スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

男「あの……ホットコーヒーのMを……」スタバ店員「おいお~い笑わせんなよお客さん」

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:05:45.052 ID:E1DaKxAl0
―スターバックス―

男(はじめて入るスターバックス……)ドキドキ

店員「ご注文は?」

男「あの……えぇと、ホットコーヒーのMを……」

店員「は?」

男「あの、ホットコーヒーのM……」

店員「おいお~い、笑わせんなよお客さん」


8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:08:41.067 ID:E1DaKxAl0
店員「うちのサイズ表記、分かってる?」

男「え……」

店員「小さいほうから順に、ショート、トール、グランデ、ベンティ。オシャレでしょ?」

店員「S、M、Lみたいなダサダサ表記と一緒にされちゃ困りますよお客さ~ん」

男「す、すみません」

店員「謝れば許されると思ってます? あまりにも自分が勉強不足だったと思いません?」

男「勉強不足でした……!」

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:11:06.363 ID:E1DaKxAl0
店員「お客さんにはちょっと、罰(ペナルティ)を与えましょうか」

店員「はいは~~~~~~い、店内の皆さんちゅうも~~~~~~く!」パンッパンッ

ザワザワ… ドヨドヨ…

ナニ? ナンダナンダ? ナニカアッタノ?

男(いったい何が始まるんだ……!?)

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:14:16.803 ID:E1DaKxAl0
店員「今ここにいるお客さん、私に向かってなんといったと思います?」

ナンダー?

店員「な、ん、と~?」

ナントー?

店員「ホットコーヒーのMくださいっていったんです!」

どっ!

ギャハハハハハッ! アハハハハハッ!

アリエネー! マジカヨー! オワッテル! ギャグカヨ! ドコノイナカモンダヨ!

男「ああああああ……!」

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:17:27.069 ID:E1DaKxAl0
男(なんでこんな辱めを受けないとならないんだ……)

店員「分かったら、土下座して」

男「へ?」

店員「いいから土下座」

男「な、なんで……」

店員「謝るんだよ、スターバックスを侮辱したことを」

男「す、すみませんでした!」ガバッ

29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:20:35.263 ID:E1DaKxAl0
店員「オラ、もっと頭こすりつけて」

男「は、はい……」

店員「じゃみんな、このお客さんにコーヒーかけたげて~!」

オッケー! ヤロウゼー! ヒャッハー!

ジャバッ ジャバッ バシャッ

男「あううう……」ビショビショ…

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:23:20.293 ID:E1DaKxAl0
店員「お客さん……」

男「はい……」

店員「もう充分です。顔を……上げて下さい」ニコッ

男「許して……下さるのですか」ムクッ

店員「わけねえだろうッ!」

ドガッ!

男「ぶはっ!」

男(つま先で思い切り顔面を蹴られた!)

36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:25:13.079 ID:E1DaKxAl0
店員「出ていけっ!」

ドカッ!

男「ぐはっ!」ドザッ

店員「いいか! 次来たら、こんなもんじゃ済まさないからな!」

48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:28:24.225 ID:E1DaKxAl0
男「がほっ、げほっ、ぐほっ!」

男「痛いし、熱いし……びしょぬれだ……心まで」

男「ちくしょう、なんでこんな目に……!」

女「どうしたの?」

男「あなたは……?」

女「今からスターバックスに入ろうと思ってた女よ。乗れる相談なら乗ってあげる」

男「ってことは常連さんか! じ、実は――」

57: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:31:19.074 ID:E1DaKxAl0
女「ふぅ~ん」

男「ひどいでしょう!?」

女「それはあなたが悪いわよ」

男「え……」

女「だってスターバックスは世界一誇り高いカフェなんだもの」

女「プライドの高さはベジータ、京都人、英国紳士にも匹敵するわ」

女「“しきたり”を理解してなきゃ、追い出されるのは当然よ」

男「うう……」

女「……で、どうしたいの?」

男「え?」

女「見返したいの、見返したくないの?」

63: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:34:16.288 ID:E1DaKxAl0
男「……見返したい!」

男「あいつらに……一泡吹かせてやりたい!」

女「だったら“スタバ修行”……やってみる?」

男「スタバ修行……」

男「やります! やらせて下さい!」

女「厳しい修行になるわよ。ついてこれる?」

男「ついていきます! 絶対に!」

72: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:38:07.107 ID:E1DaKxAl0
女「まず、筋トレ」

男「筋トレ!?」

女「スターバックスは優雅な空間と見せかけて、その中身は世界有数の戦場よ」

女「体力がなければ到底スタバで栄光を勝ち取ることはできないわ。席取りすらままならない」

男「なるほど……」

女「まず、腕立て伏せ始め!」

男「はいっ!」グッ…グッ…

81: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:41:44.862 ID:E1DaKxAl0
女「次に、ファッション」

男「ファッション?」

女「あんたの格好、トレーナーにジャージって、殺されても文句いえないわよ」

女「せめてジーンズぐらいはきなさいよ」

男「ジーンズってなんか窮屈で嫌いなんですよねえ……」

女「ワガママいわない!」

女「あとパーカーもお洒落なの買って……」

84: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:43:11.484 ID:E1DaKxAl0
男「いかがです?」シャキンッ

女「だいぶよくなったわ!」

女「なんていうか、いかにもスタバで『今月バイト三昧だわ~』とか『就活キツイわ~』とか」

女「そんな感じの話してる若者っぽくなったわ!」

男「ほ、ほんとですか! ありがとうございます!」

90: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:46:16.567 ID:E1DaKxAl0
男「ファッションを変えたら、なんだか自信がついてきましたね」

女「いいことだわ」

男「で、次は何をすればいいんです?」

女「ノートパソコンを買いましょう」

男「ノートパソコン?」

男「普通のパソコンならもう持ってますけど……」

女「デスクトップじゃダメ。スターバックスでは、ノートパソコンは必須アイテムなのよ」

女「コンセントのある席で、長々とノートパソコンを操ってこそ一人前なのよ」

男「なるほど、メモメモ」

91: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:49:09.250 ID:E1DaKxAl0
男「買いました!」

女「なかなかいいノートじゃない」

男「買ったらスタバで何をしたらいいんですか?」

女「適当にレポート書いたり、折れ線グラフ眺めたりしてれば、スタバに溶け込めるわ」

男「まるでカメレオンですね」

95: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:51:25.009 ID:E1DaKxAl0
男「いかがです?」カタカタカタカタカタ

女「うん、だいぶよくなったわ。もうあなたは昔のあなたじゃない」

女「あなたはもう立派なスタバ客――“スタビスト”よ!」

男「スタビストっ……!」

女「さぁ、あなたを散々バカにした店員を見返してきなさい!」

男「はいっ!」

104: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:54:45.125 ID:E1DaKxAl0
―スターバックス―

ガチャッ…

男「Hello」

店員「いらっしゃいま……」

店員「!」

店員(たしか、こいつはこの間の……だがまるで別人のようだ!)

店員(とてつもない“スタバオーラ”を発してやがる!)

男「……」ゴゴゴゴゴ…

108: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 02:57:31.747 ID:E1DaKxAl0
店員「て、店内ご利用ですか」

男「いい店だ……こんな日は店内でコーヒーブレイクに限るね」

店員「ご注文は……」

男「ホットのドリップコーヒー……トールサイズでね」パチンッ

店員「は、はいっ!」

男「それと……カップはマグカップにしていただきたい。今日はマグな気分でね」

店員「マグな気分っ……!」

男「あと頭脳労働をするので糖分も欲しいところだ。ラズベリーチョコレートパイをいただこう」

店員「あああ……」

男「どうしたのかね? なにをうろたえている? 注文が聞こえなかったのかな?」

店員「かっ、かしこまりましたぁぁぁぁぁ!!!」

116: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 03:00:13.675 ID:E1DaKxAl0
店員(なぜだ!? なぜこの短期間でこうも実力を上げたんだ!?)

店員(試しにスタバスカウターで奴の“スタバ力”を計ってみるか)コソッ…

男「さて、ノートパソコンを開くか」パカッ

店員「スタバ力が上がってく……!」

店員「10000……13000……18000……22000……24000……!」

男「レポートでも書こうかな」

店員「30000……38000……45000……!?」

男「おっと、エクセルで作った株式チャート風折れ線グラフも見ておこう」ッターンッ

店員「!」ボンッ

店員「スカウターが……壊れた……!」

123: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 03:03:22.885 ID:E1DaKxAl0
店員「お客様」

男「なんだい? 作業の邪魔だよ」カタカタッターン

店員「申し訳ありませんでした!」

店員「この前は、あなた様がこれほどのスタビストとは知らずに、とんだ御無礼を!」

男「ハッハッハ、いいのだよ」

男「≪心は広く、意識は高く≫がスタビストの心得だからね」

店員「ありがたき幸せ!」ドバァァァ

129: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 03:05:31.435 ID:E1DaKxAl0
女「よくやったわ」パチパチパチ…

男「師匠!」

女「もう私から教えることは何もないわ」

男「ありがとうございます!」

女「さあ、思う存分スタバを満喫しなさい!」

男「はい!」

こうして男は、全国のスタバに顔を出し、カリスマスタビストとして名を上げていった。

134: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 03:08:05.038 ID:E1DaKxAl0
やがて――

スタバ社長「君の注文、君の席取り、君のゴミ分別、君のノートパソコンさばき、全てが超一流だ!」

スタバ社長「君は名実ともに日本一のスタビストだ!」

スタバ社長「どうか社長になってくれたまえ!」

男「承りましょう」

男(ついに俺が……スタバの頂点に立った!)

142: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 03:11:16.927 ID:E1DaKxAl0
男「スタバ従業員に告ぐ!」

シーン…

男「いいか! 出来ないは嘘つきの言葉だ! 人間に出来ないことなんてないんだ!」

男「自分達が世界一のコーヒーショップで働いていることを意識しろ!」

男「死ぬ気になれ! いや、スタバのために死ね!!!」

オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッ!!!!!

149: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 03:14:16.830 ID:E1DaKxAl0
男「今日も元気だ、ドリップがうまい」グビッ

女「あなた……変わったわね。昔の面影は全くないわ」

男「そうかな」

女「あなたに修行をつけたこと、はっきりいって後悔してるわ」

男「もう遅いよ」

男「俺はスタバを、世界一の企業にする」

男「これからは原油の代わりにスターバックスラテが燃料となり、通貨はキャラメルフラペッチーノになる」

男「いずれ七つの海をドリップコーヒーで満たしてやるのさ」

女「……そう。じゃあね」

154: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 03:17:20.549 ID:E1DaKxAl0
―スターバックス―

店長「今日は社長が視察に来ていらっしゃる! きびきび働けよ!」

店員A「はいっ!」

店員B「はいっ!」

ザッザッザッ… キビキビキビ…

店長「いかがでしょう?」モミモミ…

男「なかなかいい店じゃないか」

店長「ありがとうございます!」モミモミ…

男「君のような人間が店長であることを誇りに思うよ」

店長「ありがたき幸せ!」ドバァァァァァ

156: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 03:19:48.015 ID:E1DaKxAl0
ワイワイ… ガヤガヤ…

客「あの……ホットコーヒーのMを……」

店長「てめえ、舐めてんのか!?」

ボカッ!

客「ぎゃっ!」ドサッ…

男「!」

158: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 03:22:30.940 ID:E1DaKxAl0
ギャハハハハハッ アハハハハハハッ

店長「ホットコーヒー? M? スタバ舐めてんのか? あ?」

客「す、すみませ……」

店長「謝って許されると思うなよ?」

店長「おい、拷問用マグカップ持ってこい」

店員A「はいっ!」

店員B「分かりました!」

男(なんだこれは……まるでかつての私を見ているようだ……)

男(これが、かつて私が憧れたスターバックスなのか?)

男(これではまるで、私がやられたことを、あの屈辱を、別の人間に晴らしてるだけじゃないか!)

165: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 03:25:13.483 ID:E1DaKxAl0
男「やめろおおおおおおおおっ!!!」ガバッ

店長「社長!?」

男「君、大丈夫か!?」

客「は、はい……」

男「すまなかった……すまなかった!」ガシッ

客「なぜ、ぼくなんかを助けてくれたんです……?」

男「それは……君が私だからだ」

客「え……?」

男「君の姿を見て……私は決心したよ」

男「スターバックスは新しく生まれ変わる!」

170: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/20(水) 03:28:38.726 ID:E1DaKxAl0
女「どうやら、目を覚ましてくれたようね」

男「ああ……スターバックスは選ばれた客だけのものじゃない、みんなのものだ!」

こうして、スターバックスは皆さんもご存じのような老若男女に愛される

素晴らしいコーヒーショップになったという……。

~ END ~


元スレ
タイトル:男「あの……ホットコーヒーのMを……」スタバ店員「おいお~い笑わせんなよお客さん」
URL:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1513703145/
掲載サイト:5ちゃんねるに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP