フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサードリンク

八幡「その後」

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 20:51:01.81 ID:7N6eCd/BO
地の文と8巻ネタバレ注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392292261


2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 20:55:33.39 ID:7N6eCd/BO
どんでん返しなんてない。

覆水盆に返らず。

きっと一度決まった物を覆そうなんてまちがっている。

そんな事はできないし、何よりそれは自分の選択に対する冒涜である。

そんなものが許されるのは第三者がいきなり解決策を出さない限りあり得ないし、まず第三者が来るなんてことは起こりえない。

だから、罰なのだ。後悔はあるが、意地もある。

きっと求めすぎた。いっぱい、溢れかえるくらいに欲して。

だからこぼれた。

3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 20:56:44.76 ID:7N6eCd/BO
だ。いや朝と言っていいのか怪しいほど朝早く起きてしまった。

いやな夢を見たのだろうか、寝汗がすごい。

窓の外はまだ暗く、あまり周りは見えなかった。

電灯の光で見える電線がゆれているから少し風が強いのかもしれない。

まだ意識がはっきりしていないのか、上手く動かない身体を引きずって洗面所へと向かう。

冷たい水で顔を洗い、タオルで顔を拭いてリビングに出る。

4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 20:57:54.41 ID:7N6eCd/BO
ちらと時計を見るとまだ5時だった。

こりゃ小町も起きてないわけだわ。

とりあえず牛乳を電子レンジで温めて、その間に自室にもどって着替える事にした。

総武高の制服を着て再びリビングにもどると丁度良く牛乳があたたまったようだ。

コーヒーがなくなっていたがまあ、眠気は洗顔で飛ばしたから大丈夫だろう。

牛乳を持ってテーブルに行き、椅子に座る。

それから、牛乳を二、三口すする。

少し熱い、温めすぎたようだ。

ふーふーと覚ましながら飲んでいると、リビングの扉が開いた。

5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 20:58:28.10 ID:7N6eCd/BO
「あれ?お兄ちゃんおきてたんだ?」

小町が起きて間もないからか、眠そうに目をこする。可愛い。

「ああ、まあな」

小町が少し視線を下げて言った。

「お兄ちゃん、もうすっかりいつも通りだね」

「や、いつもいつも通りだろ、いつもじゃなきゃいつも通りという言葉の道理が通らないし」

どうでもいいことが次から次へと口に出る。

自分で考えた事であるのに他人の口から滑り出たように聞こえる。

「道理とか通りとか意味わかんないよ…」

小町は呆れた顔をしていた。

6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 20:59:52.00 ID:7N6eCd/BO
そして暫くしてから、小町が視線を元に戻して、俺を見た。

「あの…さ、やっぱり雪乃さんのこと…」

ポツリと小町が言った。

「雪ノ下ならいつも通りだ、小町が心配するようなことはなんもねぇよ」

そういってクシクシと小町の頭を撫でる。

そして席をたとうとしたが小町がまた口をひらいたため、まだ席にとどまることにした。

「さっきは…さ、いつも通りっていったけど…そんな事ないよ…、だってお兄ちゃん、なんか辛そうだもん…」

「んなこたねぇよ」

そのあとなんだか、酷く寂しくなって、やることをやったら家から逃げるように外に出た。

独りは慣れていたはずなのに。

泣きたいとか悲しみともまた違う、虚無感があった。

7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:00:31.22 ID:7N6eCd/BO
自転車をひたすらに漕ぐ。

ひたすら漕いでいたらいつの間にか学校についていた。やべえこれ競輪選手なれるかもしれない。なれない。

自転車を駐輪場に押して歩きながら携帯で時間を確認をするとまだ7時前だった。あと連絡もなかった。

自転車を止めて鍵をかけ、校舎へと向かう。

校舎に入ると当然と言えばいいのか、静かだった。

生徒たちの喧騒に包まれていない校舎は少し寂しいもので、いつも鬱陶しいさわがしい人混みもこの学校の一部であることを認識させられる。

下駄箱に向かってあるき、靴を脱いで上靴に履き替える。

そのまま靴をしまって教室へと歩き出す。

8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:00:58.25 ID:7N6eCd/BO
しかし歩いてる途中で教室の鍵がしまっているであろうことに気づき、鍵を取りに方向転換する。

鍵が掛かっている場所まで来て、教室の鍵を探す。

無い。

恐らく川なんとかさんが教室を勉強にでも使っているのだろう。朝からご苦労様です。

そして戻ろうとして視線をすこし横にやると、ある鍵が目にはいった。

奉仕部の鍵だ。

9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:01:49.34 ID:7N6eCd/BO
俺は鍵を手に取り部室へと向かっていた。

なんだか誰も居ないと昔の風景が観れるような気がしたのだ。

ノスタルジックな気分に浸りたかった。

そうすれば、何かが変わるという訳ではない。

だけど俺は部室へと向かっていた。

寒いわけではないが、身震いしながら歩く。

そして部室の前に立ち、ドアを引くと、

そこには、部屋があるだけだった。

いや、当然と言えば当然だ。

昔いた人がいなくて昔がわかるかけない。

俺たちがいた場所が大事なのではなく、俺たちの関係が大事なのだ。

なんだか見慣れた部屋なのに、別な所にいる気分になった。

22: ◆r4Hdel5dMI 2014/02/14(金) 22:08:24.96 ID:/OGeb2ilO
ふと気づくとかなりの時間がたっていた。これでは川なんとかさんどころか戸部ですら来てる時間だ。いやしらないけど。

少し肌寒い廊下へと部屋から歩き出す。

まずは鍵を返しに行かないといけない。

窓からの太陽の光が眩しくて、目を下にやる。

23: ◆r4Hdel5dMI 2014/02/14(金) 22:09:00.89 ID:/OGeb2ilO
なんだか胸の奥にわだかまっているような、それでいて何かをなくしたような気分になり、それを振り払うように少し歩を速める。

それでもそれは振り払えずにいて、俺は速く歩くのをやめた。

少し立ち止まり後ろをみやると部室はもう見えなくなっていた。

24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 22:09:59.11 ID:/OGeb2ilO
その後、鍵を返して教室に戻る。

やはり時間はギリギリだった。

こっそりと教室に入って席に着くと
戸塚が俺に気づいて近づいてくる。
可愛い。天使。とつかわいい。むしろ女神。

「八幡、おはよう」

「おお、おはよう」

挨拶を戸塚と交わす。挨拶するたび友達ふえるね!

25: ◆r4Hdel5dMI 2014/02/14(金) 22:10:43.26 ID:/OGeb2ilO
「…八幡?なんかおかしいよ?」

戸塚が心配そうな顔をして言ったその言葉に、俺はドキリとした。

「なんか無理してるみたい」

なんか、無理に明るくふるまってるみたいな…、という続きを想像してしまう。

実際には戸塚は別のことを言おうとしていたのかもしれない。

だけど俺はそう言われるのが怖くて。

お前が必死で守ろうとしたものは壊れていて、お前は壊れてない演技をしているだけだと突きつけられる様で。

それじゃあまるで道化師だ。

だから俺は明確な拒絶をもって優しく対応する。

「んなことねぇよ。気にすんな」

29: ◆r4Hdel5dMI 2014/02/15(土) 12:47:28.70 ID:4z3/9WPiO
その後俺はなんだか真面目に授業を受ける気にもなれなくて、寝たりボーッとしてたりしていた。

…………………………………………

放課後になった。

さわがしい声が教室中に響きわたり、今日はどうするだのどこに寄るだのと言う会話があちこちから聞こえてくる。

中でも葉山グループの話し声が良く聞こえる、つーか戸部うるさい。

「…だから今日どっかよんね?これあるっしょ!」

あるってなんなんだろうか、主語を言って欲しい。

あまりにも戸部がうるさいので、葉山グループの方を見やる。

「いや、部活あるだろ…」

葉山が戸部に対して呆れた様な仕草をしながら言う。

戸部忘れてたのかよ、馬鹿かよ。

30: ◆r4Hdel5dMI 2014/02/15(土) 12:48:18.14 ID:4z3/9WPiO
「あっ…そうだった!いやー忘れてた!」

馬鹿だった。

これ以上聞き耳たてていても戸部が馬鹿という情報しか得られそうにないので、意識しないようにして視線を下げようとする。

視線を戻そうとした瞬間由比ヶ浜と目が合う。

由比ヶ浜は一瞬固まり、すぐに視線を逸らした。

なんだか気まずくなりいたたまれなくたったので、教室を出る。

廊下を歩いて、自販機へと向かう。

最近は奉仕部へと向かう前にブラックコーヒーを飲む。

31: ◆r4Hdel5dMI 2014/02/15(土) 12:49:04.82 ID:4z3/9WPiO
マックスコーヒーの方がうまいのだが、ブラックコーヒーの苦い液は色んな物を流し込んで、胸の奥底に押し込んでくれる。

それにコーヒーを飲んだから、コーヒーの匂いに消されて紅茶の香りがしないだけだと、いつも通りだと、そう思える、無理矢理納得できる。

だから部活動中はいつも通りの演技に集中できる。

朝には演技ということを突きつけられるのは嫌だと拒絶したのに、演技だと確実にわかってそれも何処かで拒絶している。

矛盾ではなくて、気持ちのすれ違いだ。

だからこそ辛い。

43: ◆r4Hdel5dMI 2014/03/04(火) 19:50:01.45 ID:CkqW6bu3O
「…今日はこれで終わりにしましょう」

日が傾き始め、もうすぐ暗くなるか、というところで雪ノ下は言った。

俺は返事ともとれないきの抜けた返事をしながら立ち上がり本をしまう。

さて廊下に出ようとしたところで突如由比ヶ浜が声を上げた。

「ヒッキー!あの…さ」

「なんだいきなり」

大きな声を上げたあとの独特の静寂を残さない様に、あるいは話を途切れさせないようにだろうか、由比ヶ浜はすぐに返事をした。

44: ◆r4Hdel5dMI 2014/03/04(火) 19:52:11.91 ID:CkqW6bu3O
「…今日はこれで終わりにしましょう」

日が傾き始め、もうすぐ暗くなるか、というところで雪ノ下は言った。

俺は返事ともとれないきの抜けた返事をしながら立ち上がり本をしまう。

さて廊下に出ようとしたところで突如由比ヶ浜が声を上げた。

「ヒッキー!あの…さ」

「なんだいきなり」

大きな声を上げたあとの独特の静寂を残さない様に、あるいは話を途切れさせないようにだろうか、由比ヶ浜はすぐに返事をした。

45: ◆3Zq7FWX4Ix40 2014/03/04(火) 19:54:06.15 ID:CkqW6bu3O
「ヒッキー!あの…さ」

「なんだいきなり」

大きな声を上げたあとの独特の静寂を残さない様に、あるいは話を途切れさせないようにだろうか、由比ヶ浜はすぐに返事をした。

「ヒッキー、さ…」

だが言葉が浮かばないのだろうか、結局由比ヶ浜の努力むなしく、静寂が場を支配する。

「…用がないなら帰るけど」

俺も何かにムカついているわけでもないのに由比ヶ浜を急かす様なことを言ってしまう。

静寂が場を支配するのが怖いんだろう。

だってそれは思考してしまうから。無駄な事を考えてしまうから。
考えたくないことまでも考えてしまうから。

「…じゃあ帰るわ、じゃあな」

結局俺は逃げる事しか出来なかった。

46: ◆r4Hdel5dMI 2014/03/04(火) 19:55:05.26 ID:CkqW6bu3O
家に帰ってすぐ俺は寝ることにした。

無駄な事を考えたくなかった。

47: ◆r4Hdel5dMI 2014/03/04(火) 19:57:20.03 ID:CkqW6bu3O
どんでん返しなんてない。

覆水盆に返らず。

きっと一度決まった物を覆そうなんてまちがっている。

そんな事はできないし、何よりそれは自分の選択に対する冒涜である。

そんなものが許されるのは第三者がいきなり解決策を出さない限りあり得ないし、まず第三者が来るなんてことは起こりえない。

そんなものが許されるのは小説のみだ。

この世界は御伽噺なんかじゃないし、俺は当事者だ。

人は無力だ。

そのように世の中はできている。

だから俺は呆れかえる程に無力だった。

少なくとも世間に責任を押し付けるくらいには。

48: ◆r4Hdel5dMI 2014/03/04(火) 20:00:50.24 ID:CkqW6bu3O
おしまいです。見返すとなんだこの短い駄文状態。

しかも同じ内容2回投稿したり、トリップミスったりもう散々。
ここまでお付き合いありがとうございました。


元スレ
タイトル:八幡「その後」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1392292261/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP