スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

のび太「ぶっちゃけしずかちゃんより映画に出てきた女の娘の方が可愛い

ドラえもん

1: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 19:46:27.31 ID:cisicdov0

[たぬき]「いきなりどうしたんだい?のび太君…」

のび太「だからさぁ…しずかちゃんより劇場版に出てきた女の子方が可愛いと思わない?」

[たぬき]「そんな事言われても…..しずかちゃんも十分可愛いと僕は思うけど….」

のび太「へっ、あんなビッチのどこか良いんだよ..」

[たぬき]「ビッチって、のび太君….そんな事言ったらしずかちゃんが可哀想だよ..」

のび太「だってさぁ…今日だって僕と一緒に勉強しようと言ったら、出木杉と勉強するって言って断ったんだよ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429958777




2: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 19:49:42.55 ID:cisicdov0
ドラえもん「まぁのび太君より出木杉君と勉強した方が為になるし、しょうがないじゃない?」

のび太「ほらやっぱり!僕より出木杉の事の方が好きなんだよ‼︎」

ドラえもん「でも前に未来に行って、しずかちゃんがお嫁さんになったところ見に行ったじゃないか」

のび太「そうは言うけど未来は変わるって言ったのはドラえもんだよ?出木杉に寝取られるのも時間の問題だよ‼︎」

ドラえもん「だ、だからねのび太君…努力してしずかちゃんに嫌われないようにだね?….」

のび太「そんな事しなくてもいい方法があるんだよ」

ドラえもん「いい方法って?」

3: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 19:50:39.48 ID:cisicdov0
のび太「さっきも少し言ったけど劇場版に出てきた女の子達いるよね?」

[たぬき]「うん」

のび太「その子たちを僕が住んでる町によんでくるんだよ」

[たぬき]「そんなの無理に決まってるじゃないか‼︎異世界や過去、遠い別の星にいるんだよ?」

のび太「やだなぁ~[たぬき]..そんなもしもの事が叶う道具が有るじゃないか~」ニャ

[たぬき]「も、もしもボックス….」

4: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 19:54:48.28 ID:cisicdov0
のび太「そう、もしもボックスでみんなを呼ぶんだよ」

ドラえもん「だけどなぁ…..」

のび太「ドラえもんだってシャミーちゃんやノラミャーコさんに会いたくないのかい?」メガネキラ-ン

ドラえもん「な、なんでノラミャーコさんの事….」

のび太「ドラミちゃんに聞いたんだよ。未来じゃ結構いい仲だったんでしょ?」ニャニャ

ドラえもん「うぅ///….それは///」

のび太「ね?だからその子達と一緒に過ごせる世界を創りたくないかい?」

5: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 19:55:44.74 ID:cisicdov0
ドラえもん「わ、わかったよ…」

のび太「分かればいいんだよ」

ドラえもん「でもさぁ…」

のび太「何?」

ドラえもん「その劇場版に出てきた女の子って具体的にどの子なの?」

のび太「ああそれはねぇ~」

ドラえもん「うん」

のび太「最初は宇宙開拓史に出てきたクレムちゃんでしょ」

6: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 19:56:29.41 ID:cisicdov0
ドラえもん「ああ、ロップル君の妹だったよね」

のび太「そう、星を救ってくれた僕にべた惚れだからね」

ドラえもん「(そうだったかな…)」

のび太「ん?どうかしたのドラえもん?」

ドラえもん「いや、なんでもないよ。続けて」

のび太「次に魔界大冒険に出てきた美夜子さん」

ドラえもん「ああ、美夜子さんね」

7: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 19:57:13.85 ID:cisicdov0
のび太「うん、彼女も蒸し焼きにされそうな所を助けた僕にべた惚れだしね」

[たぬき]「(う~んそれはどうなんだ?)」

のび太「次に鉄人兵団に出てきたリルル」

[たぬき]「リルルねぇ…」

のび太「地球侵略した後に僕は特別扱いしてくれるって言ってたし彼女も僕に惚れてるね」

[たぬき]「で、でも彼女はロボットだよ?」

のび太「リルルが怪我の手当してた時にこっそり裸見たけど問題ないよ」

[たぬき]「(覗いてたのかよ)」

8: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 19:58:58.81 ID:cisicdov0
のび太「で、南海大冒険に出てきたベティ」

ドラえもん「え?ベティは確かジャイアンに惚れてたような….」

のび太「ああ…学校から帰る時にこの事話したら是非って言われてね」

ドラえもん「ふ~ん」

のび太「引き受けてくれたらもう虐めないって言ってたからね」

ドラえもん「(ベティが居ればコンサートも
やらなくなるかな?)」

9: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:01:14.71 ID:cisicdov0
のび太「最後に太陽王伝説に出てきたクク」

ドラえもん「ククちゃんかぁ….」

のび太「うん、僕にそっくりなティオのこと好きみたいだしね。とういうことは僕の事好きって事でしょ?」

ドラえもん「(性格は正反対だけどね)」

のび太「とりあえず本編の劇場版だとこのくらいかな?」

ドラえもん「本編?」

のび太「うん、あとはドラえもんズ編に出てきた娘達かな」

10: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:02:05.83 ID:cisicdov0
ドラえもん「な、なんでドラえもんズの事を….」

のび太「やだなぁドラえもん…さっきも言ったけどドラミちゃんに聞いたんだよ~」ニャニャ

ドラえもん「(ドラミの奴め…)」

のび太「じゃあ続けるよ?」

ドラえもん「う、うん」

のび太「まず怪盗ドラパン謎の挑戦状に出てきたミミミちゃん」

ドラえもん「でもミミミちゃんはのび太君の事知らないじゃない?」

のび太「ああ、それは帰る時にスネ夫にも頼まれたんだよ。写真見せたら是非って言うからさぁ」

ドラえもん「へぇ~」

11: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:03:54.58 ID:cisicdov0
ドラえもん「で、次は?」

のび太「うん、おかしなお菓子なオカシナナに出てきたハニー姫」

ドラえもん「でも彼女お姫様だよ?この町に住めるかなぁ…」

のび太「ふっ、もしもボックスに不可能はないさ」キラ-ン

ドラえもん「….」

のび太「最後にドキドキ機関車大爆走に出てきたロビンちゃん」

ドラえもん「あ~あのボーイッシュの娘かぁ」

のび太「最初、男の娘かと思ったけどまさか女の子とはね….いい意味で裏切られたよ」

12: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:04:38.73 ID:cisicdov0
のび太「そうだね、あとはワンニャン時空伝に出てきたシャミーちゃんと2112ドラえもん誕生に出てきたノラミャーコさんかな」

ドラえもん「シャミーちゃん///ノラミャーコさん///」

のび太「ふふ、じゃあ話も終わったしもしもしボックス出してよ」

ドラえもん「う、うんちょっと待ってね」ゴソゴソ

ドラえもん「これだ」ヨイショット

タラタッタラ-

ドラえもん「もしもしボックス~」

のび太「よしそれじゃあ早速….」ガチャ

13: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:06:50.41 ID:cisicdov0
のび太「もしも、しすかちゃんの代わりに
劇場版に出てきたゲストヒロインがメインヒロインになったら….」

ジリジリジリ…

のび太「これでよしっと….」

ドラえもん「ちょ、ちょっとのび太君。しずかちゃんの代わりだなんて、しずかちゃんが可哀想じゃないか」

のび太「いいんだよ、あんなビッチ。僕にはあんなビッチよりも素敵な娘達がいるんだから♪」

ドラえもん「そうかな~?」

のび太「そうだよ。明日が楽しみだなぁ~….」

ドラえもん「そうだね。じゃあそろそろ寝ようか」

14: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:07:58.17 ID:cisicdov0
訂正

のび太「もしも、しずかちゃんの代わりに
劇場版に出てきたゲストヒロインがメインヒロインになったら….」

ジリジリジリ…

のび太「これでよしっと….」

[たぬき]「ちょ、ちょっとのび太君。しずかちゃんの代わりだなんてしずかちゃんが可哀想じゃないか」

のび太「いいんだよ、あんなビッチ。僕にはあんなビッチよりも素敵な娘達がいるんだから♪」

[たぬき]「そうかな~?」

のび太「そうだよ。明日が楽しみだなぁ~….」

[たぬき]「そうだね。じゃあそろそろ寝ようか」

15: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:09:10.00 ID:cisicdov0
のび太「うん、おやすみドラえもん」

ドラえもん「おやすみのび太君」

スャスャ




???「お…..き….」

のび太「ん….ん…」

???「おき…..て….」

のび太「んん….」

⁇?「起きて…のび太君…」

のび太「ん..?….ドラえもん?」

⁇?「起きてのび太君…」

16: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:10:16.02 ID:cisicdov0
のび太「ド…ドラえもん…じゃない?」

???「私よ…..」

のび太「そ、その声は….?」バタ

リルル「ふぅ…やっと起きた…」

のび太「リルル⁉︎」

リルル「どうしたの、のび太君?」

のび太「い、いやだって何で僕の部屋にリルルが⁉︎」

リルル「な、何でって言われても隣の家で私達幼なじみだし…..」

17: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:11:02.65 ID:cisicdov0
のび太「え、えぇぇぇ⁉︎」

リルル「そんな驚く事かしら?」

のび太「(あ、そうか….昨日もしもしボックス使ったんだった….)」

リルル「変なのび太君…変な夢でもみたの?」

のび太「い、いやその….あ、変な事ついでに聞きたいんだけど….」

リルル「なに?」

のび太「何でリルルが僕を起こしてくれたの?それにドラえもんは?」

リルル「ドラえもんってあの野良猫のこと?」

のび太「野良猫?」

18: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:11:49.07 ID:cisicdov0
リルル「のび太君の家の近くでよくみかける野良猫でしょ?みんなドラえもんって名前つけてけど….その猫がどうかしたの?」

のび太「あ、いやなんでもないよ…」アセアセ

リルル「変なのび太君…」クス

のび太「あはは…あと….なんでリルルが僕を起こしてくれたの?」

リルル「何でって叔母さまに頼まれたからよ」

のび太「え、ママに?」

リルル「ええ、叔母さま達がいない間に面倒みてくるって言われて….」

のび太「えぇぇぇ⁉︎ママ達居ないの⁉︎

19: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:12:41.81 ID:cisicdov0
一緒に行ってのび太君の事頼まれたのよ」

のび太「へ、へぇ….」

リルル「のび太君、本当大丈夫?」

のび太「う、うん」

リルル「ならいいけど..,,」

のび太「(まさかドラえもんが猫になった上ママ達も居ないなんて…)」

リルル「さ、起きたんなら御飯食べましょう?」

のび太「う、うん」

リルル「着替えたら下に来てね。御飯の準備出来てるから」

のび太「わかったよ」

リルル「ふふ♪」

20: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:14:13.71 ID:cisicdov0
のび太「(何がどうなってるんだ…)」

台所

リルル「ふんふんふん♪」

のび太「わぁぁいい匂い…」

リルル「あ、来たのね。じゃあこれテーブルに並べてくれる?」

のび太「うん、任せて」

リルル「ふふ♪」ニコニコ

のび太「よし並び終えた」

リルル「じゃあいただきましょうか」

のび太「うん♪」

リルル「それでは…」

リルルのび太「いただきま~す」

のび太「…」パク

のび太「⁉︎」

21: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:16:42.38 ID:cisicdov0
>>19訂正

のび太「えぇぇぇ⁉︎ママ達居ないの⁉︎」

リルル「ええ、叔父さまの海外出張に叔母さまも一緒に行ってのび太君の事頼まれたのよ」

のび太「へ、へぇ….」

22: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:17:57.68 ID:cisicdov0
リルル「どうかしたの?」

のび太「お、美味しい….凄く美味しいよ‼︎」

リルル「ふふ♪ありがとう」ニコニコ

のび太「凄く美味しい」パクパクパク

リルル「(のび太君が喜んでくれてる///)」カアアア

のび太「ん?どうかしたのリルル?」パクパク

リルル「う、うん///なんでもない//」

のび太「ならいいけど…」

24: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:19:45.07 ID:cisicdov0
リルル「さぁ..どんどん食べてねのび太君♪」

のび太「うん♪」パクパク

リルル「ふふ///」

のび太「ふぅ…ごちそうさま」

リルル「おそまつさま」ニコニコ

のび太「御飯食べたし学校に行こうか」

リルル「私は後片付けがあるから先行ってて」

のび太「え、じゃあ僕も手伝うよ」

リルル「ううん、気にしないで」

のび太「でも…..」

リルル「いいから….ね?」ニコ

のび太「う、うんわかったよ。じゃあ先行ってるね」

25: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:28:34.08 ID:cisicdov0
リルル「わかったわ」

のび太「それじゃあね~」バタバタ

リルル「うん….それじゃあ….」

ギ~バタン

リルル「….」

リルル「….」

リルル「後片付け….しないとね…..」

27: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:29:38.65 ID:cisicdov0
リルル「…..」

リルル「….,」

リルル「これが….のび太君の….
お箸…..」

ペロ…

リルル「….美味しい….」

ペロ…ペロ…

リルル「美味しいよ..のび太君….」

リルル「…ふふ……ふふ…..」

28: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:30:39.41 ID:cisicdov0
のび太「ふぅ….それにしてもリルルの御飯美味しかったなぁ~」テクテクテクテク

のび太「晩御飯が楽しみだ♪」

のび太「それにしてもまさかリルルが僕の幼なじみだなんてねぇ……」

のび太「いや~もしもしボックスさまさまだなぁ~」イヤッホイ~

⁇?「あ、のび太さん」

のび太「ん?」チラ

クク「おはようのび太さん」

のび太「君は….クク⁉︎」

クク「ええ、ククですけど…」

のび太「あ、いやおはようクク♪」

クク「変なのび太さん」ニコ

のび太「あはは///」

29: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:31:47.48 ID:cisicdov0
クク「ふふ、そういえばリルルさんは?」

のび太「ああ、リルルなら少し遅れるってさ」

クク「そう…..」ホッ

のび太「ん?どうかしたの?」

クク「え//いやなんでもないです///」

のび太「変なククだなぁ♪」ハハハハ

クク「///」カアアア

のび太「それじゃあ学校行こうか」

クク「はい」ニコ

のび太「♪~」テクテクテク

30: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:34:54.09 ID:cisicdov0
クク「あ、そうだのび太さん」

のび太「ん?なに?」

クク「今日放課後大丈夫ですか?」

のび太「うん暇だけど…」

クク「よかった~。」

クク「もしよかったら放課後ククにあや取り教えてくれませんか?」

31: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:35:58.02 ID:cisicdov0
のび太「ええ⁉︎あや取り?いいよいいよ。いっぱい教えてあげるよ~」

クク「よかったー///」

のび太「へへ///あや取り好きな人、全然居ないから驚いたよ」

クク「のび太さんのあや取り凄く綺麗ですから///」

のび太「本当⁉︎じゃあ放課後ね♪」

32: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:37:07.19 ID:cisicdov0
クク「はい♪放課後お願いします//」

のび太「(やった~‼︎あや取りあや取り♪)」ニコニコ

⁇?「ノビー」ダッダッダッダ

のび太「ん?」

ジャック「おはようノビー」

のび太「おお、ジャックじゃないか‼︎」

ジャック「どうしたのノビー?朝から機嫌がいいね」

33: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:38:51.11 ID:cisicdov0
のび太「ま、まぁね///」

ジャック「ククもおはよう~」

クク「おはようジャックちゃん」ニコ

ジャック「ノビー、早く学校行かないと遅刻しちゃうよ~」

のび太「え、本当?。じゃあ急ごうか、クク」

クク「はい」ニコ

34: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:40:32.55 ID:cisicdov0
リルル「…..」ジ-…..



のび太「ふぅ…着いた…」

クク「急がなくても十分間に合いましたね」クス

のび太「それもそうだね」

クク「のび太さん、ジャックちゃんの前だとすごく張り切りますね」クス

のび太「い、いやそんな事///」

35: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:42:36.01 ID:cisicdov0
クク「ふふ♪それじゃ私行きますね」

のび太「うん、それじゃまた」

クク「はい、失礼します」

のび太「さて….僕もクラスに入ろっと」

ガラガラガラ

ジャイアンスネ夫「お、のび太か」

のび太「ジャイアン、スネ夫おはよう」

ジャイアンスネ夫「ああ、おはよう」

スネ夫「のび太お前最近さぁ…」

のび太「なに?」

36: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:43:39.16 ID:cisicdov0
スネ夫「遅刻しなくなったよな」

ジャイアン「そういえばそうだなぁ」

のび太「まぁね、努力してるからね」エッヘン

スネ夫「いいや違うね。どうせ愛しのリルルに起こしてもらってるんだろ」ニャニャ

ジャイアン「のび太だしなぁ~」ニヤニヤ

のび太「ち、違うよ///」

37: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:44:14.95 ID:cisicdov0
スネ夫「いいや絶対そうだね」

のび太「だ、だから違うって‼︎」

スネ夫「ムキになるところが怪しい」ニヤニヤ

ジャイアン「だな」ニヤニヤ

のび太「そんな~」

ガラガラガラ

先生「何を騒いでる」

のび太「あ、先生」

38: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:46:05.68 ID:cisicdov0
先生「のび君そろそろ授業始まるから席に座りなさい」

のび太「は~い」

先生「それでは出席をとる….」



キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン
昼休み

ジャイアン「おーしみんなサッカーやろうぜ~」

はるお「やるやる」

安雄「俺も入れてくれよ~」

スネ夫「のび太もやるだろ?」

のび太「え~僕はいいや」

ジャイアン「何~‼︎俺様達とやるのがそんなに嫌なのか?」オラオラオラ

39: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:47:15.60 ID:cisicdov0
のび太「だってどうせゴールキーパーでしょ?」

ジャイアン「あったりまえだ」

のび太「やっぱり。それでボール取れなかったらジャイアン怒るじゃないか」

ジャイアン「なら取りゃいいじゃないか」

のび太「そんな~」

ジャイアン「うるせぇ~ゴチャゴチャ言うとぶん殴るぞ‼︎」

40: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:48:33.13 ID:cisicdov0
のび太「(そうだ…)そ、そんな事言っていいのかな?」

ジャイアン「な、なんだよ急に…」

のび太「今の事ベティさんに言っちゃおうかな~」

ジャイアン「な、なんでベティが出てくるんだよ」アセアセ

のび太「この間言われたんだ。もしジャイアンに虐められたら私に言えって」

41: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:50:37.53 ID:cisicdov0
ジャイアン「うぅ….」

のび太「どうするジャイアン?」ニヤニヤ

ジャイアン「わ、わかったよ。無理に誘って悪かったな」

のび太「分かってくれて助かるよ」

スネ夫「ジャイアンどうしたの~?」

ジャイアン「ああ、今行く」タッタッタッタ

のび太「ほっ….(上手くいってよかった)」

42: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:51:15.43 ID:cisicdov0
???「うまくいったみたいだねのび太君」

のび太「君は….」

ロップル「やぁのび太君」

のび太「ロップル君⁈うわぁ久しぶりだなぁ~」

ロップル「久しぶりって昨日も会ったじゃないか」

のび太「ああ….そうだったね」

ロップル「ふふ、ところでのび太君」

43: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:53:30.90 ID:cisicdov0
のび太「なに?」

ロップル「もし昼休み暇だったら、僕の妹と一緒に花を植えるの手伝ってくれないかな?」

のび太「クレムちゃんと?」

ロップル「ああ、いいかな?」

のび太「うんいいよ♪」

ロップル「じゃあ行こうか」

のび太「うん」

44: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:54:24.78 ID:cisicdov0
花壇

クレム「よいしょ、よいしょ」

クレム「ふぅ~」

ロップル「お待たせクレム」

クレム「お兄ちゃん遅~い」

ロップル「ごめんごめん」

のび太「やぁクレムちゃん」

クレム「の、のび太君//」

のび太「1人で大変だね。僕も手伝うよ」

クレム「あ、ありがとう//」

45: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 20:55:21.49 ID:cisicdov0
のび太「この花を植えればいいのかい?」

クレム「う、うん///」

のび太「あ、この花って…」

クレム「うん、のび太君にあげた雪の花だよ」

のび太「やっぱりそうか」

46: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:01:03.62 ID:cisicdov0
クレム「のび太君は雪の花、どこに植えてるの?」

のび太「ああ、家の庭に植えて今も綺麗に咲いてるよ」

クレム「本当?うれしい//」

ロップル「こらこら二人とも、話しばかりしてないで早く植えちゃおうよ」

のび太「あ、ごめんごめん」

クレム「(もう….お兄ちゃんったら…..)」

47: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:02:41.54 ID:cisicdov0
キ~コ~カ~ンコ~ン

帰りの会

先生「それでは今日はここまでだが….」

ヤッタ~カエロウゼ

先生「こほん、しかし明日テストがあるので十分に勉強しておくように….」

生徒「は~い」

先生「では以上‼︎」

センセイサヨウナラ~

のび太「て、テスト⁈」ガ~ン

スネ夫「ジャイアン帰ろうよ」

48: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:03:19.63 ID:cisicdov0
ジャイアン「ああ….ん?どうしたんだのび太?」

のび太「(どうしよう..どうしよう..テストが明日あったなんて….)」

スネ夫「どうせのび太の事だから、テストの事忘れてたんだろ」

ジャイアン「ははは、のび太らしいや」

のび太「そ、そんな事ないよ。そういうジャイアンはどうなんだよ」

ジャイアン「俺か?俺はベティにみっちり勉強教わってるから大丈夫さ」

49: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:04:28.68 ID:cisicdov0
スネ夫「へ~いいなジャイアン」

ジャイアン「そんな事ねぇよ….間違えると殴ってくるし母ちゃんより怖いんだぜ?….」

スネ夫「そりゃ凄いねぇ…..」

ジャイアン「だろ?だけどそのおかげでテストはバッチリさ」

スネ夫「流石ジャイアン‼︎」

ジャイアン「よせよ///照れだろ//」

スネ夫「じゃあさぁ…のび太なんかほっといて今日うちで遊ぼうよ。隣町の友達の女の子達が今日うちに遊び来るからさぁ」

ジャイアン「本当か?」

50: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:05:07.92 ID:cisicdov0
スネ夫「文通で知り合ったんだけど、かなり可愛い娘達だよ」

ジャイアン「おお、絶対行くぜ」

スネ夫「じゃあ早く帰ろうよ」

ジャイアン「おう、それじゃあなのび太~勉強がんばれよ~」ハッハッハッハッハ

スネ夫「じゃあね~のび太~」ハッハッハッハッハッハ

のび太「どうしよぅ…..」

51: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:08:08.12 ID:cisicdov0
ガラガラガラ

クク「あ、のび太さん!」

のび太「あ、ククか…..」

クク「どうかしたんですか?」

のび太「いや何でもないよクク…」

クク「そうですか….」



52: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:08:59.53 ID:cisicdov0
帰り道

のび太「はぁ….」

クク「やっぱり何かあったんですか?」

のび太「いや何でもないよ….」

クク「話してください。私のび太さんの力になりたいんです」つギュッ

のび太「クク…///」

53: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:10:10.59 ID:cisicdov0
クク「それで何かあったんですか?」

のび太「実は….」

???「あら、のび太さんじゃない」

のび太「え?」

⁇?「のび太さん、こんにちは」

のび太「あ、美夜子さん‼︎」

クク「…..」

美夜子「ふふ♪二人とも仲良いわね」

のび太「美夜子さんこんにちは」

美夜子「ククちゃんもこんにちは♪」

54: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:14:25.57 ID:cisicdov0
クク「こ、こんにちは….」

美夜子「ふふ、ところでのび太さん?」

のび太「はい?」

美夜子「少し元気ないみたいけどどうかしたの?」

クク「….」

のび太「あ、あの実は…明日テストがあるんだけどスッカリ忘れてて勉強してなかったんですよ」ガックリ

クク「それなら私が勉強教えてあげますけど….」ボソ

美夜子「なるほどね。いいわよ!」

クク「⁈」

55: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:15:07.29 ID:cisicdov0
美夜子「私が勉強教えてあげるわ」

のび太「ほ、本当ですか?」

美夜子「小学校の勉強なら簡単よ♪」

のび太「ありがとうございます。あ、だけど今日はククと遊ぶ約束が…..」

クク「私の事なら気にしないで下さい。遊ぶ事より勉強の方が大事ですから」ニコ

美夜子「なんならククちゃんも一緒に勉強する?」

56: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:15:59.93 ID:cisicdov0
クク「いえ大丈夫です。それに私用事がありますから…」

のび太「(あれ?今日は用事ないって言ってたのに…)」

美夜子「そう….ならのび太さん帰ったら私の家に来てね?」

のび太「はい、わかりました。」

57: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:20:03.57 ID:cisicdov0
クク「……」ギリギリギリ…..

のび太「クク?」

クク「……」ギリギリギリ….

のび太「ク、クク?」

クク「は、はい?」

のび太「その….ごめんね約束破って….」ペコリ

クク「き、気にしないでください。テストの方が大事ですから」ニコニコ

のび太「じゃあ明日、明日遊ぼうよ…ね?」

58: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:20:55.66 ID:cisicdov0
クク「はい、明日」ニコ

のび太「(ほっ….良かった)じゃあ僕こっちだから…」

クク「はいそれではまた明日」ニコ

のび太「それじゃあね~」ノフリフリ

クク「はい….また明日….」

のび太「…..」タッタッタッタッタ

59: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:21:58.27 ID:cisicdov0
クク「……」

クク「…..」ギリギリギリギリ



のび太家

のび太「さて、早速美夜子さんの家に行かないと….」

ガリガリガリガリ

のび太「ん?なんだ」

60: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:31:37.84 ID:cisicdov0
野良猫「ニャーニャー」ガリガリガリ

のび太「野良猫が窓引っ掻いてるのか」

ガラガラ

のび太「こら~うるさいぞ‼︎」

野良猫「ニャーニャーニャー」バッ

のび太「え?….ど、ドラえもん⁈」

野良猫「ニャーニャー」ジタバタ

61: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:35:33.37 ID:cisicdov0
野良猫「ニャーニャー」ジタバタ

のび太「によく似た猫だなぁ….」ジ~

野良猫「ニャーニャー」

のび太「これがリルルが言ってた野良猫かぁ…」

野良猫「ニャーニャーニャー」ジ-

のび太「なにか僕に伝えたいみたいだけど….」

野良猫「ニャーニャーニャー」コクコクコク

62: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:37:16.09 ID:cisicdov0
のび太「う~ん、弱ったなぁ…こんな時ドラえもんがいたら」

タラタタッタラ~

のび太「ほんやくコンニャク~」つ

のび太「って出してくれるんだけど….」

のび太「ドラえもんいないしなぁ….」

のび太「あ、そうだ‼︎もしかしたら….」ゴソゴソゴソ

63: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:37:52.20 ID:cisicdov0
のび太「よかった、あった!」

のび太「スペアポケット~」つ

野良猫「ニャ~」ホッ

のび太「よし!……これだ」ゴソゴソ

タラタタッタラ~

のび太「ほんやくコンニャク~」つ

のび太「さぁお食べ…」

64: ◆X3IAgezxHs 2015/04/25(土) 21:38:50.84 ID:cisicdov0
野良猫「ニャ~」ムシャムシャ

のび太「さぁ僕に何か用なの?」

野良猫「の、のび太君~」

のび太「そ、その声はドラえもん⁉︎」

ドラえもん「そうだよ、僕だよ~」

のび太「ど、どうして猫なんかになってるんだい?」

76: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:30:36.39 ID:QWV8Q++00
ドラえもん「それが僕にも分からないんだよ~
朝起きたらこんな姿に….」

のび太「どういう事なんだろう…」

ドラえもん「さぁ僕にもさっぱりだよ….」

のび太「でも今までどこに居たの?」

ドラえもん「朝起きたら家の屋根に居たんだよ」

のび太「へぇ~で、今日何してたんだい?」

ドラえもん「いや~それが猫の姿だからメス猫とデートしてたんだよ///」

のび太「まったく僕心配してたんだよ?」

77: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:31:32.71 ID:QWV8Q++00
ドラえもん「ごめんごめん、でも酷い目にあったよ」

のび太「酷い目って?」

ドラえもん「うん、声の綺麗な猫とデートしてたんだけど….」

のび太「それで?」

ドラえもん「デート中にピンク色の可愛い猫に会ったんだけどその猫がいきなり引っ掻いてきてね….」

のび太「いきなりかい?」

ドラえもん「そうなんだよ、それで声の綺麗な猫といきなり喧嘩しだして大変だったんだから」

78: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:32:40.05 ID:QWV8Q++00
のび太「それは大変だったね」

ドラえもん「だから僕逃げてきたんだよ」

のび太「なるほどねぇ~」

ドラえもん「でもちょっとわかった事があるんだ」

のび太「なになに?」

ドラえもん「この世界の女性はかなり嫉妬深いみたいだね…」

のび太「ええ?嫉妬深い?」

ドラえもん「本物の猫になって嬉しくってデートしたけどもう懲り懲りだよ…」

のび太「ふぅん…あ、その声の綺麗な猫がシャミーちゃんでピンク色の猫がノラミャーコさんだったのかもしれないね」

79: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:33:27.27 ID:QWV8Q++00
[たぬき]「い、言われてみればそうかも…」

のび太「で、これからどうするの?」

[たぬき]「やっぱりもしもボックスで元の世界に戻したほうが….」

のび太「まぁまぁ大丈夫だって、それに僕
美夜子さんと勉強なんだ。だから出かけなきゃ行けないんだよ」

[たぬき]「そんな~」

のび太「なに、僕の家にいれば大丈夫だって♪」

[たぬき]「もう、どうなっても知らないからね」

のび太「はーい行ってきまーす」タッタッタッ

[たぬき]「まったく….」

80: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:34:10.64 ID:QWV8Q++00



クク家

クク「…..」ギリギリギリ

クク「なんでのび太さんあんな人と一緒に勉強なんて…..」

クク「私がこんなにのび太さんの事を….」

クク「なんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんで‼︎」

ク「なんで‼︎…..」

クク「….我慢できないです….のび太さん….」

81: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:34:49.14 ID:QWV8Q++00
のび太「…..」ゾク

のび太「なんか今嫌な感じしたけど……」

のび太「まぁ気のせいか♪それより早く美夜子さんの家行かないと…」タッタッタッタ

ジャイアン「お、のび太じゃないか」

のび太「あ、ジャイアン」

ジャイアン「ん?何所か行くのか?」

のび太「うん、ちょっとね。ジャイアンは?」

82: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:35:33.28 ID:QWV8Q++00
ジャイアン「おう、これからスネ夫の家に行くんだよ」

のび太「へ~スネ夫の家に?またどうせ自慢話でしょ?」

ジャイアン「いや、それが文通相手を家に呼ぶから俺もどうかって誘われたんだ」

のび太「それって男の子?女の子?」

ジャイアン「女の子のなんだけどすげ~可愛いんだぜ?」

83: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:36:08.31 ID:QWV8Q++00
のび太「え~本当に⁉︎」

ジャイアン「写真見せてもらったんだがすげ~可愛いんだよ」

のび太「いいなぁ~」

ジャイアン「なんならのび太も来るか?」

のび太「いや…明日のテストの勉強しないと行けないから遠慮しとくよ」

ジャイアン「そうか、それじゃあな」

のび太「うん」

???「なんだ、武じゃないか」

84: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:36:43.94 ID:QWV8Q++00
ジャイアン「げ⁉︎そ、その声は….」

⁇?「げ、とは何よ。げとは」

ジャイアン「ベティ」

のび太「ベティさん!」

ベティ「やぁのび太、こんにちは」

のび太「こんにちはベティさん」

ベティ「ふふ、ところで武?」

ジャイアン「な、なんだよ?」アセアセ

ベティ「遊びに行く格好みたいだけど…..勉強はどうしたのかな?」ニャニャ

85: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:37:44.16 ID:QWV8Q++00
ジャイアン「いや、だってその…..」

ベティ「確か明日テストがあったよね~?」ニャニャ

ジャイアン「だ、だけど昨日…ちゃんとやったし….」

ベティ「テスト前日に遊ぶのはどうかと思うけどな~?」ニャニャ

ジャイアン「わ、わかったよ。やるよ….」

ベティ「よろしい。それでいいんだよ」ニコ

ジャイアン「うぅ….」

ベティ「まぁまぁ私が教えてあげるから安心しなって♪」

86: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:39:16.36 ID:QWV8Q++00
ジャイアン「ええ⁉︎い、いいよ、俺一人でできるから…」アセアセ

ベティ「いいからいいから」

ジャイアン「はぁ…」

ベティ「じゃあ行こうか」

ジャイアン「ああ…」

ベティ「じゃあね、のび太~」

ジャイアン「またな..」

のび太「う、うん…」

87: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:40:27.71 ID:QWV8Q++00
のび太「….」

のび太「(ジャイアン…尻にしかれてるなぁ…)」

のび太「ま、いいか」

のび太「さて、早く美夜子さん家に行かないと」タッタッタッタ

美夜子家

美夜子「ふんふんふん♪…….」

美夜子「あとは隠し味に……..んんん///」

美夜子「んん//……こ…これでよし….」ハアハアハア

美夜子「….特製のお菓子の完成♪」

88: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:41:04.68 ID:QWV8Q++00
美夜子「のび太さん喜んでくれるかしら♪」

ピンポ~ン

美夜子「あ、来たみたいね」

美夜子「はい~」

ガチャ

のび太「こんにちは、美夜子さん」

美夜子「いらっしゃい♪さ、上がってちょうだい」

のび太「はい、お邪魔します」

89: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:41:49.47 ID:QWV8Q++00
美夜子「じゃあ私の部屋で勉強しましょ」

のび太「うん」

美夜子「美味しいお菓子もあるのよ?」

のび太「え?本当?楽しみだなぁ♪」

美夜子「とっても美味しいんだから…..」ボソ

のび太「え?」

美夜子「ううん….何でもないわ///」

のび太「そう?」

美夜子「じゃ、行きましょう♪」

のび太「はい」

90: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:42:38.18 ID:QWV8Q++00
美夜子の部屋

のび太「わぁ~すごい数の本物だね」

美夜子「そうかしら?」

のび太「僕の部屋の本より沢山あるよ」

美夜子「そうね、私薬学に興味あるから」

のび太「へ~勉強の本かぁ、僕の部屋には一冊もないよ」

美夜子「のび太さんは漫画の本だものね♪」クス

のび太「そ、そうだね///」

91: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:43:36.37 ID:QWV8Q++00
美夜子「ふふ♪それじゃあ勉強しましょうか」

のび太「そうだね。」

美夜子「明日のテストは何の教科なの?」

のび太「算数なんだけど」

美夜子「算数ね。」

のび太「範囲はここからここまで….」ペラペラ

美夜子「わかったわ。じゃあここからやりましょうか」

のび太「はい」

93: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:44:16.24 ID:QWV8Q++00
美夜子「まずこの問題はね….」

美夜子「こうやってこういう風に解いて…」

のび太「えっとこうやって…」カキカキ

美夜子「違うわ、これをこうしてこうよ」

のび太「あ、なるほど。こうすればいいわけだね」

美夜子「そうね。じゃあ次の問題はね…..」




のび太「ふぅ….終わった~」グッタリ

94: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:45:43.42 ID:QWV8Q++00
美夜子「ご苦労さま♪」

のび太「美夜子さんの教え方、先生より分かりやすかったよ」

美夜子「ふふ♪ありがとう」

のび太「本当にありがとう」ペコリ

美夜子「いいのよ♪あ、そうだ。私が作ったお菓子食べましょうか♪」

のび太「うん、食べる食べる‼︎」

美夜子「今持ってくるわね」スッ

のび太「うん!」

95: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:46:28.01 ID:QWV8Q++00
バタン

のび太「(いや~この世界いいな~。[たぬき]はやっぱり大袈裟なんだよなぁ)」

のび太「(クレムにリルル、美夜子さんにクク…
みんな僕に優しいし最高だよ~)」

ガチャ

美夜子「おまたせ♪」

のび太「わぁ~美味しそうなチョコだね」

美夜子「のび太さんのために作ったのよ?」

のび太「え~⁉︎本当?ありがとう~」

美夜子「さ、どんどん食べて♪」

のび太「うんいただきます~」パクパク

97: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:48:29.33 ID:QWV8Q++00
美夜子「….」ゾクゾク

のび太「うわぁ…このチョコ本当おいしいよ」

美夜子「ほ、本当?///」

のび太「美夜子さんは食べないの?」

美夜子「わ、私は今お腹すいてないから….のび太さん全部食べちゃっていいわよ」

のび太「そう?なら遠慮なく」パクパク

美夜子「….」

のび太「ふぅ….美味しかった~」

98: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:55:35.39 ID:QWV8Q++00
美夜子「全部食べてくれたんだ」

のび太「うん、だって凄く美味しかっただもん」

美夜子「よければ…また作ってあげるからね?」

のび太「本当?ありがとう‼︎」

美夜子「ええ♪」

のび太「ふふ♪」ニコニコ

美夜子「あら、結構遅くなっちゃたわね」

のび太「あ、本当だ。僕そろそろ帰らないと….」

99: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:56:39.39 ID:QWV8Q++00
美夜子「よかったら…私の家でご飯食べていく?」

のび太「え、いいの?」

美夜子「今日お父さん、学会で帰りが遅いのよ。だから余分に夕飯の材料があるから、のび太さんが良ければだけど….」

のび太「そういう事ならご馳走になるよ」

美夜子「ええ⁉︎本当?嬉しい///」つギュッ

100: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 19:59:02.75 ID:QWV8Q++00
のび太「えへへ///」

美夜子「早速準備するからテーブルで待っててね♪」

のび太「うん」

美夜子「ふふ♪」

のび太「(朝はリルルのご飯、夜は美夜子さんのご飯。僕って幸せものだなぁ~)」デレデレ




のび太家

ブルルルルルル…

キキッ-

美夜子「さぁ着いたわよ♪」

101: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 20:00:26.99 ID:QWV8Q++00
のび太「わざわざバイクで送ってくれて、どうもありがとう」

美夜子「ううん、気にしないで。それじゃあのび太さんおやすみなさい」

のび太「うん、おやすみなさい美夜子さん」

美夜子「じゃあね~」ノ

ブルルルルルルルル….

のび太「さて、僕も家に入ろっと」

ガチャ

のび太「ただい….」

リルル「おかえりなさい….」

102: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 20:01:05.93 ID:QWV8Q++00
のび太「う、うわぁ⁉︎り、リルル?」

リルル「何驚いてるの?」

のび太「い、いやだってまさか玄関で待ってるなんて思わなかったから…」

リルル「そんなことよりこんな遅くまでどこ行ってたの?…」

のび太「え、えっと友達と勉強してて….」

リルル「友達って?….」

のび太「美夜子さんだよ。美夜子さんに勉強教えてもらってたんだよ…」

103: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 20:03:44.80 ID:QWV8Q++00
リルル「美夜子さんに?….」ギリ…

のび太「う、うん…」

リルル「….」ギリギリギリ

のび太「リ、リルル?」

リルル「まぁいいわ….ご飯出来てるから食べましょう….」

のび太「それがぁ…..美夜子さん家で晩御飯ご馳走になってきたから夕飯は….」

リルル「そう….食べてきたんだ…..」

104: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 20:05:12.44 ID:QWV8Q++00
のび太「ご、ごめんリルル….」

リルル「….何であんな奴の作った料理なんか……」ボソ

のび太「リルル?」

リルル「ううん、気にしないで。だけど遅くなるなら今度から連絡してね….」

のび太「う、うんわかったよ」

105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/26(日) 20:08:37.03 ID:QWV8Q++00
リルル「じゃあ私帰るから….」

のび太「わかった」

リルル「ご飯は冷蔵庫に入れといてね…」

のび太「うん」

リルル「じゃあお休みなさい….」

のび太「お休みリルル」

リルル「……」

ガチャ…

バタン…

のび太「なんか悪い事しちゃったな。」

106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/26(日) 20:09:29.03 ID:QWV8Q++00
のび太「はぁ….」

トットットット

[たぬき]「のび太く~ん」

のび太「あ、[たぬき]~」

[たぬき]「お、遅かったじゃないか‼︎」

のび太「美夜子さんに夕飯ご馳走になってきたらかね」

[たぬき]「そんな、リルルがせっかく夕飯作って待ってたんだよ?」

107: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 20:10:34.44 ID:QWV8Q++00
のび太「そ、それは反省してるよぉ~」

ドラえもん「それにリルルの様子がおかしかったんだ」

のび太「おかしいってどんな風に?」

ドラえもん「う、うん。こっそり覗いてたけど…なんか一人でブツブツ言って怖い顔してたんだから」

のび太「そんなに怒ってたの?」

108: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 20:11:36.85 ID:QWV8Q++00
ドラえもん「うん、本当怖かったよぉ…」

のび太「リルルがそんな怒るとは思えないけどなぁ…」

ドラえもん「本当なんだって‼︎」

のび太「とりあえず明日リルルに謝るよ」

ドラえもん「そ、そうだね」

109: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 20:12:19.45 ID:QWV8Q++00
のび太「うん、じゃあ部屋で待っててよ。僕、ご飯を冷蔵庫に入れなくちゃだから」

[たぬき]「わかった、待ってるね」

のび太「よし…」スタスタスタ

台所

のび太「うわぁ…凄く美味しそう….」

のび太「やっぱりリルルに悪い事しちゃったな」

のび太「明日もう一回謝らないと」スッスッス

110: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 20:13:59.91 ID:QWV8Q++00
ガラ

のび太「….」スッスッス

ガラ

のび太「よし冷蔵庫に入れ終わった」

のび太の部屋

のび太「ふぅ~それにしても今日は疲れたなぁ」ア~ネミ

のび太「それにしても僕の帰りを心配してくれる幼馴染みかぁ…凄くいいね///」

111: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 20:17:13.32 ID:QWV8Q++00
ドラえもん「え⁉︎幼馴染みって、どういう事だい?」

のび太「ああ、この世界ではリルルは僕の幼馴染みって事になってるみたい」

ドラえもん「なるほど。そういえば服もセーラー服だったね」

のび太「ああ、朝もセーラー服着てたっけ」

ドラえもん「うん、多分あのセーラー服は中学生のものだと思うよ」

112: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 20:18:22.09 ID:QWV8Q++00
のび太「リルルが中学生か。」

[たぬき]「リルルが中学生って事は他の娘はどうなってるんだろう…」

のび太「ククはクラスは違ったけど同じ学年だったよ」

[たぬき]「へぇ~」

のび太「クレムちゃんは学年が一つ違ったよ」

[たぬき]「美夜子さんやベティは?」

113: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 20:20:27.64 ID:QWV8Q++00
のび太「美夜子さんとベティは同じ制服だったけどリルルとは違うみたい。多分高校生なんじゃないかな?バイクで帰り、送ってもらったし」

のび太「まぁ今日本当はククと遊ぶ約束してたんだけどね…」

ドラえもん「き、君はククちゃんと約束してたのに美夜子さん家にいったのかい⁉︎」

のび太「そりゃ悪いと思ったけどテストだしねぇ…」

ドラえもん「それじゃククちゃんが可哀想じゃないか‼︎」

114: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 20:21:12.77 ID:QWV8Q++00
のび太「だ、大丈夫だよ。明日に変更してもらったから、それに用事が出来たみたいだったし」

ドラえもん「だからってねぇ….」

のび太「まぁまぁ大丈夫だって」

ドラえもん「なんか僕、嫌な予感がするんだよ…」

のび太「嫌な予感って?」

ドラえもん「う~ん、具体的にはよく分からないけど…なんか嫌な予感がするんだよ…」

115: ◆X3IAgezxHs 2015/04/26(日) 20:22:10.45 ID:QWV8Q++00
のび太「ドラえもんは心配性だなぁ」ハッハッハッハ

ドラえもん「僕は君の事が心配だから言って….」

のび太「わかったわかった….とりあえず今日は疲れたから話は明日にしようよ….」ア-ネミ~

ドラえもん「そ、そんなぁ~….」

のび太「それじゃあお休みドラえもん….」スヤスヤ

ドラえもん「はぁ…..」

127: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 19:56:17.84 ID:aPG7KZs80

リルル「起きてのび太君」

のび太「う、んん….」

リルル「起きてのび太君」

のび太「あ….リルル…」

リルル「起きたようね」

のび太「う、うん…いつも悪いね….」

リルル「そう思うなら自分で起きてくれるかしら?」クス

128: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 19:57:01.88 ID:aPG7KZs80
のび太「それは….」

リルル「冗談よ、いつもの事だしもう慣れたわ」

のび太「そ、そう//」

リルル「ささ、早く着替えて朝ごはん食べましょう」

のび太「うん♪」

リルル「じゃあ下で待ってるわね」

のび太「わかったよリルル」

ス-

[たぬき]「リルル行ったかい?」

129: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 19:58:22.09 ID:aPG7KZs80
のび太「あ、ドラえもん‼︎」

ドラえもん「し~‼︎リルルに聞こえるから‼︎」

のび太「わ、わかったよ。でも何でコソコソしなくちゃいけないの?」

ドラえもん「用心に越した事はないからね」

のび太「で、どうかしたの?」

ドラえもん「昨日から考えてたんだけど、やっぱりもしもボックスで元の世界に戻った方が….」

のび太「え~嫌だよ‼︎今日だって放課後ククと遊ぶ約束してるし」

130: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 19:59:07.19 ID:aPG7KZs80
ドラえもん「でもね~のび太君…」

のび太「大丈夫だって、それじゃあ僕朝ごはん食べてくるね」

ドラえもん「の、のび太君⁉︎」

のび太「ふふ、心配しないで。後でご飯持ってくるから。」タッタッタ

ドラえもん「あ~…..行っちゃった….」

台所

リルル「ごめんね昨日のご飯で」

のび太「ううん、僕の方こそ昨日はごめんね」

リルル「もう気にしてないから安心して」

131: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 19:59:56.92 ID:aPG7KZs80
のび太「良かった」ホッ

リルル「でも次は…..」ボソ

のび太「え?」

リルル「なんでないわ。さ、いただきましょ」

のび太「うん」

のび太「いっただきま~す」

リルル「いただきます」

のび太「うん、やっぱりリルルのご飯美味しいね」パクパク

132: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:00:36.63 ID:aPG7KZs80
リルル「そう?ありがとう」

のび太「」パクパクパクパク

リルル「ふふ♪」

のび太「ふぅ….美味しかった」

リルル「お粗末さま」

のび太「じゃあ今日は僕が片付けるからリルル先行ってていよ」

リルル「え、でも…」

のび太「いいからいいから」

リルル「そう…..じゃあ先行ってるね」

133: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:01:13.83 ID:aPG7KZs80
のび太「うん」

リルル「…..」

のび太「よしじゃあこれから洗うか….」ジャ-ジャ-

リルル「….」ガチャ

バタン

のび太「ふんふんふん♪」

のび太「よし、終わった。学校行こうっと」

ガチャ

バタン

ドラえもん「ご飯まだかなぁ….」グゥゥゥ

134: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:03:12.29 ID:aPG7KZs80
通学路

クク「….」

クク「….」

クク「….」

のび太「♪」テクテクテク

クク「のび太さん!」

のび太「あ、ククじゃないか」

クク「おはようございます。のび太さん」

のび太「おはようクク♪」

クク「リルルさんは?」

135: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:04:16.54 ID:aPG7KZs80
のび太「リルルなら先に行ったよ」

クク「そうですか….」

のび太「うん、じゃあ行こうか」

クク「はい」ニコ

ジャック「ノビー」タッタッタッタ

のび太「やぁジャック、おはよう」

クク「おはようジャックちゃん」ニコ

136: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:05:39.73 ID:aPG7KZs80
ジャック「おはようノビークク~」

クク「では行きましょうか」

のび太「そうだね」

ジャック「うん」

テクテクテ

ジャック「そういえばノビー?」

のび太「なんだいジャック?」

ジャック「あした野球の試合だよね~」

137: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:06:26.28 ID:aPG7KZs80
のび太「あ、ああ….(すっかり忘れてた..)」

ジャック「観に行ってもいいかな?」

のび太「え、え~っと….」

ジャック「ボク、ノビーが活躍してるとこ観に行きたいんだ♪」

のび太「い、いいとも!」

ジャック「本当?ノビー?」

のび太「ああ、僕のホームラン打つところ観に来なよ‼︎」

138: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:09:17.12 ID:aPG7KZs80
ジャック「ホームラン⁉︎すごーいノビー‼︎」

クク「の、のび太さん…大丈夫なんですか?」

のび太「うん大丈夫だよ!」

クク「わ、わかりました。」

ジャック「わ~い。」

のび太「(ど、どうしよう……また僕の悪い癖が…あ、そうだ….)」

クク「…..」



クク「それではのび太さん。私失礼します」

139: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:10:08.95 ID:aPG7KZs80
のび太「うんじゃあねクク」

ガラガラガラ

スネ夫「だからさぁ….」

ジャイアン「でもよぅ…..」

のび太「おはようジャイアンスネ夫」

ジャイアン「おう、のび太か、おはよう」

スネ夫「おはようのび太」

のび太「うん、ところで今何話してたの?」

140: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:11:41.40 ID:aPG7KZs80
スネ夫「それがさ…昨日せっかく遊ぶ約束してたのにジャイアン来なくてさぁ…」

ジャイアン「だから言ってるだろ、行く途中にベティに会って俺ん家で勉強することになってさ」

スネ夫「せっかく待ってたのにジャイアン来ないんだもん」

ジャイアン「わりぃわりぃ」

のび太「ああ、確か隣町の文通相手が来たんだよね」

141: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:15:43.47 ID:aPG7KZs80
スネ夫「なんでのび太が知ってるんだ?」

のび太「昨日ジャイアンに会って聞いたんだよ。ね?ジャイアン」

ジャイアン「ああ」

スネ夫「そうなんだ」

のび太「ところでさぁその文通相手の写真見せてくれない?」

スネ夫「ああ、いいよ。ほら」つ

のび太「どれどれ…」

のび太「あぁ…この娘達か….」

142: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:16:16.54 ID:aPG7KZs80
スネ夫「なんだのび太、知ってるのか?」

のび太「い、いや…」

スネ夫「どうだのび太、凄く可愛いだろ?」

のび太「う、うん」

スネ夫「ちなみに黄色髪の娘がミミミちゃん。大手生花店のご令嬢なんだって」

のび太「花屋さんかぁ。いいね」

スネ夫「だろ?」

143: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:16:51.16 ID:aPG7KZs80
スネ夫「次に赤い三つ編みの娘がハニーちゃん。大手お菓子メーカーのご令嬢さんだよ」

のび太「それはすごいね」

スネ夫「まぁのび太には高翌嶺の花だね」

のび太「むっ…」ムカ

スネ夫「最後に赤いロングの娘がロビンちゃん。電車会社のご令嬢さん」

144: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:17:24.94 ID:aPG7KZs80
のび太「みんなどこかのご令嬢さんなんだ」

スネ夫「そう、まぁ僕ん家みたいなエリートな家柄じゃないと付き合えない娘たちだね」ハッハッハッハ

のび太「やっぱりいつもの自慢じゃないか」ボソ

スネ夫「ん?なんか言ったか?」

のび太「いや何も…」

ジャイアン「あ、そうだ‼︎」

145: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:17:58.00 ID:aPG7KZs80
スネ夫「どうしたのジャイアン?」

ジャイアン「明日の試合だよ」

スネ夫「ああ、そういえばそうだったね」

ジャイアン「のび太~しっかり練習してただろうな?」ギロ

のび太「も、もちろんじゃないか」アセアセ

ジャイアン「もしノーヒットだったらギッタギッタに…」

146: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:18:36.71 ID:aPG7KZs80
スネ夫「ジャイアンジャイアン、そんな事したらベティさんに….」コソコソ

ジャイアン「ああ、そうだった…もしノーヒットだったら地獄の1,000本ノックだから覚悟しろよな?」ギロ

のび太「う、うん。わかったよ」

ジャイアン「よし、明日楽しみにしてるからな‼︎」

のび太「(ふふ~んだ、僕にはあの道具があるんだ…)」ニヤ

ガラガラガラ

先生「さぁ皆んな席に着け~」

生徒一同「は~い」

147: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:20:21.56 ID:aPG7KZs80
先生「では出席をとる….」

四時間目

先生「それでは算数テストを開始する」

先生「カンニングなどの不正行為はしないように」

先生「それでは始め‼︎」

カキカキカキカキ

スネ夫「(えっと….この問題の解き方は….)」カキカキ

ジャイアン「(お、この問題が来たか…ベティのおかげでスラスラ解けるぜ…)」カキカキカキ

148: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:20:58.30 ID:aPG7KZs80
出木杉「(ふっ、僕に解けない問題はないさ)」キラ~ン

のび太「(よかった…ほとんど昨日やったところと同じみたいだ。これなら僕にも…)」カキカキカキ

・・・
先生「そこまで‼︎」

ピタ‼︎

先生「では後ろの列の人が回収するように‼︎」

スネ夫「ねぇ、どうだったジャイアン?」

149: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:22:21.85 ID:aPG7KZs80
ジャイアン「余裕余裕。お前はどうなんだよ?」

スネ夫「そこそこできたよ」

のび太「(ふぅ…なんとかできたぞ。これも美夜子さんのおかげだ…)」グッタリ

出木杉「(こ、この僕が….1問も解けなかっただと⁉︎….)」

150: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:23:57.85 ID:aPG7KZs80
昼休み

ガラガラガラ

ロップル「のび太君、いるか~い?」

のび太「やぁロップル君」

ロップル「今日もいいかな?」

のび太「ああ、花植えの続き?」

ロップル「そうなんだ。いいかい?」

のび太「もちろん♪」

ロップル「良かった。じゃあ行こうか」

のび太「うん」

151: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:25:58.92 ID:aPG7KZs80
花壇

クレム「ふぅ….」

ロップル「お待たせクレム」

クレム「お兄ちゃん、それにのび太君//」

のび太「今日大変みたいだね」

クレム「ううん、好きでやってる事だから..」

のび太「僕も手伝うよ」

152: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:26:50.17 ID:aPG7KZs80
クレム「ありがとう///」

ロップル「あ、そういえばのび太君?」

のび太「なにかな」

ロップル「明日ジャイアンズの試合があるんだよね?」

のび太「うん、あるけど…」

ロップル「僕とクレムも観に行っていいかな?」

153: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:27:50.63 ID:aPG7KZs80
のび太「え、急にどうして?」

ロップル「いやクレムがのび太君の試合以前から観に行きたいって言ってるものだから。ね、クレム?」

クレム「う、うん///のび太君が活躍してるところ観てみたいから….////」カアアア

のび太「いや、観てもつまらないと思うけど….」

ロップル「そんな事ないよ~。ね?クレム?」

154: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:29:28.31 ID:aPG7KZs80
クレム「うん!いいでしょ?のび太君」

のび太「そこまで言うなら…」

クレム「やった~‼︎」

ロップル「よかったねクレム」

クレム「うん‼︎」

のび太「(なんかどんどん大事になってくるなぁ…)」

155: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:31:36.11 ID:aPG7KZs80
帰りの会

先生「それではみんな気をつけて帰るように‼︎」

ヨ~シカエロウゼ

スネ夫「のび太、ジャイアン帰ろうよ」

ジャイアン「おお、のび太帰ろうぜ」

のび太「うん、今行く」タッタッタッタ

156: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:32:22.01 ID:aPG7KZs80
クク「….」

クク「…..」

ガラガラガラ

のび太「あ、クク!」

クク「のび太さん」

のび太「ごめんね待たせちゃって」

クク「いえ、私のクラスも今終わったところですから」ニコ

のび太「そう、じゃあ帰ろうか」

クク「はい」ニコ

157: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:33:07.18 ID:aPG7KZs80
帰り道

のび太「それでねクク….」

クク「ええ..,」

スネ夫「ねぇねぇジャイアン、僕新しいゲーム買ったんだけど一緒に遊ばない?」

ジャイアン「わりぃ、今日は無理なんだ」

スネ夫「え、また店番頼まれたの?」

ジャイアン「いや、今日は棒術の稽古日なんだよ。なぁクク?」

158: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:33:42.89 ID:aPG7KZs80
クク「そうですね。今日は小学生の部の日ですね」

スネ夫「ああ、そういえば習い始めたんだっけ?」

ジャイアン「母ちゃんがその馬鹿力を武術に活かせって言ってさぁ」

スネ夫「それで渋々?」

159: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:34:22.52 ID:aPG7KZs80
ジャイアン「まぁ最初はそうだったけどやってみたら面白くってさ、今じゃめっちゃハマってるんだよ」

スネ夫「へぇ~」

クク「私の父も武さんは才能があるって誉めてるんですよ」ニコ

のび太「凄いねジャイアン」

ジャイアン「よせよ~照れるじゃねぇか//」

160: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:35:02.65 ID:aPG7KZs80
スネ夫「じゃあしょうがないね。のび太はどうだ?」

のび太「僕も今日予定があるから…」チラ

クク「…」コク

スネ夫「なんだ、せっかく誘ってやったのに…
ククちゃんはどう?」

クク「私も今日は予定がありますので。すみません」

161: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:35:46.20 ID:aPG7KZs80
スネ夫「なんだ~みんな予定があるのか~」

ジャイアン「それじゃ俺こっちだからじゃあな~」

スネ夫「じゃあね~」

のび太「じゃあ僕もククはこっちだから」

スネ夫「ああ、じゃあなのび太」

クク「さようならスネ夫さん」ニコ

スネ夫「うん、じゃあね~ククちゃん」

162: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:36:27.35 ID:aPG7KZs80
スネ夫「….」

スネ夫「はぁ….しょうがない漫画でも買って家で読もっと」タッタッタ

クク「スネ夫さんには悪い事しましたね」

のび太「いいんだよ、どうせあや取りで遊ぶって言ったら馬鹿にするだけだし」

クク「そうですか」

163: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:38:18.79 ID:aPG7KZs80
のび太「そうだよ。それに昨日遊べなかった分二人だけで遊びたいしね///」

クク「の、のび太さん///」カアアア

のび太「ふふ、じゃあ僕の家に集合ね」

クク「はい、分かりました」

のびた「それじゃまた後で」ノ

クク「はい」ニコ

のびた「….」タッタッタッタッタ

クク「二人だけ….嬉しいです…のび太さん///…」

164: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:39:25.46 ID:aPG7KZs80
のび太家

のび太「ただいま~」

ドラえもん「おかえりのび太君」

のび太「あ、ドラえもん」

ドラえもん「テストどうだった?」

のび太「うん、バッチリ♪」

ドラえもん「それは良かった」

のび太「ところでさぁドラえもん~」

165: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:41:13.20 ID:aPG7KZs80
ドラえもん「なんだい?」

のび太「明日野球の試合があるんだけど…」

ドラえもん「ダメだよ‼︎」

のび太「まだ頼んでもいないのに…」

ドラえもん「どうせ野球が上手になる道具貸してって言うんでしょ?」

のび太「….」ギク

ドラえもん「図星みたいだね」

166: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:42:07.05 ID:aPG7KZs80
のび太「でもねぇ[たぬき]…明日の試合はどうしても活躍しなくちゃいけないんだよ~」

[たぬき]「それまたどうして?」

のび太「実は…..」

・・・

[たぬき]「なるほどねぇ…ジャックやクレムちゃんの前で恥かきたくないわけか」

のび太「そうなんだよ。だから前かしてくれた大リーガーセット、借りてっていいかい?」

167: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:42:47.34 ID:aPG7KZs80
ドラえもん「あのねぇ~のび太君、そんな道具を使ってまでジャックやクレムちゃんの前で活躍したいのかい?」

のび太「だけど今日はこれからククと遊ぶから練習できないし….それに一日くらい練習したくらいで上手くなるとは思えないよ」

ドラえもん「でもやらないよりかはマシだよ」

のび太「そんな~お願いだよドラえもん~」

168: ◆X3IAgezxHs 2015/04/27(月) 20:44:41.48 ID:aPG7KZs80
[たぬき]「分かった分かった。」

のび太「本当⁉︎ありがとう」

[たぬき]「ただし野球が上手くなる道具は貸かさないよ?」

のび太「え、それって…」

[たぬき]「僕に考えがあるから任せといて♪」

のび太「わ、わかったよ」

174: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 19:49:15.75 ID:o/X7DJnhO
コンニチハ~

のび太「あ、ククが来たみたい」

ドラえもん「じゃ、じゃあ僕は押入れに隠れてるね?」

のび太「うん、分かった」

コンニチハ~ノビタサ~ン?

のび太「は~い」ダッダッダッダ

ガチャ

のび太「いらっしゃいクク」

175: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 19:50:13.11 ID:o/X7DJnhO
クク「こんにちはのび太」

のび太「さ、あがってあがって」

クク「はいお邪魔します」

のび太の部屋

のび太「それじゃああや取りやろうか」

クク「はい♪」

のび太「まずはこうやってこうしてこうやると…..」

のび太「これが[踊る蝶]だよ」

クク「わぁ凄いですのび太さん‼︎」

176: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 19:50:51.47 ID:o/X7DJnhO
のび太「え⁉︎本当?」

クク「はい。ククにもっと教えてください」ニコ

のび太「うん‼︎じゃあ次はこうしてこうすると…..」

のび太「できた、[ほうき星]」

クク「綺麗な形ですね♪」

のび太「へへ、で、これをこっちにもってくると….」

177: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 19:53:14.35 ID:BdJ78Zss0
のび太「[銀河]の完成」

クク「本当に銀河みたいです♪」

のび太「どんどん教えてあげるからね?」

クク「はい」ニコ

クク「ところでのび太さん」

のび太「え、なに?」

クク「ククも明日の試合、観に行ってもいいですか?」

178: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 19:53:51.89 ID:BdJ78Zss0
のび太「も、もちろんだよ」

クク「ありがとう。ククものび太さんの活躍楽しみにしてますから///」ギュッ

のび太「ま、まかせてよ///」

クク「ふふ//」

のび太「じゃ、じゃああや取りの続き教えるね?」

クク「はい♪」ニコ

のび太「それじゃあ次はねぇ…..」

180: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 19:56:00.69 ID:BdJ78Zss0
5時

クク「あ、もうこんな時間ですか」

のび太「本当だ、夢中になってたから気が付かなかったよ」

クク「それでは…私そろそろ帰りますね」

のび太「うん分かった」

クク「今日は楽しかったです。またあや取り教えてくださいね?」

のび太「もちろんだよ♪」

181: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 19:57:46.79 ID:BdJ78Zss0
クク「では失礼します。」

のび太「また明日~」

ガチャ

リルル「あら、ククちゃんじゃない?」

クク「リルルさん….」

のび太「あ、リルル?」

リルル「二人で遊んでたの?」

のび太「うんそうだけど」

182: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 19:59:54.93 ID:BdJ78Zss0
リルル「それは楽しそうで….よかったわねのび太君…」チラ

クク「…..」

リルル「それじゃあ私ご飯作るから待っててね」ニコ

のび太「分かったよ」

リルル「ククちゃんもよかったら食べてく?」

クク「いえ、迷惑になるので、私は帰ります。」

リルル「そう。」ニコ

183: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:00:31.47 ID:BdJ78Zss0
クク「ではのび太さん、明日の試合楽しみにしてますから…」

のび太「う、うん」

クク「では失礼します….」

ガチャ…

バタン

リルル「……」フフフ

のび太「ん?」

184: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:02:07.92 ID:BdJ78Zss0
リルル「私は料理に取り掛かるかしら」スタスタスタ

のび太「あ、僕も手伝うよ」

リルル「いいわよ、部屋で待ってて」

のび太「わかった…」

ダッダッダッダ

リルル「さて…..」

185: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:03:15.68 ID:BdJ78Zss0
のび太の部屋

のび太「[たぬき]?」ボソ

[たぬき]「なんだいのび太君?」バッ

のび太「い、いきなりジャンプしてこないでよ」

[たぬき]「ごめんごめん、ところでククちゃんはもう帰ったの?」

のび太「うん。さっき帰ったよ」

186: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:06:12.83 ID:BdJ78Zss0
[たぬき]「そう。それにしてもすごく仲よかったよね君たち」ニヤニヤ

のび太「そうかなぁ///」



クク家

ジャイアン「えいッ‼︎」

バシ!バシ!

ジャイアン「やぁッ‼︎」

イシュマル「よーしいいぞ、その調子だ武‼︎」

187: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:06:48.07 ID:BdJ78Zss0
バシ!バシ!バシ

ジャイアン「はいイシュマル先生‼︎」

バシ!バシ!バシ

イシュマル「よし、その呼吸を忘れるなよ‼︎」

ジャイアン「はいイシュマル先生‼︎」

イシュマル「ふぅ…では今日はこれで終了とする‼︎」

ジャイアン「ありがとうございました。イシュマル先生」ペコリ

188: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:07:22.91 ID:BdJ78Zss0
イシュマル「うむ、そうだ武」

ジャイアン「なんですか?」

イシュマル「近々大会なんだがお前も出てみないか?」

ジャイアン「え?いいんですか⁉︎」

イシュマル「ああ、日はまだ浅いがその実力なら大会でもいい成績が残せはずだ」

189: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:08:39.75 ID:BdJ78Zss0
>>188訂正
イシュマル「うむ、そうだ武」

ジャイアン「なんですか?」

イシュマル「近々大会なんだがお前も出てみないか?」

ジャイアン「え?いいんですか⁉︎」

イシュマル「ああ、日はまだ浅いがその実力なら大会でもいい成績が残せるはずだ」

190: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:09:22.25 ID:BdJ78Zss0
カカオ「おいおい….まじかよ….」

モカ「すげえなあいつ….」

ジャイアン「ありがとうございますイシュマル先生‼︎」

イシュマル「他のみんなも武に負けないようにしっかり稽古するように‼︎」

生徒「はい‼︎」

イシュマル「では片付けはしっかりするように‼︎」

191: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:10:15.55 ID:BdJ78Zss0
生徒「はい‼︎」

イシュマル「さて私も主屋に戻るとするか..」スタスタ

クク「…..」

イシュマル「おお、クク帰っていたのか」

クク「…….」ギリギリギリギリ

イシュマル「クク、どうかしたのか?」

クク「…..なんで….なんで….なんで….なんで…」ギリギリギリギリ

192: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:11:18.89 ID:BdJ78Zss0
イシュマル「クク….?」

クク「あ、お父様!?」

イシュマル「クク、何かあったのか?」

クク「い、いえ、なんでもありません」

イシュマル「ならいいんだが….もし悩み事があるなら相談するんだぞ?」

クク「はい、ありがとうございますお父様。でも私大丈夫ですから….」

イシュマル「そうか….では夕飯にするか」

クク「はいお父様」ニコ

193: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:12:11.84 ID:BdJ78Zss0
のび太家

[たぬき]「それにしてもククちゃんも明日の試合観に来るんじゃ頑張らないとね」

のび太「あ、その事なんだけど具体的にどうするわけ?」

[たぬき]「それはだね…」

リルル「ご飯出来たわよ~」

194: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:13:20.26 ID:BdJ78Zss0
のび太「あ、ご飯出来たみたい。行ってくるね」

ドラえもん「僕のご飯も持ってきてよね?朝忘れて学校行っちゃったし」

のび太「あ、そういえば忘れてた…」

ドラえもん「もぉ~のび太君たら」プンプン

のび太「ちゃんと持ってくるから安心して」

ダッダッダッダ

台所

リルル「さぁいただきましょうか」

のび太「いただきま~す」

195: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:13:56.28 ID:BdJ78Zss0
のび太「…..」パクパクパク

リルル「美味しい?」

のび太「うん、美味しいよリルル♪」パクパク

リルル「のび太君が喜んでくれて私も嬉しいわ///」

のび太「リルル///」

リルル「ふふ♪」

のび太「///」パクパク

196: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:14:32.17 ID:BdJ78Zss0
リルル「あ、そういえばのび太君?」

のび太「なに?」

リルル「さっきククちゃんが試合って言ってたけど…」

のび太「」ギク

リルル「明日、野球の試合あるの?」

のび太「う、うん。まぁね…」

リルル「私も観に行っていいかしら?」

197: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:16:00.10 ID:BdJ78Zss0
のび太「え⁉︎観に来るの?」

リルル「あら、私が行ったらいけないの?」

のび太「い、いやそん事はないけど…」

リルル「ならいいわよね?」ニコ

のび太「うん…」

リルル「楽しみにしてるわ」ニコ

のび太「(….本当に大丈夫なの?ドラえもん…)」

リルル「ささ、いっぱい食べて体力つけてね」

のび太「う、うん…」パクパク

198: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:17:18.29 ID:BdJ78Zss0



リルル「じゃあ私、そろそろ帰るわね」

のび太「ご馳走様リルル」

リルル「明日楽しみにしてるから♪」

のび太「まかせてよ」

リルル「それじゃあ….お休みなさいのび太君」

のび太「お休みリルル」

ガチャ..

バタン..

のび太「さて…..[たぬき]~‼︎」

199: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:17:58.01 ID:BdJ78Zss0
ダッダッダッダ

のび太「ドラえもん~‼︎」

ドラえもん「な、なんだいのび太君。大きな声出して」

のび太「だってさぁ~」

ドラえもん「その前にのび太君。僕のご飯は?」

のび太「あ、忘れてた…」

ドラえもん「も~‼︎」

のび太「ごめんごめん。今なにか持ってくるね」

201: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:19:16.59 ID:BdJ78Zss0
ダッダッダッダ

ダッダッダッダ

のび太「はいどうぞ」つ

ドラえもん「ありがとう」ムシャムシャムシャ

のび太「ねぇ~ドラえもん?」

ドラえもん「なんだいのび太君?」

のび太「その猫の姿どうにかならないの?」

202: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:20:56.10 ID:BdJ78Zss0
ドラえもん「う~ん僕、結構この姿気に入ってるんだよな~。動きやすいし、何より狸と間違われないからね」ムシャムシャ

のび太「そう、それならいいんだけど」

ドラえもん「うん。それにしてもリルルのご飯、美味しいね」

のび太「でしょ?僕も美味しいと思ってるんだ」

ドラえもん「のび太君は幸せ者だなぁ~」ニヤニヤ

のび太「いやぁ~///」デレ~

203: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:21:40.91 ID:BdJ78Zss0
ドラえもん「ふぅ….ご馳走様」

のび太「じゃあ食べたそうそう悪いんだけど….明日の試合どうするわけ?」

ドラえもん「あ、そうだったね。じゃあスペポケット出してくれる?」

のび太「うん」ゴソゴソ

のび太「出したよ」

ドラえもん「で、どこでもドア出してくれるかい?」

204: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:23:01.60 ID:BdJ78Zss0
のび太「どこに行くの?」

ドラえもん「河川敷のグラウンドさ」

のび太「分かったよ」

つドコデモドア~

ドラえもん「じゃあ行こう」トコトコトコ

のび太「待ってよドラえもん~」

河川敷のグラウンド

のび太「グラウンドに来たのはいいけど…暗いし練習なんか出来ないよ…」

205: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:23:41.51 ID:BdJ78Zss0
ドラえもん「心配ないって。光夜昼ランプで周辺を明るくして」

のび太「あ、そうか」ゴソゴソ

つヨルヒルランプ~

シュゥゥゥゥゥ….

ドラえもん「ほら、明るくなった」

のび太「そうだね。あとは?」

ドラえもん「一つぶ24時間と時門を出してくれるかな?」

206: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:24:44.33 ID:BdJ78Zss0
のび太「それってまさか….」

ドラえもん「そう、時門で時間をゆっくりにして練習するんだよ。一つぶ24時間使えば夜通し練習できるからね」

のび太「そんなぁ~」

ドラえもん「愚痴愚痴言わない。ささ、出した出した」

のび太「わ、分かったよ」ゴソゴソ

つヒトッブ24ジカン~

つジモン~

ドラえもん「あとはピッチングマシンを出してね」

のび太「ピッチングマシン?」

207: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:25:22.37 ID:BdJ78Zss0
ドラえもん「うん、未来のピッチングマシンだけど基本的な事は現代のとあまり変わらないよ」

のび太「へぇ~」ゴソゴソ

のび太「あ、これかな?」

つピッチングマシン~

ドラえもん「よしのび太君、最初に時門をきつく締めて」

のび太「うん」キュッキュッキュッキュッ

ドラえもん「次に一つぶ24時間を飲んで」

208: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:26:30.41 ID:BdJ78Zss0
のび太「飲んだよ?」

[たぬき]「じゃあ練習開始しようか」

のび太「あんまり気がすすまないけど….」

[たぬき]「僕がリモコンでボタン押してボール投げからのび太君はそのボールを打ってね」

のび太「わかったよ」つバット

[たぬき]「よ~し、ボール投げるね」ポチ

バシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン‼︎

のび太「う、うわぁ⁉︎」

のび太「は、速すぎだよ[たぬき]‼︎」

209: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:27:09.82 ID:BdJ78Zss0
ドラえもん「あ、間違えた….メジャーリーガーモード押しちゃった」テヘペロ

のび太「も~うドラえもん‼︎、しっかりしてよ~」

ドラえもん「ごめんごめん。ジュニア野球モードっと」ポチ

バシュゥゥゥン

のび太「は、速い…」

のび太「ドラえもん~、これも速いよ….」

210: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:28:47.01 ID:BdJ78Zss0
ドラえもん「ジュニアと言ってもエース投手級の速度だからね。大体120km/hくらい出てると思うよ」

のび太「120キロ⁉︎そんな球打てるわけないよ~….」

ドラえもん「要は慣れだよ、さぁどんどん投げからね~」ポチポチポチ

バシュゥゥゥン

のび太「えい!」ブルン

バシュゥゥゥン

のび太「やぁ‼︎」ブルン

バシュゥゥゥン

のび太「とぅ‼︎」ブルン

212: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:29:28.27 ID:BdJ78Zss0
ドラえもん「のび太君ボールをよく見て‼︎」ポチポチポチポチ

のび太「わ、わかってるけど….」

バシュゥゥゥン

のび太「てい!」ブルン

バシュゥゥゥン

のび太「そりゃ‼︎」ブルン

バシュゥゥゥン

のび太「なんの‼︎」ブルン

バシュゥゥゥン

のび太「ほい‼︎」ブルン

213: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:31:32.41 ID:BdJ78Zss0
>>211
入れ忘れです。
bb2cで手動で入れてるので
214: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:32:25.06 ID:BdJ78Zss0
ドラえもん「(道はながそうだな…..)」

・・・

100球目

バシュゥゥゥン

のび太「それ‼︎」カン…..

のび太「え?」

コロコロコロ

のび太「や、やった⁉︎当たった‼︎当たった‼︎」

ドラえもん「(ふぅ..,やっとボールに当たった

215: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:33:30.61 ID:BdJ78Zss0
>>214訂正

ドラえもん「(道はながそうだな…..)」

・・・

100球目

バシュゥゥゥン

のび太「それ‼︎」カン…..

のび太「え?」

コロコロコロ

のび太「や、やった⁉︎当たった‼︎当たった‼︎」

ドラえもん「(ふぅ..,やっとボールに当たったか…)」

216: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:35:08.43 ID:BdJ78Zss0
のび太「これで明日は大丈夫だ‼︎」

ドラえもん「ちょ、ちょっと待ってよのび太君!」

のび太「え?なに?」

ドラえもん「いくら何でもこれだけじゃ全然練習足りないよ」

のび太「でも120キロのボールに当てたよ?」

ドラえもん「当たったって言うけど…,今のじゃすぐアウトになっちゃうよ…」

のび太「そんな~」

ドラえもん「まぁまぁ時間はたっぷり有るんだから、少しずつ打てるようにしていこうよ」

217: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:36:06.14 ID:BdJ78Zss0
のび太「う、うん…」つバット

ドラえもん「それじゃあ投げね~」ポチポチポチ

バシュゥゥゥン

バシュゥゥゥン

バシュゥゥゥン

のび太「えい‼︎ えい‼︎ えい‼︎」ブルンブルンブルン

300球目

バシュゥゥゥン

のび太「うん‼︎」カン…

コロコロコロ…

218: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:36:44.59 ID:BdJ78Zss0
500球目

バシュゥゥゥン

のび太「それ‼︎」コ~ン

700球目

バシュゥゥゥン

のび太「はぁ…‼︎」カ~ン

1000球目

のび太「……」カキ~ン

219: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:37:20.54 ID:BdJ78Zss0
10000球目

バシュゥゥゥン

のび太「もぅ….ダメだ….」カキ~ン‼︎

ビュ~ン….ポチャン….

のび太「え….?」

のび太「う、うそ⁉︎」

ドラえもん「や、やった、やったじゃないかのび太君‼︎」

220: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:38:06.31 ID:BdJ78Zss0
のび太「う、うん….い、今の…僕が打ったんだよね…..?」

ドラえもん「そうだよ。そうだよのび太君‼︎」

のび太「や、やった‼︎やった~‼︎」

ドラえもん「よく頑張ったね~。それも自分の力で….」

のび太「うん‼︎」

ドラえもん「それじゃ…」

221: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:39:06.77 ID:BdJ78Zss0
のび太「そうだね…僕、疲れてないけど…もうヘトヘトだよ~」グッタリ

のび太「じゃあドラえもん…部屋に戻ろうよ」

ドラえもん「え?なに言ってるんだい?」

のび太「え?」

ドラえもん「まだ守備の練習してないじゃないか」ニャニャ

のび太「え~え⁉︎そんな~」ヘナヘナヘナ

ドラえもん「まだまだ夜は長いんだし守備の練習始めようか」ニコ

のび太「ひぇぇぇぇぇぇぇ…..」

222: ◆X3IAgezxHs 2015/04/28(火) 20:40:24.30 ID:BdJ78Zss0

チュンチュンチュンチュン…

のび太「それじゃあドラえもん…行ってくるね….」

ドラえもん「ふあ~….頑張ってね…のび太君…」

のび太「うん….頑張って来るよ」

ドラえもん「それじゃぁ….
僕はもう一眠り……zzzzz」

ドラえもん「Zzzzzzz….」

のび太「(ありがとうドラえもん…)」

のび太「よし….行くか….」

228: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:05:19.96 ID:s+VEUJu40
河川敷のグラウンド

ワ~ワ~ワ~ワ~

ジャイアン「2アウトか…次のバッターは誰だ?」

スネ夫「それが….」チラ

安雄「….」チラ

はるお「….」チラ

のび太「僕だよ…..」

229: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:06:59.90 ID:s+VEUJu40
ジャイアン「なんだ….のび太かよ…..ん?…」

のび太「…..どうかしたのジャイアン…?」ドドドドドド

ジャイアン「(な、なんだ⁉︎のび太の気配が…)」

のび太「ジャイアン?」

ジャイアン「い、いや何でもねぇ…しっかり打てよのび太!」ガシ

のび太「….うん、任せてよ….」

ジャイアン「…..」

230: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:07:42.44 ID:s+VEUJu40
のび太「さて….」

ジャック「ノビーがんばれ~」

クレム「のび太君頑張って~」

クク「(のび太さん…)」ギュッ

のび太「….」コク

キャッチャー「相手はのび太だ、気楽にいこうぜ」

ピッチャー「ああ、これで3アウトだ」

231: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:08:52.70 ID:s+VEUJu40
のび太「…..」

ピッチャー「先ずは一球ーーーっ‼︎」

ビシュン

のび太「….」

バシッ

審判「ストライク‼︎」

232: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:09:29.95 ID:s+VEUJu40
ピッチャー「どうした?バットを振らなきゃ意味ないぜ?」ニャニャ

のび太「….」

ピッチャー「へ、何も言えないみたいだな」

のび太「….」

ピッチャー「続いて二球目ーーーーッ‼︎」

ビシュン

のび太「….」

バシッ

審判「ストライク‼︎」

233: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:10:16.32 ID:s+VEUJu40
ピッチャー「やっぱりのび太だな」ヘッヘッヘッヘ

スネ夫「あ~やっぱりのび太だよ….。どうしようジャイアン…」ユサユサ

ジャイアン「….」

スネ夫「ジャイアン?」

ジャイアン「….黙って見てろ…」

スネ夫「う、うん」

ジャイアン「….」

234: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:10:56.67 ID:s+VEUJu40
のび太「(この程度のスピードなら)…..打てる…!!」

ジャイアン「…」

キャッチャー「あと1ストライクだ」

ピッチャー「ああ…」コク

ピッチャー「これで….三振だぁーーーーッ‼︎」

ビシュン

のび太「(アウトコースか….それなら….)」カキ-ン‼︎

235: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:12:31.41 ID:s+VEUJu40
ピッチャー「な、なに⁉︎」

スネ夫「⁉︎」

ジャイアン「….」ニヤ

リルル「やった~のび太君‼︎」

ジャック「ノビー‼︎」

のび太「よし…いいコースだ…」ダッダッダッダ

ジャイアン「やっぱりな…」

スネ夫「の、のび太が…流打ちだなんて…..」アゼン…

236: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:13:25.52 ID:s+VEUJu40
一塁

審判「セーフ‼︎」

ピッチャー「う、嘘だろ⁉︎….のび太なんかに….打たれるなんて….」

キャッチャー「き、気にするなって..マグレだマグレ…」

ピッチャー「ああ…」

237: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:14:07.57 ID:s+VEUJu40
・・・

ジャック「ノビーすごーい‼︎」

クク「(のび太さんすごいです…)」ギュッ

のび太「ふふ…」

スネ夫「ど、どうなってるんだ⁉︎今日ののび太は….」

はるお「打率一分の、のび太が….3打数3安打1打点だなんて」

安雄「しかもエラー無しときてる…」

スネ夫はるお安雄「どうなってるんだ~⁉︎」

9回表

238: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:14:52.71 ID:s+VEUJu40
9回表

ジャイアン「はぁはぁはぁ…..」

ジャイアン「(のび太が活躍してるのに俺様ときたら…)」チラ

一塁 モブA「….」

ジャイアン「…」チラ

三塁 モブB「…..」

ジャイアン「(2アウト一塁三塁かぁ…)」

239: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:15:34.36 ID:s+VEUJu40
ジャイアン「(しかも打者は四番….打たれたら逆転されちまう…)」

ジャイアン「(やばいなぁ…)」

ベティ「武~‼︎しっかり~‼︎」

ジャイアン「(そうだな、俺様がしっかりしないとな…よし‼︎)」

モブ四番「…..」ニャニャ

ジャイアン「(ニヤニヤしやがって…イラつく野郎だ….)」

240: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:17:07.65 ID:s+VEUJu40
ジャイアン「(俺様の豪速球….受けてみろ‼︎)ーーーーーッ‼︎」

ビシュゥゥゥゥン

モブ四番「いただきッ‼︎」ガッキ–ン‼︎

ジャイアン「何だと⁉︎」

マワレ~マワレ~

ビュ-ン….ポチャン…

241: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:17:49.76 ID:s+VEUJu40
スネ夫「ここに来て3ランホームランかよ….」

安雄「こりゃ…負けたかな…」

はるお「(負けたらジャイアン怒るだろうなぁ)」

ジャイアン「くそッ‼︎」

のび太「….」

ベティ「ドンマイドンマイ武~。次の回取り返していこ~‼︎」

ジャイアン「(ベティ……)」

ジャイアン「そうだな…9回裏逆転も悪くねぇよな….」

242: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:18:48.46 ID:s+VEUJu40
9回裏

ジャイアン「2アウト満塁かぁ….」

スネ夫「だけどジャイアン….次のバッターは…」チラ

安雄「…」チラ

はるお「….」チラ

ジャイアン「のび太かぁ….」

のび太「うん、僕だね…」

243: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:19:46.57 ID:s+VEUJu40
スネ夫「いくらのび太が今日打率良くても..この場面で使うのはまずいって…」

スネ夫「それにもうすぐ出木杉も来ることだし…代打で出木杉変えた方がいいって‼︎」

安雄「そうだよジャイアン」

はるお「出木杉に変えた方がいいよ‼︎」

チャリンチャリン

出木杉「(ふふ、どうせ弱小チームだから今頃ピンチなんだろうな….ピンチの時に現るは僕….中々いいね♪)」コキコキコキコキ

ジャイアン「そうだなぁ..,.」

244: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:20:24.06 ID:s+VEUJu40
のび太「僕はジャイアンの指示に従うよ…」

ジャイアン「…」チラ

のび太「….」ドドドドドドドド

ジャイアン「よし、決めた…」

ジャイアン「のび太、行ってこい‼︎」

スネ夫 はるお 安雄「えぇぇぇぇ⁉︎」

245: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:21:44.81 ID:s+VEUJu40
ジャイアン「なんだ?文句でもあるのか?」

スネ夫「いや、だってさぁ~」

ジャイアン「気にするな、責任は俺がとる。」

はるお「まぁジャイアンが言うなら….ねぇ?」

安雄「う、うん…」

スネ夫「わ、わかったよ…」

ジャイアン「とういう訳だ。のび太、行けるか?」ガシッ

246: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:29:16.72 ID:s+VEUJu40
のび太「任せてよ!」

ジャイアン「なら行ってこい‼︎」

のび太「うん。」

のび太「よし…」

ジャック「ノビーがバッターなんだ~。ねぇクク?ノビー大丈夫かな~?」

ク「大丈夫ですよ。だってのび太さんですもの」ニコ

ジャック「そうだよね!ノビーだもんね」

クク「ええ」コク

247: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:29:56.65 ID:s+VEUJu40
キャッチャー「バッターはのび太だ。軽く三振にしてやろうぜ」

ピッチャー「ああ….」

ピッチャー「だけど….」チラ

のび太「……」

ピッチャー「(今日のあいつはいつもの奴じゃない….)」

ピッチャー「(気を引き締めないと…)」

248: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:31:38.16 ID:s+VEUJu40
のび太「どうしたの?最初の威勢はどこいったのかな?」

ピッチャー「野郎ッ‼︎」

のび太「ふん!」

ピッチャー「俺を……」

ピッチャー「俺を舐めるなぁぁぁぁぁぁーーーーーッ‼︎」

ビシュゥゥゥゥゥン‼︎

のび太「(このコース….頂きッ‼︎)」ガッキ–ン‼︎

249: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:32:19.96 ID:s+VEUJu40
ピッチャー「な、なんだと⁉︎」

スネ夫「嘘だろ⁉︎….」

はる夫「のび太が….」

安雄「逆転満塁サヨナラホームランだと⁉︎….」

ジャイアン「…ふっ…のび太のくせに….」ニヤ

….ボチャン…

ワ~ワ~ワ~ワ~

のび太「([たぬき]….僕やったよ….)」ダッダッダッダ

250: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:33:08.59 ID:s+VEUJu40
キャ~ノビタク~ン

ノビ~

ノビタサ~ン~

のび太「ホームインっと…」ピタ

ジャイアン「良くやったなのび太‼︎」ガシ

のび太「ジャイアンが信じてくれだよ…ありがとう…」

ジャイアン「へへ//照れじゃねぇか//」

251: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:33:56.39 ID:s+VEUJu40
スネ夫「すごいなぁのび太~」

のび太「いや、まぐれだよまぐれ..」

安雄「マグレだって普通こんな成績取れるものじゃないよ」

はるお「そうだよ」

のび太「ちゃんと練習したからね」

スネ夫「それにしても….」

ジャイアン「まぁまぁいいじゃないか。のび太のおかげで久しぶりにジャイアンズの勝利なんだからな」

252: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:35:26.65 ID:s+VEUJu40
スネ夫「それもそうだね~」

ハッハッハッハッハ

キッキ–

出木杉「やっと着いた。さてヒーローのご到着だよ~」

出木杉「あれ?…

出木杉「試合終わってる….」

出木杉「…..」

出木杉「…..」

出木杉「そんなバカなー‼︎……」

253: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:36:05.11 ID:s+VEUJu40
帰り道

クレム「それにしてものび太君大活躍だったね。」

ロップル「のび太君カッコよかったよ」

ジャック「ノビーすごかったね~」

のび太「いや~///」デレデレ

クク「とても素敵でしたよのび太さん」ニコ

リルル「観に行ってよかったわ」

254: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:36:41.67 ID:s+VEUJu40
のび太「それほどでも~///」

ジャイアン「….」

スネ夫「ねぇねぇジャイアン?」

ジャイアン「何だ?スネ夫」

スネ夫「どうしてのび太を信じたの?いつもののび太なら絶対三振じゃん」

255: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:37:22.34 ID:s+VEUJu40
ジャイアン「ああ、それはだな…」

スネ夫「うん」

ジャイアン「気配が違ったんだよ…」

スネ夫「気配ねぇ…」

ジャイアン「今日ののび太の気配が..いつもと違ったんだよ。だから信じたわけだ…」

スネ夫「へぇ~でもジャイアンなんで気配が分かるようになったの?」

256: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:37:59.90 ID:s+VEUJu40
ジャイアン「棒術やるようになってから相手の気配が分かるようになったんだよ」

スネ夫「すごいんだね武術って」

ジャイアン「なんなら俺と一緒に棒術やるか?
俺様がみっちり稽古してやるよ」

スネ夫「い、いや遠慮しておくよ….」

ベティ「ねぇ武…この後暇?」

257: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:38:37.79 ID:s+VEUJu40
ジャイアン「ああ暇だけど…」

ベティ「よかったら私とカラオケ行かない?試合のお祝いに私が奢るからさぁ♪」

ジャイアン「マジかよ⁈行く行く‼︎」

ベティ「それに武の歌声久しぶりに聴きたいしね♪」

ジャイアン「ああ、俺様の歌声たっぷり聴かせてやるよ//」

ベティ「嬉しい//」

258: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:39:25.21 ID:s+VEUJu40
スネ夫「….」

ジャイアン「ん?なんだスネ夫、お前もカラオケ行きたいのか?」

スネ夫「い、いや…僕は遠慮しとくよ…」アセアセ

ジャイアン「それじゃあ二人で行くとするか。」

ベティ「そうだね♪」

スネ夫「(ふぅ….助かった….)」ホッ…

スネ夫「それじゃあ僕は家でラジコンでもしよ~っと」

259: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:40:02.88 ID:s+VEUJu40
のび太「♪」フンフンフン

クク「ね、ねぇ….のび太さん…」

のび太「なに?クク」

クク「この後予定ありますか?」

のび太「うん、大丈夫だよ?」

クク「よかった….よければ私の家に遊びに来ませんか?」

のび太「え⁈いいの?」

260: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:41:14.79 ID:s+VEUJu40
クク「はい//」

のび太「うん、行く行く‼︎絶対行くよ」

クク「ありがとう///」つギュッ

のび太「へへ//」デレデレ

クレム「…..」

ロップル「….」

リルル「のび太君….?」

261: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:42:47.72 ID:s+VEUJu40
のび太「何リルル?」

リルル「遅くならないようにね….?」

のび太「わかったよ」

リルル「うん…」

のび太「ククまたあとでね」

クク「はい。またあとで」

262: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:43:14.69 ID:s+VEUJu40
のび太「それじゃあね~」タッタッタッタ

クク「///」

リルル「…..」ギリギリギリ

クレム「ねぇ…..お兄ちゃん….」

ロップル「….わかってるよ….クレム…」

クレム「ありがとう….お兄ちゃん…」

263: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:44:42.26 ID:s+VEUJu40
のび太家

のび太「ただいま~」

ドラえもん「おかえり~のび太君」フア~ヨクネタ~

のび太「今起きたの?」

ドラえもん「うん、昨日遅くまでのび太君と練習してたからね」

のび太「ごめんねドラえもん」

264: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:45:25.52 ID:s+VEUJu40
ドラえもん「気にしないでのび太君。ところで試合はどうだったの?」

のび太「それが大活躍だったんだよ~みんな僕の事褒めてくれたんだ♪」

ドラえもん「それはよかったねのび太君!」

のび太「うん、じゃあ僕ククの家に行ってくるね」

ドラえもん「今日もククちゃんと遊ぶの?」

のび太「うん。」

265: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:46:02.22 ID:s+VEUJu40
ドラえもん「くれぐれも遅くならないようにね」

のび太「分かってるって。じゃあ行ってきまーす」ダッダッダッダ

ドラえもん「行ってらっしゃい~」

クク家

ピ~ンポ~ン

クク「いらっしゃいのび太さん」

のび太「やぁクク。お邪魔するよ」

266: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:46:55.82 ID:s+VEUJu40
クク「はい、どうぞあがってください」

のび太「お邪魔しま~す」スタスタ

クク「私の部屋にいきましょか」

のび太「うん…あ、ところでおじさんは?」

クク「お父様なら用事で今日は帰って来ませんけど…」

のび太「そうなんだ」

267: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:47:58.28 ID:s+VEUJu40
クク「何か父に用事でもあるんですか?」

のび太「い、いや何でもないよ…」

クク「そうですか。では部屋に行きましょうか」

のび太「うん」

クク「♪」

のび太「(ククのお父様に会ったら、棒術習わされそうだもんな…)」

268: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:48:49.04 ID:s+VEUJu40
ククの部屋

クク「何もありませんが寛いでってくださいねのび太さん」

のび太「ありがとうクク。それにしても…」

クク「なんですか?」

のび太「うん、ククの部屋って凄く可愛らしいね」

クク「そ、そうですか///」

のび太「うん。本当だよ」

269: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:49:34.25 ID:s+VEUJu40
クク「ありがとうございますのび太さん//」

のび太「ふふ、ところでクク?」

クク「な、なんですか?のび太さん」

のび太「今日僕を呼んだ理由って何かなっと思ってさ。昨日遊んだばかりだしね」

クク「それはですね..」モジモジ

のび太「うん」

クク「の、のび太さんに渡したいものがったので//」

270: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:50:28.85 ID:s+VEUJu40
のび太「え、なになに?」ワクワク

クク「はい…コレなんですけど…//」つハコ

のび太「わぁありがとう。開けてもいいかな?」

クク「はい//」

のび太「なんだろう…」

パカ

のび太「うわぁ!綺麗なペンダント!!」

271: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:51:04.72 ID:s+VEUJu40
クク「ククが磨いたものです」

のび太「こんな綺麗なペンダント貰ってもいいの?」

クク「はい….のび太さんの為に磨いた物ですから…///」

のび太「え、僕の為⁈///」

クク「わ、私….」

272: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:51:38.74 ID:s+VEUJu40
クク「….私….のび太さんの事が好きですから…///」カァァァ

のび太「ぼ、僕の事好きって////」ヘナヘナヘナ

クク「だ、大丈夫ですか?のび太さん」

のび太「う、うん…大丈夫///」

クク「よかった….」ホッ

のび太「で、でも僕の事好きって…本当…?」

273: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:52:13.31 ID:s+VEUJu40
クク「は、はい///」

のび太「嬉しい…嬉しいよクク//」

クク「でも….」

のび太「え?」

クク「私…のび太さんと付き合ってほしいとか….そういう事言うつもりは…ありません….」

のび太「それってどういう….」

274: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:52:51.43 ID:s+VEUJu40
クク「び太さんの事が好きって事を….知っててもらえてる事だけで十分ですから…」

のび太「….」

クク「ただ..側に居るだけで….私…幸せです…」

のび太「ククの気持ち…分かったよ」

クク「ありがとうございます….のび太さん…」

のび太「ふふ」

275: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:53:31.44 ID:s+VEUJu40
クク「でも…他の娘を…..好きになったら…..」ボソ

のび太「え?」

クク「いえ、何でもありません。」ニコ

のび太「そう…」

クク「それよりそのペンダントつけてみてくれませんか?」

のび太「うん、そうだね」

のび太「どうかな」キラ~ン

クク「とてもよく似合いますよ♪」

276: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:54:06.02 ID:s+VEUJu40
のび太「本当?大事にするね」

クク「はい、大事にしてくださいね」

のび太「じゃあ今日は何して遊ぼうか?」

クク「そうですね….今日は….」

277: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:54:41.54 ID:s+VEUJu40
午後5時

ブルルルルルルル

美夜子「(ふぅ….今日も疲れたわぁ….)」

美夜子「(ん?あれは….)」

のび太「じゃあ僕帰るねクク」

クク「はい、それでは…」

のび太「うんじゃあ…」

278: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:55:29.76 ID:s+VEUJu40
チュッ….

のび太「え⁉︎えぇぇぇぇぇ///」

クク「し…試合のお祝いと….私の気持ちを分かってくれた….御礼です…///」

のび太「////」カァァァァ

クク「////」

279: ◆X3IAgezxHs 2015/04/29(水) 20:56:15.81 ID:s+VEUJu40
のび太「じゃ….僕…,帰るね…////」フラフラフラ~

クク「さようなら…のび太///」

美夜子「(…なにしてるの…のび太さん…..)」

美夜子「(….私がいるのに……)」

美夜子「(……のび太さん…..その娘が好きなの?…..)」

美夜子「(どうして…..どうして…..どうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうして‼︎)」

285: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:30:49.69 ID:N9uEdxYb0
のび太家

のび太「ただいま~」デレデレ

リルル「のび太君、おかえりなさい」

のび太「やぁリルル、ご飯できてるかい?」

リルル「まだだけど…」

のび太「そうじゃあ部屋で待ってるね」

リルル「わかったわ….ところで….そのペンダントどうしたの?…」

286: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:31:43.41 ID:N9uEdxYb0
のび太「ああ、これ?へへぇ~いいでしょ~。
ククに貰ったんだ♪」デレデレ

リルル「へぇ….ククちゃんに…」ギリ..

のび太「どう?似合うかな?」

リルル「….,」

のび太「リルル?」

リルル「のび太君にはちょっと…派手だと思うわ….」

のび太「ええ⁉︎そうかなぁ…」

287: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:33:17.27 ID:N9uEdxYb0
リルル「ええ…のび太君には似合わないと思う….」

のび太「そう….」

リルル「じゃあ…私夕ご飯の準備中だから…」

のび太「わかった、部屋でまってるよ…」ダッダッダ

リルル「…..」

288: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:34:05.76 ID:N9uEdxYb0
台所

リルル「….」

ザク

リルル「(なんで…..)」

ザク…ザク…

リルル「(ペンダント貰っただけで…..)」

ザクザクザクザク

リルル「(あんなに….喜んでるのよ…….)」

ザクザクザクザクザクザクザクザクザクザクザクザクザクザクザクザク….

リルル「(もう…..いいよね….のび太君…)」

289: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:34:47.71 ID:N9uEdxYb0
のび太の部屋

のび太「ただいまドラえもん♪」

ドラえもん「おかえりのび太君。あれ?そのペンダントどうしたの?」

のび太「へへぇ~いいでしょこれ♪実はねククから貰ったんだ~」デレデレ~

ドラえもん「へぇ~ククちゃんに」

のび太「どう?似合うかな?」

ドラえもん「うん、似合ってるよ」

290: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:35:29.83 ID:N9uEdxYb0
のび太「でしょ~?だけどリルルは似合わないっていうんだよね」

ドラえもん「え‼︎リルルに見せたのかい⁈」

のび太「うん、玄関でね」

ドラえもん「マズイよそれは~」

のび太「え?なんでさぁ….」

ドラえもん「そりゃあリルルがヤキモチを妬くからだよ」

のび太「え、リルルがヤキモチ?」

291: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:36:33.27 ID:N9uEdxYb0
ドラえもん「だからそのペンダントはリルルの前であまり付けない方が…..」

のび太「えへえへ//リルルがヤキモチかぁ//」デレデレ

ドラえもん「って‼︎のび太君僕の話ちゃんと聞いてるかい?」

のび太「リルルがヤキモチ///リルルが//」

ドラえもん「(ダメだこりゃ….)」

292: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:37:11.43 ID:N9uEdxYb0
ドラえもん「はぁ….」

のび太「……あ、そうだドラえもん」

ドラえもん「ん?どうかしたの」

のび太「実は今日凄くいい事があったんだ‼︎」

ドラえもん「え、ペンダント貰った事じゃないの?」

のび太「それ以上だよ」

293: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:37:49.31 ID:N9uEdxYb0
[たぬき]「へぇ~一体なんだい?」

のび太「うん、実はねぇ…」

ギィ….ギィ…ギィ….

リルル「のび太君?そろそろご飯が出来るけど….」

[たぬき]「えぇぇぇぇぇぇ‼︎ククちゃんから告白されたのかい⁈」

リルル「(….え?……)」

のび太「いやぁ///」

294: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:38:33.00 ID:N9uEdxYb0
ドラえもん「き、君たちまだ小学生じゃないか‼︎」アセアセ

のび太「嫌だなぁ~ドラえもん。恋愛に歳は関係ないさ♪」

ドラえもん「ま、まさか告白なんて..」

のび太「しかもね…」

ドラえもん「ま、まだあるのかい…?」ドキドキ

のび太「うん、キスもしてくれたんだよ////」

295: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:40:15.91 ID:N9uEdxYb0
ドラえもん「き、君たち何歳だと思ってるんだい⁉︎」

のび太「いやぁ~モテる男は辛いねぇ///」マイッタナコリャ~

ドラえもん「(おいおい….)」

リルル「(う….嘘でしょ…..のび太君….)」

リルル「(の….のび太君が…….のび太君が…..)」

リルル「……」

タッ…..タッ….タッ…..

296: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:41:03.30 ID:N9uEdxYb0
のび太「ふぅ….あ、そろそろご飯できたかな」

ドラえもん「僕の分も持ってきてね」

のび太「うん、分かってるって」

タッタッタッタ

台所

のび太「リルル、ご飯できたかい?」

リルル「…..」

のび太「リルル?」

297: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:41:47.83 ID:N9uEdxYb0
リルル「…..」

リルル「…..」

のび太「あの…..リルル?」

リルル「ご飯……食べましょ…..」

のび太「う、うん…」

リルル「……」

のび太「…..」

リルル「……」

のび太「…..」

リルル「……」

のび太「ね、ねぇ….リルル?」

298: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:43:15.30 ID:N9uEdxYb0
リルル「…..」

のび太「なんか….怒ってる?」

リルル「……何で….」

のび太「い、いや….何でって言われても….僕と目を合わせてくれないし….」

リルル「……」

のび太「もしかして…ペンダントの事?」

299: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:43:56.98 ID:N9uEdxYb0
リルル「…..」

のび太「それなら明日ククに返してくるけど….」

バン‼︎

のび太「!?」ビクッ

リルル「何も…..何も分かってないのね…」

のび太「え、だって….ペンダントの事じゃ…」

300: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:44:39.42 ID:N9uEdxYb0
リルル「さっき…..さっき部屋で何を言ってたの?….」

のび太「な、何って….」

リルル「ふふ…..ククちゃんと凄くいい事あったみたいね…..」

のび太「き、聞いてたの?…」

リルル「告白されて…..キスまでされたんだ…..」ギリギリ

301: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:45:31.22 ID:N9uEdxYb0
のび太「リ、リルル….落ち着いてよ…」

リルル「私ね….のび太君が喜んでくれるように….料理の勉強…たくさんたくさんして….」

リルル「のび太君が喜んでくれるように…色んな事…..たくさんたくさん….勉強したのに….」

のび太「….」ガクガクガク

リルル「ねぇ….私ってそんなに魅力ないかなぁ?….」

のび太「そんな事は….」

302: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:46:07.94 ID:N9uEdxYb0
リルル「これでもね…..学校じゃ結構モテる方なのよ?….」

リルル「だけど…..だけど….私には…のび太君が…..のび太君がいるから….」

リルル「我慢….してきたのにッ‼︎」

バン‼︎

のび太「!?」ビク

リルル「ねぇ….あんな奴のどこがいいの…?」

303: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:47:28.84 ID:N9uEdxYb0
リルル「…私の方が….私の方が…あんな奴より….あんな奴より….」

リルル「…答えてよ…..答えてよ….答えてよ‼︎」

リルル「なんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでッ‼︎」

のび太「リルル?リルル?」ガクガクガク…

リルル「私…..のび太君のことが…..こんなに….こんなに好きなのに….」

304: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:48:16.94 ID:N9uEdxYb0
のび太「リルル……」

リルル「でも……それもダメみたいね…..」

リルル「のび太君…..一緒に…楽になりましょう…?」

のび太「え、⁉︎」

リルル「一緒に….あの世で…
」ス…包丁

のび太「ま、まさか…」

リルル「ふふ…..一瞬だから……心配しないでね…..」ニコ

のび太「う、うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ‼︎」ダッダッダッダッダ

リルル「待ってよ…..のび太君….」

305: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:49:07.60 ID:N9uEdxYb0
のび太の部屋

ガラ…

ドラえもん「やぁのび太君。僕のご飯持ってきてくれたかい?」

のび太「そ、そんな悠長な事言ってる場合じゃないんだよ‼︎」アセアセアセ

ドラえもん「え、どうかしたのかい?」

のび太「と、とにかく….」

リルル「のび太君….のび太君?」

306: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:50:02.68 ID:N9uEdxYb0
ギィ…..ギィ….

のび太「うわぁ‼︎来た‼︎」

[たぬき]「来たって何が?」

のび太「とにかく逃げよう…[たぬき]‼︎」

[たぬき]「逃げるってどこに?….」

のび太「いいから早く‼︎はいタケコプター」

[たぬき]「わかったよ」

のび太「それっ…」バッ

[たぬき]「それっ…」バッ

307: ◆X3IAgezxHs 2015/04/30(木) 19:50:43.43 ID:N9uEdxYb0
ガラ…

リルル「のび太君…….のび太君?….」

リルル「ふふ….逃げたのね………」

リルル「まぁいいわ…..どうせ….帰る家はここなんだし…..」

リルル「…..ふふふふふふふふふふ…」

315: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:25:49.14 ID:s/YXrDg/0
学校の裏山

のび太「よし….ここまでくれば….」スタッ

ドラえもん「よいしょっと…」

のび太「ふぅ….疲れた…」

ドラえもん「ねぇ?のび太君一体何があったんだい?」

のび太「….実はね….」

・・・

ドラえもん「なるほどね….リルルが….」

のび太「まさかリルルがあんな事するなんで……僕まだ信じなれないよ…」

316: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:26:48.17 ID:s/YXrDg/0
ドラえもん「だから言ったじゃないか‼︎」

のび太「言ったってなにが?」

ドラえもん「忘れたのかい⁉︎はぁ….全く君って奴は….」

のび太「ごめん…」

ドラえもん「この間も言ったけどこの世界の女性は凄く嫉妬深いんだよ」

のび太「ああ…そういえば言ってたね」

317: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:27:35.15 ID:s/YXrDg/0
ドラえもん「だから僕は問題が起こる前にもしもボックスで元の世界に戻そうと….」

のび太「わかった…わかったよドラえもん…」

ドラえもん「分かってくれればいいんだよ。それじゃあもしもボックス出してくれるかい?」

のび太「うん….」ゴソゴソ

のび太「あ、これだ」

つモシモボックス~

のび太「よし….」ガチャ…

318: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:28:15.78 ID:s/YXrDg/0
のび太「世界を元に戻してくれ~」

のび太「…..」

ドラえもん「……」

のび太「あれ?….おかしいな…..」

のび太「元に戻れ~‼︎」

・・・

ドラえもん「ま、まさか⁉︎」

319: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:28:54.09 ID:s/YXrDg/0
のび太「え?まさかって…..」

ドラえもん「言いたくないけど……」

のび太「….」ゴクッ

ドラえもん「故障したらしい…..」

のび太「えぇぇぇぇぇぇ⁈こ、故障⁉︎」

ドラえもん「どうやらそうみたい….」

320: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:29:40.11 ID:s/YXrDg/0
のび太「じゃ…じゃあ直せばいいじゃないか‼︎」

ドラえもん「例え直せるくらいの故障でも….この姿じゃあ….」ニャ~

のび太「そ、そんなぁ…..」

ドラえもん「…..」

のび太「なんでいつもいつも故障するんだよ‼︎」

ドラえもん「ごめん…..」

321: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:30:20.76 ID:s/YXrDg/0
のび太「少しはメンテナンスくらいしたらどうなんだ‼︎」

ドラえもん「ごめん…」

のび太「こ、このポンコツロボット‼︎」

ドラえもん「な、な~に⁉︎それを言っちゃぁ…お終いだよ!!」

のび太「ああ、お終いさ‼︎」

ドラえもん「な、なにを~このダメガネ‼︎」

323: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:31:22.10 ID:s/YXrDg/0
のび太「なんだと~‼︎やるか~」

ドラえもん「ああ、やってやるとも‼︎」

のび太「この~‼︎」ポカポカ‼︎

ドラえもん「やったなぁ~‼︎」ニャ~ニャ~ニャ~

のび太「引っ掻きやがったな‼︎」ポカポカポカ‼︎

ドラえもん「そっちだって‼︎」ニャ~ニャ~ニャ

324: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:32:05.51 ID:s/YXrDg/0
30分後

のび太「はぁはぁはぁ….」

ドラえもん「ニャァ~ニャァ~ニャァ~….」

のび太「はぁはぁ…い、今は喧嘩してもしょうがないね…」

ドラえもん「そ、それもそうだね…..ごめんねのび太君..」

のび太「ううん….僕も悪かったよドラえもん。」

325: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:33:14.83 ID:s/YXrDg/0
ドラえもん「うん、じゃあこれからどうしようか….」

のび太「とりあえず…..今日はもう遅いし….」

ドラえもん「そうだね….今日は寝ようか….」

のび太「うん。」

ドラえもん「じゃあキャンピングカプセル出してくれるかな?」

のび太「分かったよ」ゴソゴソ

のび太「これだな…」

つキャンピングカプセル~

326: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:33:54.75 ID:s/YXrDg/0
ムクムクムク…

ドラえもん「ありがとう。さて中に入ろうか」

のび太「そうだね」

ウィィィン….

のび太「ドラえもん、お休み」

ドラえもん「お休みのび太くん」

のび太「…..」

のび太「(やっぱり明日…リルルに謝りに行こう….)」

327: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:34:33.09 ID:s/YXrDg/0

ドラえもん「のび太君….のび太君….」

のび太「ん….リルル….もうちょっと寝かせてよ….」

ドラえもん「なに寝ぼけてるんだよ。僕だよ」

のび太「え?….僕って..」ガバッ

ドラえもん「やっと起きた…」

のび太「ドラえもん⁉︎あれ…..リルルは?」

328: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:35:17.69 ID:s/YXrDg/0
ドラえもん「なに言ってるんだい….昨日事忘れたの?」

のび太「ああ….そうだった…」

ドラえもん「まったく…」

のび太「ところでドラえもん…」

ドラえもん「なに?のび太君」

のび太「家に帰って..リルルに謝りに行こうと思うんだけど…」

329: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:37:33.69 ID:s/YXrDg/0
ドラえもん「なんだって⁉︎リルルに謝りに行くのかい?」

のび太「うん….だって僕が悪い事したからリルル怒ってるわけだし…」

ドラえもん「よ、よした方がいいって…」

のび太「いや…僕行くよ‼︎」

ドラえもん「なら….僕も一緒に…」

のび太「大丈夫…..僕1人で平気だよ」

330: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:38:12.01 ID:s/YXrDg/0
ドラえもん「だけど….」

のび太「心配しないでじゃあ行ってくるから‼︎」

ウィィィィィン…

ドラえもん「のび太君….」




のび太「はぁ….とは言ったものの…..」

のび太「リルル…怒ってるだろうな…」

331: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:38:50.43 ID:s/YXrDg/0
のび太「はぁ…..」

美夜子「あら?そこにいるの、のび太さんじゃない?」

のび太「あ、美夜子さん」

美夜子「こんな朝早くどうしたの?」

のび太「いや….その….」

美夜子「よかったら….私の家に来ない?」

332: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:39:45.48 ID:s/YXrDg/0
のび太「え….」

美夜子「新作のケーキと美味しい紅茶があるのよ?」

のび太「でも僕….家に行かないと…」

美夜子「いいじゃない…ね?」

のび太「う~ん…」

美夜子「….ね?」ギュッ

のび太「う、うん…」

美夜子「よかった~じゃあ私の家に行きましょう」ニコ

のび太「うん….」

美夜子「♪」

⁇?「……」ジ-

333: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:40:21.94 ID:s/YXrDg/0
美夜子の部屋

美夜子「のび太さん、ゆっくりしてってね」

のび太「や、やっぱり…僕….」

グゥゥゥゥゥ…

のび太「!?」

美夜子「ふふ、お腹は正直ね♪」

のび太「///」カァァァ

334: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:41:12.73 ID:s/YXrDg/0
美夜子「すぐケーキと紅茶持ってくるわね」スッ

バタン

のび太「(美夜子さん家に来ちゃったけど….早く帰らないとね…)」

のび太「(リルルに…謝らないといけないし….)」

台所

美夜子「..ふふ….この薬を入れれば….」

コポコポコポ….

美夜子「…..これで….のび太さんは私の物…….

美夜子「ふふふふふふふふふふふふ…

335: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:41:55.48 ID:s/YXrDg/0
美夜子の部屋

のび太「お腹空いたなぁ….」グゥゥゥゥ…

ガチャ

美夜子「おまたせ♪」

のび太「わぁ、美味しいそう~」

美夜子「遠慮しないで、たくさん食べてね?」

のび太「じゃあ、いただきま~す」パク

美夜子「どう?美味しい?」

のび太「うん、とっても美味しいよ~」モグモグ

336: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:42:41.29 ID:s/YXrDg/0
美夜子「ふふ♪」

のび太「この紅茶も凄く美味しいなぁ」ゴクゴクゴク

のび太「♪」パクパク

美夜子「…..」ニヤ

・・・

のび太「あ…れ?…..何だか急に眠く…..」

美夜子「体調悪いなら、少し休んでいくといいわ」

337: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:43:20.98 ID:s/YXrDg/0
のび太「で….でも….僕…帰らないと….」

美夜子「帰るってどこに?」

のび太「え..?どこって…..」

美夜子「もう帰る必要なんかないんだから」ニコ

のび太「そ…..それって…..ど…..う…..い…う…
」バタッ

美夜子「ふふ….」

のび太「Zzzzzzzz…..」スヤスヤ

美夜子「お休みなさい….のび太さん….」

338: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:45:42.79 ID:s/YXrDg/0
・・・

のび太「ん……ん….」

のび太「ん……ん?….あれ….僕は…」

のび太「そうだ….美夜子さん家に来て….」

のび太「あ、あれ⁉︎….手が動かせない….」

のび太「手にロープがしてある….」

のび太「なんで…….」

ガチャ..

美夜子「あら….のび太さん、起きたの…」

339: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:46:32.28 ID:s/YXrDg/0
のび太「美夜子さん…何僕をロープ縛るの?…」

美夜子「何でって…..決まってるじゃない….」

のび太「え….」

美夜子「…貴方を誰にも渡したくないからよ…」

のび太「それって….」

美夜子「私ね….のび太さんが….好きで好きで仕方がないの…」

のび太「….」

美夜子「それなのにッ‼︎」

ドン‼︎

のび太「⁉︎」ビクッ

340: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:47:24.86 ID:s/YXrDg/0
美夜子「あんな子とキスして…..」

のび太「キスって…」

美夜子「昨日….帰る時に見たのよ….」

のび太「….」

美夜子「ねぇ….あんな子のどこがいいの?…」

美夜子「あんな子より私の方が何倍も何倍も何倍も何倍もッ‼︎」

美夜子「のび太さんを愛しているのにッ‼︎」

のび太「美夜子さん….」

美夜子「私のび太さんの為なら…何だって何だってしてあげるよ…?」

341: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:48:26.09 ID:s/YXrDg/0
美夜子「あなたの幼馴染みさんより美味しい料理作ってあげるし….」

のび太「そうだ….僕..リルルに謝らないと…」

美夜子「何言ってるの…..」

美夜子「帰すわけ無いじゃない….」

のび太「え…?」

美夜子「せっかく…私の物になったんだもの…..」

美夜子「ずっとずっとず~っと…」

美夜子「私と一緒….」

美夜子「ふふふふふふふふふふふふふふふふ…」

342: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:49:04.57 ID:s/YXrDg/0
のび太「美夜子さん….」

美夜子「それじゃあ…」

のび太「え?」

美夜子「いっぱい….精力のある物作ってくるわね…」

のび太「それって….」

美夜子「今日は寝かせないから….♪」ガチャ

バタン

343: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:49:58.21 ID:s/YXrDg/0
のび太「どうしよう….美夜子さんまで….」

のび太「僕どうしたら……」

ガリガリガリガリ…

のび太「ん?……あ….」

ドラえもん「の、のび太君~」

のび太「ドラえもん‼︎」

ドラえもん「声が大きいよのび太君」

のび太「い、今開けるね….」

のび太「ん…ん….ロープのせいで…なかなか…..あかない…」

344: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:50:33.68 ID:s/YXrDg/0
ガチャ…

のび太「よし….開いた!」

ドラえもん「のび太君~」バッ

のび太「ドラえもん~」

のび太「でも….ドラえもん、どうして僕がここに居るって…」

ドラえもん「君が心配だからこっそり後を追ってきたんだ」

345: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:51:06.30 ID:s/YXrDg/0
のび太「ドラえもん…」

ドラえもん「今ロープを切ってあげるね」ガブ…

ドラえもん「」ギリギリギリ..

のび太「頑張ってドラえもん」

ドラえもん「うん…」ギリギリギリ..

シュル…
ドラえもん「よし!」

346: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:52:41.02 ID:s/YXrDg/0
のび太「ほどけた~」

のび太「ありがとうドラえもん」

ドラえもん「お礼は後で、今は逃げないと…」

のび太「でも美夜子さんが….」

ドラえもん「今の彼女は正気じゃない…何されるか判らないよ」

のび太「う~ん…」

ドラえもん「手をロープで縛るって事が正気じゃない事くらい君だって判るだろ?」

347: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:53:32.49 ID:s/YXrDg/0
のび太「そうだね…とりあえず今は逃げよう」

ドラえもん「よし….それじゃあタケコプターで….」

のび太「うん…….」ゴソゴソ

のび太「ん……..あれ?」

ドラえもん「どうしたんだい?のび太君」

のび太「スペアポケットが….ない……」

348: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:54:09.50 ID:s/YXrDg/0
ドラえもん「な、何だって⁉︎」

のび太「し~っ‼︎」

ドラえもん「ごめんごめん」

のび太「あ….もしかしたら….」

ドラえもん「なんだい?のび太君」

のび太「キャンピングカプセルに置いて来ちゃったかも…..」

ドラえもん「はぁ….君ってやつは…..」

349: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:55:04.83 ID:s/YXrDg/0
のび太「ごめんよ~ドラえもん~」

ドラえもん「まぁ…ないものねだりしても仕方がない…」

ドラえもん「早くしないと美夜子さん戻って来ちゃうし…」

のび太「そうだね…」

ドラえもん「じゃあ….静かに下に降りよう…」

350: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:55:44.56 ID:s/YXrDg/0
のび太「うん….」

….ガチャ….

ドラえもん「僕が様子見るから…のび太君は後について来て」

のび太「わかったよ….」

ソ~ット…..ソ~ット…

のび太「ん…….何か….」

ドラえもん「どうしたんだい?のび太君」

351: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:56:23.79 ID:s/YXrDg/0
のび太「分からないけど…..身体が…..」フラ…フラ

バタッ…..

ドラえもん「のび太君⁉︎」

美夜「誰?」

ドラえもん「し、しまった….」アセアセ

美夜子「のび太さん?」

のび太「んん…..」フラフラ

ドラえもん「のび太君しっかりして」

352: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:57:03.43 ID:s/YXrDg/0
のび太「う、うん….」

美夜子「のび太さん….そこで何してるの?…」

美夜子「のび太さん….ダメじゃない….部屋で大人しくしてなきゃ….」

のび太「美夜子さん….」フラフラ…

美夜子「ふふ…どうやら薬が効いたみたいね…」

353: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 19:58:46.80 ID:s/YXrDg/0
ドラえもん「万事急須か」アセアセ

ドラえもん「………」

ドラえもん「仕方がない….のび太君」

のび太「な…何ドラえもん…?」

ドラえもん「ここは僕に任せて君は一人で逃げるんだ‼︎」

のび太「で….でも…」

ドラえもん「いいから行くんだ‼︎」

のび太「わ、わかったよ…」タッ….タッ….タッ

美夜子「逃がすわけないじゃない…..のび太さんはここに永久に私と暮らすんだから….」クス

354: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:00:18.58 ID:s/YXrDg/0
>>353訂正

ドラえもん「万事休すか…」アセアセ

ドラえもん「………」

ドラえもん「仕方がない….のび太君」

のび太「な…何ドラえもん…?」

ドラえもん「ここは僕に任せて君は一人で逃げるんだ‼︎」

のび太「で….でも…」

ドラえもん「いいから行くんだ‼︎」

のび太「わ、わかったよ…」タッ….タッ….タッ

美夜子「逃がすわけないじゃない…..のび太さんはここに永久に私と暮らすんだから….」クス

355: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:00:58.97 ID:s/YXrDg/0
ドラえもん「美夜子さん僕が相手だ‼︎」

美夜子「何この猫は….私とのび太さんの邪魔は許さないわよ….」

ドラえもん「シャーッ」

美夜子「…あくまで邪魔するわけね….ふふ….どうなっても知らないんだから….」

ドラえもん「(のび太君….)」

356: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:01:40.88 ID:s/YXrDg/0

のび太「はぁはぁはぁ……どうにか….ここまで来たけど…..」フラフラ…

のび太「どうも…..身体がおかしいなあ….」フラフラ..

のび太「でも….早く..キャンピングカプセルに戻って…」フラフラ..

のび太「ドラえもんを助けないと…」フラフラ…

???「やぁ..のび太君」

357: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:02:25.23 ID:s/YXrDg/0
のび太「君は….」

ロップル「こんにちは」ニコ

のび太「ロップル君!」

ロップル「なんだか体調悪そうだけど大丈夫かい?」

のび太「な、なんでも無いよ」

ロップル「無理しちゃダメだよ。そうだ!、僕の家に来て休んでいくといい..」

のび太「僕は大丈夫だから….」

358: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:03:04.56 ID:s/YXrDg/0
ロップル「遠慮しないで….」

のび太「でも僕…急がなきゃいけないから..」

ロップル「そう….」

のび太「ごめんね….ロップル君…」

ロップル「しょうがない….」スッ

のび太「え….?」

バチバチバチバチバチ…

のび太「な…..何を…..」

ロップル「ふふ…..スタンガンさ….」

359: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:03:42.26 ID:s/YXrDg/0
のび太「..なんで…..そんな事を…..」バタッ

ロップル「これもクレムの為……お休み….のび太君….」

のび太「…..」

360: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:04:31.28 ID:s/YXrDg/0
ロップル&クレム家

のび太「…..ん…..ん…」

のび太「ん….ん?…..」ガチャリ…

のび太「あ….あれ….また手が….」ガチャガチャ…

のび太「て、手錠⁉︎…..」

のび太「なんで……あ….そうだ…僕ロップル君と会って….それから….」

クレム「……」ジ-

のび太「ク、クレムちゃん⁉︎」

クレム「起きたみたいねのび太君♪」

361: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:05:12.62 ID:s/YXrDg/0
のび太「起きたんだって…..な、何で手錠なんか…」

クレム「だってそうしないと…のび太君逃げちゃうもん」

のび太「逃げるって…そうだ僕、早く行かなきゃ…」

クレム「そんなの無理に決まってるじゃない♪」

362: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:05:51.50 ID:s/YXrDg/0
クレム「のび太君はずっとずっとここで暮らすの….私とお兄ちゃんとのび太君の3人で…」

のび太「それってどういう….」

ガチャ…

ロップル「起きたようだねのび太君」

のび太「ロップル君…」

ロップル「その様子だと薬の効き目も切れたようだね」

363: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:06:44.49 ID:s/YXrDg/0
のび太「薬って….」

ロップル「美夜子さんだよ….あの女…のび太君に薬を盛って逃げないようにしたみたいだね」

のび太「そんな…」

ロップル「まぁそのおかげでのび太君を連れて来やすかったんだけど」

のび太「….」

364: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:07:25.01 ID:s/YXrDg/0
クレム「ありがとうお兄ちゃん」チュッ

ロップル「やめないか…のび太君の前で…」

ロップル「しょうがないなぁ…..」

クレム「ん….レロレロ…んん….」

ロップル「んむ……んん…..」

のび太「え…..ええ⁈…」

のび太「な….何で….兄弟でキスなんか…」

365: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:08:31.75 ID:s/YXrDg/0
ロップル「ん….おかしいと思うかい?のび太君」

のび太「だって….」

ロップル「ふふ…僕とクレムは愛し合っているんだよ…ね?クレム」

クレム「うん、お兄ちゃん」

のび太「だからって…」

ロップル「でもねのび太君…僕らはそれ以上に…」

のび太「え?….」

ロップル「のび太君を愛しているんだよ」

366: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:09:15.36 ID:s/YXrDg/0
クレム「そうよのび太君….私のび太君の事愛してるのよ?」

のび太「そんな事って….」

ロップル「さて….のび太君も起きた事だし…」

ロップル「のび太君が絶対逃げないようにしないと」

クレム「そうねお兄ちゃん」

367: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:09:53.74 ID:s/YXrDg/0
のび太「な、何をする気だい?ロップル君..」

ロップル「なに….四股切断するんだよ」ニコ

のび太「四股切断って….」

ロップル「まぁ簡単に言うと….両手両足を切断する事だよ」ニコニコ

のび太「えぇぇぇぇぇ⁉︎い、嫌だよそんなの‼︎」アセアセ

368: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:10:38.36 ID:s/YXrDg/0
ロップル「大丈夫だよ…痛くないように麻酔しといたか…」

のび太「だからってそんな….」

クレム「安心してのび太君…どんな姿になっても私達は愛し続けるから♪」

のび太「だれか….誰かぁぁぉぁぁぁ‼︎」

ロップル「叫んだって無駄だよ…」

ロップル「さぁ….」つノコギリ….

ロップル「ふふふふふふふふふふふふふふ」

クレム「ふふふふふふふふふふふふふふふふ」

のび太「ど、ドラえもーーーーーーーんっ‼︎」

369: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:11:29.37 ID:s/YXrDg/0
⁇?「タンマウォッチ~」

クレム「」ピタ

ロップル「」ピタ

のび太「え…..」

のび太「..まさか….ドラえもん⁉︎」

???「助けに来たわよ、のび太さん」

のび太「その声は…」

ドラミ「危ないところだったわね」

のび太「ドラミちゃん~‼︎」

370: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:12:06.34 ID:s/YXrDg/0
ドラえもん「僕も居るよ~」

のび太「ドラえもん⁈ぶ、無事だったの⁉︎」

ドラえもん「うん…ドラミに助けてもらったんだ」

のび太「そうだったんだ…よかった…」

ドラえもん「へへ」ニコ

ドラミ「今は話すよりここから逃げないと」

371: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:12:42.07 ID:s/YXrDg/0
ドラえもん「そうだね」

のび太「で、でも僕…手錠されて…」

ドラミ「大丈夫よ♪えいっ!」

パキ~ン

のび太「手錠が….」

ドラミ「さぁ行きましょ」

のび太「う、うん…」

372: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:13:21.61 ID:s/YXrDg/0
ドラミ「はいタケコプター」

のび太「ありがとうドラミちゃん」

のび太「」チラ

クレム「……」

ロップル「…..」

のび太「(ロップル君….クレムちゃん…)」

ドラミ「どうかしたの?のび太さん」

のび太「ううん…何でもないよ。行こうか」

ドラミ「ええ」コク

のび太「それっ」バッ

373: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:14:28.75 ID:s/YXrDg/0
空中

のび太「ところでドラミちゃん?」

ドラミ「何かしらのび太」

のび太「うん、どうして未来から来てくれたの?」

ドラミ「虫の知らせアラームが鳴ったから心配で22世紀からやって来たのよ」

のび太「そうなんだ。ありがとうドラミちゃん」

ドラミ「ふふ」ニコ

374: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:15:08.78 ID:s/YXrDg/0
のび太「それにしても….怖かった….」

ドラえもん「そうだね…美夜子さん達いくら嫉妬深いとはいえあんな事するなんて….」

ドラミ「それはきっと…ヤンデレってやつね」

のび太「ヤンデレって?」

ドラミ「簡単に言うと….その人が好きで好きで仕方なくなって変になってしまう事よ」

のび太「好きで好きでしかたないかぁ…..いやぁ~参ったなぁ///」デレデレ

ドラミ「もう….のび太さんたら…」

375: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:15:44.61 ID:s/YXrDg/0
のび太家

ドラえもん「やっと着いた…」スタッ

ドラミ「ええ」スタッ

のび太「あれ?」

ドラミ「どうかしたの?のび太さん」

のび太「え….だって….」チラ

リルル「zzzzzzz….」ス-ス-

ドラミ「寝てるみたいね」ボソ

377: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:16:25.45 ID:s/YXrDg/0
のび太「うん…」

ドラえもん「多分….のび太君が帰って来るのをずっと待ってたんじゃないかな…」

のび太「そっか…」

ドラミ「起こさない方が良さそうね…」

のび太「そうだね..」

ドラミ「さて…」ゴソゴソ

378: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:17:10.81 ID:s/YXrDg/0
ドラミちゃん「もしもボックス~」

ドラミ「これで元の世界に戻しましょ」

のび太「う…うん….だけど…」チラ

リルル「……」ス-ス-

のび太「リルル….」

リルル「……のび太君….」ス-ス-

379: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:18:54.46 ID:s/YXrDg/0
のび太「え?…..」

リルル「…..のび太君….行かないで….」ス-ス-

のび太「リルル….」

のび太「リルル….ごめんね….」チュッ…

ドラえもんドラミ「え‼︎?///」

のび太「(リルル….毎朝起こしてくれてありがとう…それにご飯も凄く美味しかったよ…)」

380: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:19:32.07 ID:s/YXrDg/0
のび太「(クク…僕のあやとり褒めてくれてありがとう…ペンダントも大事にするからね…)」

のび太「(美夜子さん….勉強教えてくれてありがとう….僕これからは勉強たくさんするからね..)」

のび太「(クレムちゃん…雪の花大事に育てるからね…学校の花壇一面にしてみせるから)」

ドラミ「のび太さん?」

のび太「ううん、何でもないよ」

381: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:20:09.15 ID:s/YXrDg/0
ドラミ「そう….それじゃあ…」

のび太「うん…分かってる」

ガチャ….

のび太「元の世に….戻してくれぇぇぇ‼︎」

ジリジリジリ…..

・・・

ドラミ「これで元の世界に戻ったみたいね」

ドラえもん「あ….僕の体も元に戻ってる‼︎
..嬉しいようなぁ…悲しいよなぁ…」

382: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:20:45.29 ID:s/YXrDg/0
のび太「….」グスッ….

ドラミ「のび太さん….」

ドラえもん「大丈夫かい….のび太君…」

のび太「….」グスン…グスン…

ドラえもん「もうリルル達には会えないかもしれないけど….君はあの世界で大事な事を学んだじゃないか」

383: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:21:22.98 ID:s/YXrDg/0
のび太「..グスン..大事な事って….?」

ドラえもん「努力だよ…理由はどうあれ苦手な勉強したり、野球の練習したり頑張ったじゃないか‼︎」

ドラミ「そうよのび太さん」

のび太「そうかな…?」

ドラえもん「そうだよ!」

のび太「….ありがとう…ドラえもん..」

ドラえもん「ふふ♪」

384: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:22:00.02 ID:s/YXrDg/0
ドラミ「それじゃあ私は未来に帰るわね」

ドラえもん「助かったよドラミ」

ドラミ「ふふ気にしないで」

ドラミ「じゃあね~」

ヒュン…

ドラえもん「さて….僕はミーちゃんとデートでもしてこようかな」

ドラえもん「のび太君は?」

385: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:22:37.64 ID:s/YXrDg/0
のび太「う~ん、とりあえず…昼寝かな」

ドラえもん「はぁ~やれやれ…」

のび太「ふふ..冗談さ。勉強するよ」

ドラえもん「のび太君…」ジ-ン

のび太「美夜子さんに教わった事復習しないとね….さて….やるぞ~‼︎」

ドラえもん「頑張ってねのび太君」

386: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:23:34.50 ID:s/YXrDg/0
のび太「うん!」

ドラえもん「ふふ….」



そして何ヶ月後

しずか「最近ののび太さん偉いと思うわ」

のび太「そうかな~」

しずか「ええ…スポーツも勉強も以前よりずっと頑張ってるし」

のび太「へへ///」

しずか「そんなのび太さん素敵だと思うわ」

のび太「それじゃあ今日一緒に勉強を….」

387: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:24:34.28 ID:s/YXrDg/0
出木杉「しずかちゃん~」

しずか「あら出木杉さん」

出木杉「今日暇かい?」

しずか「ええ」

出木杉「よかったら今日図書館で勉強しないかい?」

しずか「いいわ。あ、そうだ。のび太さんもどうかしら?」

のび太「いや、遠慮しとくよ…」

388: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:25:09.01 ID:s/YXrDg/0
出木杉「じゃあ行こうかしずかちゃん」

しずか「ええ♪じゃあね~のび太さん」

のび太「うん….」

のび太「…….」

のび太「…….」

のび太「…..ど….」

のび太「ドラえもーーーーーーん」

ドラえもん「やれやれ…..」

終わり

389: ◆X3IAgezxHs 2015/05/01(金) 20:26:19.78 ID:s/YXrDg/0
とりあえずこれで終わりです。

391: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/01(金) 20:42:41.40 ID:+w8Wbk2jo

ドラミちゃんは優秀だなぁ

392: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/01(金) 23:44:53.54 ID:0jmVparrO

相変わらず[たぬき]と比べてドラミちゃんの優秀さよ


元スレ
タイトル:のび太「ぶっちゃけしずかちゃんより映画に出てきた女の娘の方が可愛い
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1429958777/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP