スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

承太郎「ならそのDIOを早く倒しにいかねぇと」ジョセフ「安心せい、適役がおる!」

ジョジョの奇妙な物語

1: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)01:51:50 ID:ZST
ジョセフ「お前たち、入ってきてくれ」

ガラッ

カーズ「貴様と会うのも久々だな、ジョジョよ」

エシディシ「フッ、相変わらずのマヌケ面で安心したぜ」

ワムウ「ワムウッ!」

ジョセフ「いやぁ三人とも、よく来てくれたな!まぁ座ってくれ」

承太郎(な…なんだコイツらは!?)




10: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)01:57:32 ID:ZST
ジョセフ「紹介しよう、承太郎!カーズ、エシディシ、それにワムウじゃ。わしの50年来の友人なんじゃ」

承太郎「よ、よろしくってヤツだぜ…」

カーズ「こちらこそよろしく頼む、承太郎よ」

ワムウ「中々強者の雰囲気だな…よろしくたのむぞ」

エシディシ「こらワムウ、今日はジョセフの頼みを聞きに来たんだ。決闘ならまた今度にしておけ」

ワムウ「ハッ、申し訳ございません、エシディシ様」

12: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)02:00:27 ID:ZST
承太郎「おいジジイ…とてもじゃあないがコイツら人間には見えん。何者だ?」

ジョセフ「話すと長くなるがの…単刀直入に言うと、『柱の男』じゃ。我々とは別種族の」

承太郎(そういえば昔シーザーのジジイがそんなこと言ってたような…)

18: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)02:08:26 ID:ZST
ジョセフ「初めはこいつらとは敵同士じゃったのだが…わしが修業していた島でちょうどコミックを読んでいるときにエシディシがやってきてな」

ジョセフ「エシディシはコミックにすっかりハマってしまってのう。残りの二人に伝えたところ、これもドハマりと来た」

ジョセフ「こうして我々は和解したわけじゃ。よく考えたらコイツらは究極生物になりたかっただけじゃしのう」

承太郎(チョロすぎやしないか、「柱の男」…)

エシディシ「因みに俺が今ハマっているコミックは『ジョジョリオン』だ。次々と浮かぶ謎と個性的なキャラが飽きなくてな。最新刊は来月の17日…」

ワムウ「…エシディシ様、ステマはほどほどにしておいた方がよろしいかと」

23: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)02:20:06 ID:ZST
カーズ「で、ジョジョ…本題は何だ?」

ジョセフ「ああすまん、すっかり逸れてしまったな。単刀直入に言おう、お前らにはDIOという男を倒してきてほしいのじゃ」

ワムウ「DIO…?聞かぬ名だな」

ジョセフ「無理もない。DIOはわしのおじいさん、ジョナサン・ジョースターを殺した男じゃ。その後海底で100年眠り…ごく最近復活したわけじゃ」

カーズ「100年も…まさか吸血鬼か?」

ジョセフ「その通りじゃ。そしてヤツは『スタンド』という特殊能力を持っている!わしはそう確信しているッ!」

エシディシ「スタンド…?それも聞かぬ名だな」

ジョセフ「実際に見せた方が早いじゃろう。ここにカメラがある」

ワムウ「…何を?」

ジョセフ「『隠者の紫』ッ」!!バキッ

ジー・・・

カーズ「ムッ!」

エシディシ「写真だッ!!」

24: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)02:26:34 ID:ZST
ジョセフ「これがわしのスタンド能力じゃが…どうじゃ?」

カーズ「ハッキリとは見えなかった…だが、そこに『存在する』ということだけは認識できた」

承太郎(嘘だろッ!?スタンドはスタンド使い以外は見ることはおろか認識することさえ不可能なハズだぜ…!)

ジョセフ「フッ、流石は究極生物じゃな。さて、この写真に念写したのがDIOじゃ」

ジョセフ「こいつは生き長らえるため、おじいさんの胴体を奪った…そのDIOがスタンドに覚醒したことでわしらもスタンドに目覚めたようじゃ」

エシディシ「ジジイになってから話が長くなったな、ジョジョよ」

ジョセフ「貴様の方がジジイじゃろ」

25: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)02:30:43 ID:ZST
ジョセフ「スタンドの影響はわしの娘、ホリーにも及んだ。じゃが彼女は戦闘には一切関わりの無いような穏やかな人間でな…」

ジョセフ「逆にスタンドが体を蝕んでしまっているのじゃ。DIOを倒せば治るはずじゃ…頼むぞ!」

カーズ「成程。しかしそのDIOは今どこにいるのだ?」

ジョセフ「それが…」

承太郎「そ、それなら俺がやるぜ!写真をよこしな!」

ジョセフ「あ、そういえばいたな、承太郎よ」

26: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)02:36:37 ID:ZST
~かくかくしかじか

ワムウ「DIOはエジプトにいるのだな」

承太郎「そうと分かれば早速飛行機を手配しねえと…」

カーズ「その必要は無いぞ、承太郎よ」バサッ

エシディシ「我々は飛んでいけるからな」バサッ

ワムウ「多分飛行機より速いしな」バサッ

ジョセフ「吸血鬼とはいえ勝つためには手段を選ばん男じゃ。くれぐれも気をつけてくれ」

カーズ「まぁ明日には帰ってくるだろう、貴様はのんびり昼寝でもしているといい…さぁ、行くぞ!」

27: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)02:40:25 ID:ZST
承太郎「」

ジョセフ「ああ言ったが問題無いじゃろ。さて承太郎、我々はホリーの看病に…承太郎??」

承太郎「」

ジョセフ「…ン?まさかお前、自分も一緒に行くつもりだったのか!?」

承太郎「…何でもねぇぜ…花京院を家まで送ってくるとするか…」

29: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)03:02:22 ID:ZST
―こうして究極生物3人は一直線にエジプトへと向かったのだったッ!!
すなわち、DIOが頑張って揃えた旅路の刺客たちには出番は無いのであるッ!!

エシディシ「そういえばDIOのスタンドはどんなヤツなんだろうな」

カーズ「フム…ま、知らない方が楽しみが増えるってヤツだろう」

ワムウ「少しは楽しめればよいのですが…」

30: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)03:07:44 ID:ZST
―カイロ到着

カーズ「ここがエジプト・カイロか。思ったより発展しているようだな」

ワムウ「DIOを見つけるのも難しそうですね」

エシディシ「フフフ…我らの天体望遠鏡並の視力を忘れたのか?これで怪しそうな建物を見つけようじゃあないか」

カーズ「流石だな、エシディシ!!では早速探すとしよう」ジロジロ

通行人(な、何なんだこいつらは…)

39: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)16:11:56 ID:ZST
―常人では発見することさえ難しいDIOの館だったが、あっさり見つかってしまった!
恐るべし、究極生命体!
おかげでカイロ市内に張り込んでいたスタンド使いたちにも出番は無かった!
恐るべし、究極生命体!

カーズ「意外とあっさり見つかるものだな」

エシディシ「早速突入といくか」

ワムウ「ムッ…?カーズ様、エシディシ様、あれを!」

カーズ「フム…鳥のようだな。しかしなぜあんなところに」

45: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)16:21:06 ID:ZST
チビ「バウバウッ!!」

ブチ「ガルル…」

カーズ「今度は犬がやってきたぞ」

ワムウ「我々は忙しいのだ。よそへ行ってくれ」ギロッ

チビブチ「!!!」

キャイーン・・・

エシディシ「…奴らも館に入ってしまったぞ」

カーズ「…我々も行くか」

49: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)16:25:08 ID:ZST
ペットショップ「ピィーーッ!!」

―侵入者は犬だろうが許さない!
任務に忠実なペットショップはそのスタンドでチビとブチを始末しようと襲いかかる!!

ガギィン!!

カーズ「…フゥ、ギリギリ無事だったようだな、犬共」

チビブチ「!!」

52: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)16:29:26 ID:ZST
エシディシ「全くカーズ、お前というヤツは…」

ワムウ「この鳥もスタンド使いか…」

―ペットショップは突然登場したこの3人の男を見て感じた!
それは高い知能が成せる技ではない…本能的に…
「勝てない」と―ッ!

ペットショップ「ピィ…ピィーッ!!」

―しかし彼にも意地があった!
忠誠を誓ったDIOのもとへと行かせるわけにはいかない!
ありったけの力を込めたホルス神のスタンドが3人を襲うッ!!

57: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)16:33:45 ID:ZST
ビュン! ビュン!

カーズ「氷の塊で攻撃か…エシディシ!」

エシディシ「言われるまでもないことよ!くらってくたばれ!『怪焔王の流法』!!」ジュオオオ!!

ペットショップ「!!!?」

エシディシ「焼き鳥にしてくれるわッ!!」

ペットショップ「ピィィィーーーッ!!…」

  ペットショップー死亡

66: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)16:36:57 ID:ZST
カーズ「ところでエシディシよ…その焼き鳥は食うのか?」

エシディシ「まさか」

少年「チビー!ブチー!どこだい?」

チビ「バウバウッ!!」

ワムウ「カーズ様…そやつらの主人が来たようです」

カーズ「もう二度とこんなところに来るんじゃあないぞ…さらばだ」

エシディシ「焼き鳥もオマケしておいてやろう」

71: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)16:40:35 ID:ZST
DIOの館―

ヌケサク「DIO様ーッ!!DIO様ーッ!!」

DIO「何だ、ヌケサクよ…こんな昼間から大声を出すものではない」

ヌケサク「も、申し訳ございません…ですが…緊急事態なのです!!」

エンヤ「なんじゃ?落ち着いて言ってみろい」

ヌケサク「ペットショップが…ペットショップが殺されました!!館に侵入者が!!」

一同「!!??」

74: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)16:44:30 ID:ZST
エンヤ「あのペットショップが殺されたじゃと!?」

ヴァニラ「まさかもうジョースターたちが…」

ヌケサク「いえ、ヴァニラ様!!ジョースターたちではありません!報告によると侵入者は3名!!いずれも半裸の大男とのことです!!」

DIO「見当もつかないが…ほんのちょっぴりマズいぞ…私はまだ2秒しか時を止められん」

エンヤ「DIO様は我らがお守りしますじゃ!!皆の者、位置につけ!!」

78: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)16:49:38 ID:ZST
ガチャッ

エシディシ「見たところ誰もいないが…どうせ隠れているのだろうな」

ワムウ「まずはDIOを探すところからスタートのようですな…」

カーズ「ムッ!廊下の奥から誰か来るぞ!」

エシディシ「DIOかッ!?」

テレンス「こんにちは、皆様。私はこの館の執事でダービー、テレンス・T・ダービーと申します」

テレンス(…何なんだこいつらはッ!!こんなのが出てくるなんて聞いてないぞッ!!!)

81: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)16:53:40 ID:ZST
カーズ「執事か。悪いがDIOに会わせてほしいのだが」

テレンス(怖ええええええ!!平常心だ…落ち着くのだ…私よ…)

テレンス「まぁ急いでも仕方ありません…私とゲームをしていきませんか?」

エシディシ「ゲームだと!?」ソワソワ

テレンス「え、ええ。しかし只のゲームではありません…『魂』をかけるゲームです」

エシディシ「フッ…気に入った。受けてやろうではないか」

83: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)16:56:06 ID:ZST
カーズ「エシディシ…」

エシディシ「なあに心配いらぬ。俺がゲームで負けるとでも?」

ワムウ(この間ジョジョに大敗していたことは黙っておこう…)

テレンス「そうと決まれば話は早い…アトゥム神!」ズオッ

ズズズ・・・

三人「!?」

88: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:02:13 ID:ZST
ワムウ「ここは…?」

テレンス「私のスタンドで作り上げたゲームの為の空間です。さて…ゲームは色々ありますが…あなたに選ばせてあげましょう」

エシディシ「ホウ、随分と余裕のようだな…では俺はこの『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』を選ぶとしよう」

テレンス「ジョジョASB…その完成度の高いPVの宣伝効果で前期待は高かったものの、いざ蓋を開けてみれば課金ありバグありのとんでもない糞ゲーだったと話題になった…」

テレンス「しかしそれらの問題点はその後のアップデートで順調に解決されていき、今では格ゲーとして遊ぶには少し物足りないもののジョジョのキャラゲーとしてなら十二分に楽しめるというあのジョジョASBですか…」

カーズ「今の説明はいるのか?」

90: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:05:28 ID:ZST
テレンス「さて、キャラも選び終わったところで…準備はいいですか?」

エシディシ「いつでも来い…『魂』を賭けよう!」

テレンス「グッド!…では…」

カーズ「フンッ!!」ズバッ!!

テレンス「ぐはぁッ!!」

一同「!???」

93: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:07:36 ID:ZST
テレンス「な、何故だ貴様…卑怯だぞ!!」

カーズ「卑怯…?フン…最終的に…勝てばよかろうなのだぁぁぁ!!」

テレンス「な…ん……て…ヤツだ…」バタッ

  テレンス・T・ダービー―再起不能

97: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:10:26 ID:ZST
ワムウ「おぉ、元の館に戻ってきたようですな」

カーズ「奴がくたばったからだろう…先を行くか…エシディシ?」

エシディシ「あああああんまりだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」HEEEEYYYYYY

カーズ「す、すまなかったな、エシディシよ…ゲームなら帰ってジョジョとやればいいではないか」

98: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:12:57 ID:ZST
ヌケサク「テレンスがやられましたァーッ!!」

エンヤ「しかしケニーGの迷宮のスタンドなら!何とかしてくれるはずじゃ!」

エンヤ「せいぜい偽物の迷宮で迷っているがいいわァーッ!!」

99: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:18:00 ID:ZST
カーズ「…この辺りは迷路になっているようだな」

ワムウ「」ピクッ・・・

エシディシ「その顔!何か分かったのか、ワムウよ!」

ワムウ「はい…風の動きを読んだところ、これはスタンドによる幻覚のようです…そこに隠れているなッ!!」

ケニーG「ヒィィッ!!」

ワムウ「隠れて戦うとは卑怯者め!!神砂嵐!!」ドォォォォッ!!!

ケニーG「ギャァァァァァァ!!」

  ケニーG―再起不能

102: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:20:40 ID:ZST
ヌケサク「ケニーGもやられましたァーッ!!」

DIO「チイッ…時間稼ぎにはなるだろう、ゾンビ共を向かわせろッ!!」

ヌケサク「ハ、ハイィッ!!」

103: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:22:26 ID:ZST
エシディシ「しかし食糧補給ポイントを設けてくれるとは案外DIOはいいヤツかもしれんな」

ゾンビ「」

カーズ「究極生命体の我らには殆ど必要無いがな…ま、いただいておくか」

ゾンビ「」

105: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:24:44 ID:ZST
ヌケサク「ゾンビ集団、あとかたも無く消え去りましたァーッ!!」

DIO「何ィィィィーーーッ!?」

エンヤ「ワシが行きますじゃ!!『正義』の力、思い知らせてくれるわァーッ!!」

107: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:29:30 ID:ZST
エシディシ「しかし見つからんな、DIO…」

カーズ「もういっそ館ごと破壊するのがいいかもしれん…ム?何だこの霧は…」

エシディシ「室内で霧が発生するとは…これもスタンド攻撃か。しかし効かぬ!ワムウッ!!」

ワムウ「ハッ!」ビュオオオオオ!!!

―ワムウの起こした風によって、『正義』の霧は四散してしまったッ!!

110: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:37:58 ID:ZST
エンヤ「ぐぎゃあああああああ!!!」

―『正義』ごと四散するほどの強烈な風!!
スタンドが受けたダメージはスタンド使いにもそのまま返ってくる!!
すなわち―

エンヤ「」

―エンヤは…粉みじんになって…死んだ

111: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:42:00 ID:ZST
カーズ「霧が晴れたな…行くぞ」

エシディシ「お見事だ、ワムウ!!ますます頼りになる男よ!」

ワムウ「ハッ、勿体無きお言葉でございます…」

ヴァニラ(奴らは今油断している…今がチャンスだ!!)

114: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:49:09 ID:ZST
ヴァニラ(この私のスタンド『クリーム』なら…)

ヴァニラ(コッソリ近づいて始末することができるッ!)

ヴァニラ(覚悟しろよ貴様ら…DIO様には指一本触れさせん!!)

116: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)17:58:27 ID:ZST
ヴァニラ(まずはエンヤを殺した貴様からだ…)

ヴァニラ(あの世で後悔するがいい!)

ヴァニラ「『クリーム』!!」ガオ

ワムウ「ムッ!!」バキィィ!!

ヴァニラ「ぐふぅぅぅぅ!!!」

ワムウ「…?」

カーズ「いきなり拳を振るってどうしたのだ、ワムウよ」

ワムウ「いえ…私の後ろから殺気と不可思議な空気の流れを感じたもので…しかし勘違いだったようです」

エシディシ「ハハハ!!『戦闘の天才』といえど間違うこともあるようだな!」

ワムウ「申し訳ございません…まだまだ未熟なようです」

118: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)18:02:41 ID:ZST
ヴァニラ「」ピクピク

ヴァニラ(な、何なのだ奴は…)

ヴァニラ(確かに『クリーム』で攻撃するためには一瞬暗黒空間から出る必要がある…)

ヴァニラ(しかしその一瞬で私の気配と正確な位置を察し攻撃をするとは…)

ヴァニラ(申し訳ございませんDIO様…どうか…ご無事で…)ガクッ

  ヴァニラ・アイス―存在を柱の男に知られないまま再起不能

120: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)18:12:03 ID:ZST
カーズ「あそこの階段から二階に上がれそうだ」

エシディシ「DIOのヤツ…二階に隠れているのか?」

ワムウ「!カーズ様!エシディシ様!あれを!」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

DIO「―よくここまで来たな貴様ら!私がDIOだ!」

カーズ「ほぅ…」

121: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)18:17:28 ID:ZST
エシディシ「わざわざ迎えに来るとは…よほど自信があると見えるな、吸血鬼の小僧」

DIO(な、なぜジョースターでも無いコイツらが吸血鬼のことを知っているのだッ!?そもそも誰だよ!)

カーズ「単刀直入に言う!わけあって貴様を殺しに来た!」

DIO「今までの館の惨状を見れば分かるわ!だがッ!!逆に殺されるのは貴様らのようだなァ!『世界』ッ!!」

ギュゥーーーーーーン・・・・

DIO『時は止まった。短時間とはいえコイツらの首を飛ばすのには十分!死ねィ!』ガッ!!

DIO『…あれ?』

122: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)18:19:34 ID:ZST
DIO『バ、バカな!『世界』は最高のパワーを持つスタンドだぞ!人間の首を飛ばすくらい簡単なはず!』

DIO『なのに傷一つ付いていないだとォーーーーッ!?』

DIO『しかももう限界だ!時は動き出す…』

125: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)18:22:43 ID:ZST
DIO「ゼェ、ゼェ…」

DIO「き、貴様ら…」

エシディシ「次にお前は『貴様ら人間では無いな!?』と言うッ!!」

DIO「貴様ら人間では無いな…ハッ!?」

カーズ「遊んでいる場合か、エシディシ!」

126: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)18:27:52 ID:ZST
カーズ「だが確かにそれは当たっている。我々は人間より遥か昔から地上に存在し、貴様ら吸血鬼の生みの親―柱の男だ」

DIO(聞いたこと無いぞ)

カーズ「所詮吸血鬼は我々の食糧に過ぎん」

ワムウ「しかしスタンドとやらを身に着けたというから少しは楽しめると思えば…この有り様よ」

カーズ「もうトドメを刺してしまうか…」

エシディシ「待てカーズ!!よく考えたら俺はこの館に入ってから何もしていないぞ!俺にやらせろ!」

ワムウ「私も戦いたいのですが…」

カーズ「フム。かくなる上は…『ジャンケン』しかあるまい!!」

130: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)18:31:40 ID:ZST
カーズ「恨みっこ無しだからな!いくぞ!」

DIO(こ、このDIOが…柱の男だかなんだか知らんがコケにされている…)

DIO(『ジャンケン』までし始めるとは…舐められたものよ!!もう一度『世界』だ!どこかに弱点はあるッ!!)

カーズ「じゃーんけーん…」

DIO「『世界』ッ!!!」

132: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)18:33:02 ID:ZST
DIO『いくらコイツらでも頭を破壊されたらタダではすむまい!!』

DIO『勝った!第3部完!!』ビュウンッ!!

134: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)18:34:48 ID:ZST
カーズ『輝彩滑刀!!!』ズババァァン!!!

DIO『GYAAAAAAAA!!!!』

DIO『な…なぜだッ!?』

137: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)18:38:12 ID:ZST
エシディシ『どうやら貴様のスタンド能力は「時を止める」のようだな…正直驚いたぞ』

ワムウ『しかし我々は究極生命体…自身のスピードを加速させて擬似的な時間静止を行うことくらい容易い』

エシディシ『この原理は6部のスタープラチナ・ザ・ワールドの解説を読んでくれ』

カーズ『そういうことだ…観念しろ、DIO!!』

138: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)18:39:00 ID:ZST
DIO『バカな、このDIOが…このDIOがァァァァァーーーッ!!!』
140: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)18:41:02 ID:ZST
―こうしてDIOは柱の男たちによって吸収されたッ!!
ホリーは助かったのであるッ!!

ホリー「まぁ、急に気分がよくなったわ、パパ!でも一体何だったのかしら?」

ジョセフ「あぁ…タダのカゼじゃよ、タダの、な…」

142: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)18:47:23 ID:ZST
―わずか半日でコトを片付け空条邸に帰還した柱の男たち!!
ジョセフからたっぷりと貰った報酬金でコミックを大人買いし、一日中部屋の中で読み漁るという生活に戻ったッ!!

―その後DIOの館の捜索で見つかった弓矢を使い、スタンド使いにならないかとジョセフに持ち掛けられた柱の男たちだったがそれを拒否!
いまいちスタンドの強さが実感できなかったかららしい…

―彼らはこの後、町の殺人鬼と戦ったりイタリアンマフィアのボスと戦ったりホモ神父と戦ったりするのだが…
それはまた、別のお話…

 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 スターダストクルセイダーズ  完

146: 名無しさん@おーぷん 2015/06/21(日)18:49:16 ID:ZST
おしまいです。
皆さんありがとうございました。
柱の男たちの有り余るチートっぷりには惚れ惚れしますね!
…それを3人とも倒したジョセフはどれほどチートだったのかという


元スレ
タイトル:承太郎「ならそのDIOを早く倒しにいかねぇと」ジョセフ「安心せい、適役がおる!」
URL:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1434819110/
掲載サイト:おーぷん2ちゃんねるに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP