スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

娘「先生、プリントを集めてきました」先生「いつもありがとう」

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:11:25.64 ID:YegaTRKFo
先生「そういえばあの保護者用の…」

娘「提出書類も既に集め終っています」

先生「…相変わらず仕事が早いね」

娘「クラス委員として当然です」

先生「いつも助かってるよ」

娘「いいえではこれで失礼します」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467259885




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:13:07.36 ID:YegaTRKFo
先生「という訳でこの方程式からは――」

娘「……」カキカキ

先生「であるからしてこのXの解もまた…」

娘「……」カキカキ

先生「ではこの問題を誰かに解いて貰いましょう」

娘「はい、私が解きます」

スラスラッ

娘「できました」

先生「正解です、よくできましたね」

娘「ありがとうございます」

友「…さっすが優等生」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:15:27.13 ID:YegaTRKFo
友「いやーさっきの凄かったね」

娘「あれ位別に普通です」

友「いやでも他の子も全然解けてなかったよ」

娘「予習復習をしているだけですよ」

友「…ずるい」

娘「はい?」

友「品行方正で成績優秀の委員長」

友「おまけに美人で良い子ってどういう事よ!」

娘「…大げさですし興味ありません」

友「いやー本当に優秀だよ」

友「こんな素敵な親友を持って私は幸せ者だなぁ」

娘「…宿題なら手伝いませんよ」

友「えぇ酷い!?」

娘「全くもう…」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:16:55.36 ID:YegaTRKFo
娘「今からプリントを配布しますので席に着いてください」

娘「それと保健委員の方は放課後に会議がありますので忘れないで下さい」

女「忙しそうですねぇ委員長」

娘「どうかしましたか女さん?」

女「いいえ委員長は雑務が多くて大変そうですねと」

娘「…まだ私にクラス選挙で負けた事を根に持ってるんですか?」

女「くっ…相変わらず容赦がないですね」

娘「別に普通です」

女「ま、まぁどうしてもというなら私が手伝っても」

娘「いえ結構です」

女「……えぇそうですか」

娘「あぁそういえば」

女「何かありますか!」

娘「貴方の課題の提出がまだです早くして下さい」

女「……」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:17:30.71 ID:YegaTRKFo
友「おっ委員長の卵焼きおいしそう!」

娘「あげませんよ」

級友「二人とも仲がいいねー」

友「私達はマブダチだからね!」

娘「勝手にしないで下さい、あとそれは多分死語です」

級友「そういえば勉強の事で…」

娘「分からない所でもありましたか?」

友「後で委員長に教えて欲しいなって」

娘「私でよければ構いませんよ」

友「えー私には教えないのに」

娘「貴方の場合は居眠りしないできちんと授業をうける事からです」

友「宿題一緒にやってよ」

娘「いやです」

友「お弁当の唐翌揚げあげるから」

娘「要りませんよ」

友「ケチ!」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:19:07.99 ID:YegaTRKFo
級友「そういえば前から思ってたんだけどさ」モグモグ

娘「なんですか?」

級友「委員長と先生って同じ名字だよね」

娘「……っ」ピクッ

友「そういえばそうだね」

級友「従妹とか特別な関係って事なのかな?」

娘「ただの偶然でしょう」

級友「まぁ恋愛漫画じゃあるまいしそりゃそうだよね」

友「あの人ってちょっと厳しいよね、宿題忘れたら怒るし」

級友「当たり前でしょ…でも私はあの人ってかっこよくて好きだなぁ」

友「えー級友ってばおじさん趣味!」

娘「……」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:20:01.53 ID:YegaTRKFo
級友「あの人って奥さんとか彼女いるのかな」

友「そういう噂ないよね」

級友「結婚しててもおかしくない年だけどね」

娘「……」

友「学園禁断の恋…うーんあこがれるかも」

級友「ちょっと誘惑しちゃおっかな」

娘「そ、そんなの絶対ダメ!!」

級友「えっ」

娘「いえ…生徒と教師の不純交遊は良くないと思います」

女「…」

女「…へぇ」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 22:19:16.86 ID:YegaTRKFo
娘「先生はいらっしゃいますか?」

先生「委員長さん?どうかしましたか」

娘「…朝これを忘れていったでしょう」

先生「あっいけない…うっかりしてたよ」

娘「あれほど忘れないで欲しいと言ったのに…」

先生「わざわざお弁当を届けてくれてありがとね」ニコッ

娘「先生…学校では」

先生「おっとそうだった」

娘「食べ終わったら水で軽く洗っておいてくださいね」

先生「ははっまるでお母さんだな」

娘「……」

12: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:22:02.17 ID:YegaTRKFo
キーンコーン

娘「ふぅ…」

友「お疲れさん委員長」

娘「もうお昼ですか」

友「昨日も思ったけど忙しそうだね」

娘「委員長としての仕事が多くて…」

友「まぁ一緒にご飯食べようよ」

娘「そうですね、ではお弁当を」

友「おっ相変わらずおいしそうだねぇ」

娘「あげませんよ」

13: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:23:35.85 ID:YegaTRKFo
友「そういえばさ」

娘「なんです?」

友「彼氏とかいないの?」

娘「考えたこともないですね」

友「へー」

娘「いきなりなんです?」

友「いやちょっと気になってさ」

娘「男の子との付き合いなんてありませんよ」

14: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:26:11.90 ID:YegaTRKFo
友「いやーここって女子高じゃん?」

娘「今更ですよ」

友「女子高の女の子なんてみんな噂好きだもん」

娘「よくわかりませんがそういう物ですかね」

友「噂と恋バナだけで生きてるといっても過言じゃないね」

娘「間違いなく過言でしょう」

友「うーんでもそっか」

友「じゃああの噂ってガセだったのかな?」

娘「どんな噂です?」

友「委員長と先生がデキてるって噂」

娘「ぶほぉっ!?」

15: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:30:45.53 ID:YegaTRKFo
娘「と、突然にゃにを言ってるんです!」

友「落ち着いてってば」

娘「酷い言いがかりです事実無根です」

友「でも先生と話してる時すごく嬉しそうだよ」

娘「えっ…そんな事…」

友「ご主人を待ち受ける飼い猫って感じ」

娘「どんな感じ!?」

友「頭撫でて欲しいよぉって感じの」

娘「してませんから!」

友「あはは冗談だよ、委員長に限ってそんな恋バナある訳ないよね」

娘「…その通りです」

16: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:34:05.19 ID:YegaTRKFo
娘「ではこれから体育祭に向けてクラス練習を行います」

「まずは二人一組になってストレッチ、その後各種目班ごとに練習をして下さい」

「先生からも一言お願いします」

先生「うん、皆さん怪我をしないように練習しましょうね」

娘「体育祭も近いので皆さん頑張っていきましょう」

17: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:35:25.78 ID:YegaTRKFo
女「先生私と組んでくれませんか」

先生「僕と?」

女「はい練習も兼ねて先生にお願いしたいのです」

先生「他に人は居なかったんですか?」

女「なぜか!偶然!あぶれてしまったものでして」

先生「うーんそれじゃ仕方ないかな」

女「それでは向こうの方で「待って下さい」

娘「私と組みましょう」

女「何でです?」

娘「ダメったらダメ!……なんです」

女「冷静な委員長らしくありませんね、勿論お断りします」

娘「……」

女「まぁそこでおとなしく…ぐぇっ!?」

娘「私と一緒に練習しましょう、拒否権はありません」ズルズルッ

女「急に首元をひっぱらないで下さいぃ!?」

18: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:36:03.27 ID:YegaTRKFo
先生「えっ補習を行ってほしい?」

女「最近分からない所が増えてしまって」

先生「うーん…生徒からの頼みなら…」

女「先生にぜひ教えてほしいのです」

先生「じゃあ放課後に少しならいいですよ」

女「ありがとうございますでは早速今日から「待ってください」

娘「私が教えます」

女「またですか貴方は!」

娘「不服ですか?」

女「不服に決まってます!」

娘「委員長特権です」

女「横暴ですよ!?」

娘「さぁ行きますよ女さん」

女「ちょ、ちょっと!!」

友「……えぇ」

19: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:36:38.04 ID:YegaTRKFo
級友「ねえあの噂って本当?」

娘「…先生と云々という話なら」

級友「ううんそうじゃなくて」

娘「じゃあ今度はなんですか」

級友「女さんと付き合ってるって噂」

娘「ぶへぁっ!?」

20: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:37:10.98 ID:YegaTRKFo
娘「事実無根ですってば!?」

級友「でも最近ずっと一緒にいるし」

娘「どこをどう見たらそうなるんです!」

級友「仲良さそうに手をつないでたし」

娘「引きずってただけですって!」

友「委員長としてそれどうなのよ」

21: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:38:42.71 ID:YegaTRKFo
娘「とにかく誤解です!」

級友「じゃあ女さんとそういう関係では…」

娘「全て誤解です!そもそもあれは先生と二人きりにさせない為です!!」

友「えっ?」

級友「えっ!?」

娘「えっ…あっ」

級友「嘘!じゃあこの間の噂は本当って事!?」

ザワザワ

娘「ち、違っ!クラスの皆さんも騒がないで下さい!」

友「…あっ今クラスから何人か飛び出していったね」

娘「なんでですか!?」

22: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:39:17.10 ID:YegaTRKFo
友「……」

娘「……」

友「…委員長ってさ」

娘「……」

友「墓穴掘るタイプだよね」

娘「うぅ…言わないでよぅ」

23: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:42:22.40 ID:YegaTRKFo
『あははそんな訳ないじゃないか』

『でもさっき委員長が!』

『私たち全員聞いたんですよ』

『ただの誤解、根も葉もない噂だよ』

『…でも委員長ってすっごくかわいいし』

『彼女が可愛いのは認めるけどね』

『そもそも君達みたいな子に興味はないよ』

『教師として生徒にそういう感情を抱くはずないでしょう?』

『えー先生ってば酷いです!』

『そんな言い方ってなくないですかー』

娘「……」

娘「……」

24: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:44:03.79 ID:YegaTRKFo
~~~~~~~~
~~~~~

娘「……」

娘「あっ…もう家に着いちゃった」

娘「……」

「……」

「……」

「…よしっ」

25: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:44:33.27 ID:YegaTRKFo
先生「ただいまー」

娘「お帰りなさいお父さん」

先生「今日はいい匂いがするね」

娘「お夕飯もうできてるよ」

先生「それはうれしいなぁ」

娘「スーツがよれちゃうから早く脱いでよ」

先生「あぁごめんね…いつもありがとう」

娘「こ、これ位当然です」

先生「ふふっ口調が変わってないよ」

26: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:45:20.40 ID:YegaTRKFo
娘「お風呂あがったよ」

先生「それじゃ僕もそろそろ入ろうかな」

娘「……」

先生「どうかしたかい?」

娘「…ねえお父さん」

先生「んー」

娘「彼氏できたんだけど」

先生「どこのどいつだ沈めてやる!!」

娘「落ち着いてよ」

27: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:45:48.53 ID:YegaTRKFo
先生「なんだ冗談か…」

娘「ふふっ驚きすぎだよ」

先生「心臓が止まるかと思った」

娘「大げさね」

先生「思わずバットを持って飛び出す所だったよ」

娘「ほんとに大げさね…」

娘「でも…心配してくれるんだ」

先生「当たり前だろ」

28: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:46:57.19 ID:YegaTRKFo
娘「ねぇ?」

先生「なんだい?」

娘「もし私に恋人ができたら…どうする?」

先生「うーん…少し妬いちゃうかなぁ」

娘「…そっか」

先生「でもそれ以上に嬉しく思うよ」

娘「えっ」

先生「だって自分の娘が本気で好きになった人なんだろう?」

先生「なら…父親としては祝福してあげたいかな」

娘「……」

29: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:47:51.60 ID:YegaTRKFo
娘「例えどんな人でも?」

先生「どんな人であっても」

娘「す、少し変な人かもしれないよ?」

先生「君が本当に好きな人となら問題なんてないよ」

娘「…そっかぁ」

先生「…お風呂は後でもいいかな」

娘「えっ」

先生「たまには一緒に洗い物でもしようか」

娘「…うん」

30: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:51:24.88 ID:YegaTRKFo
娘「……」

先生「……」

娘「ねえ…後悔はしてない?」

先生「なにが?」

娘「つれ子だった私を引き取った事」

先生「考えたこともないよ」

31: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:51:51.23 ID:YegaTRKFo
娘「…そっか」

先生「へんな事を聞くんだね?」

娘「へんな事か…ふふっそうかもね」

先生「…料理が上手になったね」

娘「いっぱい練習したもの」

32: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:52:26.93 ID:YegaTRKFo
娘「わたしさ」

先生「うん」

娘「お母さんに似てきたよね」

先生「面影が出てきたね」

娘「学校の友達にか、可愛いねってよく言われるの」

先生「当然、僕たちの娘だもん」

娘「家事もできるし料理も…さ」

先生「お父さんは誇らしいよ」

娘「そっか…えへへ」

先生「それがどうかしたの?」

娘「べ、別になんでも?」

33: ◆OKTh.H0hEJwD 2016/06/30(木) 22:53:38.14 ID:YegaTRKFo
「……」

「教師として生徒に手は出さない…か」

「……」

「……今はまだ」

「…けれどいつかは」

覚悟してよね、お父さん

【終わり】

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 23:11:10.89 ID:6uDXTSgjO

義理の親子だったか。母親が再婚したのか、養子だったのか
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 12:09:05.51 ID:7OWUUmesO
高校生なのか
最初小学生だと思った



元スレ
タイトル:娘「先生、プリントを集めてきました」先生「いつもありがとう」
URL:https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467259885/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP