめなさい。」

美希「ムグムグ」

16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 10:17:05.81 ID:O0bb9Vibo

P「奇遇(という体)なんですね。此処は俺の地元なんです。」

春香「ほほう」←知らないフリ

千早「いいところですね。」←知らないフリ

P「ありがとう。」

P「昔はもっと田舎だったんだけど、いつの間にか都会っぽくなったんだよなぁ。」

伊織「これで都会って……。」

春香「と…都会です。」

千早「と…都会よね。」

真美「都会だよ!」ハツトウジョウ

亜美「都会なんだよいおりん!」ハツトウジョウ

P「無理しなくていいぞ。都会にもまれたお前らだから言えるセリフだよ。」

P「だが、ところで」

17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 10:18:10.51 ID:O0bb9Vibo

アレ・・・765プロノアイドルジャナイ?

ホントダ、ミンナイル。

シャシントッチャオ!!

P「おまえら、変装くらいしてから来い。」

アイドル「アハハハハハ。」

18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 10:25:49.70 ID:O0bb9Vibo

P地元の城(モデル:武田城)

伊織「ね、ねぇ。まだお城は見えないの?」

真「何だよ、伊織もうへばったの?」ハツトウジョウ

伊織「なによ、今の今までおとなしかったくせに……。」

春香「ハァ・・・ハァ・・・ダンスレッスンしてるはずなのに。」

スッ

春香「えっ。」

千早「仕方ないわ。山を登るのとダンスをするのとでは使う力が違うから。」

春香「ありがとう、千早ちゃん。」

P「山登りって言うほど、登らないんだけどなぁ。」

P「ほら、もうすぐ着くよ。」

社長「だ、だめだ。音無君。」

小鳥「私も…むり。死ぬ。吐きそうです…。」

19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 10:28:54.10 ID:O0bb9Vibo

P「よし、ついたぞ!!」

全員「うわああああああああああああああっ!!」

P「この城は別名天空の城っていわれててな。」

真美「私も君と同じ二つの名前をもっているのだよ。」

亜美「ΩΩΩ<なんだってー!」

伊織「なんで、そんなネタ使うのよ。」

春香「きれい……」

千早「本当ね……。」

美希「ハニー。良いとこ連れてくれてありがとうなの!」

P「ははっ、有難う。喜んでくれてうれしいよ。」

20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 10:31:45.96 ID:O0bb9Vibo
訂正 武田城⇒竹田城

P「そして、さっき買ってきたお弁当を……」

春香「もう済ましてた体じゃなかったんですね。」

P「まぁ、お腹がすいているからって山を登らない理由にはなりゃせんよ。」

響「いや、普通はそういうのって、食べてから山上がるよね。」

亜美「登らない理由ってよりも。」

真美「登ろうって気にはならないよね。」

21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 10:35:24.68 ID:O0bb9Vibo

P「さて、おべんとの中身は~」

春香「なんじゃろな!」

パカッ

美希「ああっ! おにぎりなの!!」

伊織「ええっ~、おにぎり~。」

美希「嫌なら美希もらうね。」パクッ

伊織「ああああっ!! 美希、アンタっ!!」

美希「あれ? デコちゃん要らないんじゃないの?」

伊織「違うわよ!!!」

22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 10:43:23.57 ID:O0bb9Vibo

伊織「ムキー!」

美希「ごめんなさいなの!」

美希「でも、ゴメンね。もうミキのおにぎりも全部食べちゃったの。」

春香「早い~」

千早「本当ね。」

美希「あはは~、デコちゃん。捕まえてみるの~。」

伊織「このーまちなさい!」

律子「ほらー!暴れないの!」ハツトウジョウ

P「どうかな? 俺の地元は」

春香「最高でした!」

美希「でも、いつかはミキの地元にもなるんだよ!」

伊織「はいはい。」

P「最後にちょっとだけ、よりたい所あるんだけど良いか?」

春香「?」

23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 10:45:53.27 ID:O0bb9Vibo

Pの家

P「うぃーっす。ただいま」

母「あらま。おかえり。どうしたの。」

P「ん、いや。急に実家帰りたくなったからさ。」

母「本当に? うれしいわぁ。」

母「どうなん? 仕事は。」

P「大変だよ。皆人気アイドルになったんだから。」

母「そうやねぇ。ちょっとアイドルに会わして?ってことは?」

P「う~ん、アイドルの皆は別に断らないとは思うんだけど…。」

P(美希がなぁ……。)

24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 10:53:57.35 ID:O0bb9Vibo

P「いや、でも機会を狙ってセッティングするよ。」

P「だから、お袋。俺のアイドルを応援してほしい。」

母「勿論よ! お母さんはヤリマンって言われてるから!」

P「アゲマンな。本当ならそんな事実知りたくなかった……。」

母「あはは。」

美希「ハニーのお母さんなの。」

春香「すごい綺麗……。」

伊織「なんで、あの母親から微妙なプロデューサーが生まれたのかしら。」

美希「は?ハニーは最高にカッコいいの!」

伊織「フン、言ってなさい!」

母「……。」

P「ん?どうした?」

母「いいや、なにも。」

母「ニコッ」

アイドル「!?」

25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 10:55:36.09 ID:O0bb9Vibo

美希「バ・・・バレてるの。」

春香「ど、どうする?」

伊織「そうね……ここは。」

伊織「逃げましょう。」

美希「いや、此処は突っ込むが勝ちよ!」

響「そうだぞ! 第一自分たち近くにいるのに機会みてセッティングっていみわからないぞ!」

亜美「そうだよ!」

真美「トツゲキー!!」

26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 11:01:04.53 ID:O0bb9Vibo

P「なぁ……」

アイドル「!?」

P「言っとくが、丸聞こえだからな?」

アイドル「えっ。」

P「……ったく。ビックリさせてやろうっていう意図を丸つぶししやがって。」

母「あらあら。そう言う事。」

P「……ってなわけで。説明はいらないだろ。お袋。」

P「んで、アイドルのみんな。俺のお袋…母さんだ。」

美希「お母様! ミキをハニーのお嫁さんにしてほしいの!」

P「やっぱりな、この野郎!」

母「まぁ! Pも隅におけないねぇ。」

母「私も、美希ちゃんのような可愛い子なら大歓迎よ!」

その他「ナンデストッ!!」

律子「リッチャンモカワイイデスヨ!」

伊織「にひひっ、この伊織ちゃんをさしおいてそんなセリフは許さないわ!」

やよい「うっうー、負けませんよ!」

母「ねぇ、アンタ。これどういう事?」

P「ハァ・・・恋に恋する女子の若さゆえの過ちだよ。」

母「あらあら、若いころを思い出すわ。」

27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 11:03:36.23 ID:O0bb9Vibo

母「ちょっと狭いけど、晩御飯は家で食べてきなさい。」

P「ちょっ!お袋!」

母「いいじゃないの。セッティング。してくれたんでしょ?」

P「ったく。」

アイドル「やったー!」

そして、765プロのアイドルは
P母の料理の手伝いをしたり。

皆で美味しいご飯を食べたり。
Pの小さい頃の話で盛り上がり。
アルバムでPをいじったりして

楽しい一日を過ごしました。

28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 11:11:14.60 ID:O0bb9Vibo

エピローグ

P自宅

P「ただいま~。」

小鳥「つかれましたね~。」

P「子供の頃の恥ずかしい話とかアイドルに聞かれた~。」

小鳥「そうですね~。でも、私はよかったですよ。」

P「えっ。」

小鳥「昔のプロデューサーさんの事、一杯知れたんですから。」

P「小鳥さん。」

ギュッ

小鳥「どうですか、寝る前に飲みませんか?」

小鳥「今日の思い出を肴に……。」

P「……そうですね。」

29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 11:14:19.78 ID:O0bb9Vibo

P「昨日と変わらないくらい月がきれいですね。」

小鳥「そうですね。」

小鳥「プロデューサーさんが隣にいてくれれば。」

小鳥「世界はこんなにも綺麗にうつるんですよ。」

ナデナデ

小鳥「ヒャアッ! プ、プロデューサーさん!」

P「小鳥さん。こんど、改めて実家に行きませんか。」

P「今度は……二人で。」

小鳥「………そうですね。」

KOTORI ENDピヨ

31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 11:51:24.68 ID:LWU8CNSM0
小鳥さん√最高ですピヨ
34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 15:57:03.71 ID:O0bb9Vibo

あずさ「プロデューサーさん。」ゴゴゴゴゴゴ

P「はっ、はいっ!」

雪歩「私たち同行したのに、出番なかったんですけどォ…。」ゴゴゴゴゴ

P「ゆ…雪歩も。」

あずさ「これは本日の昼食を以って詫びるべきだとは思いませんか?」

P「えっ?」

雪歩「焼き肉とか、焼き肉とか。なんだったら焼き肉でもいいですよ。」

P「……寿司にでもつれてって」

雪歩「焼き肉がいいと思いませんか?」

P「や…焼き肉でも食うか?」

雪歩「わぁ、有難く頂きますぅ!」

35: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 16:02:54.26 ID:O0bb9Vibo

P「あずささんは?」

あずさ「回らないおすしで。」

P「…………ん?」

あずさ「回らないおすしでいいですよ。」

P「ん? 焼き肉は御一緒。」

あずさ「焼き肉もさることながら……。」

P「あっ、雪歩とはべつで…」

あずさ「違います違います。」

あずさ「雪歩ちゃんとの焼き肉に同行させてもらいます。」

P「成程。」

あずさ「で、その次の日におすしにつれてってもらいます。」

あずさ「雪歩ちゃん同行で」

P「なるほどー。」

P「えっ。」

あずさ「えっ。」

36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 16:08:58.62 ID:O0bb9Vibo

P「あの、僕給料日前であまりお金ないんです……。」

あずさ「しりません。」

雪歩「お金ないなら心臓なりなんなり売ればいいんですぅ。」

P「雪歩待って、それ死んじゃうから。」

雪歩「ようし、食べますよ!」

あずさ「最初は焼き肉ですね。JoJo苑ですよ、JoJo苑。」

P「なっ!」

雪歩「わぁい!」

キャラクターを書き忘れるとこういう事になります。
SS作者の皆さま。なにとぞ僕のようなPを作らないでください。

Pの日記より抜粋

END

37: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 16:43:00.86 ID:IhHfWGUW0
乙!

面白かったww


元スレ
タイトル:P「頭を挙げて山月を望み!」 小鳥「頭を垂れて故郷を思う!」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394977631/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP