凛「私たち、もう限界なんだ」モバP「…………え?」

THE IDOLM@STER



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:28:46.99 ID:OC+YoBSDO
凛「……遅いな。二人とも」

凛(加蓮も奈緒も、集合に遅れるなんて珍しい)

凛(でもまぁ、仕方ないかな。二人は最初から乗り気じゃなかったし、それに……)

凛(私のせいでもあるか……)

凛「…………はぁ」

凛(憂鬱だ)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1367216926


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:29:40.43 ID:OC+YoBSDO
~一週間前

凛「ちひろさん、今なんて?」

ちひろ「だからプロデューサーさんにイタズラをしましょうと」

奈緒「それはどうしてさ?」

ちひろ「面白そうじゃないですか」

加蓮「いやいや、あり得ないでしょ。ただでさえPさんにはお世話になってるのに」

ちひろ「ほら、息抜きの延長線上と考えれば……」

奈緒「ないわぁ……」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:30:30.93 ID:OC+YoBSDO
ちひろ「だってプロデューサーさんは生粋のマゾですから、苛められれば苛められるほど嬉しいんですよ」

加蓮「根も葉もない噂たてるのはどうかと思う」

ちひろ「これが本当なんですよ。本人が不意に口に出してましたから」

奈緒「だからってよ……」

凛「確かに……」

奈緒「はぁ!?何言ってんだ?凛」

凛「……この前きらりに抱き締められてたプロデューサー、誰が見ても痛いはずなのになんか気持ち良さそうな顔してた」

ちひろ「でしょう?」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:31:16.30 ID:OC+YoBSDO
加蓮「落ち着きなよ、凛。だからって私たちがPさんにイタズラする理由にはならないじゃん」

凛「あのとき思った。私もいつかプロデューサーを気持ちよくしたいって」

奈緒「ダメだこいつ、早くなんとかしないと……」

ちひろ「ならちょうどいいじゃないですか。今回のイタズラでプロデューサーさんはきっと気持ちよくなってくれますから」

加蓮「ちひろさん、ちょっと黙って。凛、考え直してよ」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:32:08.27 ID:OC+YoBSDO
凛「お願い、二人とも。今回の話受けよう」

加蓮「凛!」

凛「…………」

加蓮「…………」

奈緒「……こうなった凛は何言っても無駄だな。加蓮、仕方ないから今回だけはやってやろう」

加蓮「奈緒……。はぁ……しょうがないか」

凛「ありがとう。奈緒、加蓮」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:33:09.09 ID:OC+YoBSDO
~現在

凛(あのとき私どうかしてた……)

凛「…………はぁ」

奈緒「なにため息なんかついてんだよ」

凛「あ、奈緒。来てたんだ」

奈緒「確か今日だったよな、Pさんにイタズラするっての」

凛「あ、うん……」

奈緒「ま、やるって決まったんだ。思いっきりやろう、な?」

凛(奈緒、なんか楽しそう……)

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:33:57.76 ID:OC+YoBSDO
ガチャ

加蓮「おはよう。二人とも」

凛「加蓮……おはよう」

奈緒「おはよう、加蓮。遅かったな」

加蓮「ちょっとね」

凛「あの……二人とも」

奈緒「ん?」

加蓮「どうしたの?凛」

凛「何て言うか……その……巻き込んでごめんなさい」

加蓮「Pさんへのイタズラのこと?」

凛「……うん」

加蓮「気にしないで。もう決まったことだし、こうなったらPさんを泣かす勢いでやろう」

奈緒「そこまでかよ」

凛(……でもそっか。やるなら全力で、それがアイドル……)

凛「うん。そうだね。やるなら全力でやろう」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:35:01.81 ID:OC+YoBSDO
奈緒「じゃああたしらは先に応接室にいるからPさんが来たら連れてきてくれよ」

凛「うん。わかった」

バタン

凛(よし!それじゃあ張り切っていこう)

ガチャ

P「お疲れさまです。って凛だけか?」

凛「…………」

P「凛?」

凛(…………よし)

凛「ねぇ、プロデューサー。ちょっと話があるんだけどいい?」

P「ん?いいぞ。なんでも言ってみろ~」

凛「じゃあちょっと応接室に来てくれる?」

P「あ……ああ」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:36:24.79 ID:OC+YoBSDO
~応接室

凛「こっち」

P「なんだよ、そんな仰々しい態度で……」

奈緒「…………」

加蓮「…………」

P「奈緒と加蓮もいたのか」

凛「座って」

P「ああ。で、話ってなんだ?」

凛「プロデューサーに言いたいことがあるんだ」

P「どうした?勉強か?仕事か?あ、まさか恋愛だな。俺に聞いても無駄だぞ。大した経験ないからな」

凛「言いたいことはね……」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:38:05.19 ID:OC+YoBSDO
~一週間前

凛「それでプロデューサーをどうするの?」

ちひろ「簡単です。思いきり罵倒してくれればいいんです」

奈緒「なんだよ、それ」

ちひろ「いや、自分の担当アイドル。それも入社当初から苦楽を共にしたあなたたちから罵倒された時……」

ちひろ「あのプロデューサーさんはどんな顔をするのかなと」

加蓮「……ホント、いい趣味してますね」

ちひろ「えぇ、自慢の趣味です」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:38:51.37 ID:OC+YoBSDO
~現在

凛(ここは心を鬼にして……)

凛「プロデューサー……」

P「ん?」

凛「私たち、もう限界なんだ」

P「…………え?」

凛「…………」

P「限界って、仕事がか?確かに最近忙しかっ……」

凛「プロデューサーと……関わるのが」

P「…………え?」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:40:47.65 ID:OC+YoBSDO
凛「…………」

P「お、おい……。いきなりどうした?凛」

凛「…………」

P「な、奈緒……?」

奈緒「…………」

P「加蓮……?」

加蓮「…………」

P「ど、どうして……」

奈緒「どうしてって。Pさんさ、あたしたちに対してボディータッチが多すぎだよ」

P「あれはコミュニケーション……」

奈緒「度が過ぎるんだ。毎回毎回ベタベタと……気持ち悪い」

P「…………っ」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:42:15.62 ID:OC+YoBSDO
加蓮「それに昨日も……けほっ」

P「加蓮、どうした?もしかして具合が……」スッ

加蓮「……触んないで」

P「加蓮……」

加蓮「前に言ったよね。今はもう大丈夫ってさ」

P「あ……あぁ」

加蓮「咳する度にいちいち構われるのすごい迷惑なんだ。ていうかウザいの」

P「お、俺は……そんなつもりじゃ……」

凛(二人とも本気で嫌ってるわけでもないのにすごい迫力……)

凛(私も……やらなきゃ)

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:43:18.26 ID:OC+YoBSDO
凛「プロデューサー……」

P「凛も……なにかあるのか……?」

凛「これ。覚えてる?」チャラ

P「あ、ああ。覚えてるよ。一番最初の仕事の後に買ったネックレス……」

凛「これ、もういらないや」

P「…………」

凛「あのときは喜んでみたけど、正直趣味じゃないから」

P「本気……なのか?」

凛「うん、本気だよ」

P「…………そっか」

奈緒「ま、そういうことだからさ」

加蓮「私たちのプロデュースを辞めるか、続けるにしても過度な干渉をしないか」

加蓮「どっちかで考えておいてね」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:44:16.38 ID:OC+YoBSDO
P「…………」

凛「なにか言うことある?」

P「いつか……いつかこんな日が来るかもとは思ってたけど」

P「まさか……こんなに早く来るなんてな……」

スッ

凛「なにそれ?」

P「…………今、ちひろさんはいないみたいだからさ。ちひろさんが来たら渡しておいてくれ」

P「悪かった。今まで嫌な思いをさせていたみたいだな」

凛「…………」

凛(なんか可哀想……)

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:45:16.16 ID:OC+YoBSDO
P「だけど俺はいつまでも応援してるからな……それじゃ」

凛「プロ……」

加蓮「言いたいことが終わったんならさっさと出ていけば?」

凛(加蓮……!?)

P「ああ、そうするよ。……じゃあな、俺の……元アイドルたち」

ガチャ

凛「…………」

奈緒「…………」

加蓮「…………」

奈緒「行ったかな?」

加蓮「そうだね。あとはちひろさんがネタばらしをしておしまいのはず」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:46:32.72 ID:OC+YoBSDO
凛「ねぇ、加蓮」

加蓮「なに?」

凛「最後のあれさ。流石に言い過ぎなんじゃないの?」

加蓮「何言ってんの。やるからには全力でやるんでしょ?あれくらい言わないとさ」

凛「でも……」

奈緒「まぁまぁ。ただのイタズラなんだから。ところでPさんが置いてったこの封筒はなんなんだ?」

加蓮「私も気になった。開けてみようか」

凛「でもちひろさんに渡してって言ってなかった?」

奈緒「大丈夫大丈夫。ちゃんと戻しておけば。じゃ、開けるぞ」

スゥ

『辞表』

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:47:38.00 ID:OC+YoBSDO
奈緒「…………え?」

加蓮「これって……」

凛「…………っ!」

凛「……プロデューサー!?」ダッ

奈緒「落ち着け!凛!」ガシッ

凛「離して!プロデューサーを追わないと!」

奈緒「たぶん今ちひろさんがネタばらししてるから大丈夫だ!」

凛「でも……!」

加蓮「ねぇ……奈緒」

奈緒「なんだよ……!加蓮も止めるの手伝ってくれよ!」

加蓮「流石に遅くない?」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:48:31.84 ID:OC+YoBSDO
奈緒「え?」

加蓮「Pさんが出ていってすぐにばらすんだよね?それにしては……」

奈緒「それは……」

凛「っ!!」バッ

奈緒「おい!凛!」

ガチャ

凛「プロデューサー!!」

………………

凛「いない……」

奈緒「なんでだよ……」

加蓮「………うそ」

「どうしたの?あなたたち」

凛「っ!?」バッ

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:51:39.75 ID:OC+YoBSDO
志乃「あらあら。なんて顔してるのかしらね」

奈緒「あ、あの……志乃さん。Pさん見ませんでしたか?」

志乃「彼?彼ならさっき出ていったみたいだけど……」

加蓮「出ていったって……」

志乃「彼、とってもひどい顔してたわよ?」

凛「プロデューサー……!」ダッ

奈緒「凛!」

加蓮「ありがとうございます!志乃さん!」

ガチャ

志乃「うふふ、青春かしら」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:52:32.44 ID:OC+YoBSDO
凛(プロデューサー!プロデューサー!プロデューサー!)

タッタッタッタ

奈緒「おい!凛!あんまり走るな!危ない!」

凛(プロデューサー!)

凛『これ、もういらないや』

凛(違うよ。いらなくなんてない……)

タッタッタッタ

凛『あのときは喜んでみたけど、正直趣味じゃないから』

凛(嬉しかった……私に似合うのを買ってくれて)

タッタッタッタ

凛(趣味じゃないなんて思ってない!)

タッタッタッタ

凛『うん、本気だよ』

凛(嘘!本気なんかじゃないから!)

タッタッタッタ

凛「プロデューサー!!」

………………

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:53:26.64 ID:OC+YoBSDO
凛「プロ……デューサー……」

<ナァ、アレシブヤリンジャネ?

テレビデミルノトオナジダ>

<テカナンデナイテンノ

凛「……プロデューサー」

奈緒「はぁ……はぁ……凛……」

凛「奈緒……なお……プロデューサーが……プロデューサー……が……」

奈緒「中に入ろう。とりあえずちひろさんに話を聞かないと」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:54:14.10 ID:OC+YoBSDO
ガチャ

加蓮「……おかえり」

凛「…………」

奈緒「どうだった?」

加蓮「駄目……電話にも出ない」

奈緒「くそっ!どうなってんだよ!」

加蓮「ちひろさんに聞いてみよう」

奈緒「ああ。たしか第二応接室で経過を見てるって言ってたな」

凛「…………」

奈緒「凛……大丈夫だからな」

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:55:07.04 ID:OC+YoBSDO
~第二応接室

ガチャ

奈緒「ちひろさん!一体どう言うことだよ!」

「ん?」

加蓮「え……?」

奈緒「な、なんで……」

凛「…………」

「どうしたお前ら。特に渋谷は死にそうな顔してんじゃねぇか」

奈緒「なんで……拓海さんが……」

拓海「ん?いやぁ、ちょっと時間があったからな。ここで休んでたんだよ」

加蓮「あ、あの……ちひろさんは……」

拓海「ちひろさん?なんか買い出しがあるとかで出てったけど。どうした?用事でもあったのか?」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:56:39.37 ID:OC+YoBSDO
奈緒「こ、この部屋って今……拓海さんだけですか?」

拓海「見りゃわかるだろ?まぁ、なんだ。話ならあたしが聞いてやっから話してみろよ。煎餅食うか?」

加蓮「ここは従っておこう。ちひろさんが来るまでの間でも」

奈緒「け、けどよ……」

加蓮「それに凛も休ませないと」

凛「プロ……デューサー……」

奈緒「……そうだな」

拓海「どうした?早く来いって」

拓海「で、なにがあった」

奈緒「い、いや……なにも……」

拓海「おいおい。この状況でなにもないわけねぇだろ。言ってみ」

奈緒「でも……」

加蓮「奈緒、しょうがないよ。正直に言おう」

奈緒「加蓮……」

凛「………………」

凛(プロデューサー……)

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:57:43.20 ID:OC+YoBSDO
拓海「……で、あいつがいなくなっちまった……つーわけか」

加蓮「はい」

拓海「いいね、いいね。面白いことしたじゃねぇか。今度あたしもやってみるかな」

奈緒「ちょっ……拓海さん」

拓海「うそうそ。冗談だよ。ところでよ、ひとつ聞きたいんだけどさ」

拓海「渋谷。テメェはなんでこんなことやろうと思ったんだ?」

凛「…………」

拓海「…………おい」

凛「…………」

拓海「聞いてんのかよ!」グッ

奈緒「た、拓海さん!待ってくれ!凛は今とても話せるような状態じゃ……」

拓海「うるせぇ!神谷!あたしは今渋谷と話してんだ!」

奈緒「っ……」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:58:36.07 ID:OC+YoBSDO
拓海「なぁ。どうしてこんなことしようと思ったんだ?」

凛「…………」

拓海「お前さ。あたしがどういう経緯で今ここにいるか知ってっか?」

凛「…………」

拓海「……神谷」

奈緒「は、はい!」

拓海「お前は知ってるか?あたしがなんでここにいるか」

奈緒「そ、それは……Pさんがスカウトしたから……」

拓海「そうだよ。けどよ、レディース……族ってのはよ。途中で抜けるにゃ落とし前ってのが必要なんだ」

奈緒「落とし前……?」

拓海「族のやつからボコボコに殴られんだよ。中途半端を嫌う連中だからな」

加蓮「それで拓海さんも落とし前つけたんですか?」

拓海「つけようとはした。だけどあいつがな……」

P『これからアイドルになる君をそんな目には逢わせられない』

P『その落とし前は俺がつけるよ』

拓海「とか格好つけたこと言いやがってよ」

拓海「全員からボコられてたよ」

奈緒「…………」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 15:59:30.21 ID:OC+YoBSDO
拓海「元々スカウトに来たときにも総長に直談判して蹴られたりもしてた」

拓海「でもあいつは毎日毎日来やがってよ」

拓海「そんであたしは思ったわけよ。こいつになら付いていけるって」

加蓮「…………」

拓海「んで、それがだ……」グッ

凛「くっ……」

拓海「テメェらの遊び心でよ……」

拓海「あいつがいなくなったらどうすんだよ!」ググッ

凛「くるし……」

奈緒「止めてくれ!拓海さん!」

拓海「黙ってろ!神谷!」

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:00:02.49 ID:OC+YoBSDO
加蓮「拓海さん、流石にやり過ぎです」

拓海「あん?なんだ北条」

加蓮「やり過ぎです。凛が苦しそうじゃないですか」

奈緒「か、加蓮……」

拓海「あいつはもっと苦しかっただろうなぁ!信頼していたやつから裏切られたんだからよ!」

凛(……っ!?)

凛「………ぃ」

拓海「あん?どうした、渋谷」

凛「ごめ……なさ……い」

凛(ごめんなさい……プロデューサー……ごめんなさい……)

拓海「謝ったらあいつは帰ってくんのよ!」グッ

凛「ご……めん……なさい……プロ……デューサー……ごめん……なさい……」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:00:47.19 ID:OC+YoBSDO
加蓮「もういいでしょ。拓海さん」

拓海「…………」パッ

凛「けほっ……ごめん……なさい……」

奈緒「凛……」

加蓮「それじゃ……プロデューサーを探し……」

拓海「待ちな」

加蓮「え?」

拓海「…………」グッ

加蓮「っ!?」

奈緒「加蓮!?」

拓海「さっきからよ、テメェの態度が気に食わねぇんだ。北条」

加蓮「くっ……」

拓海「お前から誠意ってのが全然感じられねぇ」

奈緒「な、何してるんですか!拓海さん!」

拓海「テメェは渋谷の介抱でもしてな。あたしは今北条と話してっから」

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:01:27.45 ID:OC+YoBSDO
加蓮「暴……力でしか……意見が……言えないんですか?」

拓海「あん?」

奈緒「加蓮!お前も挑発するなよ!」

加蓮「大……丈夫……でしょ奈緒……だって……」

ガチャ

奈緒「っ!?」

凛「……プロ……デューサー?」

美嘉「いやぁ~ゴメンゴメン。寝坊しちゃったよ……」

「………………」

美嘉「あれ?なんか……場違いな感じ……かな?」

美嘉「し、失礼しました~……」

バタン

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:02:11.76 ID:OC+YoBSDO
奈緒「お……おい……なんで美嘉が……っ!加蓮!」

加蓮「……え?嘘……だって美嘉は……」

拓海「今は城ヶ崎のやつは関係ねぇよな」

加蓮「ち、違……これは……」

拓海「なにが違ぇんだ!」グッ

奈緒「加蓮!拓海さんはマジだ!早く謝れって!」

加蓮「ご……ごめっ」

拓海「もう……遅ぇよ!」ブゥン

奈緒「…………P」

奈緒「Pさぁん!見てんだろ!早く出てきてくれよぉ!!」

凛「…………え?」

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:03:40.89 ID:OC+YoBSDO
奈緒side

~三日前

奈緒「ふぅ……今日もつっかれた~」

加蓮「だね~」

奈緒「こういうときは冷たい飲み物だな」

加蓮「うんうん」

P「よっ、二人とも。お疲れさん」

奈緒「あ、Pさん」

加蓮「お疲れさまで~す」

P「どうだった?レッスンは」

加蓮「ちょっといつもよりキツかったけど大丈夫」

P「気を付けろよ、加蓮」

加蓮「今はもう大丈夫だって」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:04:35.24 ID:OC+YoBSDO
奈緒「んで、何か用?Pさん」

P「ああ、そうだそうだ。お前たちに聞きたいことがあってな」

奈緒「なに?」

P「俺はいつお前たちに罵倒されるんだ?」

奈緒「ぶふっ!?」

加蓮「Pさん……なんで……」

P「いやぁ、いつも贔屓にしてる探偵メイドさんから聞いたんだけど」

奈緒(都さんか……)

奈緒「な、なに言ってんだよPさん」

P「ちひろさんの口車にまんまと乗ったんだって?」

奈緒「…………はぁ」

加蓮「そこまでバレてるんならもういいよね」

奈緒「だな」

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:05:22.78 ID:OC+YoBSDO
奈緒「今度の休みの日にやる予定だったんだ」

加蓮「でもバレちゃってるならやる意味ないね。凛にも……」

P「まぁ、待て」

加蓮「きゃっ……もう、なにPさん」

P「このまま止めるのもツマラナイからさ。逆に騙してやろうじゃないか」

奈緒「騙すって……?」

加蓮「まさか……」

P「まぁ、必然的に凛だ」

奈緒「いやいや、流石に可哀想だって」

奈緒「なぁ、加蓮」

加蓮「私はいいよ」

奈緒「お、おい」

加蓮「今回の凛はちょっと強引すぎ。少しは痛い目を見せないと」

奈緒(うわぁ……黒い顔になってやがる)

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:06:13.36 ID:OC+YoBSDO
P「とまぁ、やる気になったところで内容だが……」

奈緒「あたしはまだやる気になってねぇよ」

P「まずお前たちが俺を罵倒するだろ?」

奈緒(無視か!)

P「そうしたら俺は辞表を出して出ていく」

奈緒「うわ……えげつな……」

P「そのあと少し時間を稼いでくれ。隠れるから」

加蓮「わかった」

P「そしたらたぶん凛は俺を追いかけようとするからなんとかして第二応接室に連れてきてくれ」

奈緒「おい、適当すぎないか?」

P「第二応接室には美嘉を待たせておくからそこで美嘉が凛を追い詰める」

加蓮「美嘉も大変だね」

P「そして凛の限界に来るようなら俺が出ていってネタばらしと言う流れだ」

奈緒「うまくいくのかよ」

P「ま、そこはお前ら次第だな」

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:06:56.39 ID:OC+YoBSDO
~当日

奈緒「とか言ってたけど、ま、やるだけやってみますか」

奈緒「お、いたいた」

凛「……はぁ」

奈緒「なにため息なんかついてんだよ」

凛「あ、奈緒。来てたんだ」

奈緒「確か今日だったよな、Pさんにイタズラするっての」

凛「あ、うん……」

奈緒「ま、やるって決まったんだ。思いっきりやろう、な?」

奈緒(悪いな、凛。お前も騙しちゃうけど)

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:07:42.71 ID:OC+YoBSDO
ガチャ

加蓮「おはよう。二人とも」

凛「加蓮……おはよう」

奈緒「おはよう、加蓮。遅かったな」

加蓮「ちょっとね」

凛「あの……二人とも」

奈緒「ん?」

加蓮「どうしたの?凛」

凛「何て言うか……その……巻き込んでごめんなさい」

奈緒(なっ……謝んなって……やりづらくなる)

加蓮「Pさんへのイタズラのこと?」

凛「……うん」

加蓮「気にしないで。もう決まったことだし、こうなったらPさんを泣かす勢いでやろう」

奈緒「そこまでかよ」

凛「うん、そうだね。やるなら全力でやろう」

47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:08:25.94 ID:OC+YoBSDO
奈緒「じゃああたしらは先に応接室にいるからPさんが来たら連れてきてくれよ」

凛「うん。わかった」

バタン

~応接室

奈緒「な、なぁ。ホントにやんのか?」

加蓮「今さらやめられないし……確かにあんなこと言われたらやりづらいけど」

奈緒「あ~……なんでこんなこと受けちゃったんだよ……」

加蓮「ごめんね」

奈緒「はぁ……ま、できる限り凛にダメージが残らないようにしないとな」

加蓮「そうだね。あ、来るよ」

ガチャ

凛「こっち」

P「なんだよ、そんな仰々しい態度で……」

奈緒「…………」

加蓮「…………」

P「奈緒と加蓮もいたのか」

奈緒(知ってたくせによく言うよ)

48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:08:55.52 ID:OC+YoBSDO
凛「座って」

P「ああ。で、話ってなんだ?」

凛「プロデューサーに言いたいことがあるんだ」

P「どうした?勉強か?仕事か?あ、まさか恋愛だな。俺に聞いても無駄だぞ。大した経験ないからな」

凛「言いたいことはね……」

凛「プロデューサー……」

P「ん?」

凛「私たち、もう限界なんだ」

P「…………え?」

凛「…………」

P「限界って、仕事がか?確かに最近忙しかっ……」

凛「プロデューサーと……関わるのが」

奈緒(言ったぁぁ!!)

49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:09:42.21 ID:OC+YoBSDO
P「…………え?」

凛「…………」

P「お、おい……。いきなりどうした?凛」

凛「…………」

P「な、奈緒……?」

奈緒「…………」

奈緒(堪えろ……あたし)

P「加蓮……?」

加蓮「…………」

P「ど、どうして……」

奈緒(まずは行かせてもらお)

奈緒「どうしてって。Pさんさ、あたしたちに対してボディータッチが多すぎだよ」

P「あれはコミュニケーション……」

奈緒(あれでコミュニケーションかよ)

奈緒「度が過ぎるんだ。毎回毎回ベタベタと……気持ち悪い」

P「…………っ」

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:10:15.84 ID:OC+YoBSDO
加蓮「それに昨日も……けほっ」

P「加蓮、どうした?もしかして具合が……」スッ

加蓮「……触んないで」

P「加蓮……」

加蓮「前に言ったよね。今はもう大丈夫ってさ」

P「あ……あぁ」

加蓮「咳する度にいちいち構われるのすごい迷惑なんだ。ていうかウザいの」

P「お、俺は……そんなつもりじゃ……」

奈緒(うわっ、加蓮キツ……)

凛「プロデューサー……」

P「凛も……なにかあるのか……?」

凛「これ。覚えてる?」チャラ

P「あ、ああ。覚えてるよ。一番最初の仕事の後に買ったネックレス……」

凛「これ、もういらないや」

P「…………」

奈緒(あ、あたしなら泣くなこれ)

52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:11:01.19 ID:OC+YoBSDO
凛「あのときは喜んでみたけど、正直趣味じゃないから」

P「本気……なのか?」

凛「うん、本気だよ」

P「…………そっか」

奈緒「ま、そういうことだからさ」

加蓮「私たちのプロデュースを辞めるか、続けるにしても過度な干渉をしないか」

加蓮「どっちかで考えておいてね」

P「…………」

凛「なにか言うことある?」

P「いつか……いつかこんな日が来るかもとは思ってたけど」

P「まさか……こんなに早く来るなんてな……」

スッ

凛「なにそれ?」

P「…………今、ちひろさんはいないみたいだからさ。ちひろさんが来たら渡しておいてくれ」

P「悪かった。今まで嫌な思いをさせていたみたいだな」

凛「…………」

P「だけど俺はいつまでも応援してるからな……それじゃ」

凛「プロ……」

加蓮「言いたいことが終わったんならさっさと出ていけば?」

P「ああ、そうするよ。……じゃあな、俺の……元アイドルたち」

53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:13:01.04 ID:OC+YoBSDO
ガチャ

凛「…………」

奈緒「…………」

加蓮「…………」

奈緒「行ったかな?」

加蓮「そうだね。あとはちひろさんがネタばらしをしておしまいのはず」

凛「ねぇ、加蓮」

加蓮「なに?」

凛「最後のあれさ。流石に言い過ぎなんじゃないの?」

加蓮「何言ってんの。やるからには全力でやるんでしょ?あれくらい言わないとさ」

凛「でも……」

奈緒(なんかヤバイ空気が……)

奈緒「まぁまぁ。ただのイタズラなんだから。ところでPさんが置いてったこの封筒はなんなんだ?」

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:13:35.25 ID:OC+YoBSDO
加蓮「私も気になった。開けてみようか」

凛「でもちひろさんに渡してって言ってなかった?」

奈緒「大丈夫大丈夫。ちゃんと戻しておけば。じゃ、開けるぞ」

スゥ

『辞表』

奈緒「…………え?」

加蓮「これって……」

凛「…………っ!」

凛「……プロデューサー!?」ダッ

奈緒「落ち着け!凛!」ガシッ

奈緒(動き早っ!)

凛「離して!プロデューサーを追わないと!」

奈緒「たぶん今ちひろさんがネタばらししてるから大丈夫だ!」

凛「でも……!」

加蓮「ねぇ……奈緒」

奈緒「なんだよ……!加蓮も止めるの手伝ってくれよ!」

加蓮「流石に遅くない?」

55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:15:05.61 ID:OC+YoBSDO
奈緒「え?」

加蓮「Pさんが出ていってすぐにばらすんだよね?それにしては……」

奈緒「それは……」

凛「っ!!」バッ

奈緒「おい!凛!」

ガチャ

凛「プロデューサー!!」

………………

凛「いない……」

奈緒「なんでだよ……」

加蓮「………うそ」

「どうしたの?あなたたち」

凛「っ!?」バッ

志乃「あらあら。なんて顔してるのかしらね」

奈緒「あ、あの……志乃さん。Pさん見ませんでしたか?」

志乃「彼?彼ならさっき出ていったみたいだけど……」

加蓮「出ていったって……」

志乃「彼、とってもひどい顔だったわよ」

凛「プロデューサー……!」ダッ

奈緒「凛!」

加蓮「ありがとうございます!志乃さん!」

ガチャ

志乃「うふふ、青春かしら」

奈緒(ちょ……なんで凛あんなに速いんだよ)

56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:15:34.29 ID:OC+YoBSDO
タッタッタッタ

奈緒「おい!凛!あんまり走るな!危ない!」

タッタッタッタ

奈緒「くそっ!早く追わないと……」

タッタッタッタ

奈緒「はぁ……はぁ……」
タッタッタッタ

奈緒「いい運動だな……こりゃ……」

タッタッタッタ

奈緒(いた)

凛「……プロデューサー」

奈緒「はぁ……はぁ……凛……」

凛「奈緒……なお……プロデューサーが……プロデューサー……が……」

奈緒「中に入ろう。とりあえずちひろさんに話を聞かないと」

57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:16:06.00 ID:OC+YoBSDO
ガチャ

加蓮「……おかえり」

凛「…………」

奈緒「どうだった?」

加蓮「駄目……電話にも出ない」

奈緒「くそっ!どうなってんだよ!」

加蓮「ちひろさんに聞いてみよう」

奈緒「ああ。たしか第二応接室で経過を見てるって言ってたな」

凛「…………」

奈緒「凛……大丈夫だからな」

~第二応接室

奈緒(ここに美嘉がいるんだよな)

ガチャ

奈緒「ちひろさん!一体どう言うことだよ!」

「ん?」

加蓮「え……?」

奈緒「な、なんで……」

凛「…………」

「どうしたお前ら。特に渋谷は死にそうな顔してんじゃねぇか」

奈緒(どう言うことだよ……?)

58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:16:40.51 ID:OC+YoBSDO
奈緒「なんで……拓海さんが……」

拓海「ん?いやぁ、ちょっと時間があったからな。ここで休んでたんだよ」

加蓮「あ、あの……ちひろさんは……」

拓海「ちひろさん?なんか買い出しがあるとかで出てったけど。どうした?用事でもあったのか?」

奈緒(まてまてまてまて。なんだこれ……)

奈緒「こ、この部屋って今……拓海さんだけですか?」

拓海「見りゃわかるだろ?まぁ、なんだ。話ならあたしが聞いてやっから話してみろよ。煎餅食うか?」

加蓮「ここは従っておこう。ちひろさんが来るまでの間でも」

奈緒「け、けどよ……」

加蓮(たぶん拓海さんも今回の件に噛んでるよ)ヒソヒソ

奈緒(ほ、ほんとかよ……)ヒソヒソ

59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:17:36.72 ID:OC+YoBSDO
加蓮「それに凛も休ませないと」

凛「プロ……デューサー……」

奈緒「……そうだな」

拓海「どうした?早く来いって」

拓海「で、なにがあった」

奈緒「い、いや……なにも……」

奈緒(こえぇ……)

拓海「おいおい。この状況でなにもないわけねぇだろ。言ってみ」

奈緒「でも……」

加蓮「奈緒、しょうがないよ。正直に言おう」

奈緒「加蓮……」

凛「………………」

60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:18:08.80 ID:OC+YoBSDO
拓海「……で、あいつがいなくなっちまった……つーわけか」

加蓮「はい」

拓海「いいね、いいね。面白いことしたじゃねぇか。今度あたしもやってみるかな」

奈緒「ちょっ……拓海さん」

拓海「うそうそ。冗談だよ。ところでよ、ひとつ聞きたいんだけどさ」

拓海「渋谷。テメェはなんでこんなことやろうと思ったんだ?」

凛「…………」

拓海「…………おい」

奈緒(……あれ?)

凛「…………」

拓海「聞いてんのかよ!」グッ

奈緒(ちょっ!?)

奈緒「た、拓海さん!待ってくれ!凛は今とても話せるような状態じゃ……」

拓海「うるせぇ!神谷!あたしは今渋谷と話してんだ!」

奈緒「っ……」

奈緒(足がすくんで……動けない……)

61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:19:30.02 ID:OC+YoBSDO
拓海「なぁ。どうしてこんなことしようと思ったんだ?」

凛「…………」

拓海「お前さ。あたしがどういう経緯で今ここにいるか知ってっか?」

凛「…………」

拓海「……神谷」

奈緒「は、はい!」

拓海「お前は知ってるか?あたしがなんでここにいるか」

奈緒「そ、それは……Pさんがスカウトしたから……」

拓海「そうだよ。けどよ、レディース……族ってのはよ。途中で抜けるにゃ落とし前ってのが必要なんだ」

奈緒「落とし前……?」

拓海「族のやつからボコボコに殴られんだよ。中途半端を嫌う連中だからな」

加蓮「それで拓海さんも落とし前つけたんですか?」

拓海「つけようとはした。だけどあいつがな……」

P『これからアイドルになる君をそんな目には逢わせられない』

P『その落とし前は俺がつけるよ』

拓海「とか格好つけたこと言いやがってよ」

拓海「全員からボコられてたよ」

奈緒「…………」

奈緒(そんなことがあったなんて知らなかった……)

62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:20:00.69 ID:OC+YoBSDO
拓海「元々スカウトに来たときにも総長に直談判して蹴られたりもしてた」

拓海「でもあいつは毎日毎日来やがってよ」

拓海「そんであたしは思ったわけよ。こいつになら付いていけるって」

加蓮「…………」

拓海「んで、それがだ……」グッ

凛「くっ……」

拓海「テメェらの遊び心でよ……」

拓海「あいつがいなくなったらどうすんだよ!」ググッ

凛「くるし……」

奈緒(おかしい……拓海さんの目……本気の目だ……)

奈緒「止めてくれ!拓海さん!」

拓海「黙ってろ!神谷!」

加蓮「拓海さん、流石にやり過ぎです」

奈緒(加蓮!?)

拓海「あん?なんだ北条」

加蓮「やり過ぎです。凛が苦しそうじゃないですか」

奈緒「か、加蓮……」

63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:20:32.10 ID:OC+YoBSDO
拓海「あいつはもっと苦しかっただろうなぁ!信頼していたやつから裏切られたんだからよ!」

凛「………ぃ」

拓海「あん?どうした、渋谷」

凛「ごめ……なさ……い」

拓海「謝ったらあいつは帰ってくんのよ!」グッ

凛「ご……めん……なさい……プロ……デューサー……ごめん……なさい……」

奈緒(凛……)

加蓮「もういいでしょ。拓海さん」

拓海「…………」パッ

凛「けほっ……ごめん……なさい……」

奈緒「凛……」

加蓮「それじゃ……プロデューサーを探し……」

拓海「待ちな」

加蓮「え?」

拓海「…………」グッ

加蓮「っ!?」

奈緒「加蓮!?」

奈緒(おいおい!聞いてない!聞いてないよこんなの!)

拓海「さっきからよ、テメェの態度が気に食わねぇんだ。北条」

加蓮「くっ……」

拓海「お前から誠意ってのが全然感じられねぇ」

奈緒「な、何してるんですか!拓海さん!」

拓海「テメェは渋谷の介抱でもしてな。あたしは今北条と話してっから」

64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:21:16.59 ID:OC+YoBSDO
加蓮「暴……力でしか……意見が……言えないんですか?」

拓海「あん?」

奈緒「加蓮!お前も挑発するなよ!」

加蓮「大……丈夫……でしょ奈緒……だって……」

ガチャ

奈緒「っ!?」

凛「……プロ……デューサー?」

美嘉「いやぁ~ゴメンゴメン。寝坊しちゃったよ……」

奈緒(え……?)

「………………」

美嘉「あれ?なんか……場違いな感じ……かな?」

美嘉「し、失礼しました~……」

バタン

65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:21:42.62 ID:OC+YoBSDO
奈緒「お……おい……なんで美嘉が……っ!加蓮!」

奈緒(あの美嘉の言動からするに本当は美嘉がここにいるはずだったんだ)

奈緒(でも何でか知らないけど拓海さんが先にいて……)

奈緒(そうなると拓海さんはなにも知らない……)

加蓮「……え?嘘……だって美嘉は……」

拓海「今は城ヶ崎のやつは関係ねぇよな」

加蓮「ち、違……これは……」

拓海「なにが違ぇんだ!」グッ

奈緒(や、ヤバイ!!)

奈緒「加蓮!拓海さんはマジだ!早く謝れって!」

加蓮「ご……ごめっ」

拓海「もう……遅ぇよ!」ブゥン

奈緒(も、もうだめだ!)

奈緒「…………P」

奈緒「Pさぁん!見てんだろ!早く出てきてくれよぉ!!」

凛「…………え?」

66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:22:09.54 ID:OC+YoBSDO
ガチャ

P「ここまでかぁ。もう少し行けるかと思ったんだけどな」

奈緒「なに悠長なこと言ってんだよ!早く拓海さんを止めてくれよ!」

P「止めるって何を?」

奈緒「何って……あれだよ!」

拓海「いぇぇぇい!」パァン

加蓮「いぇぇぇい!」パァン

ビシッ バシッ グッ グッ

奈緒「…………は?」

P「何を止めればいいんだ?奈緒」

奈緒「ま……まさか……」

P「……ふふん」ニヤリ

奈緒「あたしも騙しやがったなぁぁぁ!!!」

67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:22:48.16 ID:OC+YoBSDO
加蓮「ごめんね、奈緒」

拓海「わりぃわりぃ」

奈緒「……はは。足に力が入らねぇ……」

P「まったくだらしな……」

バッ

P「おっと」

凛「…………」

P「凛」

凛「ごめんなさい……」

P「いや、俺の方こそごめんな」

凛「さっき言ったこと……嘘だから……本気じゃ……ないから……」

P「ああ、わかってる」

凛「ネックレス……私のお気に入りだよ……?」

P「そいつはよかった」

凛「だから……ごめんなさい」

P「ああ……」

凛「ごめ……なさ……い」

68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:23:18.67 ID:OC+YoBSDO
奈緒「で、なんであたしまで騙したんだ?」

P「いや、原因は美嘉なんだけどな」

美嘉「ごめんね~。今日に限って寝坊しちゃってさ。起きて連絡したら『とりあえず来い』って言われてさ」

P「んで、ちょうど拓海が暇してたみたいだから手伝ってもらったんだ」

奈緒「拓海さんだと洒落になんないって……」

拓海「はっはっは!まぁいいじゃねぇか!」

加蓮「私は朝のうちにPさんから話聞いてたからさ」

奈緒「あ、だから遅れてきたのか」

加蓮「そ」

71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:24:42.11 ID:OC+YoBSDO
奈緒「通りで拓海さんに食って掛かれるわけだ。あたしなら知ってても躊躇するよ」

奈緒「……ん?ちょっと待ってPさん」

P「なんだ?」

奈緒「教えるのってさ、あたしでも加蓮でもよかったんだろ?なんで加蓮に教えたんだ?」

P「いや、奈緒って苛めると可愛いからさ」

奈緒「ばっ!?バカ言うなよ!」

加蓮「顔真っ赤にして、かわい~」

奈緒「か、加蓮まで……」

加蓮「ふふ。あ、そうだ、Pさん。結局ちひろさんはどこに行ったの?」

P「きらりんルームに押し込んでおいた」

奈緒「ああ……ご愁傷さまだな」

P「まぁ、しかし……今の難題は……」

凛「プロデューサー……」ヒシッ

P「この甘えん坊をどうするかだな」

奈緒「……確かに」

おわり

74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:28:17.96 ID:kITz3JIFo
きらりんルーム=お仕置き部屋という風潮

おつでした

77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:31:47.13 ID:OC+YoBSDO
『TVシリーズより半年』

光「あたしか……? 」

『あの少女が……』

光「あたしはただの……」

『帰ってきた』

光「正義のヒーローだ」

『ヒーロー、南条光』

光「おっちゃんおかわり!」

『今度の相手は……』

あい「捜査官の東郷です」

今井「そ、捜査官の今井です!」

『正義!』

光「なんでこんなことするんだ!」

『一つの事件が二つの正義を呼び』

あい「悪に情けなど無用だろう」

『信念が交錯する』

光「……そんなのは正義じゃない!」

あい「君が正義を語るな」

あい「邪魔をするなら……君も撃つぞ?」

『劇場版 仮面ランナーFLASH 南条光vs捜査官東郷あい』

光「……なぁ、麗奈」

光「正義って……なんなんだろうな……」

麗奈「…………知らないわよ」

『今夏 全国ロードショー』

『同時上映 うさみん星までいちじかん』

劇場版予告は胸が踊る。

ではHTML依頼を出してきます。

80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:35:55.63 ID:nKZ0TlkP0
ハラハラしたよ
81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/29(月) 16:49:27.06 ID:5WrfDVTZo

まさかの三段構えww


元スレ
タイトル:凛「私たち、もう限界なんだ」モバP「…………え?」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1367216926/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP