スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

少年「可愛がってた牛がいなくなった」

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)16:11:18 ID:diJ
ー 牧場 ー

少年「ハナコ、よしよし」ナデナデ

牛「んもー」

少年「お前はホント可愛いよな、ふふ」ナデナデ

牛「もー」ベロッ

少年「あはは、やめろって。くすぐったい」




2: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)16:15:32 ID:diJ
ー とある日 ー

少年「ハナコー」タッタッタ

少年「あれ? ハナコがいない?」キョロキョロ

少年「どこ行ったんだろ? 厩舎の方かな?」

少年「ハナコー」タッタッタ

5: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)16:18:16 ID:diJ
ー 厩舎 ー

少年「ここにもいない……。どこ行ったんだろ?」

少年「変だな……」

少年「もう一回、放牧地の方に戻ってみようかな」

少年「見落としたのかも」タッタッタ

7: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)16:20:21 ID:diJ
ー 放牧地 ー

少年「ハナコー! どこ行ったのー?」

少年「…………」

少年「ハナコー! ハナコってばー!」

少年「……いない。何で?」

少年「そうだ。お父さんに聞いてみよう。何か知ってるかも」タッタッタ

9: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)16:26:27 ID:diJ
ー 家 ー

少年「お父さん、お父さん」

父「ん? どうした?」

少年「ハナコがいないんだ。お父さん、どこ行ったか知らない?」

父「……ああ、ハナコか」

少年「うん。探したんだけど、見つからなくて。お父さん、知ってる?」

父「ハナコは、町に行ったんだ。お前が学校に行ってる間にな」

少年「町に? 何で?」

父「用事があったからだよ。だから、トラックに乗って町に行ったんだ」

少年「そうなんだ……。じゃあいつ帰ってくるの?」

父「当分の間、帰ってこない」

少年「え……」

10: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)16:31:20 ID:diJ
少年「当分って、どれぐらい?」

父「当分は当分だ。お父さんにもわからない」

少年「何で? どうして? お父さん、何で知らないの? ハナコはいつになったら帰ってくるの?」

父「お父さんだって知らない事はあるさ。それよりも、少年。お父さんは忙しいんだ。もういいだろ?」

少年「よくないよ! お父さん、ハナコはいつ帰ってくるの! 教えてよ!」

父「だから、知らないんだ。それじゃお父さんはもうこれで行くからな」クルッ、スタスタ

少年「あ、お父さん! 待ってよ!」

11: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)16:34:12 ID:diJ
ー 数週間後 ー

少年「ハナコ……。まだ帰って来ない……」

少年「ハナコに会いたい……。お父さんは何回聞いてもいつ帰ってくるかわかんないって言うし……」

少年「……ハナコ」グスッ

12: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)16:37:29 ID:diJ
少年「…………」グスッ

少年「」ゴシゴシ

少年「……ハナコは町に行ったんだよね」

少年「探しに行こう。町まで遠いけど、貯金箱壊して、お金持って、バスとかで行こう」

少年「色んな人に聞いて回ればきっとハナコが見つかるよ。行こう」

14: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)16:42:03 ID:diJ
ー 家 ー

少年「えいっ」ガシャンッ

少年「えっと、500円が2枚と100円が20枚ぐらいある。あと、10円玉が一杯」

少年「これだけあれば町まで行けるよね。初めて一人で行くけど、大丈夫。きっとなんとかなる」

少年「今日はもう遅いから、明日学校が終わってからすぐ行こう」

少年「ハナコに会いに行くんだ」

16: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)16:45:50 ID:diJ
ー 翌日 ー

少年「よし、リュックも持ったし、お腹空いた時の為におにぎりも作ったし」

少年「あと、お茶を入れた水筒にお菓子。折り畳み傘も入れた」

少年「お金も持ったし、早速行こう。お母さんやお父さんに見つからない様にこっそり行かないと」

少年「一人で町まで行くって行ったら絶対ダメって言われるから、そーっとそーっと」コソコソ

18: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)16:50:58 ID:diJ
少年「お父さんは……今、厩舎の方に行ってるから大丈夫」

少年「あと、家を出る時にお母さんに見つからない様にすればいいよね」

少年「ゆっくり、ゆっくり」コソコソ

「少年ー、いるー?」

少年「」ビクッ!!

「冷蔵庫にプリンがあるから、それ食べても……」トコトコ、ガラッ

「あら? いないの? どこに行ったのかしら?」

少年「い、今の内に!」タタタッ

19: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)16:53:58 ID:diJ
ー 放牧地 ー

少年「」ハァハァ

少年「良かった……。何とか見つからないで済んだ」

少年「でも、まだお父さんとか来るかもしれない。バス停まで急いで走ろう」

少年「」タタタッ

少年「ハナコ、待ってて。絶対探しに行くからね」タタタッ

20: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)16:57:53 ID:diJ
ー バス停 ー

少年「着いた!」

ブロロッ

少年「やった! バスもすぐに来た! これでもう大丈夫だ」

キキィッ

ウィーン、ガチャッ……

運転手「いらっしゃい。坊や一人かい?」

少年「うん! えっと、お金、お金」アセアセ

運転手「そこに入れてね」

少年「うん!」チャリン

21: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)16:59:55 ID:diJ
ー 車内 ー

おばさん「あら、あなた一人? 大丈夫なの?」

少年「大丈夫。おにぎりとかお茶も持ってきてるし」

おばさん「そう。ふふっ。気を付けてね」

少年「うん。ありがとう」

22: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:02:59 ID:diJ
おばさん「ところで、あなたはどこまで行くの? おじいちゃんの家とか?」

少年「ううん。ハナコを探しに行くんだ」

おばさん「ハナコ?」

少年「ぼくんちで飼ってた牛なんだ。いつのまにかいなくなってて、それでお父さんに聞いたら町に行ったって言うから」

おばさん「……あら、そう。町に……」

少年「うん。おばさん、ハナコがどこに行ったか知ってる?」

おばさん「……ごめんね、知らないわ」

少年「そっか……」シュン

23: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:04:03 ID:diJ
ー 町 ー

おばさん「じゃあ、気を付けてね」

少年「うん」

おばさん「…………」

24: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:06:00 ID:diJ
少年「久しぶりに町に来たけど、やっぱりスゴいなあ。人が一杯いる」

少年「これだけ人がいたら、一人ぐらいハナコを見た事ある人がいるよね」

少年「色んな人に聞いてみよう。きっとその内見つかるよ」タタッ

26: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:07:44 ID:diJ
少年「あの、すみません」

サラリーマン「ん?」

少年「ハナコって牛を知りませんか? ぼくんちで飼ってたんですけど」

サラリーマン「……いや、知らないな。ごめんよ」スタスタ

少年「あ……」

27: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:09:53 ID:diJ
少年「あの、すみません」

主婦「なに? どうしたの?」

少年「ハナコって牛を知りませんか? ぼくんちで飼ってたんですけど」

主婦「……牛?」

少年「うん。いつのまにかいなくなってて、お父さんに聞いたら町に行ったって言うから」

主婦「……ごめんなさい、知らないわ。悪いけど、急いでるからごめんね」スタスタ

少年「あ……」

28: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:12:23 ID:diJ
ー 数時間後 ー

少年「誰に聞いても知らないって言われる……」グスッ

少年「こんなにも聞いてるのに、何で誰も知らないの……」グスッ

少年「歩くのも疲れたよ、もう……。足も痛いし……」グスッ

少年「ハナコ……。本当にどこに行ったの……?」グスッ

少年「ハナコ……」グスッ

29: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:15:49 ID:diJ
おじさん「」テクテク

おじさん「ん?」

少年「」グスッ、エグッ

おじさん「どうした、坊や? 何でこんなところで泣いてるんだ? 迷子か?」

少年「ううん……。ハナコがちっとも見つからなくて……。だから……」グスッ

おじさん「ハナコ?」

少年「ぼくんちで飼ってた牛なんだ。いつのまにかいなくなってて、それでお父さんに聞いたら町に行ったって言うから……」グスッ

おじさん「ああ、ハナコか。それなら知ってるよ」

少年「え!? おじさん、本当!?」

おじさん「ああ、本当さ。こっちにいるよ。おいで」

少年「う、うん!」パアッ

31: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:19:42 ID:diJ
少年「良かった、ハナコの事を知ってる人がいて」

少年「おじさん、ハナコがいるとこまでどれぐらいかかるの? 遠い?」

おじさん「ああ、そうだね。ちょっと遠いかな。だから、おじさんの車で行こうか」

おじさん「ほら、この車だよ。乗って」ガチャッ

少年「うん、ありがとう、おじさん!」

おじさん「いいよ、気にするな。それじゃ発進するよ」ガコッ

ブルルルッ……

32: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:24:44 ID:diJ
ー 車内 ー

おじさん「ところで坊やは牧場の子かい? ハナコを飼ってたって言うしそうだよね?」

少年「うん。山のとこにある牧場だよ」

おじさん「そうか。それで坊やは一人で町まで来たのかな?」

少年「うん。お父さんとお母さんには内緒で。どうしてもハナコに会いたかったから」

おじさん「そっかそっか。それだけハナコの事が好きだったんだね」

少年「うん! 小さい頃からずっとハナコと一緒に遊んでたから。ハナコとは大の仲良しなんだ」

おじさん「そうかそうか」

34: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:26:02 ID:diJ
おじさん「っと、着いたぞ。ここだ」

キキィッ、ガチャッ

少年「ここ?」

おじさん「ああ、ハナコはこの中にいるよ。さ、おいで」

少年「うん」

35: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:28:15 ID:diJ
ー 精肉工場 ー

牛の肉の塊が吊るされ、コンベアで流されながら、次々と加工されていく。

少年「…………」

おじさん「ハナコはあれだよ」

少年「う、嘘だ……」ポロポロ

36: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:31:53 ID:diJ
少年「ハナコが……ハナコが……」ポロポロ

少年「死んじゃってる……。ハナコ……」ポロポロ

おじさん「違うよ、坊や。ハナコは死んでなんかいない」

少年「だ、だってあれ……」ポロポロ

おじさん「ハナコは皆のものになったんだ。だから、死んでなんかいないよ」

少年「…………」

37: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:33:46 ID:diJ
少年「そっか、ハナコは皆のものになったんだ」

おじさん「ああ、そうさ。皆のものになったんだよ」

少年「なら良かった。あははははっ」

少年「ハナコは皆のものになったんだ。あははははははははっ!!」

少年「あははははははははっ!!」

38: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:34:20 ID:Lbe
うちの爺ちゃんがまだ子供の頃に可愛がってた鶏を爺ちゃんの姉ちゃんが捌いて客に出して、それを知った爺ちゃんがキレて鶏捌く包丁もって姉ちゃん追い回したらしい。
身動きとれないように縛られても激しく暴れ続けるもんだから、姉ちゃんは1週間ほど親戚の家の蔵に匿われてたって親戚が集まる度に笑い話として聞くんだが、
正直笑えない
39: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:35:01 ID:diJ
昔、マジでこんな映画を見て、ものすごく気持ち悪かった

それを何となくSSにしてみた。これで終わり

40: 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)17:37:22 ID:F8R
家が畜産やってると物心つく頃にはなんとなく分かってるもんなんだよなぁ



元スレ
タイトル:少年「可愛がってた牛がいなくなった」
URL:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1464333078/
掲載サイト:おーぷん2ちゃんねるに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP