スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

両津「おい……さっきからなに見てんだ寺井?」

こちら葛飾区亀有公園前派出所

1: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:22:31 ID:YMj
~~公園前派出所~~

寺井「これかい?通販カタログだよ……」

両津「ほう……何か買うつもりなのか?」

寺井「いやあ……通販でちょっと買い物をしてね……」

両津「もう買ったならなんでカタログなんか見てるんだよ」

寺井「だって届くのはまだしばらく先だから……」

寺井「待ち遠しいなぁ……この写真をみるだけでワクワクするよ……」




3: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:23:34 ID:YMj
両津「ところで、いったい何を買ったんだ?」

寺井「これさ」ペラペラ

両津「ん……イタリー製の張形だと……?」

寺井「うん!いまこれが世界中で大人気なんだって!」

両津「なになに……欧米最大級のペニスをもつイタリア人の平均サイズを再現……」

寺井「通常時のサイズですら約16センチもあるらしいよ!」

両津「ふーん……」

寺井「あ、あれ……?あんまり興味がなさそうだね……?」

4: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:24:05 ID:YMj
両津「考えてもみろ……こんなの所詮は作り物だろうが!」

両津「サイズばかりあったって、温もりがないんじゃあなァ……」

寺井「そうかなァ……」

寺井「ここに温度を調節できるって書いてあるけど……?」

両津「技術が進歩したとはいえ人間の作るもんだからな……」

両津「やはり本物のチンコにはかなわんよ!」

寺井「う、うーん……」

6: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:25:06 ID:YMj
両津「そもそも、こういうのは相手がいないやつが使うもんだろ」

両津「わしらにゃ不要の品だと思うがなあ……」

寺井「でも、派出所にひとりしかいない時とかに……」

両津「バカ!裏の公園にいけばフータローがいるだろうがっ!」

寺井「あっ!そ、そういえば……!」

両津「あと、鍋島定食屋のオヤジに『出前』を頼むとか……」

寺井「なるほど……参考になるなあ……」

7: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:25:52 ID:YMj
麗子「もう!いつまでバカな話してるのよ両ちゃん!?」

麗子「いい加減にしないと怒るわよ!」

両津「ま、待て麗子!わしはただ寺井にアドバイスをだな……」

麗子「レディーの前でしなくてもいいじゃないの!」

両津「わっ、分かったよ……!」

両津「……とにかくだな、寺井」コホン

両津「品物が届くまえにキャンセルしたほうがいいぞ……」

寺井「う、うん……じゃあ今すぐキャンセルの電話しようっと……」

8: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:26:37 ID:YMj
両津「ふう、長いことしゃべってたらノドが渇いたなァ……」

麗子「しょうがないわねぇ……はいお茶」コトッ

両津「おっ、サンキュー!」

バババババ……

両津「ん?何の音だ……?」

麗子「さあ……ヘリコプターみたいだけど……」

両津「ずいぶん近いな……派出所の真上から聞こえるような気がする……」

両津「まあいいや、まさか墜落はせんだろ……」ズズーッ

9: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:28:18 ID:YMj
飛飛丸「いえ~い!麗子ちゃん、いるか~い!?」ガラッ!

両津「ぶっ!!」ゴホゴホ

両津「れっ、麗子のオヤジ!?」

麗子「まあ!?いったい何しに来たのよパパ!?」

飛飛丸「正月から会ってないから遊びに来ちゃったよ~ん!」

両津「そういうノリを人前でするなっての……」

飛飛丸「……おや、いたのか両津くん……」

10: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:29:26 ID:YMj
飛飛丸「ところで麗子、お土産を持ってきたぞ!ほらこれだ!」

麗子「まあ!うれしいわパパ!」

麗子「いったい何が入っているのかしら……」ガサゴソ

麗子「な……なによこれ……!?」

飛飛丸「ふふふ……イタリー製の高級ディルドだ!」

両津「なに!?イタリー製のディルド!?」

飛飛丸「そう!注文後3か月待ちという超大人気の大人のオモチャだ!」

11: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:30:06 ID:YMj
両津「もしかして……それってこのカタログのこの写真のやつか……?」

飛飛丸「おおっ、これだこれだ!」

飛飛丸「実はこれはわが秋本貿易が取引している品でね……」

両津「こんなモノまで扱ってたのか……」

麗子「こ、こんなもの要らないわよ!」

飛飛丸「えっ?そ、そうか……?」

飛飛丸「おかしいなぁ……きっと喜んでくれると思ったのに……」

12: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:30:49 ID:YMj
飛飛丸「ほら、麗子は付きあう男は多いのになかなか交際に発展しないから……」

飛飛丸「きっと性欲を持て余しているんじゃないかと思ったのになぁ……」

麗子「そんな心配いらないわ!そんなもの持って帰ってよ!」

飛飛丸「う~む……仕方ない……」

飛飛丸「では代わりに受け取ってくれるかね両津くん……」

両津「えっ……わしが?」

飛飛丸「うむ……いつも麗子が世話になっているお礼ということで……」

13: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:31:14 ID:YMj
~~

両津「とうとう断りきれずに貰ってしまった……」

両津「おい麗子……本当にいらないのか?」

麗子「しつこいわね!さっきから要らないって言ってるでしょ!」

両津「じゃあどうすりゃいいんだよ、これ……」

麗子「どうして私に聞くのよ!?両ちゃんの好きにしたらいいじゃないのっ!」

両津「う~む……こんど藤田にでも売りつけてみるか……」

14: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:31:48 ID:YMj
寺井「……ねえ両さん……ぼくに試させてくれないかい?」

両津「ん……なに?」

寺井「どんな具合のモノかどうしても知りたいんだけど……」

寺井「ほら、注文はキャンセルしちゃったしさ……」

両津「しかしなァ……新品でないと価値が下がるし……」

寺井「いっぺんぐらい使ったってバレないよ、ねっ?」

両津「しょうがねえな……ほらよ」

15: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:32:16 ID:YMj
~~

両津「どうだ寺井?」

寺井「おほっ!すごく気持ちいいよ両さん!」ズボズボ

両津「ちゃんと温もりはあるのか?」

寺井「人間ほどじゃないけど、それでも大したもんだよ!」ズボズボ

両津「なるほど……やはりわしの睨んだとおりか……」

両津「惜しいもんだ……そこを改良すればきっとバカ売れするだろうになァ……」

16: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:32:40 ID:YMj
両津「う~む……なにかうまい改良方法はないものか……」

ボン!

両津「うわっ!?」

両津「ゴホゴホ……な、なにごとだ一体!?」

花山「久しぶりじゃの」

両津「あっ!?天国のじいさん!?」

花山「しばらく会っとらんしな、ひさびさに遊びに来たぞ」

両津「おおっ!これぞグッドタイミングだ!」

17: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:33:09 ID:YMj
両津「じいさん!わしの張形に魔法をかけてくれ!」

花山「なに、張形に魔法を……?」

両津「実際のイチモツのような温もりを持たせたくてな!」

花山「ふ~む、べつに構わんが……その張形はどこにあるんじゃ?」

両津「ん……そういえば……」

寺井「ハアハア……」ズッポズッポ

両津「まだやってたのか寺井!いい加減にやめろバカ!」ポカッ

寺井「あいたっ!」

18: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:33:32 ID:YMj
~~

花山「いくぞっ……ホンダラホイ!」ボン!

花山「ふう……これでどうじゃ?」

両津「おおっ!これぞ実物の温もり!完璧だぞじいさん!」

両津「わはは!これで大もうけできるぞっ!」

花山「どうせそんな事だろうと思ったわい……」

花山「じゃがな、それ一本でどうやって儲ける気じゃ?」

両津「あっ……!」

19: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:33:54 ID:YMj
両津「頼むよじいさん、こういうふうに改良できる機械を出してくれ!」

花山「ふむ……よかろう」

両津「へへ……やった!」

花山「ただし、わしのムスコをしゃぶったらじゃがな……」ボロン

両津「な、なに……!?」

両津「う~む……70過ぎたジジイのはちょっと……」

花山「どうするんじゃ?やるのかやらんのかハッキリせい」

両津「ああもう!やるよ!やりゃいいんだろ!」

20: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:34:12 ID:YMj
~~

両津「うむっ!天国のイチモツもなかなかいけるな!」ジュポジュポ

花山「いやいや、下界のフェラテクもたいしたもんじゃ!」

両津「自慢じゃないがな、警視庁でわしらの右に出るテクニシャンはおらんぞっ!」

花山「ほう……大した自信じゃな……!」

両津「葛飾署の連中は毎日こんなことばっかりやってるからな!」

花山「なるほどのう……どうりでこんなに上手になるわけじゃ……」

21: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:34:35 ID:YMj
両津「どうだ?このあたりが気持ちいいだろ……」

花山「んおっ!こりゃたまらん~っ!」

両津「だろ?男の気持ちいいところは、男がいちばんよく知ってるからな……」

花山「うっ……くぅっ!も、もう出そうじゃっ……!」

両津「そうか!よし!わしの口の中に出せ!」

花山「うっ……ふう……」ビュルビュル

両津「これで約束どおり機械を出してくれるんだなっ!?」

花山「もちろんじゃ……約束じゃからな……」アヘアヘ

22: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:34:59 ID:YMj
~~

こうして、花山理香からディルド製造機をもらった両さんは、

すぐさま温もりディルドの販売を開始した。

しかし、元々がけっこうな高級品であったうえに、

一本づつしか改良できない効率の悪さのため、

出来上がりの商品はかなりの高額となったが、

それでも飛ぶように売れていった……。

25: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)17:41:29 ID:YMj
後日

中川「先輩!すごいですねこのディルド!」ズボズボ

戸塚「こりゃあじつにいい張形だぜ!」ズッポズッポ

両津「だろ!」

両津「わし自身も大満足の品だからな、大ヒットも当然ってわけよ……!」

寺井「でも両さんはぜんぜん使ってないよね」

両津「ん……わしにはお前らがいればいいんだ……」

両津「わしのケツが本物以外を好きになったら困るからな……」

おしまい


元スレ
タイトル:両津「おい……さっきからなに見てんだ寺井?」
URL:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1428567751/
掲載サイト:おーぷん2ちゃんねるに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP