スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

【ミリマス】薄い本大好きRX

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/03(月) 20:35:53.09 ID:eXFUWOMDO

―ふとその女性は目覚めた

―頭がまだ朦朧する中、辺りを見回す

(ここは……どこ……)

―起き上がろうとするが

ジャリ

(えっ!)

「んんっー!ふむんっ!んんっ?!」フシュー

(か、身体が拘束されて……)ギシッ

―口にはボールギャグ、身体はBDSMのラバースーツを着せられ、手足は枷をつけられ身動きができなかった

―さらに

グイッ

「ふしゅ!?んんんーっ!」ビクッ

(嘘……膣と肛門に何か入れられてる……)

(ば、バイブか何かかしら……)

(落ち着くのよ、小鳥。さっきまで何をやっていたのか思い出すのよ)

(今日は……事務所にいて……それからプロデューサーさんに)

―その時、思い出したくない事実を思い出す

(あ……あの時、プロデューサーさんが)

(私を……)ガクガクガク




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/03(月) 20:44:14.43 ID:eXFUWOMDO

小鳥(私……逃げないと)

―が、身体が拘束されている上、今どこに監禁されているかすらわからない状況

―既に詰んでいると言ってもいいだろう

小鳥(でも……)

小鳥「ふしゅ……ふしゅう……」ズリズリ

―身体を芋虫のようにしながら動き出す

小鳥「んんっ!んあ゛あ゛あ゛っ!」

―身体に入れられたプラスチックの何かを感じながら……

―そしてそれが永遠に続くと思われた瞬間、それは起こった

ヴヴヴヴゥ

小鳥「はひぃ?!はアぁぁぁ……んあ゛ぁぁぁ!」

―突然、身体に入れられたバイブが動きだし、小鳥の身体はその動きに反応した

―寝そべった状態の為、全身でバイブの振動を受けている形になり

小鳥「あ゛あ゛あ゛ぁ……んんっ」ガクガク

―動けなくなり……やがて

小鳥「んんん……――――――ああぁっ!」

―冷たい床の上で果ててしまった

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/03(月) 20:50:28.97 ID:eXFUWOMDO

ヴヴヴヴ

小鳥「あ゛ひぃ!?……あ゛ばばばっ!」

―絶頂した後もバイブは止まることなく動き、それが停止したのは三回はイッた後だった

カツカツ

「どうやら小鳥さんも気に入ってもらえたみたいだね」

―ふと、少女の声が聞こえる

小鳥「ふあっ?」

小鳥(この声……まさか……そんな……)

コツコツ

ピタ

―小鳥の前に足を止めた少女

―それは

桃子「桃子のお兄ちゃんに手を出そうとした罰だよ」

―同じ事務所のアイドル、周防桃子であった

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/03(月) 20:56:51.65 ID:eXFUWOMDO

はい、R仕様にして復活、薄い本大好きシリーズになります

こちら

【ミリマス】薄い本大好き!

【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」

薄い本大好き。~二度あることは三度ある~

同様のオチになっておりますので、暗い話にはなりませんのでご安心を

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/03(月) 21:11:10.88 ID:eXFUWOMDO

小鳥「ほほこふぁん……」

桃子「何を言ってるかわからないなぁ」

桃子「それっ!」

―そう言って、バイブのリモコンのスイッチを押す

カチッ

ヴヴヴヴゥ

小鳥「ひゃあ!ふぁぁぁ……あ゛あ゛あ゛っ――」

小鳥(止めて!気持ちよすぎておかしくなっちゃう!!)

―そんな思いも空しく

桃子「ほらほら、まだまだバイブの電池は残ってるよ」

―そう言いながら、リモコンの「強」のボタンを押す

グオォォォォ

小鳥「はひぃ!あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛……」

―その瞬間、小鳥に挿入れられたバイブが狂ったかのように動き

小鳥「あ゛っ!あ゛ぁあ゛あ゛っ!ひぃ!ふぁあ……ンン、んあ゛ぁっ!」

小鳥(激し過ぎる!ダメ!これじゃあ……壊れちゃう)

―なんとかその苦痛ともいえる快楽から逃れようとするが、拘束されているため身動きが取れず

小鳥(も、もう……わけが……わからナイ……)

小鳥「んぁっ!――あぁっ!あ゛ーっ!あ゛ぁンンっ!ひんじゃう!!」

桃子「ふふっ、気持ちよさそうだね」

桃子「でもまだまだ止めないからね」

―最終的に止まったのはそれから……2時間後であった

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/03(月) 21:17:31.14 ID:eXFUWOMDO

小鳥「はぁはぁ……あぁぁ……」

小鳥(あ……意識が……飛んじゃう……)

桃子「ふふふっ。大分おとなしくなったかな?」

桃子「じゃあ、この辺でゲストを呼んじゃうね」

小鳥(え……ゲスト?……プロデューサーさん?)

―意識が切れそうな頭の中で男性の名前をそうぞうするが、そうではなかった

チャリチャリ

「あぅ……痛いです。そんなに……引っ張らないで……」

小鳥(え……まさか……)

―全裸に手と足に枷を付けられて、首輪で引っ張られた女性

―それは

美咲「あぅ……許して……桃子ちゃん……」

―事務所の後輩であった

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/03(月) 21:29:49.06 ID:eXFUWOMDO

桃子「……」

カチッ

―少女が無言で……怒りの目を美咲に向けながらボタンを押す

美咲「ひゃ!ひゃあ!!」ビクビク

美咲「許して!許して下さい!ご、ご主人様!はあっ!」ジタバタ

桃子「……」

カチッ

―再びボタンを押すと美咲の動きは止まった。電気を流しているのだろうか

小鳥(ひ、ひどい……こんな……)キッ

―そんな抗議の視線に気付き少女は言う

桃子「……泥棒猫は起き起きが必要みたいね」

ジャリ

美咲「ひゃ……」

桃子「いい?……そこのメス豚を気持ちよくしてあげなさい」

美咲「え……でも」

桃子「……」イラッ

美咲「っ!は、はい!わかりました、ご主人様」

―そんな少女の心を読んだのか、美咲は動き出す

美咲「小鳥先輩……ごめんなさい」

―そう言いながら何か薬を小鳥に塗り始める

サワサワッ

ペタペタ

小鳥(な、何?何を塗ってるの?)

桃子「それはね、人の感覚……特に快楽を数倍に高める効用のある薬よ」

桃子「知り合いのケミカルアイドルに頼んで作ってもらったのよ」

小鳥(数倍って……嘘!あんなのがさらに?!)

 

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/03(月) 21:42:41.94 ID:eXFUWOMDO

美咲「ごめんなさい……ごめんなさい……」

―謝罪しながらも全身を塗り

美咲「……」

カプッ

―小鳥の乳首に噛み付く

小鳥「ん゛あ゛っ!!」

小鳥(や……さっきの比じゃない……こんなの耐えられない……)

桃子「……アンタにもこれをあげるわ」

ズブブッ

美咲「ひゃいっ?!ああぁっ!」ガクガクガク

―そう言いながら、美咲の秘部と肛門にバイブを入れていく

―さらに

桃子「これもプレゼントよ。特別なんだからね」

ジュブッ

美咲「ひぃやっ!!あ゛あ゛あ゛っ!」

―尿道カテーテル。普通のSMプレイでもあまり使われない禁断の道具

―あまり知られていないが、排泄機構にも快楽を得る機能があり、自然に人間が排泄をできるのはそれがあるからこそである

―つまりそれらが快楽目的で使われると

美咲「っふ……はぁはぁ……ダメです……ンン……」

桃子「どうしたのかな?桃子、まだ入れただけだよ」

美咲「ダメっ!いやっ!動かさないでください!」

桃子「ふーん」クイッ

美咲「やっ……やあぁぁぁぁっ!」

ショロ

ショロロロロ

美咲「み、見ないで……」

―快楽と同時に排泄を味わう可能性があるからであった

 

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/03(月) 21:57:09.04 ID:eXFUWOMDO

桃子「ふふっ、二十歳にもなっておもらしね」

桃子「お兄ちゃんが知ったら、どう思うかな?」

美咲「そ、それは!それだけは!」

桃子「なら……わかるよね」

―冷たく言い放ち

美咲「はい……」

小鳥「ひぃしゃきひゃん?」

小鳥(美咲ちゃんが上に覆いかぶさって……?)

美咲「行きますよ……」

レロッ

小鳥「はひぃ!!」

小鳥(さ、さっき塗られた薬が……肌を嘗められただけでこんなに……)

美咲「ふぅ……ふあっ……あッ」

小鳥「ふぁ……ぁあぁあぁああ……」

小鳥(ダメ……気持ち良すぎ……これじゃあ)

美咲「っふ……」

カチッ

ヴォォォォ

―スイッチが入る音の後、強烈な振動音が美咲に挿入れられたバイブから聞こえる

美咲「ひゃあああっ!」

桃子「んもぅ。じれったいから強制的ね」

美咲「ひゃあっ!ふぅアっ!きゃあぁぁぁんンっ!」ガクガク

ヴゥンヴゥン

桃子「すごいね。バイブがこんなに動いてるのに、全然落ちないよ」

美咲「っ!んむッ!んぁ……ッふ!んっうゥ……」

―もはや、快楽に溺れ桃子の声は聞こえてなかった

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/03(月) 22:03:30.43 ID:eXFUWOMDO

桃子「ほらほら、お口が止まってるよ」

美咲「ひゃい!あひゃう!!ふぁぁ……」

小鳥「ふひぃ!ひゃああっ!」

美咲「ふぅうっ……ウっ……あっあああっ!」

小鳥「あっッ……あふぅ……あぁ……ハぅうう!」

―2人の身体が快楽を求め、激しく動き……

―そして

小鳥「ひぁっ?!ふぁぁああ……あっ!あ゛あ゛あ゛っ!!」ビクッ

美咲「あ、あぁっ、んぃうぁっ!?んんんぅあぁっ!!」ビクッ

―そして果てた

 

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/03(月) 22:10:05.87 ID:eXFUWOMDO

小鳥「はぁはぁ……」

小鳥(終わり……なのかな?)

―だが、現実は過酷で

桃子「まだまだ続けないとね」

カチャカチャ

桃子「これ、特別性のクリトリスに取り付けて電気を流す機械なんだ」

桃子「今から、二人につけてあげるね」

小鳥(嘘……そんなのつけられたら)

―身をよじって逃げようとするが

桃子「無駄だよ。出口の鍵は桃子しかもってないんだから」

小鳥「んんむっ……」ガクガク

桃子「じゃあ、あっち側へ行こうね」

―そして短い悲鳴の後、長い間複数の女性の喘ぎ声が絶えなかった

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/03(月) 22:18:18.76 ID:eXFUWOMDO

~~~~ペラリ

桃子「嘘……こんな」

桃子「桃子が……二人を」

桃子「お兄ちゃん……桃子にこんなことさせたいのかな?」

ジュン

桃子「っ!」ブルルッ

桃子「何……身体が熱くて……」

桃子「お腹が……なんか切ないよう」

桃子「お兄ちゃん……」

桃子「好き……」

バァン

ミリP(以下P)「ただいまー!」

桃子「どばぎゃー!!」ビクビクッ

P「どうした桃子?アイドルがしてはいけない声を出して?」

桃子「あ……あ……」

P「ん?その本は……」

桃子「あっ……」

P「駄目だなぁ。それは小鳥さんから取り上げた本だぞ。なんでも母娘ものの……」

桃子「……ねぇ、お兄ちゃん」

P「なんだ?何かあったか?」

桃子「恐いの……」

P「うっ!誤解、誤解だからな」

桃子「違うの……この本を読んで……桃子は」

桃子「お兄ちゃんに犯されたいって、思っちゃったの……」

P「え゛っ?」

 

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/03(月) 22:29:02.65 ID:eXFUWOMDO

桃子「お兄ちゃんならいいから……この本のように『薬キメしてパコパコしてやる』って言ってくれてもいいの」

P「やめて、そんな所抜粋しないで」

桃子「もっと……マニアックな方法でもいいよ」

桃子「シアターでライブやっている時、桃子の乳首とクリトリスにはローター。あそことおしりにはバイブが入ってて」

桃子「歌っている最中にお兄ちゃんはスイッチを入れるの」

桃子「で、そういう時に限ってみんな桃子に構おうとするの」

桃子「だから色々して……」

桃子「給湯室の裏で桃子と繋がってたり」

桃子「スク水のまま腋でして白いのをかけられたり」

桃子「WINGで優勝してシンデレラ№1になったり」

P「最後、無理にいい話に持ってこうとして余所様のネタを使ったな」

桃子「だから……」

桃子「めちゃくちゃにしてください」

桃子「声、我慢できないぐらいに」

P「桃子……」ゴクッ

桃子「あ……だ、め……頭ヘンに……」

~~~~ペラリ

 

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/03(月) 22:35:18.51 ID:eXFUWOMDO

~~~~ペラリ

桃子「きゅう」パタリコ

P「桃子ーっ!」

静香「また、未来の薄い本ね!まったくあの娘ったら……」

風香「と、とりあえず桃子ちゃんは医務室へ」

歌織「なら、私が裸になって検診的に看護するわ」キリッ

紬「な、なんなんね……」ブルブル

P「あー、歌織さんは欲望に忠実にならない」

歌織「ちっ」

紬「い、今、『ちっ』って……」

風香「とりあえず桃子ちゃんはお任せを」

P「うむ、悪魔の陰謀から守ってやってくれ」

静香「とりあえず、プロデューサーあっちをお願い。私はこっちを探すわ」

P「わかった。急いで未来を探そう」

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/03(月) 22:41:51.50 ID:eXFUWOMDO

タタタタッ

イナイゾー

コッチモ

―283事務所

大崎甜花「れ、レッスン終わった……早く、机の下でお休みしないと」

コソコソ

甜花「え?甜花の位置に誰かが?」

未来「ど、どうも」

森久保乃々「……むーりぃ」

甜花「え?えぇぇぇっ!?」

未来「お、お静かに」

乃々「森久保はさすらいの討匪行の真っ最中です……」

甜花「な、なーちゃぁぁぁん!!」ワァァァン

~Fin

 

18: ◆f1tFKtbZna.K 2018/12/03(月) 22:44:16.00 ID:eXFUWOMDO

ひでぇオチだ

とりま、読んで下さった方、ありがとうございました。もっと濃くしたかったけど、今の作者ではこれが限界です

え?桃子の本番がない?……見たいの?

見たいのなら一応リクエストは受け付けるけど……いないよね?



元スレ
タイトル:【ミリマス】薄い本大好きRX
URL:https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1543836953/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスるに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP