スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

和久井留美「ウエディングドレスを着るまで」

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 17:57:55.14 ID:lNw1P8GiP
モバマスSSです

敬語のPが出てきます。苦手な方はご注意を
それでも良ければオナシャス

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376643475




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 17:58:54.47 ID:lNw1P8GiP
留美(仕事を辞めてしまった……)

ハァ……

留美(あの仕事自体にはもう未練などないけれど)

ウゥ……

留美(平日に何もしないで公園のベンチに座っている私って……)

ハァ……

留美「……」

ハァ……

留美「……ねぇ」

「? 何でしょうか?」

留美「そんなに溜息ついてどうしたのかしら?」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 17:59:32.02 ID:lNw1P8GiP
「いやぁ、お恥ずかしいんですが仕事でミスをしてしまって……」

留美「ミスくらい誰でもあるわ」

「そうなんですが……大事な案件がダメになったんですよ……」

留美「それはまずいわね。先方には謝りに行ったの?」

「えっと……」

留美「……早く謝りに行かないと取り返しがつかないことになるわよ」

「そう……ですね……」

留美「はぁ……私がついて行ってあげるからさっさと行くわよ」

「えっ……そんな悪いですよ」

留美「そんなこと気にしている状況かしら?」

「……違いますね」

留美「なら行きましょうか。えっと……」

P「あっ、自分はPと申します」

留美「私は和久井留美よ。留美でいいわ。ほら準備しなさい」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 18:00:11.09 ID:lNw1P8GiP
P「留美さんはすごいですね。これで先方との関係がなくならなくてすみました」

P「本当にありがとうございます」

留美「別にいいわよ。それより……」

P「?」

留美「ミスをしたらすぐ謝ることよ。時間が経ったら取り返しのつかないことになるわ」

P「……その通りです」

留美「日付を間違えたようだけど……手帳には予定を書いておいたの?」

P「一応書いておいたんですが……どこに書いたか分からなくなってしまって……」

留美「それじゃ意味がないわ……どんな書き方してるか見せてくれないかしら?」

P「それはさすがに……」

留美「別に誰かに漏らしたりとかしないわ」

P「……本当ですか?」

留美「本当よ。心配なら誓約書でも書きましょうか?」

P「そこまでは……これです」

留美「……もう少し整理して書いた方がいいわね……」

P「おっしゃる通りです……」

留美「書き方くらいなら教えてあげるわ」

P「本当ですか! 助かります」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 18:01:36.33 ID:lNw1P8GiP
P「へぇ。だいぶ見やすくなりましたね」

留美「これならミスすることも減るはずよ」

P「ええ。本当になんと言っていいか……」

留美「別に気にしないでいいわ。それより……時間は大丈夫なの?」

P「あ……」

留美「早く行きなさい」

P「そうします。今日は本当にありがとうございました」

留美「次からは気を付けるのよ」

P「はい。……それでは」

留美「えぇ。さようなら」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 18:02:32.30 ID:lNw1P8GiP
留美(また一人……仕事も話し相手もいないのはつらいわね)

タッタッタッ

P「留美さーん!」

留美「!? どうしたのP君。早く仕事に戻らないと――」

P「留美さんってこの後時間空いていますか?」

留美「……えぇ。暇よ」

P「それは良かった。もしよければついて来てほしいんですが……」

留美「それはどういう意味?」

P「えっと、あなたにお任せしたい仕事があるんです!」

留美「……はぁ」

P「続きは事務所でお話ししますよ」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 18:03:16.86 ID:lNw1P8GiP
― 事務所 ―

留美(勢いに押されてついて来てしまったけれど……)

留美(まさか変な仕事ではないでしょうね)

留美(まぁどうでもいいかしら……なるようになれ、ってことね)

ちひろ「どうぞ」

留美「あら、ありがとう」

ちひろ「いいえ」

留美(……芸人の方かしら)

P「お待たせしました。まず初めに……」

留美「何かしら?」

P「今どのようなお仕事をされていますか?」

留美「今は無職よ」

P「あ……すみません。いや、でもその方が都合がいいのか……」ゴニョゴニョ

留美「?」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 18:04:09.86 ID:lNw1P8GiP
P「前はどのようなお仕事だったんですか」

留美「秘書をやっていたわ」

P「成程。通りで……」

留美「それで、仕事っていうのは事務職なのかしら?」

P「いえ。事務ではなくて留美さんには――」

P「アイドルをやっていただきたいんです。」

留美「……は?」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 18:04:53.92 ID:lNw1P8GiP
留美「あなた、ふざけてるの?」

P「ふざけてなんかいませんよ。実はここってアイドル事務所なんですよ」

留美「……」

P「留美さんならきっとトップアイ――」

留美「帰るわ」

P「え? ちょっと待ってください!」

留美「あなたがこういう人だとは思わなかったわ」

P「本当の事ですよ! 僕は嘘なんかついていません!」

P「それなら実際にレッスンしているところでも見ていってください! ね!?」

留美「……はぁ。分かったわ」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 18:05:46.56 ID:lNw1P8GiP
P「どうです? 信じてもらえましたか?」

留美「一応はね。でも何で私なのかしら? 20後半までいってるのに……」

P「歳なんて関係ないですよ。留美さんが魅力的だからです」

留美「……」

P「あれ? 僕変なこと言いましたか?」

留美「自覚ないのね……いいわ、付き合ってあげる」

P「……! それなら――」

留美「ただし。アイドルがどういう仕事か分からないからあなたに頼るけど……いいかしら?」

P「ええ、任せてください」

留美「よろしくお願いするわ、P君」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 18:06:46.80 ID:lNw1P8GiP
― 数日後 ―

留美「ちひろさん、お茶よ」

ちひろ「ありがとうございます。留美さん」

留美(正式にアイドルとなったけど……そう簡単に仕事が入るわけでもないわよね)

留美(ここまでしたことといえば……レッスンとお茶くみぐらいかしら……)

留美(本当にこれでいいのかしら?)

P「ただ今戻りました」

ちひろ「おかえりなさいPさん」

留美「お帰りP君。いまお茶を――」

P「留美さん! 仕事持ってきましたよ!」

留美「……私に? 意外とできる人なのね……」

留美「それでどんなお仕事なの?」

P「それはですね――」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 18:07:26.85 ID:lNw1P8GiP
留美「P君……」

P「何でしょうか? 留美さん」

留美「確かに仕事が欲しいと言ったけれど……」

留美「ウエディングドレスはどうなのかしら」

P「そうですか? 似合ってますよ」

留美「……そう」

留美(こういう人なのね)

P「先方に留美さんの宣材写真を見せたらすぐOKをもらえましたよ」

留美「……それは良かったわ。……P君」

P「どうしよう……緊張してきた……」

留美「……」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 18:08:18.19 ID:lNw1P8GiP
留美「別にP君が撮られるわけではないのよ?」

P「そうなんですけど……」

留美「……はぁ、しっかりしなさい。あなたはプロデューサーなのよ?」

P「ええ、分かってはいるんですが……どうにも……」

留美「あなたもプロなのだから仕事はしっかりしなさい」

P「はい。でも――」

留美「私に任せなさい。いいわね?」

P「……! 分かりました。よろしくお願いします」

留美「大丈夫よ。すぐ終わらせるわ」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 18:08:54.74 ID:lNw1P8GiP
P「お疲れ様です。留美さん」

留美「やっぱり慣れないことは疲れるわね」

P「バッチリでしたよ。先方も喜んでくれていました」

留美「それは良かったわ。それとP君……」

P「はい?」

留美「あまり他の子の前でうろたえない方がいいわよ」

留美「P君がしっかりしなくちゃ他の子も安心できないわ」

P「……そうですよね。気を付けます」

留美「大丈夫よ。P君ならできるようになるから」

P「そうでしょうか……?」

留美「えぇ。何といっても」

留美「私が信頼しているのだから」

おわり

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/16(金) 18:09:14.09 ID:dkmNFnO10
やったー!貴重な和久井さんスレだ!



元スレ
タイトル:和久井留美「ウエディングドレスを着るまで」
URL:https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376643475/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP