スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

【ミリマス】琴葉は寂しんぼう?

THE IDOLM@STER

1: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 14:58:37.10 ID:k0KF8h6w0
恵美「あ、琴葉。お疲れ~」

可憐「琴葉さん、お疲れ様です」

琴葉「お疲れ様、二人とも」

P「お疲れ、琴葉」

琴葉「お疲れ様です、P。控え室でお仕事なんて珍しいですね」

P「あー、まあ気分転換に? たまにはいいかな~って」

恵美「ホントに~? サボってるだけじゃないの~?」

P「ま、まさかそんなわけ……。見回りだって仕事の内だぞ?」

恵美「にゃはは、ジョーダンだって♪」

可憐「ふふっ」

恵美「あっ、それより聞いてよ、琴葉! このネイル 海美が塗ってくれたんだよ」

琴葉「海美ちゃんが?」

恵美「そうなの! いつものお返しにって塗ってくれたんだけど、1本塗り忘れててさぁ♪」

琴葉「ふふっ、海美ちゃんらしいね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1535176716




2: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 14:59:55.31 ID:k0KF8h6w0
可憐「恵美ちゃん、ずっと嬉しそうにしてて……」

恵美「そりゃあ、アタシのために海美が頑張ってくれたからね♪」

琴葉「……」

恵美「琴葉も今度、海美にネイル塗ってもらいなよ」

琴葉「えっ? でも私、ネイルとかあんまり慣れてないから……」

恵美「大丈夫だって、琴葉なら絶対似合うからさ♪ ねっ、可憐もそう思うっしょ?」

可憐「うん、琴葉さんならきっと似合うと思います……♪」

琴葉「そ、そう? じゃあネイルの勉強してみようかな?」

恵美「ホント真面目だな~、琴葉は。もっと気軽に楽しんじゃいなよ」

恵美「この前詩花と遊んだ時、初めて行くとこばっかだったけど、楽しかったし♪」

琴葉「詩花ちゃんと?」

恵美「あ、可憐も詩花とどっか行ってたよね?」

可憐「わ、私は詩花さんとアロマを見に……」

琴葉「二人とも、もうそんなに詩花ちゃんと仲良いんだ……」

3: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 15:00:49.08 ID:k0KF8h6w0
恵美「アイドルのみんなと仲良くなって遊ぶの、楽しいからさ♪」

可憐「恵美ちゃん、いろんな人と遊びに行ってるよね?」

恵美「うん、可奈とカラオケ行ったり、静香とテニスしたり……」

恵美「あ、あと可憐と一緒に寝たっけ?」

琴葉「え?」

P「……ん?」

可憐「め、恵美ちゃん!? あ、あれはただ部屋が一緒だっただけで……!」

恵美「にゃはは♪ 可憐てば慌てすぎだよ、アタシ間違った事言ってないじゃん♪」

可憐「誤解されちゃうよ! それにあの時のことじゃなくても、福袋を見に行った時の話でも良かったんじゃ……」

恵美「あー、あれねー♪ 可憐の鼻がスゴかったヤツだよね?」

可憐「そんな覚え方……」

琴葉「…………」

4: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 15:01:42.01 ID:k0KF8h6w0
P「恵美、恵美が変なこと言ったせいで琴葉固まってるぞ」

恵美「へ?」

琴葉「…………」

可憐「あの、琴葉さん……?」

恵美「おーい、琴葉-?」

琴葉「へ? あ…うぅん、何でもない」

恵美「………そっか、ならいいけど」

可憐「……?」

P「おーい、恵美、可憐、そろそろレッスンの時間だぞ?」

恵美「げっ、もうそんな時間? ゴメン、アタシらもう行かなきゃ。じゃね、琴葉」

可憐「ま、また今度」

琴葉「うん、行ってらっしゃい」

琴葉「…………」

5: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 15:02:27.46 ID:k0KF8h6w0
琴葉(さっきの気持ち、何だったんだろう?)

琴葉(なんだか少しモヤモヤして、重くて、切ない感じ)

琴葉(恵美と可憐さんと話すのは楽しいはずなのに……)

エレナ「ヤッホー、P!」

P「お疲れ、エレナ。ってエレナはそろそろ……」

エレナ「あっ、コトハ-! ナニしてるノ?」

琴葉「………」

エレナ「コトハ?」

P「……?」

琴葉「あ、エレナ。ごめん、ちょっと考え事してたの」

エレナ「ダイジョーブ? 悩みがあるならワタシが聞くヨ?」

琴葉「ありがとうエレナ。大丈夫だから。心配かけちゃってごめんね」

エレナ「そんなの気にしなくてイイヨー。コトハはベストフレンドだからネ!」

琴葉「エレナ……。」

6: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 15:03:13.05 ID:k0KF8h6w0
エレナ「だから元気出して、ネ?」

琴葉「……うん。エレナが親友で良かった。ふふっ」

エレナ「モー、大げさだヨー エヘヘ♪」

美也「エレナさ~ん? 行きますよ~?」

エレナ「ハーイ! じゃあワタシ、美也との打ち合わせに行ってくるネ。またネ、コトハ!」

琴葉「あ、うん。行ってらっしゃい」

P「あー、少し準備に時間がかかるから、会議室で待っててくれ」

エレナ「分かったヨー。お待たせ、ミヤ! じゃあ行こっか」

美也「はい~。今日の打ち合わせ、何について話すんでしょうか~? 楽しみですね~♪」

エレナ「ワタシも楽しみだヨー、エヘヘ♪」

琴葉「…………」

7: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 15:03:55.44 ID:k0KF8h6w0
琴葉(またこの気持ち……)

琴葉(寂しさ? 何で? エレナと話してて楽しかったのに)

琴葉(エレナは今から打ち合わせ。だから、しょうがない)

琴葉(……しょうがない? 何が? どうしてそうなるの?)

琴葉(考えれば考えるほど分からなくなって……どんどん辛い気持ちなる)

琴葉「………どうして?」

P「琴葉?」

琴葉「…………」

P「おーい、琴葉、琴葉!」

琴葉「…! あっ、P。ごめんなさい」

8: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 15:04:34.94 ID:k0KF8h6w0
P「どうした? さっきから様子がおかしいぞ?」

琴葉「いえ、大丈夫です……」

P「大丈夫そうには見えないぞ? 俺に話せないなら誰か話しやすい人を連れてくるから…」

琴葉「あっ、そうじゃなくて……」

P「………話してくれるか?」

琴葉「…………」

琴葉「さっき恵美と可憐さんと話してた時、寂しいような、切ないような、よく分からない気持ちになったんです」

琴葉「恵美がアイドルのみんなと遊んでる話の時とか、可憐さんと楽しそうにしてる時とか……」

P「…………」

9: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 15:05:42.63 ID:k0KF8h6w0
琴葉「その後エレナが来て、エレナと話してた時はそのモヤモヤは全然無かったんです」

琴葉「でも、エレナと美也が話してるのを見てたら、また辛い気持ちになって……」

琴葉「P、この気持ちって、何なんですか?」

P「うーん……。琴葉は恵美とエレナにやきもちを妬いてるのかもな」

琴葉「やきもち……ですか?」

P「うん。だから二人が自分以外の人と仲良くしてるところを見ると、辛くなるんだろうな」

琴葉「………」

P「恵美もエレナも誰かに盗られたり、いなくなったりするわけじゃ…」

琴葉「それは…分かってます、けど………」

P「もっと仲間を信じてみたらどうだ?」

琴葉「P! 私は、私は仲間を信じてます……!」

P「あー、言い方が悪かった。そうだな……。もっと人に頼ったり、甘えたりして良いんだぞ?」

琴葉「あ……………そっか」

10: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 15:06:39.58 ID:k0KF8h6w0
P「ん? 何か分かったか?」

琴葉「……P、ありがとうございます。私、ちょっと一人で考えてみます」

P「いや、だからな……」

琴葉「もう、大丈夫ですから」

P「…………分かった。じゃあ俺は会議室にいるからな」

琴葉「はい。ありがとうございました」

琴葉「………はぁ」

琴葉(私、やきもち妬いてたんだ……)

琴葉(ほかの人と仲良くしてるからって、友達じゃなくなるなんてありえない。そんな当たり前の事を………)

琴葉(信じてないから、いなくなるって思う。信じてないから、迷惑かけちゃいけないって思う。確かにそうかも、だけど……)

琴葉(私は仲間を、親友を信じてるはず。そうじゃないと………)

琴葉「私、なんてひどい………」

11: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 15:07:32.54 ID:k0KF8h6w0
琴葉(……二人は私のことどう思うかな? やきもちくらい妬いてくれるかな?)

琴葉(なんて、虫が良すぎるよね。自分は信じてないのに、嫉妬して、すがろうとしてる)

琴葉(もっとPに頼れば良かった。どうしたらいいんだろう………)

琴葉「会議室、行こうかな………」

海美「琴葉―、いる?」

琴葉「あ、海美ちゃん」

海美「あのね、琴葉……。私、琴葉にネイル塗ったげる」

琴葉「え?」

海美「大丈夫、めぐみーに道具貸してもらったから! あと、その……」

琴葉「?」

海美「うう~…。やっぱり隠し事なんて出来ないよ~……」

琴葉「う、海美ちゃん……?」

海美「琴葉、何かあったの? めぐみー心配してたよ?」

琴葉「恵美が?」

12: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 15:08:21.88 ID:k0KF8h6w0
海美「話しててもあんまり楽しそうじゃなかった、って。私、琴葉に元気になってほしくて、それで……」

琴葉「海美ちゃん……」

琴葉(恵美も海美ちゃんもこうして心配してくれて……。そう、エレナも心配してくれてた)

琴葉(落ち込んでる場合じゃないよね。ちゃんと気持ちに応えないと……)

琴葉「……ありがとう、海美ちゃん。ネイル、お願いしようかな?」

海美「…! うん、任せて! 女子力MAXにしちゃうからね!」

琴葉「ふふっ♪」

海美「琴葉はどんな感じのネイルがいい?」

琴葉「うーん……。海美ちゃんに決めてもらってもいいかな?」

海美「いいよ! …琴葉にはこれが似合うかなぁ、でも女子力といえばピンクだし………」

13: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 15:09:04.66 ID:k0KF8h6w0
琴葉「……………ねぇ、海美ちゃん」

海美「何?」

琴葉「少し、相談に乗ってもらえる?」

海美「えっ? 私でいいの?」

琴葉「うん。ダメ、かな?」

海美「そんなことないよ! なんでも相談して!」

琴葉「ありがとう。………私ね、恵美とエレナにやきもち妬いてたの」

海美「琴葉がやきもち妬いてたの? どうして?」

琴葉「二人がほかの子と仲良くしてるのを見てたら……悔しくなっちゃったのかな?」

海美「そうなんだ……。琴葉って意外と寂しんぼうなんだね」

14: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 15:10:13.66 ID:k0KF8h6w0
琴葉「寂しんぼう………。そっか、寂しんぼうだね、私」

海美「寂しくなったらいつでも言ってね? 会えない日でもメールとか電話とかしていいから」

琴葉「……うん。私、海美ちゃんがいてくれて本当に良かった」

海美「も~、大げさだなあ、琴葉は♪」

琴葉「あ、エレナと同じ事言ってる。ふふっ♪」

海美「………よーし、出来たー!! 琴葉、どう? 上手に出来てるかな?」

琴葉「私もネイルはあんまり詳しく無いけど……うん、上手だと思うよ」

海美「ホント? やったー!! 私、女子力アップしてるかも~!」

15: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 15:10:53.82 ID:k0KF8h6w0
P「おーい、琴葉-? って海美、お疲れ」

海美「あっ、P! お疲れ様! 私、ネイル上手になったんだよ! Pにも塗ったげるね☆」

P「えっ? ネイル? い、いや、俺はいいから……」

琴葉(……エレナと恵美に『やきもち妬いてた』って言ったら、茶化されちゃうかな?)

琴葉「ふふっ♪」

P「?」

琴葉「P、今日の相談のこと、二人には内緒にしててくださいね♪」

おわり

16: ◆WLsfqmuY0dny 2018/08/25(土) 15:13:16.94 ID:k0KF8h6w0
琴葉にやきもちを妬かせたいと書き始め、自分が友人にやきもちを妬いたときの気持ちを基に書いたら、こうなりました。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。



元スレ
タイトル:【ミリマス】琴葉は寂しんぼう?
URL:https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1535176716/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP