フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

漣「おいゴラァ!」 提督「え、なに?」

艦隊これくしょん -艦これ-

引き続き画面上のメニュー・スライドバーをご活用ください☺

間もなく2周年になります!日頃よりご愛顧いただきありがとうございます<m(__)m>

さて、今回新たにトップ画を募集します!

もし、制作いただける方は下記フォームよりお送りいただけましたら幸いです☺

https://ws.formzu.net/fgen/S35239263/

引き続き、当まとめサイトを宜しくお願い致します。

1: じゅんけい 2014/03/06(木) 13:26:33.02 ID:/u+MFUFh0
初投稿の初心者です。

キャラ崩壊、シリアス?、地の文、さらに駄文と、とても拙いSSみたいなものになりますが、温かい目で見ていただけたら幸いです。

以後、投下して行きます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394079993

2: じゅんけい 2014/03/06(木) 13:30:39.53 ID:/u+MFUFh0
漣「一番最初にこの舞鶴鎮守府に着任した艦娘は漣ですよね!?」

提督「あ、あぁそうだけど」

漣「そこから右も左も分からない私達は、お互いに奮闘してきたわよね!?」

提督「おう・・・」

漣「じゃぁ、なんで私を第一線で活躍させてくれないんですか!?来る日も来る日も遠征ばかり。旗艦のピーキーな夕張さんは、費用を食うし。色々とうんざりです!」

提督「費用を食ったのは戦時中の話だろ。本人を目の前にして、何か言ったりしてないだろうな?」

漣「・・・べつに夕張さんを悪く言っていません。あの人遅いですし、紙装甲だし」

提督「夕張は3300t級の軽巡に、どれだけ武装を詰めるかテストした・・・言わば実験艦だったからな。あと改装する前は、軽巡で一番燃料の消費が少なかったんだぞ」

漣「それ改装する前は、ですよね?夕張さんがあまり皆の役に立ててない事を悩んで、それを知ったご主人様が改装してあげたのを知ってるんですよ?」

提督「なぜそれを・・・」

3: じゅんけい 2014/03/06(木) 13:33:37.47 ID:/u+MFUFh0
漣「どれだけ付き合いが長いと思ってるんですか。それでも夕張さんは軽巡の中で耐久、回避、装甲がてんでダメです」

提督「お前・・・本当にそれ、本人目の前にして言ってないよな?」

漣「漣もそんなに鬼じゃありません。それに夕張さんは自分でも気にしてますから、突っついていじったりでもしたら、すぐ大泣きし始めますよ」

漣「んって!!!そういうことを話に来たんじゃないんです!」

提督「・・・お前のさっきまでの口振りだと、旗艦の夕張をどうにかして欲しい、って話に聞こえるんだが?」

漣「ち・が・い・ま・す!漣が言いたいのは、なぜ私は最初からこの鎮守府にいるのに、最前線で戦わせてもらえないかってことです!」

4: じゅんけい 2014/03/06(木) 13:37:57.67 ID:/u+MFUFh0
提督「あぁ、そういえば最初そんなこと言ってたな」

提督「ってかなんでそんなに最前線で戦いたいんだ?」

漣「さっきから言ってるじゃないですか!始めからこの鎮守府にいるから」

提督「いやだからと言って、お前を入れて他の子を入れないのはおかしいぞ。それは色々と差別してるだろう」

漣「妙にこんな時だけ正論言いやがって・・・漣が前にでちゃいけない理由があるんですか?」

提督「まぁ、理由を言うなら攻撃や耐久の低さかな」

5: じゅんけい 2014/03/06(木) 13:43:05.39 ID:/u+MFUFh0
漣「うぐっ・・・わかってます。わかってましたよそれくらい!気合でカバーですっ!」

提督「いや無理だし!あと特筆して加えるなら、お前は俺の思い入れも強いし、怪我をして欲しくないってのもあるな」

漣「そこは素直に嬉しいです。でも、漣は駆逐艦です。艦と名前がついてる以上、戦場で散るのが道理です」

提督「・・・どうしてそんなに生き急ぐ?」

漣「別にそんなつもりはありません。漣はただ前線で活躍したいのです。今までは補給を兼ねて、遠征することに甘んじてきましたが、そろそろ前線で戦って見たいのです!」

6: じゅんけい 2014/03/06(木) 13:52:20.89 ID:/u+MFUFh0
提督「・・・はぁ。漣、思ったよりも前線の攻略隊は厳しいぞ」

漣「はい!」

漣は部屋を出て行った。

提督「・・・あいつ、旗艦の夕張が羨ましいのかもな・・・」

7: じゅんけい 2014/03/06(木) 13:58:32.09 ID:/u+MFUFh0
こんな風に書いていきます

一体誰が見てるのか、むしろ誰も見てないのか・・・

余談ですがこのスレの近くに、同じく漣を主体として書いている人がいて親近感がわきました

漣関連のSSがもっと増えるといいなぁ

8: じゅんけい 2014/03/06(木) 14:09:42.06 ID:/u+MFUFh0
提督「あー、今日漣を連れて出撃して欲しいんだが」

北上「えー、駆逐艦。いや」

榛名「榛名は大丈夫ですけど、みなさんは?」

青葉「青葉はOKですぅ!」

最上「僕もOKだよ」

隼鷹「私も全然構わないぜー!」

金剛「漣ちゃんは私たちに任せてヨー!」

提督「よし、じゃぁ北上。留守番よろしくな?」

北上「えっ!?」

9: じゅんけい 2014/03/06(木) 14:12:10.39 ID:/u+MFUFh0
漣「ここがキス島沖・・・」

金剛「着きましター」

最上「羅針盤は?」

青葉「はい!・・・どうやら北東のようです」

金剛「サクッと終わらせてhomeに帰りまショー!」

ーーーーーーーーーーー

10: じゅんけい 2014/03/06(木) 14:13:12.89 ID:/u+MFUFh0
隼鷹「二連戦してるけど、大丈夫かいあんた」

榛名「はい!榛名は」

隼鷹「あんたにゃきいてないよ」

榛名「えっ、あっはい・・・」

漣「漣は大丈夫なのです」

隼鷹「遠征ばかりで体が鈍ってるかもしれないから、気をつけときなよ?」

漣「わかりました」

ーーーーーーーーーーー

11: じゅんけい 2014/03/06(木) 14:13:57.23 ID:/u+MFUFh0
金剛「左舷敵艦確認!撃てェー!」

最上「敵機確認!発艦用意!」

隼鷹「よーし、攻撃隊!発艦しちゃってー!」

榛名「榛名、砲撃開始です!」

漣「これが漣の本気なのです!」

青葉「敵はまだこちらに気づいてないよ?」

隼鷹「は!?」

最上「え!?」

漣「・・・あはは・・・・・・」

そして、時間は帰投後まで進む。

12: じゅんけい 2014/03/06(木) 14:24:08.87 ID:/u+MFUFh0
提督「で、被弾して、しかも大破で帰ってきたと」

漣「ぐぬぬ・・・なんもいえねー」

金剛「て、提督ゥ・・・あんまり怒らないであげてヨ?私達がしっかりサポートできなかったってこともあるんだからサー」

最上「そ、そうですよ!僕も余り手が回らなくて・・・」

提督「・・・・・・はぁ~」

漣「・・・・・・うぅ」

13: じゅんけい 2014/03/06(木) 14:25:35.21 ID:/u+MFUFh0
提督「お前らもう帰っていいぞ。漣はここに残るように」

金剛「あんまりきつく怒っちゃダメだからネー」

青葉「さて、私はこの状況を取材でも」

隼鷹「はい、はい。あんたも素直に部屋をでる」

青葉「あっ、えっ待って!取材が!記者魂が!事件が私を呼んでいるっ!」

隼鷹「いいから、いくよ。」

青葉「ひっぱらないでくださいー!私はしゅざぃ…もっ..す…..ん….す」

青葉は連れていかれた。

15: じゅんけい 2014/03/06(木) 14:27:37.54 ID:/u+MFUFh0
提督「・・・・・・さて、漣。事後報告だ」

漣「・・・はいっ」

提督「・・・・・・どうだった?」

漣「・・・え?」

提督「第一線での戦闘はどうだったんだってことだ」

漣「あ、あの。えと」

提督「お前、怒られるとでも思ったのか?」

漣「は、はい」

16: じゅんけい 2014/03/06(木) 14:30:42.14 ID:/u+MFUFh0
提督「んなわけねぇだろ。むしろ生きて帰って来られたことにホッとしてるよ」

漣「・・・・・・」

提督「で、どうだったよ。最前線は」

漣「・・・私・・・足手纏いでした・・・・・・」

提督「・・・・・・そうか」

漣「本当に怒らないんですね」

提督「当たり前だろ。俺はただここで艦娘に指示をだして座ってるだけだしな」

漣「そ、そんなことっ」

22: じゅんけい 2014/03/06(木) 15:36:22.41 ID:/u+MFUFh0
提督「他にも駆逐艦でお前みたいに、前線で働きたいやつもいる。そういうやつの願いを叶えてやって、今後第一艦隊で働くかどうかを決めてもらう」

提督「・・・俺自身はあまり進めないがな。いくら運が高くても、回避が高い駆逐艦でも、装甲は重巡や戦艦には劣る。一発当たったらほぼ大破だ」

提督「だからと言って一度も経験してみずに、夢を絶っちまうのは誰であろうが嫌だろ?」

提督「やっぱりやりたいやつには、やらせてやりたいんだよ」

23: じゅんけい 2014/03/06(木) 15:37:44.99 ID:/u+MFUFh0
漣「・・・・・・すみませんでした」

漣「・・・私の考えが甘かったです」

提督「・・・そうでもないぞ。漣も実践をこなして行けば、第一艦隊でもやっていけると思っているからな」

漣「でも、私には・・・荷が重いです」

提督「最初はあんなにやる気だったのにな」

漣「・・・皮肉ですか?」

24: じゅんけい 2014/03/06(木) 15:38:23.38 ID:/u+MFUFh0
提督「いや、あれだけの威勢があったんだ。むしろ皮肉なのは運命だ」

提督「そんな状態で帰ってこなかったら、漣はそんな考えを持たなかっただろ?」

漣「・・・・・・」

提督「すこし意地が悪いが最終確認だ。第一艦隊で働くつもりはないか?」

漣「・・・・・・私には、できません」

25: じゅんけい 2014/03/06(木) 15:38:56.13 ID:/u+MFUFh0
提督「・・・わかった。ならもう今日はこれ以上、漣を引き止める理由はない。それに疲れたうえ、入渠しなきゃいかんだろ?」

漣「そう、ですね。入渠してきます。失礼しました」

漣は部屋を出て行った。

提督「・・・はぁ・・・提督ってのは難儀なもんだな・・・・・・」

???????????

26: じゅんけい 2014/03/06(木) 15:40:15.94 ID:/u+MFUFh0
金剛「あ、漣ー! Come over here!」

漣「え?あ、はい」

金剛「んー?なんか元気ないネー。・・・やっぱり怒られタ?」

漣「いえ。怒られることはありませんでした。でも・・・」

金剛「But?」

漣「少し・・・無理を言っていたんだなっ・・・て」

金剛「無理?Why?」

27: じゅんけい 2014/03/06(木) 15:51:28.17 ID:/u+MFUFh0
漣は今朝方から今に至るまで、提督との事のあらましを金剛に話し始めた。

金剛「oh…提督はそこまで考えて、今日漣を出撃させてたんですネ」

漣「漣もそこまで考えていたとは思ってませんでした。」

金剛「あの人は優しいですもんネー。でも少し優しすぎるところが問題ですネ」

漣「自分が辛いなら、私たち駆逐艦を、無理に第一艦隊へ誘わなくてもいいのに・・・」

28: じゅんけい 2014/03/06(木) 15:53:49.00 ID:/u+MFUFh0
金剛「誘わなくても変わらなかったヨ」

漣「え?」

金剛「私たちは・・・りっぱな兵器デース。戦うために造られましタ。だから、漣の潜在的なその気持ちが、表に現れたんじゃないかナ?」

漣「・・・・・・」

金剛「そんなに深く考え込まないほうがいいヨ。今は今。昔は昔だしネ」

29: じゅんけい 2014/03/06(木) 15:55:41.98 ID:/u+MFUFh0
提督「おーい!漣!金剛!お前らいつまで入渠してるんだっ!ドックの妖精やおっちゃんが、お前らの艤装がずっと置きっ放しで邪魔だって言ってるぞ!」

風呂場の外から提督の声が聞こえた。

漣「やばっ!」

金剛「・・・これは怒られちゃうネー」

二人は急いで風呂場からでると、着替えを済まし、出入り口にある暖簾をくぐる。そこには提督が待っていた。

30: じゅんけい 2014/03/06(木) 15:57:21.87 ID:/u+MFUFh0
提督「あまりドックに迷惑かけるなよ?赤城じゃないんだから・・・」

漣・金剛「すみません」

提督「はぁ・・・こっもあんまり怒りたくないんだからな?」

金剛「なら怒らなければいいデース」

私は小さくそうつぶやく。

31: じゅんけい 2014/03/06(木) 15:58:09.37 ID:/u+MFUFh0
提督「おぉ、金剛。よほど怒られたいと見た」

どうやら聞こえていたらしい。

金剛「あー、えー・・・あはは」

提督「まったく。・・・・・・ほら、ドックに行って艤装をとって、部屋に戻れ」

漣・金剛「はい」

提督「金剛。お前は後で俺の部屋にこい」

金剛「oops!」

漣「あはは・・・」

ーーーーーーーーーーー

32: じゅんけい 2014/03/06(木) 15:59:59.78 ID:/u+MFUFh0
金剛「失礼しマス」

私は提督に言われた通り、提督の部屋に来た。

提督「おう、はいれ」

おそらく怒られるのだろうが、その程度ならなんとでもなる。

提督「まぁ、なんだ。呼ばれた意味は理解してると思うが…」

ほら、始まった。怒られる事には慣れてしまったが、無視を決め込むなんて、失礼なことはしない。

提督「それはおいといてだな・・・漣の様子はどうだった?」

金剛「・・・え?」

33: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:03:47.02 ID:/u+MFUFh0
私は唖然とした。私自身漣の話をするため、今夜提督の部屋に向かうつもりでいた所、こんな形で来ることになるとは思いもしなかった。斯く言う提督も、同じ考えで私を呼んだことについて、やっぱりこの人は優し過ぎるヨ、と呆れる反面、内心漣を羨ましく思う。

提督「ほら、他人の目からみてどう映ったか、とか色々」

金剛「・・・少々危なっかしい所はあったケド・・・全体的には悪くないヨ」

34: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:06:10.04 ID:/u+MFUFh0
提督「そうか・・・あいつな・・・自分が今回の任務の足をひっぱってたって言ってたんだ」

金剛「・・・漣にお風呂で聞いたヨ」

提督「あいつ・・・これからもそのことを悔やんだりするかなぁ」

金剛「漣は強い子だから、大丈夫だヨ」

提督「あぁ。でも漣はいつも元気で、わりとうるさいやつなのに、今回はしょんぼりして悩んでやがる」

35: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:06:48.39 ID:/u+MFUFh0
提督「やっぱり俺個人としては心配なんだよな」

金剛「・・・・・・だからと言ってどうするんデスカ?」

提督「だからこそ、今の俺にはしてやれることがないんだ。時が解決してくれれば万々歳だけどな」

金剛「でも提督は、無責任だと思ってる?」

提督「・・・あぁ。・・・手厳しいな金剛は。しかし全くもってその通りだ」

36: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:08:11.23 ID:/u+MFUFh0
金剛「それは………違うと思いマス」

金剛「提督の采配は間違ってないデス。それは漣が望んだものだから」

提督「でも望みを叶えたのは俺個人の思いだけじゃなく、利己的な打算もあったからだ」

金剛「・・・」

提督「俺は漣以外の駆逐艦にも同じことをして、第一艦隊で働ける能力があるか選定したことがある。」

37: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:08:51.14 ID:/u+MFUFh0
提督「そうやってお前たちは、遠征隊や攻略隊に分けられてきた。本人の性質や意志など加味せず、能力だけで判断されて、だ」

金剛「じゃぁ今までの事は、全くの偽善だったっていうんデスカ?そんなに卑しい打算だけじゃないはずデス!」

提督「いいや・・・現に第一艦隊には駆逐艦はいないだろう。このことから見て取れるように、俺の思いや本人の気概なんて希薄なものだ」

金剛「それは提督が漣や他の子たちを思ってのことデス!本当に利己主義な人は、数や物量をいいことに、捨て艦戦法や潜水艦での資材集めを行いマス!わざわざ選抜を行ったりしないヨ!」

提督「・・・」

38: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:09:22.34 ID:/u+MFUFh0
金剛「だからそんなに思い詰めないでくだサイ!漣の願いを聞いてあげたあなたに、非はありません!」

提督「たとえ・・・たとえ願いが聞けて、それが行えたとしても、叶わないなら何の意味がある!こんなことになったのは俺のせいだろう!?」

金剛「あなたの采配で全てが決まっても、それを行うのは艦娘である私たちデス!そもそも後押しをしただけで、できなかったのは漣では!?」

提督「・・・・・・」

39: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:10:03.09 ID:/u+MFUFh0
金剛「・・・なぜ、そんなにも、優しくあろうとするんデスカ?私にはまったくわかりません」

提督「・・・・・・」

金剛「・・・すみません。言い過ぎマシタ」

提督「俺も・・・少し熱くなり過ぎた。すまなかった」

金剛「でも提督、これだけは言わせてくだサイ。その優しさはいつか身を滅ぼしマス」

提督「・・・・・・お前がそこまでいうのなら・・・そうなり過ぎないよう善処しよう」

金剛「では、失礼します」

40: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:10:48.76 ID:/u+MFUFh0
提督「おう・・・あ、いやちょっと待ってくれ」

金剛「はい?」

提督「いや、漣の件は置いといてだな・・・今回はお前を怒るために呼んだんだ。それなのに何もなしで帰ってしまうってのはなぁ」

金剛は露骨に嫌な顔をする。

金剛「漣はお咎めなしなのニー?」

提督「今のあいつに、これ以上負担はかけたくないからな」

41: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:11:35.66 ID:/u+MFUFh0
金剛「私だけなんて酷いヨ!そこは一蓮托生が普通でショ。だから私も怒らないで欲しいヨー」

提督「そうは問屋が卸さない。といっても俺も怒る気はないから、一つ貸しってことにしよう」

金剛「貸し・・・。はぁ、どうやって返そうカナー」

提督「まぁどんな形でもいいさ。さて、時間を取らせてすまない。もう下がっていいぞ」

金剛「はい。では失礼しました」

ーーーーーーーーーーー

42: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:24:54.70 ID:/u+MFUFh0
私は今日、ご主人様に無理を言ってしまったことを謝るため、もう一度提督の部屋に向かった。

部屋の前に着くと、内部での会話がドア越しに聞こえてきた。

「わざわざ選抜を行ったりしないヨ!」

ノックをしようとした手を止める。

すこし強めな、金剛さんの声が中から聞こえてきたからだ。

43: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:25:40.64 ID:/u+MFUFh0
怒られているはずの彼女が、どんな会話をしてるのか少し気になり、聞き耳を立ててみる。

金剛「だからそんなに思い詰めないでくだサイ!漣の願いを聞いてあげたあなたに非はありません!」

私はすこし戸惑った。

なぜ金剛さんが、ご主人様と私についての話をしてるのか分からなかった。

提督「たとえ・・・たとえ願いが聞けて、それが行えたとしても、叶わないなら何の意味がある!こんなことになったのは俺のせいだろう!?」

44: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:27:15.36 ID:/u+MFUFh0
漣「え?・・・」

私はご主人様の珍しい大声に驚き、すこし惚ける。

金剛「あなたの采配で全てが決まっても、それを行うのは艦娘である私たちデス!そもそも後押しをしただけで、できなかったのは漣では!?」

停止していた脳が、ようやくここまでの会話を少し理解してきた。

私は居ても立っても居られなくなり、この場を走り去った。

ーーーーーーーーーーー

45: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:28:00.08 ID:/u+MFUFh0
翌日。

金剛「提督ゥ!漣がいません!」

提督「は?」

金剛「朝から誰も見かけてないんデス!部屋ももぬけの殻!消えちゃったんだヨッ!」

俺はそこまで聞くと、咄嗟に部屋を出た。

その時、金剛に後ろから手を掴まれる。

46: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:29:14.20 ID:/u+MFUFh0
金剛「どこにいくんデスカ!」

提督「漣を探しに行くんだ!」

掴まれた手を無理やり解き、俺は走り出した。

金剛「あっ、ちょっと提督ゥ!」

青葉「えぇ~と・・・なにやら切迫してましたが、事件ですか?」

金剛「漣がいないんデス!」

青葉「いない?」

ーーーーーーーーーーー

47: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:31:13.41 ID:/u+MFUFh0
俺はまず適当な小型船で、海にでる準備をした。

艦娘が逃げるなら、陸路より海路のほうが圧倒的に早く、遠くへ行けると当たりをつけたからだ。

そのとき放送が聞こえた。

青葉「あー、あー、マイクテス、マイクテス、おはようございます。皆さんにごきょ」

金剛「漣が今日の朝からどこにもいないの!だからみんな、探すの手伝っテーーッ!」

青葉「うわわわ!そんなに大声出したらうるさ」

ここで放送が切れた。

48: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:32:01.06 ID:/u+MFUFh0
提督「ははは・・・あいつら」

金剛も漣を探してくれるだろうと思ったが、こんな大々的にやってくれるとは、思わず嬉しさから笑みがこぼれた。

そして準備が整い次第、俺は海に出た。

ーーーーーーーーーーー

49: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:33:48.71 ID:/u+MFUFh0
曙「漣ー!いたら返事しなさい!」

朧「漣ー!どこにいるのー!」

朧・曙「あっ」

朧「曙も探してたんだ」

曙「当たり前じゃない。全く迷惑かけてくれるわね」

朧「ははは、だね」

潮「み、みんなぁ~!」

曙「ん?」

朧「お?」

50: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:34:49.50 ID:/u+MFUFh0
潮「ハァ・・・ハァ・・・て、提督が」

朧「ほらほら、落ち着いて」

曙「なれてないのに、大声なんてだすからよ」

潮「はぁ、えぇっと、提督が海に行っちゃって、多分漣お姉ちゃんの事だと思ったから、だから」

朧「提督は、海に行ったとおもったのね・・・なら」

曙「ったく、しょうがないわね」

潮「え?え?」

51: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:35:55.63 ID:/u+MFUFh0
曙「なにぼさっとしてんの?あんたも行くんでしょ。漣を迎えに」

朧「早くこないと私一人で行っちゃうよ」

潮「え、えっと・・・そっちは・・・・・・陸です・・・・・・海は・・・ないです」

朧と曙は一瞬停止してUターンし、何事もなかったかのように海に向かい始めた。

ーーーーーーーーーーー

52: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:37:23.63 ID:/u+MFUFh0
曙「なにぼさっとしてんの?あんたも行くんでしょ。漣を迎えに」

朧「早くこないと私一人で行っちゃうよ」

潮「え、えっと・・・そっちは・・・・・・陸です・・・・・・海は・・・ないです」

朧と曙は一瞬停止してUターンし、何事もなかったかのように海に向かい始めた。

ーーーーーーーーーーー

53: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:38:42.58 ID:/u+MFUFh0
海は広い。

この中から人間を一人探し出すのは、とても困難だ。

だが普通の人間のように、水に沈み、海上に頭一つ浮かんでいる人を探すよりかは、幾分も気が楽だ。

されど海上、幾ら水面上に立てる艦娘であっても、人の形をしている。離れていてはただ点のようにしか見えない。

それゆえに俺は目を凝らし、漣を探す。

そうこうして海を走ること数十分。

54: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:39:38.93 ID:/u+MFUFh0
前方の海面下に、黒い影が複数現れた。

駆逐イ級の三隻である。

提督「クッソ!」

急いで航路を変える。

舵を切るのが遅れていたら、今頃正面衝突により、この小型船は大破していたことだろう。

しかし深海棲艦もこちらに気づいていたようで、後ろから追ってくる。

提督「攻撃なんか受けたら、一瞬でおじゃんだ!」

55: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:40:42.98 ID:/u+MFUFh0
駆逐イ級は口の内部から攻撃を繰りだし、その砲弾が船を横切って海面に落ちた。波の余波により船体が大きく揺れる。

提督「うおっ!ここにきて運がついてねぇな」

しかし攻撃はそれだけに留まらない。

提督「しつこいなっ!」

俺はこの状況を何とかできないか、考えてみることにした。

ーーーーーーーーーーー

56: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:41:48.92 ID:/u+MFUFh0
金剛「提督が海に出たッテーー!?」

隼鷹「あ、いや、おちつけって。まだそうと決まったわけじゃないからさ」

金剛「でも鎮守府にあった小型船がないなら、提督しかいないヨ!」

隼鷹「だとしても、あてもなくうちらが、海にでてどうすんだい?」

榛名「そうですよ。お姉様はすこし落ち着いてください。榛名が行ってきます」

隼鷹「お前もおちつけって!」

57: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:43:08.95 ID:/u+MFUFh0
最上「ちょっとみんな。ここは素直に待ってみたらどう?」

金剛「Why!?」

最上「あれ見てよ」

窓の外を指差す。

そこに映るのは真っ青な大海原と。

金剛「あれって・・・」

最上「ね?僕達が行くより、姉妹のほうがいいと思うんだ。それに、ここには何人か残ってなくちゃだしね」

ーーーーーーーーーーー

58: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:43:59.62 ID:/u+MFUFh0
朧・曙・潮の三人は、風を切りながら海を進む。

潮「あのー・・・どこに向かってるんですか?」

朧「とにかく何処か」

曙「は!?朧姉ぇ、当てはないの!?」

朧「い、いや。だって海なんて、隠れるところないし」

潮「でも方角もわからないんじゃぁ、探しようがないですよ」

曙「ここまできたってのに、踏んだり蹴ったりじゃない」

59: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:44:40.95 ID:/u+MFUFh0
朧「だとしても探さなきゃ!」

曙「それは・・・わかってるわよ」

潮「・・・はい」

曙「朧姉ぇ?深海棲艦は近海にもいるから危険性が高いわよ」

朧「うっ」

曙「また一人で行動しようと思ってたでしょ?」

朧「いやー、あはは」

潮「あ、曙お姉ちゃんも、あまり離れて行動したら・・・その」

曙「・・・わかってるわよ。潮の運にあやからせてもらうわ」

朧「まぁとにかく、もうこうなったらホントに運かな」

潮「そう・・・ですよね」

ーーーーーーーーーーー

60: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:45:22.41 ID:/u+MFUFh0
真夜中の海はとても怖い。

ただっぴろい空間。頭上には月と星々。黒い水面は、月の光を浴びてただ揺蕩う。

ここに生は感じられず、ただあるとすれば私一人。

海を覗いてみれば、生き物なんて数えられないほどいるはずなのに、この闇と静けさがそうは感じさせない。

このまま夜闇に溶けてしまえば、もう見つかることはない。

一瞬そう思った自分が一番怖い。

61: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:46:08.13 ID:/u+MFUFh0
恐怖を感じるということは、やっぱりまだ、後悔している自分がいるからだろう。

漣「みんなに謝ろうって、思ってたのになぁ・・・」

一時の感情に身を任せた、自分が悪い。

そんなことは分かっている。

分かっていたはずなのに・・・。

漣「あれ?・・・なんで泣いてんだろ、私・・・あれ?」

私は訳もわからず泣いた。

ーーーーーーーーーーー

62: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:46:44.97 ID:/u+MFUFh0
提督「いくら小型船で、小回りがきくからって・・・いけるもんかね?」

自分に自問する。

幸いにも、他の敵艦には見つかっていない。なので今のうちに、こいつらをどうにかしなければいけない。

考えている間にも攻撃はたえず、俺の向かわされている先は南西諸島沖方面。

俺は一層焦り始める。

このまま進んで行ったら、こいつらよりも厄介なやつに出会ってしまう。

63: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:47:18.36 ID:/u+MFUFh0
そこで俺は有る考えを持って、鎮守府近海付近に帰るため、大きく旋回する。

そこに駆逐イ級の一隻が、先へ回り込んで来た。

後ろには残りの敵駆逐艦が、縦に並んでいる。

挟撃の隊形だ。

提督「やはりな」

俺は後ろの駆逐艦と、一列になるように船を動かす。

そしてスピードをあげた。

後ろの二隻もそれにつられて追いかけてくる。

64: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:47:50.22 ID:/u+MFUFh0
その時、前方に構えた駆逐イ級の、かすかな動きが見てとれた。

提督「今だ!」

俺は直角に曲がるよう舵をきった。

その後、駆逐イ級の口から魚雷が放たれる。

船はすぐには曲がらなかったが、船体は大きくずれた。

その真横を、駆逐イ級の放った魚雷が通り過ぎる。

後方の敵艦は、俺の急な動きを予想していなかったのか、勢いを殺しきれずに前に進む。

曲がろうともしていたが、あいにくもう遅い。

65: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:48:27.88 ID:/u+MFUFh0
敵の放った魚雷は、後方にいた駆逐艦二隻に激突し、みるも無残に沈んで行った。

俺はある程度進んだ後船を止め、残った一隻を遠くから見る。

提督「あとはあいつだけか・・・」

一息つく暇もなく、敵の駆逐イ級に変化が現れる。

全身が赤いオーラに包まれ、目が赤く光だした。

そして咆哮をあげ、こちらに向き直り、直進してくる。

提督「っ!?鬼ごっこはまだ終わってないってか!!」

急いで船をだし、また逃げる。

提督「一対一じゃ分が悪いっての!」

俺は最後の賭けにでる。

ーーーーーーーーーーー

66: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:49:45.09 ID:/u+MFUFh0
朝になり数時間たった頃。

漣「やっぱり・・・帰ろう」

半日頭を冷やして、自分がどれほど馬鹿だったかを思い知った。

この考えに至るまでに、これほどの時間がかかった自分へ、憤りを感じる。

漣「そしてみんなに・・・ちゃんと謝ろう。許してくれないかもだけど」

私は鎮守府を目指し進み始めた。

ーーーーーーーーーーー

67: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:51:07.14 ID:/u+MFUFh0
提督「さっきのやつよりスピードや攻撃の正確さが違う!エリート艦ってのは伊達じゃないなっ!」

ふと船のメーターに目を落とす。

提督「まじか・・・」

ガソリンがそろそろなくなりそうなのである。

俺は焦燥感に駆られ始めた。

提督「もうやるしかねぇな・・・」

勢いよく旋回して、駆逐イ級に向き直る。

68: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:51:46.14 ID:/u+MFUFh0
提督「これが人生最後の大博打・・・」

駆逐イ級に向かい、スピードをあげる。

正面衝突だ。

これは向かっている途中に、攻撃されたら完全に失敗だ。

だがもう背に腹は変えられない。

提督「人間様をなめるなよ!」

駆逐イ級は魚雷を発射した。

それが船体に突き刺さる。

提督「くっ!」

69: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:52:30.04 ID:/u+MFUFh0
しかし何も起こらない。

船も前にちゃんと進んでいる。

提督「不発弾・・・運は俺に味方したみたいだなっ!」

そのまま船は、駆逐イ級に突っ込んだ。

なぜか漣の声が聞こえた気がした。

ーーーーーーーーーーー

70: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:53:25.90 ID:/u+MFUFh0
そろそろ鎮守府近海だ。

なんだかそわそわしてきたので、少し止まってみた。

するとなにか音が聞こえてくる。

漣「敵っ!?」

あたりを見回す。

音の聞こえた方向には、深海棲艦に追われるモーターボートが見える。

漣「助けなきゃ!」

漣は急いで敵艦の方へと向かう。

71: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:54:26.07 ID:/u+MFUFh0
追いかけられている船は、急に旋回し、敵艦に勢いをあげて向かい始めた。

漣「何を考えてるの!?あれじゃぶつかっちゃう!」

船に乗っている人物の行動が気になり、よく見てみると、漣にとっては見慣れた人物だった。

漣「ご、ご主人様!?なんで!」

そして敵艦の魚雷が船へささる。

漣「え?・・・」

だが、不発したようで事なきを得た。

それにもかかわらず、船は敵艦へと進む。

漣「う、嘘!なんで逃げないの!!間に合って!」

しかしご主人様を乗せた船は、そのまま敵艦に衝突してしまう。

漣「嫌っ!・・・嫌ぁぁーーーー!」

ーーーーーーーーーーー

72: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:54:57.53 ID:/u+MFUFh0
朧「ん?何か声が聞こえなかった?」

曙「漣・・・かもしれないわね」

潮「行ってみますか?下手に動くよりかはいいと思うので」

朧「そうだね。たぶんこっちの方から聞こえてきたはず」

ーーーーーーーーーーー

73: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:56:17.52 ID:/u+MFUFh0
派手に駆逐イ級とぶつかった俺は、海に放り投げだされ沈んでいく。

提督「(我ながら、思い切ったなぁ)」

ある程度沈むと浮かんで行き、水面に顔がでた。

だが体はそこら中が痛く、どうも動けそうにない。

漣「ご主人様!ご主人様!どこですかっ!・・・ご主人様ぁっ!」

船の瓦礫をかき分け、俺を呼ぶ漣の声が聞こえる。

漣「もしかして、海に・・・!」

気付いて欲しいが、ここはあえて黙っておこうと思った。

74: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:57:08.27 ID:/u+MFUFh0
一応生きてるし、漣も近くにいるから、最悪助かるだろうと思った反面、今まで迷惑をかけたことへの仕返しだ。

でも流石に見つけてもらえなかったら困るので、何とか体を動かして漣にサインを送る。

だが体も思うように動かない。

漣「ご主人様!?ご主人様!!」

どうやら漣に発見してもらえたらしい。

とりあえずこれで助かった。

75: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:57:48.11 ID:/u+MFUFh0
漣はそこらへんで拾った船の大きな破片に、俺を乗せてくれた。

これで楽に息ができる。

さて、ここから俺は死んだふりをする。

漣の反応を伺うためだ。

漣「起きてっ!起きてください!ご主人様!死んじゃ嫌です!」

お?来たな。

すこし悪い気もするが、今までの報復だ。

しかし揺さぶられると体が痛い。

おそらく、何処かの骨が折れているようなきがする。

76: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:58:25.62 ID:/u+MFUFh0
漣「死んじゃぁ・・・いやぁ・・・ひぅっ、うっ・・・やだぁ・・・まだっ・・・まだ謝ってないのに・・・やあぁぁ・・・起きて!起きてよぉっ!」

ふふふふふ。

楽しくなってきたぞ。

だがそろそろ止めてやらないと、流石にかわいそうだ。

提督「漣・・・」

漣「え!?・・・ご主人様?ご主人様ぁ!」

漣が抱きついてきた。

その勢いで俺と漣は海に沈む。

77: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:58:55.35 ID:/u+MFUFh0
提督「ごぁ!」

抱きつかれた衝撃が体に響く。

水を少し飲み込んでしまった。

そして再び浮かび上がる。

漣「ご主人様・・・ご主人様・・・よかったぁ・・・ホントに・・・うっ・・・えぐっ・・・よがっだぁ」

漣はまた泣き出してしまった。

提督「はは・・・漣も無事でよかったよ」

漣「どーして・・・こんなところに」

提督「漣を探しに来たからに決まってるだろ」

漣「でも、だって」

78: じゅんけい 2014/03/06(木) 16:59:36.50 ID:/u+MFUFh0
提督「お前はうちの鎮守府の艦娘だ。だからかってに何処かにいかれたら困る。それに・・・」

漣「・・・」

提督「お前は俺の大切なパートナーだ。どこへ行ったって探しに行ってやる」

漣「・・・・・・ふぇっ・・・ひぅっ・・・うわぁぁぁぁん!」

提督「え!おい、何で泣く!?」

朧「いたっ!漣!と、提督も!」

曙「まったく、なに泣かせてんのよ!!」

潮「一応、一件落着・・・かな」

79: じゅんけい 2014/03/06(木) 17:00:19.64 ID:/u+MFUFh0
提督「いや違うっ!俺じゃない!断じて俺じゃないぞ!」

曙「こう言ってるけど。本当なの漣?」

漣は泣きながら首を縦に振る。

提督「ほ、ほら」

曙「・・・ならいいわ。というかこの破片はなんなのよ」

朧「それ、私も気になってた」

提督「話すと長くなるんだが・・・」

潮「か、帰りながらでいいじゃないですか」

80: じゅんけい 2014/03/06(木) 17:00:49.21 ID:/u+MFUFh0
朧「それもそうね」

曙「問題はどうやってこいつを連れて帰るかね」

そういって俺を見る三人。

提督「欲を言えば、優しく・・・・・・かな?」

曙「引きずって帰りましょ」

提督「もう少しいたわって!!」

ーーーーーーーーーーー

81: じゅんけい 2014/03/06(木) 17:02:21.91 ID:/u+MFUFh0
その後私は、ご主人様を連れて帰投し、金剛さん達やお姉様と潮にこってり怒られました。

でもみんな私を心配してくれていて、また泣き出してしまいました。

そのあと金剛さんに、ご主人様が私の事について苦悩していた様子を聞きました。

それを聞いて、私はこの鎮守府に来てよかったと思いました。

それと同時になぜか・・・ご主人様の事が気になって仕方なくなりました。

そんなご主人様はというと・・・。

82: じゅんけい 2014/03/06(木) 17:04:25.96 ID:/u+MFUFh0
漣「失礼します」

提督「おう、おはよう」

足や腕の骨が折れていて、ただいま入院中です。

漣「今日は何をしますか?」

提督「そうだなー。遠征をある程度しておいてくれ。あと攻略隊は今日はお休みで、演習でもさせておいてくれ」

漣「はい」

83: じゅんけい 2014/03/06(木) 17:05:07.90 ID:/u+MFUFh0
私はご主人様が提督をできない間だけ、提督として活動させてもらえることになりました。

元々秘書艦だったので、仕事については近くで見たり、書類整理やお仕事を一緒にしたことがあるので、ご主人様自身が、私に提督としての仕事を命じてくれました。

そして私はあの時から少し気になる事があります。

漣「あ・・・あの、ご主人様?」

提督「ん?」

漣「前・・・漣はご主人様のパートナーだって・・・その・・・・・・あれはどういう意味ですか?」///

提督「あぁ、あれ」

漣「はい」///

84: じゅんけい 2014/03/06(木) 17:05:54.83 ID:/u+MFUFh0
提督「あれは秘書艦だって事だけど・・・え、そもそも意味って?パートナーの意味?」

漣「・・・・・・」

私は呆れました。

抱きかけていた恋心も消え去るような、この言葉に。

漣「この天然ジゴロ!ご主人様のバカァ!」///

提督「は?え?」

85: じゅんけい 2014/03/06(木) 17:06:43.94 ID:/u+MFUFh0
私は勢いよく部屋を出て行きました。

あの時のトキメキを返して欲しいくらいです。

でもこれで確信しました。

この感情は、好きって意味なんだって。

漣「いつか・・・いつか絶対。漣の魅力に気付かせてあげますからね!ご主人様!」

この思いはまだまだ秘密です。

86: じゅんけい 2014/03/06(木) 17:11:22.76 ID:/u+MFUFh0
誤字脱字など、至らない点が多々あるとは思うのですが、以上をもって話は終了とさせていただきます
87: じゅんけい 2014/03/06(木) 17:12:24.21 ID:/u+MFUFh0
これは
どのタイミングでHTML以来を出せばいいんでしょうか?
89: じゅんけい 2014/03/06(木) 17:44:04.95 ID:/u+MFUFh0
では、ちょっとだけ蛇足を

病室にて。

夕張「失礼します。提督、おはようございます!」

提督「ん?、あぁ夕張か。おはよう」

夕張「その様子だと、まだ退院は遠そうですね・・・」

提督「たしかに・・・。あいつにも迷惑ばかりかけてられないんだが、なんにせよこれじゃぁな」

夕張「あはは・・・。あ、そういえば、私の部屋のブルーレイレコーダーが壊れてしまって・・・・・・提督の部屋のやつ、使ってもいいですか?」

提督「あぁ、自由に使ってくれいいぞ」

90: じゅんけい 2014/03/06(木) 17:52:14.27 ID:/u+MFUFh0
夕張「本当ですか!?ありがとうございます!提督大好きっ!」

提督「まったく・・・安いやつだな」

夕張「む・・・提督以外の人にこんなこと言いませんからね?」

提督「ホントかねぇ・・・」

夕張「ホントですよっ!」

提督「おうおう、なら時間と場所わきまえろよ?」

夕張「え?」

あたりを見回す。

老婆「若いってのは、いいねぇ」

老婆2「本当にね。私もあの頃はねーーー」

提督「ここ、病室だぞ」

91: じゅんけい 2014/03/06(木) 18:00:18.28 ID:/u+MFUFh0
青葉「青葉、見ちゃいました。夕張さんが病室で、提督に告白しているところを!」

青葉「これは、スクープです!【夕張 男の弱みにつけこんで】 明日の一面はこれで決まりです!」

隼鷹「おいおい、ほどほどにしておかないと、提督に怒られるぞー?」

漣「誰が、どこで、誰に、告白ですって?」#

青葉「あ、え?なんでそんなに怒ってるんですか!?ちょ、コワイ。怖いですっ、漣さん!!」

隼鷹「・・・ほら、言わんこっちゃない」

92: じゅんけい 2014/03/06(木) 18:05:23.40 ID:/u+MFUFh0
以上で本当に終わりです

読んでくださっていたみなさん
(いるかどうかは不明ですが)
ありがとうございました

ここは100近くなるか、明日になるかのどちらかで、html依頼を出します

元スレ
タイトル:漣「おいゴラァ!」 提督「え、なに?」
URL:http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1394/13940/1394079993.html
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP