スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

後輩(♀)「ふふふ、ひどいなぁ。そんなに人聞きの悪いこと言わないでくださいよぉ。」

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 02:42:41.608 ID:wSnayDQ80
後輩「ただ同じ大学に通うことになって、ただ同じアパートに住むようになったってだけじゃないッスかぁ。」

後輩「まあたしかに?隣の部屋同士ってとこに運命を感じちゃう気持ちもわかりますけど?それでうちをストーカー呼ばわりなんて、ふふふっ。ひどいなぁ。くくくくっ。」

後輩「もしかしてアレですかぁ?センパイ、自意識過剰ってやつッスかぁ?うちから離れて暮らしてるあいだに、都会の色に染まっちゃいましたぁ?」

後輩「でも、うちが来たからにはもう安心ッスよぉ。汚い色に染まっちゃったセンパイは、うちが脱色して、うちの色に染め直してあげますからぁ♪」

後輩「そうと決まれば、さっそく部屋を解約してこないとぉ。……へぇ?だって、ふたりで一緒に住むのに、二部屋もいらないじゃないッスかぁ。」

後輩「……あれ?今の、うちと同棲する流れじゃありませんでしたぁ?……あっれぇー……おっかしいなぁ……あれかな、都会と地元のタイムラグっつーか……変だなぁ…。」

後輩「でも、同棲が嫌なわけじゃあないッスもんね?……え、嫌なの?あははは、そんなもう照れちゃってぇ。愛いやつめっ。このこのぅっ♪」

後輩「えーじゃあどうしますぅ?つか、一旦やってみましょうよぅ。一回だけっ!二人暮しっ!ね、試してみるだけ!お試しで!ねっ!」

後輩「今ならなんとうちお手製の三食付きプラス添い寝サービス永久保証でチョーお得ッスよぉ?今しかないこのチャンス、逃しちゃっていいんスかぁ~?」

後輩「つか、なんで拒む必要があるんスか。うちはセンパイのことが好きで、センパイもうちのことがだいだいだーい好きなのに?愛するふたりのあいだには、なんの障害もないのに?」

後輩「くくくっ、照れ屋なところは昔から変わりないなぁ。別人みたいになってたらどうしようかと思ったけど、なーんかやっとうちの知ってるセンパイに会えたみたいで安心しちゃいましたよぉ。」

後輩「でも……ようやくまた会えた。ふふっ。センパイじゃないッスけど、ガチで運命かもしんないッスねぇ?センパイはそこんとこ、どう思います?」

後輩「ようやく掴めた運命なんスもんね。こういう長い付き合いは大切にした方がいいッスよ?センパイも、そう思うっしょ?」

後輩「たとえ地元からノーヒントで引っ越しても、電話番号変えても、結ばれるものは結ばれてるんスから……センパイもいい加減、諦めたら?」

後輩「うち、センパイのことなにより大切にするし。だからさ……いい加減にしてくださいよ。今度はさ、逃げんなよ?」




2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 02:43:03.180 ID:wSnayDQ80
みたいなのどうよ
4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 02:44:28.572 ID:2RtCzvx60
感動した
5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 02:44:49.410 ID:mZBq6Hti0
おっきした
9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 02:46:40.886 ID:wSnayDQ80
いつもニコニコしてるけど二面性があって本性を表すときは本来のわっるいわっるい鋭い目付きで睨まれてしまうんだ
いつもはカワイイ系なのに悪いモードのときはエロいんだ
28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 03:06:03.151 ID:wSnayDQ80
後輩「おはようございます、センパイっ。隣座りますねぇ。」

後輩「ふふ、大学っていいッスよねぇ。学年が違くても、こうして隣に座って授業受けられるんスから。」

後輩「センパイの隣で授業受けるの、ずーっと夢だったんスよぉ。退屈な授業でも、センパイと一緒なら楽しそうッスからね。」

後輩「センパイも、うちと一緒にいられて嬉しいッスよね?あぁー言わなくてもよろしいよろしい。うち、ちゃーんと分かってますから。」

後輩「ねぇねぇ、センパイ。どうせ寝るだけなんスからちょっと遊びましょうよぉ。あっ、なんならゲームしません?」

後輩「ほら、SNSでセンパイがハマってるって言ってたやつ。うちも落として最近やってるんスよねー。難しいステージがあるから、センパイに付き合ってほしくてっ。」

後輩「え?…………ふふっ、偶然ですよねぇ。たまたまSNSで検索したら、センパイっぽいアカウントがあって。鍵もかかってなかったら色々見てたら……高校の写真も載せてましたよね?それ見てビンゴ!ってな具合で。」

後輩「フォローはしてませんよぉ。だって、センパイは恥ずかしがり屋さんだからうちがフォローしたらもしかしたらブロックされるかもしれないって思って?……そうするつもりだったでしょ…?」

後輩「だから、センパイに会えないときはいちいちセンパイのアカウント検索して、それ見て今頃センパイはなにしてるのかなーって…………ああっ、なんて一途な後輩ちゃんなんでしょう…。」

後輩「でも、バレちゃった以上はもう隠す必要もないッスよね?あとでフォローしときますから、ブロックなんかしないでくださいねぇ。」

後輩「もししたら……理由、聞きますからね。」

31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 03:11:50.282 ID:wSnayDQ80
SNSでなにか呟くたびに秒で返信が返ってきたりして怯えたい
なんなら一緒にいるときでも返信してきそうで怖い
42: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 03:32:32.824 ID:wSnayDQ80
後輩「ふぃ~っ。……いやぁー疲れたぁ。つっても、授業聞いてて疲れたわけじゃないッスけどね、あはは。」

後輩「これからメシ行くんでしょ?どこ行きます?うちここ来たばっかだから、どっか美味いとこ教えてくださいよぉ。」

後輩「え、うちは別にラーメンでもいいけど。なんかマズいんスか?行きましょうよ。」

後輩「へぇ、そういうもんスか。別に女の方も気にしてないと思うんスけどねぇ。女だってラーメン食いたいときあるし。」

後輩「それに、もし仮に世間一般的な女がそういうの気にしてたとしても、うちは気にしないッスよ?つか、むしろセンパイが普段食ってるものとか、気になるし。」

後輩「そりゃそうッスよぉ。前から気になってたんスよねぇ。センパイはこっちに来てから、一体なにを食べてこんなプニプニしちゃったんだろうってさ。」

後輩「……センパイと同じもの食べて、同じもので身体を作って、同じようにプニプニしちゃったら……すげぇ気分いいだろうなーって…。」

後輩「…………ま、でもこれからは控えてくださいね?なにせ、うちが来たんスから。これからはうちがセンパイの食べ物作るんで、ラーメンみたいな脂っこい食べ物は控えるように!」

後輩「だーいじょうぶですってぇ。これでも料理に関してはわりと練習して自信あるんスからぁ。」

後輩「センパイと離れてるときも、うちは家でセンパイのこと、ずーっと考えてるってことッスよ。」

44: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 03:35:30.359 ID:XO6Rifxr0
俺は土下座してお願いします縁切ってくださいって懇願して頭踏みつけられて一生付きまとう宣言されたい
46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 03:43:38.776 ID:wSnayDQ80
>>44
後輩「…………。」

後輩「…………センパイ……ごめんなさい…。まさか、センパイがここまでうちのこと、迷惑だと思ってたなんて……考えて、なくて…。」

後輩「あは、そうッスよね。だって、うち、ストーカーみたいなもんだしっ。ずっと、センパイに付き纏ったりして…………き、気持ち悪かった、ッスよね…っ。」

みたいなとこから豹変するのか

「…………く、くきっ………きひ、ひひふふ……っ!!……せ、センパァイ…!?」

「やぁあああああだよぉおおおおおおォ♡♡」

「うちがセンパイと縁を切るゥ!?んなことするわけねぇだろバァーーカァ!!!げっひゃひゃひゃひゃひゃァ!!!!」

みたいな感じで即踏んでくるのか
どちらが適切なんだろうか

48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 03:49:03.347 ID:XO6Rifxr0
>>46
上なら
後輩「………そ、それでも、センパイが悪いっすよ?」
後輩「こ、怖がりで臆病だったうちを誑かしたりして、もううちはセンパイの為に生きてきたようなもんっすから」
後輩「まさか、先輩がうちを嫌うだなんて……」
後輩「……」
後輩「……くくくっ、最初っから分かり切った事だったんだなぁ」
後輩「うちがセンパイを支配すれば良かったんです、……さ、地面に這いつくばってください、センパイ」
みたいな事をすごく冷たい透き通った目で言われたい
49: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 03:52:14.327 ID:wSnayDQ80
後ろから顔を抱き込むようにして耳元で

「ねぇセンパイ……逃げられねぇよ…?お前だけは逃がさないっ、絶ッッッ対うちのものにするっ…。」

「どこへ隠れても、探して探して探して探して探してさぁ……一生付き纏って、一秒だってうちのこと忘れられない身体にしてやる……うちとずぅぅぅーっと一緒にいんだよォ……!!」

とか囁かれてそのまま耳舐められたい
唾液たっぷりの口で食べられたい

50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 03:54:38.528 ID:wSnayDQ80
なんというか「生物学的に自分より優秀な相手から従われる」っていいよね
やろうと思えばいつでも謀反できてすぐに支配できるんだぞっていう相手に怯えて暮らしたい
55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 04:01:39.644 ID:VPwBaLN30
尽くされているように見えて主導権は相手にある
ペットの世話をあれこれ焼く飼い主のような
57: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 04:07:39.089 ID:wSnayDQ80
>>55
素晴らしい
出来ることなら土下座でもなんでもして服従の意思を示したいけどそれをすることで自分に対する熱が冷めてもっと恐ろしいことになるんじゃないか
それを演じるために「後輩の望むセンパイ」のハリボテで居続けることしかできないというジレンマ
58: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 04:12:56.027 ID:XO6Rifxr0
後輩「ったく、センパイにはほとほと呆れたんっすけど」

後輩「こんなバカみたいな事やるなんて何考えてたんっすかぁ?」

後輩「……おっかしいなぁーー、うちの好きだった先輩はこんなセンパイじゃ無かったんだけどなぁ……」

後輩「やぁー、むしろこんなんじゃセンパイとも言い難いっすよねぇ、なんて言いましょうか?」

後輩「くくくっ、そうだぁ、先輩じゃ無くて後輩とかどうっすかぁ?」

後輩「ほら、先輩様に従えよ、後輩が」
ってとてもカッコいい表情で首元掴まれて言われたい

59: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 04:22:05.635 ID:wSnayDQ80
分かる
壁ドンされて俺の中に眠る乙女心を暴走させてほしい
61: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 04:33:20.244 ID:wSnayDQ80
後輩「……駄目だなぁ。言ったのに、またすぐ逃げようとする…。」

後輩「こっちも遊びじゃねぇんだよ。同じこと何度も繰り返すほど、うちも抜けてないってぇの。」

後輩「……あっははっ。ほらほら腰入ってないッスよぉ?そうやって這いずり回ってるだけじゃ、いつまで経ってもうちからは逃げられないって。……ま、逃がさねーけど…。」

後輩「この怯えた顔……この顔で作られる表情も、ぜーんぶうちのものだ…。センパイから生まれる感情もぜーんぶ、うちが残らず貰ってあげる…。」

後輩「……へぇ……センパイ、そんな声も出るんだ。かわいいなぁ……駄目だ、まだ好きになれそう……うちの知らないセンパイがいるなんて、気に食わないから……この場でぜーんぶうちに晒せ…。」

後輩「…………好きですよ……愛してるよ……だから…………口、開けよっか…。」

って言われたい

63: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 04:35:42.970 ID:XO6Rifxr0
>>61
わかる
血か唾液か分からない液体を流し込まれて吐きそうになるけどそっからむりやりキスされて飲み込みたい
事後にはとても嬉しそうな表情してたらよい
62: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/04(月) 04:34:37.274 ID:XO6Rifxr0
常時ちょっと上から目線で目つき鋭くて黒髪ショートカットで黒いコート来てる小柄な女の子のイメージだわ
銀製のアクセサリーとかちょっと付けてる様な子で



元スレ
タイトル:後輩(♀)「ふふふ、ひどいなぁ。そんなに人聞きの悪いこと言わないでくださいよぉ。」
URL:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1549215761/
掲載サイト:5ちゃんねるに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP