スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

月「そういえばライブの映像見たけど、あのバク転すごかったね」千歌「えへへ、まあね」

ラブライブ!

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/01/09(水) 00:15:53.09 ID:vDBWASIT
月「えーと、こんな感じだったかな?」

タンッ バッ ストン

千歌「!?」

曜「…」

月「どうだった?」

千歌「す、すごいね…もしかして何度も練習してたの?」

月「え?今初めてやったんだけど」

曜「あ、あの…」

月「曜ちゃんが前に目の前でやってくれたから、僕にもできるかなあって」

千歌「そ、そうなんだ…曜ちゃん」

曜「い、いや…それは…」

月「曜ちゃんもこんなの軽い軽いって言ってたじゃない」

千歌「…」

曜「…」




11: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/01/09(水) 00:35:15.57 ID:G4khSWj/
千歌「…」トボトボ

聖良「あら、千歌さん?」

千歌「え…聖良さん?」

聖良「お久しぶりですね、実は卒業旅行で東京に来ていまして、こちらに挨拶に寄らせていただいたのですが」

千歌「そうですか…」

聖良「どうしました?元気が無いようですが」

千歌「…!!」

千歌「あの、ちょっと聞きたいんですけど」

聖良「はい?」

千歌「聖良さんは、ラブライブが終わってからもトレーニングとかしてるんですか?」

聖良「え…///」

千歌「?」

聖良「も、もしかして…以前会った時より太ったとか思ってますか?」

千歌「え、太ったんですか?」

15: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/01/09(水) 00:40:29.44 ID:G4khSWj/
聖良「その…ラブライブが終わってからは受験勉強もあったので、あまりトレーニングは出来なくて…///」

千歌(なーるほど…)

千歌「そうなんですか、じゃあ私がライブでやった連続バク転とかはとてもじゃないけど無理ですよね~」ニヤニヤ

聖良「れ、連続バク転ですか…それは…」

千歌「いえいえ、あれは相当難しいですからね~トレーニング不足の状態でやったら…」

タンッ シュバッ ストン ブルン!(おっぱいが揺れる音)

聖良「ふう…出来るかどうか不安でしたが、案ずるより産むが易しでしたね…」

千歌「…」

30: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2019/01/09(水) 00:57:37.09 ID:G4khSWj/
しま姉「千歌ちゃんが帰ってくるなり部屋に閉じこもっちゃったのよ、どうしたのかしら…」

月「きっとこれから6人でaqoursを続けることに
不安や焦りを感じているんじゃないのかな?リーダーとして相当なプレッシャーを感じているはずだし…」

聖良「そうですね、ハッキリとした原因は分かりませんが
千歌さんはいつまでも落ち込んでいる人ではありませんよ、きっとすぐに元気な姿を見せてくれるはずですよ」

曜「…」

終わり

48: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/01/09(水) 07:45:51.88 ID:nRPxZeL3
曜「千歌ちゃん見て! 私もバク転やってみるから!」

千歌「見たくないよ!! どうしてみんなして千歌をいじめるの……」グスッ

曜「行くよー!」タッタッ

曜「そりゃっ!」ピョンッ

クルクル……ガッシャーン!!

千歌「え……?」

曜「あはは、失敗しちゃったぁ」ピクピク

千歌「もっかいやって!」

曜「いいよ! 見ててね!」シュタッ

曜「とりゃーっ!」ピョンッ

ガッシャーン!

千歌「もう少しでできそう! 曜ちゃんならできるよ!!」

曜「う、うん!」ピョンッ

ガッシャーン……

月「えぇ!!? 曜ちゃんが入院!?」

千歌「バク転の練習してたら全身複雑骨折だってさー」ヘラヘラ

ゞ 千歌ちゃんの笑顔のためならこのくらい……(ズキズキ

51: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/01/09(水) 08:09:59.36 ID:nRPxZeL3
ピッ……ピッ……

曜「」

千歌「……」ナデナデ

< コンコンッ ガラガラ

月「曜ちゃ……って、千歌ちゃんも来てくれてたんだ?」

千歌「え? 私はずっとここにいるよ。曜ちゃんのそばにいてあげたいの」ギュ

ピッ……ピッ……

月「曜ちゃん……意識戻らないね」

千歌「えへへ。そうだね……」ナデナデ

月「千歌ちゃんのせいだって分かってる?」

千歌「え……?」

月「本当は気づいてるんでしょ。曜ちゃんは……わざと失敗したんだ」

千歌「そんなことするわけない。曜ちゃんは……本当にできなかったんだよね?」

曜「」

月「落ち込んだ千歌ちゃんを励ますために……わざとできないふりをして、それで」

千歌「……」キッ

月「ううん、何でもない……」

千歌「元気になったらまたバク転の練習しようね」ナデナデ

ゞ 闇深すぎようそろ……(ズキズキ

59: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/01/09(水) 14:39:51.32 ID:HQXRcLvc
曜「渡辺曜、全身複雑骨折と意識不明からただいま戻りましたー!」ゞ

月「よかったね曜ちゃん! 本当に心配したよ……」ホッ

千歌「……」

曜「千歌ちゃん、ずっと私のそばにいてくれたんだよね。ありがとう」

千歌「あ、うん。じゃあさっそくバク転の練習しよっか」

曜「えっ……いや、もういいかな……バク転は」アハハ

千歌「諦めちゃダメだよ! 曜ちゃんなら絶対できるって!」

曜「う……」チラ

月「はぁ……。千歌ちゃん、曜ちゃんはバク転がトラウマになっちゃったみたいだよ。無理にさせるのはやめた方がいいんじゃない?」

千歌「え? 曜ちゃんはバク転できるようになりたいよね??」

曜「えーと……その」

千歌「千歌とダブルセンターでバク転一緒にやるんだもんね?? だったら練習しなきゃ!」

月「千歌ちゃん。いい加減にしないと僕……」

曜「や、やるよ。千歌ちゃんのためなら私」

月「曜ちゃんも!! 次は命がないかもしれないよ!?」

千歌「スクールアイドルはね、遊びじゃないんだよ。命をかけるくらいのつもりでやらなかったら、見てくれるみんなにも失礼だと思う」

曜「そ、そうだよね……」

月「曜ちゃん……。頼むから本当のことを言って。こんなの誰のためにもならないよ」ギュッ

千歌「曜ちゃんは千歌と一緒に練習するんだもんね?」ギュッ

曜「わ、私は……」

< チーン!

曜『』ニコニコ

月「そんなっ……曜ちゃん、どうしてこんなことに……」グスッ

千歌「でも曜ちゃんの遺影、とっても楽しそうだよ。きっと今頃天国でバク転してるんじゃないかなぁ」ニコニコ

ゞ 遺影だけにイエーイ、って笑えないようそろ……

71: 名無しで叶える物語(家) 2019/01/10(木) 01:05:18.45 ID:dl0+bCXZ
このスレ、月曜AA豊富ですき



元スレ
タイトル:月「そういえばライブの映像見たけど、あのバク転すごかったね」千歌「えへへ、まあね」
URL:https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1546960553/
掲載サイト:5ちゃんねるに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP