フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサードリンク

提督「模様替えがしたい?」

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 22:03:33.53 ID:jNOjcNkv0
吹雪「わ、私だけの意見じゃないんですよ!?」

吹雪「ええと、その、そういう声が上がっていて……」

吹雪「家具コインも貯まっているし、了承が得られたらな~、と」

提督「ふむ……模様替えか」チラッ

    秘書艦 吹雪

【壁紙】      普通の壁紙
【床】       鎮守府の床
【椅子+机】    提督の机
【窓枠+カーテン】 赤カーテンの窓
【装飾】      なし
【家具】      なし

提督「ここに着任してから早二年。壁紙もすっかり色あせてしまったな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430744603


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 22:08:16.17 ID:jNOjcNkv0
提督「よろしい、許可しよう」

吹雪「あ、ありがとうございます!」

吹雪「みんなもきっと、喜ぶと思います!」

提督「構わん。家具コインを集めてきたのはお前たちだ」

提督「その日の秘書艦を中心に相談し、好きに使うといい」

吹雪「はい! 私、早速みんなに伝えてきますね!」

吹雪「失礼します!」バタン

提督「……」

提督「ふむ、模様替えか」

提督「艦娘には趣味のいい者も多い。急な話だったが、どうなるか楽しみだな」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 22:12:48.47 ID:jNOjcNkv0
~翌日~

提督「さて、今日の秘書艦は長門か」

提督「あいつのことだ。質実剛健な家具を選ぶと思うが……」

提督「果たして……」ガチャ

長門「おはよう、提督。今日も早いな」

提督「お前こそ……むっ?」

長門「ふふ、気づいたか」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 22:14:25.44 ID:jNOjcNkv0
    秘書艦 長門

【壁紙】      普通の壁紙
【床】       鎮守府の床
【椅子+机】    提督の机
【窓枠+カーテン】 赤カーテンの窓
【装飾】      なし
【家具】      「長門」模型と桐箪笥

提督「ほう……これは素晴らしいな」

長門「ふふふ、だろう?」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 22:22:17.45 ID:jNOjcNkv0
提督「桐箪笥も見事なものだが、この模型には思わず見入ってしまうな」

提督「なんと精緻な……それでいて力強い」

提督「なるほど、世界のビッグ7と称えられるだけはある」

提督「縮尺模型にしても、その威容はいささかも揺ぎ無いな」

長門「本当は桐箪笥だけにしようと思っていたのだがな」

長門「それだけでは味気ないと重い、奮発して模型も購入したのだ」

長門「少し趣味的だとも思ったが、喜んでもらえたようで何よりだ」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 22:29:06.50 ID:jNOjcNkv0
提督「うむ、これは流石に高揚するな」

提督「胸が熱くなるようだ。これで今回の大規模作戦も上手く指揮できそうだ」

提督「よくやったぞ、長門。これからもこの調子で頼む」

長門「ああ。模様替えも私に任せるといい」キリッ!

??「ふっ、まだまだだな……」

長門「っ! 誰だっ!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 22:35:00.23 ID:jNOjcNkv0
提督「お前は……武蔵」

長門「何の用だ。まさか、この私の『こーでぃねいと』に不満があるとでも?」

武蔵「ああ、そうだとも」

武蔵「桐箪笥一つ置いただけで『模様替え』?」

武蔵「ハッ! 笑わせてくれる」

長門「言ったな! 表に出ろ!」

武蔵「まあ、そう毛を逆立てるな」

武蔵「明日、この時間にここに来い」

武蔵「お前に見せてやろう。本当の『模様替え』をな」

武蔵「ククク……ハーハハハハ!」スタスタ

提督「なんという自信……!」

長門「クッ……あ、あんなもの、虚勢に決まっている!」

提督「だといいがな……」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 22:41:06.27 ID:jNOjcNkv0
~翌日~

提督「約束の時間になったな。そろそろ行こうか」

長門「武蔵のやつ……大言壮語でなければいいがな」フンッ

提督「いや、あの態度は根拠があってのことだろう」

提督「だが、それが結果に繋がるとはまた別問題だ」

提督「さて、お手並み拝見といこうか……」ガチャッ

長門「むっ!? こ、これは!」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 22:42:43.15 ID:jNOjcNkv0
     秘書艦 武蔵

【壁紙】       普通の壁紙
【床】        鎮守府の床
【椅子+机】     提督の机
【窓枠+カーテン】 赤カーテンの窓
【装飾】       武蔵の掛け軸
【家具】       「武蔵」模型と桐箪笥

長門「私の模倣……? い、いや、違う!」

長門「掛け軸を合わせてきたか……!!」

提督「ほう……」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 23:05:20.17 ID:jNOjcNkv0
武蔵「ふっ、どうだ、これで分かったか」

武蔵「お前に足りていなかったもの……そして、模様替えの真髄が!」

長門「くうぅ……!」

提督「なるほど、『統一感』か」

武蔵「提督よ、流石に分かってるじゃないか」

武蔵「そう、模様替えの真髄とは……統一感だ!」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 23:10:59.17 ID:jNOjcNkv0
武蔵「長門よ、昨日は笑ってしまったぞ」

武蔵「桐箪笥の上に模型を載せて、『これが模様替えでござい』とはな」

武蔵「あれでは従来の部屋に異物が紛れ込んだだけだ!」

武蔵「部屋の印象は何も変わっていない!」

長門「う、ぐ……!」

長門「そ、それでお前は、掛け軸も合わせてきたのか……!」

長門「だ、だが、それがどうした! 共通点のある家具を増やしただと?」

長門「手数を増やしただけではないか!」

武蔵「ほう?」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 23:18:29.74 ID:jNOjcNkv0
提督「なるほど、一理ある」

提督「増やせばいいという考えは、大艦巨砲主義に通じるものがあるな」

提督「深海棲艦の攻撃はより多彩になっている。これからは航空戦艦の時代だと言う者もいる」

提督「強大な火力に依存し、一本調子で悦に浸れば、たちまち海の藻屑となるぞ!」

長門「そ、そうだー! そうだー!」

武蔵「ふむ、確かにな」

武蔵「だが、提督よ。この武蔵が、そこまで考えていないとでも?」

提督「――なに?」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 23:22:18.19 ID:jNOjcNkv0
長門「それはどういう……」

武蔵「まあ、もう少し待て。そろそろ変わるはずだ」

長門「何が……」

提督「むっ!?」

    随分待たせたようだな 私は此処だ!

    
長門「掛け軸の文字が……」

提督「変わっていく……」
    

    おかえりなさい

武蔵「ふっ」ニヤリ

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 23:26:29.71 ID:jNOjcNkv0
提督「遊び心……!」

長門「て、手堅くまとめたと思われた部屋に、まさかの遊び心だと……!?」

長門「か、完敗だ……!」

長門「今の私の腕では、及びもしない……!」ガクッ

武蔵「ふふふ」

武蔵「なに、お前もいずれ、この域に達することができる」

武蔵「お前は何だ? 世界に冠するビッグセブンだろう」

武蔵「模様替えなど、イ級の手を捻るほど容易くなるはずだ」

長門「武蔵……!」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 23:29:21.39 ID:jNOjcNkv0
武蔵「共に極めよう、家具道の道を」スッ

長門「ああ……ああ!」ガシッ!

提督「お前たち……」ジーン

金剛「……」

金剛「ノォー!」バーン!

武蔵「なにぃっ!?」

長門「な、なんだ、敵襲か!?」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 23:34:24.11 ID:jNOjcNkv0
提督「金剛、どうした?」

金剛「HEY、提督ぅー! どうしたもこうしたもないネー!」

金剛「やっと模様替えができると思ったのに……」

金剛「何でよりにもよって、脳筋戦艦二人に任せるノ!?」

長門「んなっ!?」

武蔵「これはご挨拶だな」ムッ

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 23:39:10.29 ID:jNOjcNkv0
金剛「いいデスカ、提督ぅ。この鎮守府はoverwhelmingな女所帯」

金剛「一部の艦娘は別として、もっともっと女の子っぽいものに飢えているネー!」

提督「そうなのか?」

武蔵「さあ……」

長門「そ、そうかもしれないな」

金剛「そら見たことかデース!」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 23:48:42.63 ID:jNOjcNkv0
金剛「提督ぅ、私に任せてくだサーイ!」

金剛「みんなの士気があがるような、そんなcoordinateをしてみせマース!」

提督「ふむ、そうだな」

提督「艦娘の好みは分からないが、私も煤けた壁紙はどうにかしたいと思っていたところだ」

提督「金剛、お前に任せる」

提督「士気が上がるほどの模様替えを、ひとつ、見せてみてくれ」

金剛「Yes!」

金剛「私の実力、見せてあげるネー!」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 23:54:04.88 ID:jNOjcNkv0
~翌日~

提督(さて、一晩経ったが)

提督(執務室はどのようになっているのだろうか)

提督(あまりに少女趣味なのは勘弁してもらいたいが……)

提督(まあ、それで士気が上がるというのなら、私も承服するべきだ)

提督(最悪、書類を書ける机さえあればいい)

提督(はじめは段ボールしかなかったのだ)

提督(それ以上、何を望もうか)ガチャ

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 23:57:23.86 ID:jNOjcNkv0
金剛「あっ、提督ぅ! Good morning!」

提督「ああ、おは……よ、う……」

     秘書艦 金剛

【壁紙】      チェック&リーフ壁紙
【床】       真っ赤な高級絨毯
【椅子+机】    金剛の紅茶セット
【窓枠+カーテン】 白いカーテンの小窓
【装飾】      小さな観葉植物
【家具】      メルヘンシェルフ

提督(部屋を間違えたか?)

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 00:01:35.22 ID:vhBdNTDy0
比叡「提督、おはようございます!」

榛名「部屋を出たり入ったり……どうかなさいましたか?」

霧島「ささ、こちらにおかけください」

提督「あ、ああ」

提督(部屋の位置、間取り、扉、名札などは元のままだ)

提督(だとすると、ここは金剛型の私室でも何でもなく……)

提督(私の、執務室)

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 00:09:35.31 ID:vhBdNTDy0
榛名「お仕事の前に、モーニングティーをどうぞ」

霧島「今日の茶葉はアッサムです」

金剛「ミルクはたっぷりと入れるネー!」

比叡「朝食がまだでしたら、スコーンがありますよ!」

提督「あ、ああ、いや、お茶だけでいい」

比叡「わっかりました!」

提督(私は何も分からない……)

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 00:17:28.14 ID:vhBdNTDy0
金剛「それで、私は言ってやったのデース!」

金剛「『指の骨が折れているんだヨ』ってネ!」

霧島「HAHAHAwwwww」

榛名「wwwwwww」

比叡「ヒエーwwww」

提督(女三人寄らば姦しいというが……)

提督(うむ……)

提督(まあ、にぎやかなのはいいことだ)

提督(ただ……)

提督(ティーセットが邪魔で、書類が広げられない……)

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 00:23:42.35 ID:vhBdNTDy0
榛名「あっ、もうこんな時間!」チラッ 10:00

霧島「すみません、司令。すっかり邪魔をしてしまって」

提督「いや、構わない」

提督「私もちょうどいい息抜きになった」

提督「次に茶会を開くときは、新人も連れてくるといい」

提督「せっかく道具がそろっているのだ。みんなで親睦を深めよう」

比叡「いいアイデアですね!」

金剛「じゃあ、また後でネ!」

提督「ああ」

ドタドタ、バタバタ……

シーン

提督「行った、か」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 00:27:43.82 ID:vhBdNTDy0
提督(英国帰りの金剛のことだ)

提督(日々のティータイムは欠かさないはず)

提督(だとすると、次の茶会はアフタヌーンティー……16時から始まるはずだ)

提督(それまでに少しでも仕事を片付けておかないとな)カリカリ

提督(うむ、この書類の山だけでも……)カリカリ

提督(・・・・・・)カリカリ

金剛「お茶の時間だヨー!」

提督「なっ!?」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 00:39:35.81 ID:vhBdNTDy0
提督「先ほど飲んだばかりだろう。時間もそれほど経っていない」チラッ 11:00

金剛「NO! さっきのはMorning tea。これから始めるのはElevenses tea!」

金剛「午後の予定を考えるための大事な時間ネー」

提督「な、なんだと……!?」

金剛「英国では一日七回もTea timeがあるんだヨー? まだまだこれからネー」

提督「一日七回……!」

アーリーモーニングティー(目覚めの一杯)

モーニングティー(朝の紅茶)

イレブンジィズティー(11時頃)

ランチティー(昼の紅茶)

アフタヌーンティー(16時頃)

ハイティー(仕事終わりに)

アフターディナーティー(夕食後)

_人人人人人人_
> 全七回! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 00:46:28.90 ID:vhBdNTDy0
提督「流石にそこまで付き合いきれない」

提督「用意してくれて悪いが、どこかで加減してくれないか」

金剛「ええ? でも、提督が誘えって言うカラ……」

三隈「まぁ! これが金剛さんのコーディネイトですの?」

熊野「とてもいい趣味をしていらっしゃるのね。わたくし、嫌いではなくってよ?」

葛城「雲龍型航空母艦、三番艦、葛城よ!」ババーン!

金剛「紅茶好きな艦娘とか、新人さんを誘ったヨ……」

提督「くっ……!」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 00:51:39.19 ID:vhBdNTDy0
提督(好きにしろと言ったのは私だ)

提督(茶会に誘えと言ったのも私)

提督(つまり、この状況は私が招いたことであり、責任の所在は私にこそある)

提督(金剛を一喝して追い払うのは簡単だが、それは理不尽に過ぎるというものだろう)

提督(ならば、私が取るべき道は……)

提督「……分かった。茶会を許可しよう」

提督「存分に親睦を深めるといい」

金剛「WAO! 提督、太っ腹ネー!」ギュッ

提督(まあ、いい機会だ)

提督(私も骨休めと割り切って、茶会に参加するとしようか……)

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 01:16:39.03 ID:vhBdNTDy0
~イレブンジィズティー(11時頃)~

三隈「葛城さんが日本海軍最後の空母という噂は本当ですの?」

葛城「そうよ、大活躍したんだから!」フフーン

熊野「その割には戦時中に噂を聞かなかったような……?」

葛城「ギクッ!」

金剛「Tea Timeは大事にしないとネー!」(本日六杯目)

提督「……」ズズー(本日三杯目)

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 01:17:50.64 ID:vhBdNTDy0
~ランチティー(昼の紅茶)~

香取「ああ、上海に立ち寄った際に、租界でいただいたお茶の味がします」

あきつ丸「教官殿は経験豊富でありますな。自分は紅茶というものを知ったのも、つい最近のことであります」

秋月「食事にお菓子におかわり自由な紅茶……!? だ、誰かの誕生日ですか……?」ガタガタ

雲竜「超豪華……!」ブルブル

金剛「んー! 今日もお茶が美味しいネー!」(本日九杯目)

提督「……」ズズー(本日五杯目)

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 01:23:00.22 ID:vhBdNTDy0
~アフタヌーンティー(16時頃)~

赤城「上々ね」ホッコリ

加賀「さすがに気分が高揚します」モグモグ

瑞鶴「あーっ!? それ、私のケーキでしょー!?」

翔鶴「ず、瑞鶴。私の分を上げるから、ねっ?」

金剛「HEY! 提督ぅー、私手作りのスコーンはいかがですか~?」(本日十二杯目)

提督「流石に美味いな。紅茶によく合う」ズズー(本日七杯目)

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 01:34:28.76 ID:vhBdNTDy0
~ハイティー(仕事終わりに)~

伊58「今日もよく働いたでち」

伊168「そうね。その分、お茶が美味しいわ」

伊19「甘いものの補給も大事! なの」

伊8「シュトーレンは……ない、みたいね」ショボン

呂500「今度焼くよ? マル・ユーも食べる?」

まるゆ「ま、まるゆは結構ですから……」ビクビク

伊401「相変わらず人見知りだねー」モグモグ

金剛「仕事上がりの一杯は格別デース!」(本日十七杯目)

提督「……」ズズー(本日十杯目)

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 01:41:30.07 ID:vhBdNTDy0
~アフターディナーティー(夕食後)~

聖書には「神は初めに天と地を創造した」と書いてあるけど、詳細が足りないね

金剛「それで、私は言ってやったのデース!」(本日二十一杯目)

金剛「『詳細が足りないネ』ってネ!」

霧島「HAHAHAwwwww」(本日十九杯目)

榛名「wwwwwww」(本日二十杯目)

比叡「ヒエーwwww」(本日十八杯目)

ワイワイ、ガヤガヤ

ヒエー! ガヤガヤ

……

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 01:45:59.65 ID:vhBdNTDy0
提督「ぐ、ぐふっ」

提督「だ、駄目だ。もうこれ以上飲めない」(本日十二杯目)

提督「隙を見て、何とか逃げてきたが……」ヨロヨロ

提督「これが毎日続くとなると、身が持たないな」

提督「艦娘には好評のようだが、冷静になって考えてみると、茶会を執務室でやる必要性が見当たらない」

提督「洋風喫茶室は別に用意してやるとして、部屋はどうしたものだろうか……」

妙高「お困りのようですね」

提督「妙高」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 01:52:09.66 ID:vhBdNTDy0
提督「そういえば、明日の秘書艦はお前だったな」

提督「模様替えの件、頼めるだろうか?」

提督「お前たちが気に入りつつも、もう少し落ち着いた部屋なら助かるのだが……」

妙高「私としては提督を第一に考えたいのですが……」

妙高「その提督が望まれるのでしたら、この妙高、力を尽くします」

妙高「妙高にお任せ下さいませ」

提督「ああ、任せる」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 01:55:21.15 ID:vhBdNTDy0
提督(あの妙高のことだ。上手くやってくれるだろう)

提督(センスが良い、機能的な執務室にしてくれるはずだ)

提督(私はその辺りの感性に乏しいからな。頼らざるを得ないが……)

提督(ああ、もう駄目だ。今日はもういかん。体も頭も胃も重い)

提督(胃薬を飲んで、早めに寝るとしよう……)

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 01:59:06.61 ID:vhBdNTDy0
今日はここまで

再開は今日の20時ごろ

妙高型の活躍にご期待ください

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 18:20:06.86 ID:vhBdNTDy0
~翌日~

提督(ふむ、本部から伝令か)

提督(カレー洋攻略を急げ、か。簡単に言ってくれる)

提督(だが、あまり悠長にしていられんのも確かだ)

提督(今日は作戦会議を開くか)

提督(そのためには、執務室の機能性が肝心なのだが……)

提督(さて、模様替えは上手くいったのだろうか)ガチャ

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 18:21:03.35 ID:vhBdNTDy0
妙高「提督、おはようございます」

提督「ああ、おはよう」

提督「……うむ」

     秘書艦 妙高

【壁紙】      木板の壁
【床】       高級フローリング
【椅子+机】    教室セット「教卓」
【窓枠+カーテン】 青カーテンの窓
【装飾】      教室セット「黒板」
【家具】      教室セット「机」

提督「いいじゃないか」

妙高「ありがとうございます♪」

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 18:22:32.54 ID:vhBdNTDy0
提督「海図も張れる大きさの黒板に、いくつもの机と椅子か」

提督「これなら長時間の作戦会議も可能であり、艦娘の負担も少ないな」

妙高「駆逐艦は小さな子が多いですからね」

妙高「会議中は立ちっぱなしになるのが、いつも気になっていたんです」

提督「ふむ、流石の気配りだな」

提督「執務室というよりは、士官学校の教室を思い出させるが……」

提督「私も若返った気持ちになって、より執務に励むとしよう」

妙高「提督はまだ二十代じゃないですか」

妙高「老け込むにはまだ早いですよ。ふふっ」

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 18:28:09.78 ID:vhBdNTDy0
~作戦会議中~

妙高「この海域は連合艦隊により攻略します」

妙高「偵察によると、敵拠点は手薄であるため……」

妙高「道中は支援艦隊を伴って一点突破、短期決戦により、夜までには勝敗を決しましょう」

艦娘「「「了解!!」」」

提督(うむ、これだ)

提督(やはり執務室はこうでないとな)

提督(金剛の茶会に付き合うのもやぶさかではないが……)

提督(やはり、公私はきちんと分けないとな)ウンウン

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 18:33:52.39 ID:vhBdNTDy0
雪風「せんせぇ! 質問です!」

提督「ああ、なんだ? ……ん?」

雪風「夜戦なし、ということは、雪風の出番はない、ということでしょうか!?」

提督「いや、万が一のことも考え、魚雷を積んでだな」

時津風「せんせー。時津風は雪風と同じ艦隊ー?」

提督「あ、ああ。今回も協力して……」

朝潮「先生。支援艦隊には朝潮をご指名ください」←(最前列の席で挙手)

提督「や、やる気だな、朝潮。分かった、任せ……」

<センセー、センセー!

<センセイ、ワタシハ?

<センセェ!

提督「待て。ちょっと待て、お前たち!」

艦娘「「「?」」」

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 19:05:41.49 ID:vhBdNTDy0
提督「先生とは何だ? 私は教師ではなく提督だ」

提督「お前たちも、普段は提督、司令、司令官と呼んでいるだろう」

睦月「でもでも、先生!」

如月「この内装で、黒板や机、教卓まで用意されるとぉ……」

潮「つい、先生と呼びたくなってしまって……」

提督「むう……」

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 19:13:29.27 ID:vhBdNTDy0
提督(問題があるようなないような……)

提督(上官蔑視として軍規に反するだろうか?)

提督(いや、上官をどう呼ぶかは艦娘の自由だ。細かなところまで口出しをするのはよくない)

提督(過度な締め付けは艦娘を萎縮させる。それでは戦いにも支障が出るはずだ)

提督(好きにさせるのが吉か)

提督(うむ、そのうち私も艦娘たちも慣れるだろう)

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 19:19:24.18 ID:vhBdNTDy0
妙高「あの、気になるようでしたら、元に戻しましょうか?」

提督「いや、いい。執務室は機能性が第一だ」

提督「ましてや、今は大規模作戦中だ。しばらくはこのままでいくとしよう」

妙高「そうですか! 分かりました、そのようにいたします」

雪風「せんせぇ! お片づけですか!?」

提督「いや、机はそのままでいいぞ」

提督「それより、装備の確認に向かえ。すぐにも出撃だぞ」

雪風「はい! 雪風にお任せください!」タタタ……

提督「……」

提督(……うむ)

提督(教師を通り越して、保夫になった気分だ)

提督(……う~む)

61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 19:29:56.96 ID:vhBdNTDy0
~後日~

提督(大規模作戦は順調に推移している)

提督(一部の艦娘……特に駆逐艦たちから、先生と呼ばれるのも慣れた)

提督(問題らしい問題は起きていない。呼称など些細な問題だったということか)

提督(小さなことに拘っていた自分が恥ずかしいな)ウンウン

妙高「提督、○○大将がお見えです」

提督「ああ、もうそんな時間か。分かった、出迎えに行こうか」

妙高「はい」

63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 19:36:49.21 ID:vhBdNTDy0
大将「おお、提督君! 久しぶりだな!」

提督「ご無沙汰しております」

大将「今回の作戦、大いに活躍しておるようだね! この調子でいけば昇進も近いぞ!」

提督「ありがとうございます」

提督「ところで、どのようなご用件でお見えになったのですか?」

提督「本日、いらっしゃるとは聞いておりませんでしたが……」

大将「ああ、いや、そのように固い顔をしなくていい。大した話ではないのだ」

大将「ただな、浮いた話を聞かんから、将来のことをどう考えているのかと思ってだね」

提督「将来のこと、ですか?」

妙高「……」ピクッ

64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 19:44:27.66 ID:vhBdNTDy0
大将「嫁取りのことだよ」

大将「先日、ケッコンカッコカリの指輪を送っただろう?」

大将「それさえ使っていないと聞いて、私は大いに心配したよ」

大将「女に興味がないのでは、とね」

提督「い、いや、そういうわけではないのですが」

提督「その、どの艦に使うのか決めかねていて」

65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 19:47:02.23 ID:vhBdNTDy0
大将「この妙高はどうだ?」

大将「尽くす艦娘だと聞いているぞ? 容姿も整っている」

大将「悪くない相手だと思うのだがね」

妙高「そ、そんな、私なんて……」チラッ

提督「う、いや、その、ですね」ダラダラ

雪風「あっ、せんせぇ!」

大将「む?」

66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 19:51:56.63 ID:vhBdNTDy0
響「先生、お客さんかい?」

電「始めて見る方なのです」

雷「先生より勲章の数が多いわ!」

暁「校長先生かしら?」

朝潮「はじめまして、朝潮です」ペコリ

睦月「先生がいつもお世話になってます」ニコッ

67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 19:57:44.46 ID:vhBdNTDy0
時津風「校長せんせーはどこの鎮守府から来たんですか?」

卯月「作戦の打ち合わせに来たぴょん?」

夕立「作戦海域がまた増えたっぽい?」

時雨「こらこら、みんな。先生たちが困っているよ」

天龍「おーい、お前らー! そんなとこで止まらねーで、さっさと来ーい!」

駆逐艦「「「はーい!」」」

68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 19:59:36.27 ID:vhBdNTDy0
<バタバタバタバタ

<キャッキャッ、ワー!

<バタバタ……

提督「……」

妙高「……」

大将「……」

69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:00:58.04 ID:vhBdNTDy0
提督「いや、その、ですね」

提督「今のは、何と言いますか……」

大将「い、いや、いいんだ」

大将「分かっている。何も言わなくていい」

提督「え?」

70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:05:33.20 ID:vhBdNTDy0
大将「気まずく思う必要はないんだよ?」

大将「誰だって好みというものがある。趣味嗜好もそれぞれ違っている」

大将「それは私も理解しているつもりだ」

提督「あ、あの?」

大将「ぎゃ、逆にすまなかったね。無理に縁談を持ちかけて」

大将「先ほどの話は忘れてもらっていい。君の好きなようにしていいんだよ」

提督「あの……」

73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:12:44.37 ID:vhBdNTDy0
大将「安心してくれたまえ。この話は誰にもしない」

大将「あまり気にせず、作戦に励んでほしい」

大将「では、私は横須賀に帰るが……」

大将「……その」

大将「は、早く戦争を終わらせような?」

大将「君が『本物の』教師になれるように……」ニ、ニコッ

大将「で、ではな!」ササッ

提督「……」

提督「………………」

75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:16:07.75 ID:vhBdNTDy0
妙高「あ、あの、提督?」

提督「……妙高」

妙高「は、はいっ!」ビクッ

提督「すまないが、執務室の内装を」

提督「提督らしいものに変えてくれ……」

妙高「はいぃ!」

76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:24:10.45 ID:vhBdNTDy0
~翌日~

提督「……」カリカリ

吹雪「はい、提督。お茶ですよ」

提督「ああ、すまない」

吹雪「それにしても……ずいぶん、カッチリした部屋になりましたね」

提督「これでいいんだ」

     秘書艦 吹雪

【壁紙】      軍艦色の壁
【床】       ブルーカーペット
【椅子+机】    提督の書斎机
【窓枠+カーテン】 青カーテンの窓
【装飾】      壁掛け図上演習セット
【家具】      書斎本棚

77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:36:50.88 ID:vhBdNTDy0
提督「執務室には、提督業に必要なものが過不足なく揃っていればいい」

提督「あまった家具コインは、お前たちの部屋を飾るのに使えばいい」

吹雪「あ、ありがとうございます」

吹雪「でも、よかったんですか?」

吹雪「やろうと思えば、温泉を引くこともできたのに……」

提督「執務室である必要があるのか?」

吹雪「それもそうでしたね」アハハ

79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:44:18.66 ID:vhBdNTDy0
吹雪「あ、そうそう。横須賀からお荷物が届いていますよ」ヨイショ

提督「む? なんだ、ずいぶん大きいな」

吹雪「ですね。新しい艤装でしょうか?」

提督「そういえば先日、作戦海域を攻略したな。その報酬だろうか」

吹雪「早速、開けてみますね」

提督「ああ」

吹雪「なんだろう……?」ビリビリ

80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 20:46:31.68 ID:vhBdNTDy0
吹雪「え? これは……」

『診療台セット』ドン!

吹雪「医療器具……でしょうか……?」

提督「……」

提督「…………………………」

81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:07:44.94 ID:vhBdNTDy0
以後、大将からはあれやこれやと家具が贈られてくるのだが――。

それはまた、別の話。

82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:09:09.92 ID:vhBdNTDy0
おしまい

みんなもコーディネイトに励むんじゃよ~

83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:11:33.44 ID:fDryWyedO
おつ
遠征回すとコイン貯まるからいろいろ家具買ってるけど、結局>>76にしちゃうのよね
84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:19:38.76 ID:9L4XIi3UO
教師になりたがってる(と勘違いした)相手に診療台を贈るってどういうことなんですかね……
85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:31:21.29 ID:Zo7bp3ODO
お医者さんごっこ(意味深)だろ
86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 21:33:55.45 ID:GTiXit96o
提督(CV飛田展男)なんだろ
87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 22:01:12.36 ID:PTVkVADyo
面白かった乙
88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 22:13:33.49 ID:b49I6W/CO
乙です
大将「使ってくれ」b
89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 22:48:10.76 ID:5BMOJu67o
医者もセンセイだから間違いないな
90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/07(木) 19:31:12.64 ID:y7wVg96UO
お医者さんごっこの話を書くんだよあくしろよ


元スレ
タイトル:提督「模様替えがしたい?」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430744603/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP