スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

穂乃果「穂乃果が主役なんだよ」

ラブライブ!

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 19:34:13.83 ID:hFHRtBCTO
海未「穂乃果、おめでとうございます」

ことり「穂乃果ちゃんおめでとう」

穂乃果「うう、二人ともありがとう」

海未「ふふっ、今日は良く頑張りましたね」

ことり「偉かったよ、穂乃果ちゃん」

穂乃果「ありがとう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480934053




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 19:40:11.27 ID:hFHRtBCTO
真姫「全く…大袈裟なのよ」

花陽「まあまあ」

海未「穂乃果、今日だけはケーキを二つ食べていいですよ」

ことり「ことりが食べさせてあげるね」

穂乃果「いやぁ、生きてて良かったよぉ」

花陽「よかったね」

真姫「はあ」

海未「何ですか、真姫?」

ことり「何か気に入らないの?」

真姫「だって、小テストで満点取っただけでしょ?」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 19:44:53.31 ID:hFHRtBCTO
海未「だけ?だけですって?」

ことり「真姫ちゃん?言い過ぎだよ?」

真姫「だって、小テストでしょ?」

海未「穂乃果がテストと名の付くもので満点を取ったのですよ?これを祝わずにいれますか?」

穂乃果「そうだよ」

真姫「穂乃果…怒るところよ?だいたい、海未とことりは何点だったのよ?」

海未「満点です」

ことり「満点だよ!」

真姫「それで、よくお祝いしようと思ったわね」

海未「ですから、穂乃果が満点を取ったと言う事に意義があるのです」

ことり「そうだよ」

海未「確かにクラスのほとんどが満点でしたが…」

真姫「簡単だったんじゃない…」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 19:56:30.78 ID:hFHRtBCTO
海未「ですから…」

真姫「もう、堂々巡りだわ」

花陽「真姫ちゃん?悪い事じゃないんだからいいでしょ?」

真姫「まあ…そうね。私が大人げなかったわ」

海未「年下ですけどね」

ことり「まあまあ…そうだ!記念にさ写真撮ろうよ」

海未「良いですね!」

真姫「え?写真撮るの?小テストで満点記念写真?何それ?イミワカンナイ」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 20:01:19.01 ID:hFHRtBCTO
海未「さあさあ、穂乃果?真ん中に」

穂乃果「いやぁ、照れちゃうなぁ」

真姫「こんな事で祝われてるのは本来恥じるべきだけどね」

花陽「もお、真姫ちゃん」

真姫「まあ、いいけど」

穂乃果「さあ、小テストの点数が悪くて職員室で説教受けてる凛ちゃんの分も楽しく撮ろうね!」

ことり「じゃあ、タイマー押すよ?」

真姫「…」

ことり「じゃあ、あれでいくよ?」

海未「せーの」

「ラブライブ」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 20:05:56.15 ID:hFHRtBCTO
ことり「はい!撮れました!」

穂乃果「どれどれ?」

海未「良く撮れてますか?」

ことり「き、きゃあああああ」

花陽「ど、どうしたの?」

ことり「ゆ、幽霊が…」

海未「幽霊?」

海未「あっ……あっ…穂乃果の後ろに…幽霊が…」

真姫「これって…心霊写真?」

花陽「こ、怖いよぉ」

穂乃果「…」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 20:08:24.71 ID:hFHRtBCTO
ことり「どうしよう?お払いとかした方がいいのかな?」

真姫「テレビに投稿とか?」

海未「そんな死者を冒涜するような事を…」

花陽「じゃあ、どうすれば…」

穂乃果「もぉぉぉぉぉぉ」

海未「へ?」

真姫「どうしたのよ?」

花陽「びっくりするよぉ」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 20:15:54.47 ID:hFHRtBCTO
穂乃果「何なの?」

海未「へ?」

穂乃果「幽霊なんなの?」

真姫「いや、だから心霊写でしょ?」

穂乃果「今日は穂乃果が主役なんだよ?思いっきり食われてるんだけど…」

真姫「いや、それは…」

穂乃果「だってさ、これって花嫁より目立つ花嫁の友達みたいなもんだよ?空気読めって話だよ?存在が空気みたいなくせにさ」

真姫「そりゃ、幽霊なんだからね」

穂乃果「ここ最近さ、穂乃果授業中も居眠りしないで頑張ったのにさ…何なの?自分は永眠してる癖にさ」

海未「上手いこと言いますね」

真姫「授業中に寝ないのは当たり前なのよ」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 20:22:49.36 ID:hFHRtBCTO
穂乃果「もう…やる気なくなったよ…次の小テストやる気なくなっからね」

海未「何を言ってるのですか」

穂乃果「だいたいさ、見て?目鼻立ちもはっきりしててさ女の穂乃果から見ても凄い美人じゃん?」

ことり「本当だ…」

穂乃果「メイクとかちゃんとしてるしさ…普通幽霊って死に化粧じゃないの?絶対に目立つ気でいるよね?」

花陽「アイドルでも通用しそうだね」

穂乃果「心なしかアヒル口もしてるように見えるよ…もう、完全に主役だよ。仮に心霊写真じゃなくても主役だ」

海未「いや…穂乃果も十分可愛いですから…ね?拗ねないで下さい」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 20:30:41.52 ID:hFHRtBCTO
ことり「そうだよ。穂乃果ちゃんの方が可愛いしそもそも、そんな事を言うなんて穂乃果ちゃんらしくないよ?」

海未「そうですよ」

穂乃果「だってさぁ」

真姫「そうよ。所詮は幽霊じゃない。見慣れてきたら何て事ないわ…心霊写真なんて出オチね」

穂乃果「そ、そうかな?」

海未「そうです。幽霊のインパクトに驚きはしましたが今日のセンターは誰が何と言おうと穂乃果です」

花陽「うん。そうだよ」

穂乃果「え~…そうかなぁ?」

海未「そうですよ」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 20:34:24.33 ID:hFHRtBCTO
ガタガタガタ

海未「え?何ですか?」

花陽「何もしてないのに」

ことり「物が勝手に」

真姫「これって…ポルターガイスト?」

花陽「海未ちゃんが幽霊に失礼な事を言ったから」

海未「え?私のせいですか?」

真姫「どうすんのよ」

ことり「もう一回幽霊を褒めなきゃ」

真姫「それよりも希は?」

ガタガタ

花陽「誰か助けてぇ」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 20:40:05.19 ID:hFHRtBCTO
海未「幽霊さん、止めてください」

花陽「幽霊さん、美人です」

ことり「今日のセンターは幽霊さんですぅ」

真姫「何を言ってるのよ」

海未「幽霊さん、どうか落ち着いて下さい」

シーン

海未「…落ち着いた?」

花陽「褒めたら治まったね」

真姫「何なのよ」

ことり「…とにかく、ポルターガイストがまた起きないように幽霊さんをもっと褒めなきゃ」

海未「今日の主役!」

ことり「センターです!」

花陽「あっ、ケーキお供えしますね」

穂乃果「…」

海未「あぁ、今度は穂乃果が拗ねてます」

ことり「どっちを立てても角が立つよぉ」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 12:16:31.61 ID:1cV0s1ykO
「ついついやっちゃった」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 12:23:53.67 ID:1cV0s1ykO
絵里「はあ…私は一体何をやってるのかしら…」

シーン

絵里「でも、こんな事になるなんて思わなかったし………壁に穴が空いてたら思わず体を突っ込みたくなるわよね…普通は…」

シーン

絵里「…こんな所を誰かに見られたらきっとバカにされるわね…ただでさえ最近はぽけっとしてるとか角が取れ過ぎて最早ただの丸だとか…賢い可愛いエリーチカじゃなくて可愛いだけのエリーチカとか言われてるし…」

シーン

絵里「そんな…可愛いだなんて…嫌だわ…」

シーン

絵里「何を言ってるのかしら…私…」

真姫「………絵里」ジー

絵里「え?」

真姫「何言ってるのよ」

絵里「え?真姫?いつから居たの?」

真姫「いや、今だけど…」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 12:48:00.75 ID:1cV0s1ykO
絵里「今って?」

真姫「絵里が私って可愛いって言ってた辺りからだけど…」

絵里「そんな事は言ってないわ」

真姫「…」

絵里「何で引いてるの?」

真姫「だって…空き教室で一人でボソボソ言ってるなんて…正気じゃないわよ」

絵里「いや…だからね?よく見て?ね?私、はまってるでしょ?」

真姫「え?」

絵里「穴にはまってるでしょ?」

真姫「絵里…どうして……」

絵里「いや…どうしてと聞かれると…」

真姫「絵里…何か悩んでるの?そうなのね?じゃなきゃ、こんな変な事を」

絵里「いや…そうじゃなくってね?」

真姫「気づかなくって、ごめんなさい。絵里がこんな奇行をするほどの悩みを抱えていたなんて…私…今まで友達とか居なかったから…そう言うのに鈍感で…気づいてあげられなくって」ポロポロ

絵里「え?泣いてるの?嘘でしょ?」

真姫「…ごめんなさい」ダッ

絵里「え?真姫?ちょっと?行っちゃうの?抜けないのよ?」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 17:59:27.44 ID:U+ngRM2DO
絵里「はあ…行っちゃったし…何か勘違いしてるし…」

きゃあああああ

絵里「え?何?」

ことり「壁から…壁から足が生えてる」

海未「え?ど、どうしましょう、どうしましょう…そうだ…弓で…」

穂乃果「ちょっと、落ち着いてよ」

絵里「穂乃果達?向こう側にいるの?」

穂乃果「これ、穴にハマってるんだよ」

ことり「そ、そっか…この穴を見に来たんだもんね?」

海未「…余りにもインパクトが強かったのでパニックになってしまいました…」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 18:03:39.30 ID:U+ngRM2DO
絵里「見に来たって?どういう事かしら?」

海未「しかし、誰が壁に穴を…ただでさえ、生徒会の仕事が忙しいのに…」

穂乃果「そ、それはあれじゃない?」

ことり「穂乃果ちゃん、どうしたの?何か知ってるの?」

穂乃果「へ?いや…」

海未「何か知ってますね?」

穂乃果「いや…凛ちゃんと空き教室でボールを投げて遊んでなんかいないよ?」

海未「なるほど…少し向こうでお話をしましょうか?」

穂乃果「え?壁は?」

海未「さあ」

ことり「この人はどうするの?ねえ?待ってよぉ」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 18:09:26.61 ID:U+ngRM2DO
絵里「穂乃果?え?行っちゃったの?って言うか穂乃果と凛がこの穴をあけたの?」

ガララ

絵里「誰?」

にこ「…絵里?」

凛「ね?絵里ちゃんの声が聞こえたでしょ?」

希「えりち…何してるん?」

絵里「穴にハマってるのよ…助けて…」

にこ「…」

絵里「にこ?何て顔してるの?」

にこ「だって…引くでしょ…」

絵里「違うのよ?ついなのよ?つい、穴を見て…ね?」

にこ「ねって言われても…」

希「…うちカメラ持ってくる」

凛「とりあえず、かよちんに画像を送らなきゃ」

絵里「な、何してるの?そんな事しないで助けてよ」

にこ「…」

絵里「何で引いてるのよぉ」

にこ「だから、引くでしょ」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 18:15:50.73 ID:U+ngRM2DO
絵里「ねえ?本当に助けてよ」

にこ「せ、先生を連れてくるわよ」

絵里「あ、ありがとう」

にこ「…」ダッ

凛「…」

絵里「…」

凛「…」

絵里「ねえ、凛?」

凛「なあに?」

絵里「どうしてこうなったと思う?」

凛「絵里ちゃんがおっちょこちょいだから?」

絵里「あなたと穂乃果が壁に穴を開けたんでしょ?」

凛「え?もうバレたの?」

絵里「そうね。そのうち海未から説教されるでしょうね」

凛「それは…今から謝りに行くにゃ」

絵里「待って…ここに居て?一人にしないで」

凛「でも…」

絵里「私も一緒に謝ってあげるからね?」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 18:18:40.63 ID:U+ngRM2DO
凛「本当に?」

絵里「ええ。もちろんよ」

凛「じゃあ、いるよ」

絵里「ありがとう」

にこ「先生こっちです」

絵里「にこ…ありがとう」

教師「絢瀬…何をやって…」

絵里「先生…違うんです」

穂乃果「あー、穴にハマってたの絵里ちゃんだったの」

絵里「え?穂乃果まで」

海未「あなたは何をやっているんですかぁ」

絵里「いや…だから…つい」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 18:24:03.66 ID:U+ngRM2DO
希「…」ジー

絵里「希…何撮ってるのよ」

希「だってこんな面白い事、なかなかないやん」

花陽「真姫ちゃん、大丈夫?」

凛「あっ、かよちんに真姫ちゃん」

絵里「え?真姫?」

真姫「うう、絵里…大丈夫?」

花陽「絵里ちゃん…真姫ちゃん凄く気にしてたんだよ?何か悩みがあるなら言って?」

にこ「え?絵里、何か悩んでるの?」

海未「そうだったのですか?」

真姫「そうよ。だから、こんな奇行を…」

絵里「いや、違っ」

穂乃果「絵里ちゃん…」

凛「凛達…全然気が付かなかった」

ことり「穂乃果ちゃーん」

絵里「いや、だから…」

教師「絢瀬、先生も力になるから」

絵里「だから、違うんだってぇ」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:02:04.90 ID:z6f9ef3O0
「面白かった映画の話」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:08:42.45 ID:z6f9ef3O0
希「ん~ふふ」

絵里「あら、希?今日はご機嫌ね」

希「え?そう見える?」

絵里「ご機嫌て顔に書いてあるわ」

希「いや~、えりちは鋭いなぁ」

絵里「うふふ」

希「実はねぇ」

絵里「なあに?」

希「昨日見た映画がね」

絵里「うん」

希「もの凄く面白かったんよ」

絵里「あら、そうなの?」

希「うん。もう、うち感激しちゃって」

絵里「私も誘ってくれれば良かったのに」

希「ごめんなぁ。でも、えりちも見た方がええよ」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:14:30.37 ID:z6f9ef3O0
絵里「そうね、今度見に行こうかな」

花陽「こんにちは~」

にこ「…」

希「あっ、花陽ちゃん、にこっち~こんにちは」

絵里「あら?にこはご機嫌斜めそうね」

花陽「アハハ」

にこ「そりゃそうよ」

希「どしたん?ねえ?どしたん?」

花陽「希ちゃんはいつにもなくご機嫌だね」

にこ「鬱陶しいわね」

絵里「にこはどうしたのよ?」

花陽「昨日にこちゃんと映画を見に一反だけどね」

にこ「凄くつまらなかったのよ」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:19:19.85 ID:z6f9ef3O0
希「そうなんや~」

にこ「もう、お金返して欲しいわよ」

絵里「そんなにつまらなかったの?」

にこ「そうよ。ね?」

花陽「まあ、そうだね…ちょっと…ね」

希「へ~、何てタイトル?ねえ?何てタイトルなん?」

にこ「え?アルマゲドン5って映画よ」

希「え?」

にこ「あんな映画で感動する人間が居たら見てみたいわよ」

絵里「そんなになの?」

希「…」

にこ「そうよ。あんな映画で感動出来る人間は相当安っぽい人間よ。ね、花陽?」

花陽「いや、そこまでは言ってないけど…あれで感動は出来なかったかな」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:24:31.81 ID:z6f9ef3O0
希「…」

絵里「希?」

希「いや…でも…あくまで二人の意見でしょ?」

にこ「私達以外のお客さんも皆怒ってたわよ」

花陽「ん~、そうだったね」

にこ「見て?レビューも最悪でしょ?100人投稿してて99人が星1つよ?星5つで投稿してる人が一人いるけどどんな感性してるのかしら?ぜひ、見てみたいわよ」

希「…いや…それは…」

絵里「希…まさか?」

希「え?何?」

絵里「いや…もしかして…にこ達が見た映画って…」

希「ちゃうよ?全然ちゃうよ?」

にこ「何が違うのよ?」

希「いや、何でもないんよ」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:29:08.35 ID:z6f9ef3O0
にこ「そう?何にしてもあの映画だけは絶対に見に行かない方が良いわよ?」

絵里「そ、そこまで」

にこ「あの映画を人にすすめるなんて絶対に出来ないわ」

花陽「まあ…そうだね。やめた方がいいよって言ってあげるよね?」

希「…」

絵里「にこ、花陽…やめてあげて?」

にこ「え?何を?」

花陽「希ちゃんどうしたの?さっきまで、ハイテンションだったのに」

絵里「…昨日映画を見に行って感動したんだって」

にこ「え?まさか…」

花陽「そう言う事だよね?」

希「ち、ちゃうよ?」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:32:23.32 ID:z6f9ef3O0
にこ「ま、まあ感想は人それぞれだしね?」

花陽「そ、そうだね。よく考えたら面白かったシーンもあるかも」

にこ「あ、あのシーン面白かったわよね?ターミネーターのパクりみたいなシーン」

花陽「そ、そうだね」

絵里「パクりじゃダメじゃない」

希「…」

にこ「ちょ、絵里」

絵里「だって」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:40:57.25 ID:z6f9ef3O0
希「…感動したやん」

にこ「え?」

希「感動したやん。最後友達の為に命を捨ててロボットに立ち向かうシーンとか感動したやん。主人公のライバルが甲子園で肩を壊してしまうシーンとか泣けたやん」

絵里「え?どんな映画?」

希「親友を殺された怒りによって主人公が1000人に一人の伝説の戦士に目覚めるシーンとかも手に汗握ったやん。ラストシーンで泥棒がヒロインの心を盗んでったシーンとか素敵やん」

絵里「え?ジャンルは?」

にこ「ね?話を聞いただけでわかるでしょ?」

絵里「そうね」

希「あーん。思い出しただけで泣けて来てしまうよ」

花陽「まあ、希ちゃんは感動屋さんって事で…」

希「わ~ん」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:45:50.65 ID:z6f9ef3O0
「言ってません」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:51:07.87 ID:z6f9ef3O0
凛「ねえ、この画像見て~」

ことり「どれ?わぁ、猫さんだぁ」

凛「可愛いでしょ?」

ことり「うん。海未ちゃんも見てみなよ。可愛いよ?」

海未「はい。どれどれ?わっ、可愛いですね」

凛「でしょ?」

海未「はい。猫が寝転んでいて可愛いらしいですね」

凛「え?今のって…ダジャレ?」

海未「え?」

凛「いや…猫が寝転んでって…」

海未「あっ」

凛「ダジャレだったの?」

海未「…なんの事です?」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 22:59:44.43 ID:z6f9ef3O0
凛「だから、猫が寝転んでって言ったにゃ」

海未「…言ってません」

凛「言ったよ」

海未「…言ってません…猫が寝そべっていると言ったのです」

凛「絶対に言ったよ。ね?ことりちゃん?」

ことり「え?私に聞くの?」

海未「言ってませんよね?」

ことり「それは…」

凛「絶対に言ってたよ」

海未「言ってません…あんまりしつこいと怒りますよ?」

凛「あ~、そうやって怒ってごまかす気にゃ」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:04:50.21 ID:z6f9ef3O0
海未「誤魔化すなどしていません」

凛「してるにゃ」

海未「それは凛がしつこいから」

凛「そんなの言い訳にゃ」

海未「言い訳ではありません。ダジャレなど言う訳ないのにしつこいから」

ことり「あっ」

凛「え?…あっ!また、ダジャレを言ったにゃ」

海未「は?いつ?」

凛「言い訳と言う訳だよ」

海未「それこそ言いがかりでしょ?」

凛「いや、絶対にダジャレだったにゃ。ねえ?ことりちゃん?」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:09:28.99 ID:z6f9ef3O0
ことり「え、えっと」

凛「凛より先に気づいてたよね?」

ことり「それは…」

海未「ことり?違いますよね?言ってませんよね?」

凛「言ってたよ。ことりちゃん気づいて、あっ!て言ってたからね」

ことり「えっと…」

海未「ちがいますよね?ことりのあっ!はやっぱり海未ちゃんはダジャレを言ってなかったなって思った時のあっ!ですよね?」

凛「そんな訳ないでしょ!無理矢理過ぎるにゃ」

海未「あなたの方が無理矢理こじつけてるじゃ無いですか」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:12:13.53 ID:z6f9ef3O0
海未「なぜ、そこまで私がダジャレを言った事にしたいのですか?」

凛「海未ちゃんこそ何でダジャレを言ってないって言い張るの?」

海未「言ってないからです」

凛「言ったにゃ~」

海未「ことり?決めてください」

凛「そうだよ。もう、それに従うから」

ことり「えっと、私はどっちでもいいけど」

海未「そう言うのはずるいです」

凛「そうにゃ、そうにゃ」

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:17:14.89 ID:z6f9ef3O0
ことり「そんな事を言われたって…え~ん、穂乃果ちゃ~ん」

ガチャ

穂乃果「おっようござい鱒寿司美味しい~」

ことり「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「いやぁ、今日はいい天気だねぇ。人生の良い転機にもなると良いねぇ…なんちゃって。アハハハハ」

凛「………海未ちゃん、ごめんね?」

海未「いえ……私の方こそ」

ことり「穂乃果ちゃん、ありがとう」

穂乃果「え?穂乃果何かした?」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/07(水) 23:17:55.65 ID:z6f9ef3O0



元スレ
タイトル:穂乃果「穂乃果が主役なんだよ」
URL:https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480934053/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP