スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

タカネチャンダヨー【ミリマスSS 】

THE IDOLM@STER

1: ◆UEry/CPoDk 2018/01/04(木) 22:22:37.38 ID:F8PcXbfm0
貴音「…」

響「はいさーい。おはよう貴音、今日は早いんだな。」

貴音「…」

響「どうしたんだ、何も言わないで。何かあったのか?」

茜「響。」

響「おはよう茜。なあ、貴音になにかあったか知らない?」

茜「…いまの私は、わたくしではありません。」

響「なんだよ、貴音みたいな喋り方して。」

貴音「ひ、ヒビキン〜」

響「貴音まで。どうしたんだよ、亜美たちみたいな呼び方して。何か変なものでも食べたのか、だからいぬ美の餌は人間用じゃないってあれほど…」

茜「ですから!このわたくしが貴音で、あのわたくしが茜なのです!」

響「は???」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515072157


2: ◆UEry/CPoDk 2018/01/04(木) 22:25:12.11 ID:F8PcXbfm0
響「…マンガかラノベみたいな話だな、ぶつかった拍子に中身が入れ替わるだなんて。」

茜(in貴音)「わたくしとて、怪力乱神の類は信じたくはありません。ですが、実際に我が身に起こったとなると。」

貴音(in茜)「ちょっと貴音さん、カワイイ茜ちゃんの体でそんなヘンテコな喋り方しないでよ。もっとこうさ、明るく出来ない?『今日も茜ちゃんカワイイでしょ。ね、ね?』みたいな感じでさー。」

響「貴音の声でそんな台詞が出てくると面白いを通り越して怖いな、鳥肌がたったぞ。」

茜(in貴音)「失礼ですよ響。あのような奔放な物言いこそ、茜の魅力ではありませんか。」

響「こっちはこっちで違和感がすごいし。けど参ったな、どうすれば元に戻せるんだ?」

貴音(in茜)「まあまあいいじゃん。こんな機会めったにないよ、めいっぱい楽しんじゃお?」

3: ◆UEry/CPoDk 2018/01/04(木) 22:30:43.30 ID:F8PcXbfm0
響「能天気だな茜は。自分自身の事だぞ、もっと真剣に考えろよ。」

貴音(in茜)「なんとかなるって、だいじょぶだいじょぶ。さ、プリンでも食べようかな。」

響「おいおい、それは茜の分だろ。」

貴音(in茜)「何言ってんのさヒビキン、だから食べるんじゃない。」

響「あ、そうか。」

茜(in貴音)「……」

響「ん、どうした茜。じゃない貴音。」

茜(in貴音)「な、なんでもありません。あの、私もぷりんを…」

響「こーら。あれは1人1個だぞ、貴音は昨日食べたじゃないか。」

茜(in貴音)「そ、そうでしたね…」

響「たく。相変わらず食いしんぼうなんだから。けど、どうやら本当に入れ替わってるっみたいだな。」

貴音(in茜)「だーかーらー。さっきからそう言ってるじゃん。」

響「いや、どうも信じられないし。」

4: ◆UEry/CPoDk 2018/01/04(木) 22:33:38.90 ID:F8PcXbfm0
貴音(in茜)「まあビックリするのも無理はないけどさ、タイムマシンやスモールライトがある事務所だよ?入れ替わりぐらい起きても不思議はないって。さ、いただきまーす。」

響「まったく。今日はレッスンだけだからいいけどな、もしこのまま続くんなら困るのは茜達なんだぞ。」

貴音(in茜)「だからなんとかなるってば。うん、今日のプリンも美味しいね!」

プロデューサー(以下P)「おはよう、今日はお前達だけだったな。」

響「あ、プロデューサー。あのな、今ちょっと困ったことになってて…」

貴音(in茜)「おっはよープロちゃん。今日も一日頑張りなよ?」

P「」

響「そりゃ驚くよな。あのさ、プロデューサー…」

5: ◆UEry/CPoDk 2018/01/04(木) 22:40:33.46 ID:F8PcXbfm0
貴音(in茜)「ちょっとプロちゃん、ひとが挨拶してるのにダンマリは良くないんじゃないかニャ?」

P「た、貴音。どうしたんだ一体。もしかしてそれ、茜の真似か?」

貴音(in茜)「お、気づいちゃった気づいちゃった?そのとーり!今のわたくしは…」

貴音(in茜)「じゃーん、注目ぅ!なんと…貴音ちゃんだよ〜?」

P「」

響「固まるのも無理はないよな。ごめん貴音、茜にはあとでキツく言っておくから。」

茜(in貴音)「仕方ありませんよ、茜はそういう人間です。」

貴音(in茜)「あれ、どしたのプロちゃん?」

P「あ、ああすまん。もしかして、貴音と中身が入れ替わってるのか?」

貴音(in茜)「そのとーり!よくぞ気付いたねプロちゃん。褒めてあげよう、エライエライ。」

響「この状況を瞬時に理解したか。さすがはプロデューサーだぞ。」

茜(in貴音)「一を聞いて十を知る。真、私達の導き手に相応しいと言えましょう。」

P「なるほど。まあウチならそういう事ぐらい起きても不思議はないよな…なら。」

貴音(in茜)「ぷ、プロちゃん!?急に何すんの。」

6: ◆UEry/CPoDk 2018/01/04(木) 22:43:11.20 ID:F8PcXbfm0
P「何って、いつもの挨拶だろ。茜は事務所来たら必ずオレに頭を撫でさせるじゃないか。」ナデナデ

貴音(in茜)「な、なんと。これは真に良き…じゃない、うんうんいつものプロちゃんだね!」

響「もう普通に茜として接してるし。ほんと、プロデューサーは対応早いな。」

茜(in貴音)「ええ。ですが、多くのあいどるを導く為には、あれぐらいの適応力が必要なのかもしれませんね。」

響「かもな。さもなきゃ貴音たちのドッキリに付き合ってやってるか…どっちだと思う、茜?」

茜(in貴音?)「な、何を言うのです響。わたくしは正真正銘四条貴音で…」

響「ラーメンならともかく、プリンで貴音はあんなに恨めしそうな顔しないだろ。それに貴音はたしかに食いしんぼだけど、自分のを食べたのに他人が食べてるのを見て羨んだりはしないしな。」

茜(in茜)「…はあ。貴音さんの言う通りだったね、やっぱりヒビキンの目はゴマカセないか。」

7: ◆UEry/CPoDk 2018/01/04(木) 22:45:12.99 ID:F8PcXbfm0
響「今回は手の込んだイタズラだったな、ちょっと信用しかけたぞ。でもなんでこんな事しようと思ったんだ?」

茜「ん〜、面白そうだったから?」

響「おいおい。いちおうイタズラなんだし、律子に報告しておこうか?」

茜「ちょ、それだけはご勘弁を。お仕置きでまた茜ちゃん人形を無料提供させられちゃう。」

響「冗談だって。ま、害は無かったし内緒にしといてやるよ。貴音の珍しい姿も見られたしな。」

茜「うむっ、感謝するよ。お礼に茜ちゃんをナデナデする権利をあげよう!」

響「はいはい…」

8: ◆UEry/CPoDk 2018/01/04(木) 22:48:14.72 ID:F8PcXbfm0
茜(大人びてるけど貴音さんだって、茜ちゃんと大して変んないんだもん。たまには誰かに甘えたくなるよね。)

茜(アッサリ見破られたのはちょっと残念だけど、本来の目的は果たせたし。結果オーライ、かな?)

茜(一つ貸しだよ、貴音さん。今度プリンでもご馳走してもらうからね?打ち合わせでは食べるなんてひとことも言ってなかった、あの限定プリンの分も含めて…)

貴音(in貴音)「あなた様。もう少し、お願いしてよろしいでしょうか?」

P「はいはい、今日のお姫様は甘えん坊だな。」ナデナデ

貴音「お姫様ではありませんよ、今日のわたくしはカワイイ貴音ちゃんです。存分に可愛がっていただきますよ?」

P「分かった分かった。仕事始めるまでだからな。」

茜「うんうん。いいよ、ヒビキンなかなかだ。このナデナデソムリエが合格点を付けてあげよう!」

響「何言ってるんだか。おいプロデューサー、今日の貴音の事、他のみんなには内緒だからね?」

9: ◆UEry/CPoDk 2018/01/04(木) 22:58:06.90 ID:F8PcXbfm0
以上です。お目汚し失礼致しました。

先日某有名アニメ映画の地上波初登場が盛り上がっておりまして。そこで「みんな古い映画好きだなあ」なんてプロデューサーならではのボケが大滑りしてしまったりしてましたが、これからも

『アイドルマスター ミリオンライブ!』と

リコッタイベントが大注目の

『ミリオンライブ シアターデイズ!』を

どうぞよろしくお願い致します。

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 23:58:13.84 ID:Bm2mcEqZo
おつおつ、かわいい貴音良いぞ~
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/05(金) 01:34:19.53 ID:5IsOZ9UTO

ナデナデシテー
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/22(月) 15:48:14.38 ID:HCsIIrJBO
タカネチャンいいぞ


元スレ
タイトル:タカネチャンダヨー【ミリマスSS 】
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515072157/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP