スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

いろは「先輩と、とにかくいちゃいちゃする」

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 21:15:45.50 ID:Tj/Jqspr0

いろは「先輩とアフタークリスマス」
のつづきです。

しかしながら、いろはと八幡が付き合っている。舞台は八幡が三年生、二学期終業式からである。という認識さえあれば、読む必要はないと思います。

細切れ短編で、ストーリー性はほぼ、ありません。なのでやっぱり前作は読まなくてもよさそうです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440332145


2: いろいろあって比企谷八幡はゆっくりと変化していく。 2015/08/23(日) 21:16:33.12 ID:Tj/Jqspr0

生徒会室

いろは「先輩、この後デートしませんか?」

八幡「悪い、今日予備校なんだ」

いろは「あー……そうですか。なら仕方ないですね」

八幡「だから終わったら連絡する」

いろは「…………人って変わるんですね」

八幡「……好きな相手ならそれくらいするさ」

いろは「!……今の、もう一回言ってください」

八幡「…………そのうちな」

 

3: 案外一色いろははあざとさにメンタルが追いついていない。 2015/08/23(日) 21:17:46.93 ID:Tj/Jqspr0

予備校前

いろは「せんぱ~い、お待たせしました~」

八幡「確かに意外に待ったな」

いろは「そこは、俺も今来たところだよ。っていうところですよー」

八幡「それ、あまりにも不自然だろ。事実思ったより待ったし」

いろは「女の子にはいろいろ用意があるんです。大好きな人にかわいいって思われたいじゃないですかー」

八幡「はいはい、かわいいかわいい」

いろは「むー……全然心がこもってません!わたしの目を見ていって下さい!」

八幡「わかったよ…………」

いろは「…………」

八幡「……………」

いろは「や、やっぱり今度にしましょうか」

八幡「そ、そうだな」

いろは(……改まって先輩の目見るの、めっちゃ恥ずかしい!

 

4: 不器用な二人はあの日の言葉を思い出す。 2015/08/23(日) 21:18:29.67 ID:Tj/Jqspr0

オサレなカフェ(原作10.5巻参照)

八幡「またここか」

いろは「またここです」

八幡「まあ、夕食は帰ってから食うから軽食でちょうどいいか」

いろは「アッサムとマカロンサンドケーキお願いします」

八幡「ブレンドと……ジェラートで」

いろは「前回と同じなんですね」

八幡「ほんとはソルベとやらにしようかと思ったんだが……お前に合わせてな」

いろは「先輩、わたしが頼んだの覚えてたんですね。……なんかちょっとキモイです」

八幡「ぼっちは人との会話が少ないから、無駄にそういうの覚えてるんだよ」

いろは「…………もしかしてわたしとの会話全部覚えてたりします?」

八幡「……いや、全部は無理だろ。…………まあ、絶対忘れない言葉もあるが……」

いろは「…………」

八幡「……………」

いろは(なんか恥ずかしい!)

 

5: 意外にも比企谷八幡は気づいている。 2015/08/23(日) 21:19:19.51 ID:Tj/Jqspr0

オサレなカフェ其の二

店員「お待たせしましたー」

八幡「来た来た……今回も写真撮るのか?」

いろは「撮りたい、です。前回とは……いろいろ違う写真なので」

八幡「わかったよ……すみませんーんカメラお願いします」

店員「はーい」

いろは「先輩ほらもっと寄ってください」

八幡(近い!近い!……いい匂い!)

店員「とりますよー3・2・1……」

八幡「写真どうだ?」

いろは「…………え、ええいい感じですよ。先輩には見せてあげませんけど」

八幡「……そうか」

いろは(先輩のほっぺにちゅーしてる風の写真が撮れた……机に飾ろう)

八幡(キスしてる風の写真撮らされて苦笑いすらしない店員GJ)

 

6: 一人、一色いろはは悶絶する。 2015/08/23(日) 21:19:58.78 ID:Tj/Jqspr0

比企谷家

八幡「ん、メールか……TSUTAYAかな?」

FROM:一色

せ~んぱい♪合格祈願も兼ねて初詣行きませんか?

今からいれば、先輩に一番にあけましておめでとうって言えますし

あ、今のいろは的にポイント高い!

TO:一色

あーじゃあ浅間神社でいいか?一時間後に現地な

それと、小町の真似すんな

お前はそのままでいいんだよ

一色家

いろは「~~~~~!!」

いろは「…………やっぱりあざとい」

 

7: 案の定、一色いろはは突き進む。 2015/08/23(日) 21:20:41.00 ID:Tj/Jqspr0

浅間神社

女子A「あーいろはー初詣?」

いろは「あ、やっほーそうだよー」

いろは「クラスメイトです。先輩」

女子B「隣の人…………彼氏?」

八幡「いーや、ただの知り合……」

いろは「そう!彼氏!彼氏の比企谷八幡先輩!!」

数分後

八幡「あんなに熱くならなくてもいいじゃねえか」

八幡「お前の彼氏がこの程度だったら馬鹿にされるだろと思って…………」

いろは「…………」

八幡「……一色?」

いろは「ちょっと今顔見ないでください……」

八幡「……顔真っ赤じゃねえか、そんなに照れるならあんな大声で言わなくても……」

いろは「見ないでっていったじゃないですか!も~!!」

 

8: 時と場合によって、その表現は色と形を変える。 2015/08/23(日) 21:21:26.88 ID:Tj/Jqspr0

いろは「……それにしても先輩、なんであんなこと言ったんですか」

八幡「あんなこと?」

いろは「彼氏じゃない、みたいなことです。わたしすっごくショックだったんですからね」

八幡「…………いや、だってお前クラスではどう考えてもトップカーストだろ。そんな奴の彼氏が幼稚園のまわりを歩いていたら、それだけで通報されそうな奴だったらまずいだろ」

いろは「はっ!なんですかもしかして今わたしのこと気遣ってましたかわたしは先輩のこと大好きですしそんな先輩と付き合ってる自分のこと誇りに思ってますので自分を卑下したそういう気遣いとかいらないですごめんなさい」

八幡「……そうだよな、すまん。…………これからはまわりに自慢の彼女自慢しまくるわ」

いろは「…………」

八幡「……………」

いろは「……まわりって…………」

八幡「……つっこむなよ」

 

9: 不意に比企谷八幡は自分に毒を吐く。 2015/08/23(日) 21:22:24.52 ID:Tj/Jqspr0

八幡「……人が多いな。こいつら他にやることないのかよ」

いろは「それわたし達にも同じこと言えますからね」

八幡「そろそろ、年明けだな」

いろは「あ、先輩。カウントダウン始まりましたよ……3!2!1!」

八幡「…………明けましておめでとう。一色、今年もよろしく」

いろは「明けましておめでとうございます、先輩。今年もよろしくです」

八幡「…………」

いろは「………」

八幡(人ごみでお辞儀したもんだから、顔が近い。いい匂い……おめでたいのは俺の頭の中かもしれんな)

 

10: またもや比企谷八幡は心情を小出しにする。 2015/08/23(日) 21:23:10.60 ID:Tj/Jqspr0

いろは「先輩、なにお願いしました?」

八幡「…………多分、一色と同じだと思うぞ」

いろは「……やっぱり、それって…………」

八幡「大学受かりますようにってな。一色もお願いしてくれたんだろ?メールで言ってたし」

いろは「……はぁ、はい。そうですね、しましたよ」

八幡「それと……あれだ。…………一色とずっといられますように……」

いろは「………………捻デレめ」

 

11: これでも比企谷八幡は舞い上がっている。 2015/08/23(日) 21:23:54.32 ID:Tj/Jqspr0

比企谷家

いろは「せーんぱい、可愛い彼女がバレンタインにチョコレート持ってきてあげましたよ」

八幡「やったぁぁぁぁぁ!!!!」

いろは「!?」

八幡「いやあ、小町が‘彼女がいるお兄ちゃんには小町のチョコレートはあげません’って言うもんだから……でもこっちから一色に連絡とったら催促しているみたいでかっこ悪いし、きっと来てくれるとは思っていたけど、不安で仕方なかったんだよ」

いろは「先輩のキャラがぶれすぎて怖いです……」

八幡「上がって行けよ。時間あるだろ?」

いろは「あ、はい。大丈夫です。お邪魔します」

いろは「チョコどうぞ」

八幡「チョコゼロ免れたぜ。ありがとな」

いろは「…………なんか、わたしからじゃなくてもよかったみたいな感想ですね。不満です」

八幡「…………本命チョコもらうのなんて初めてだからな……照れてんだよ、言わせんな」

 

12: あるいはそれは、カマクラの独断。 2015/08/23(日) 21:24:38.22 ID:Tj/Jqspr0

八幡「…………なんか知らんが、カマクラめっちゃお前に懐いてんな」

いろは「こたつに入ったらすぐ、膝に乗ってきましたよ?」

八幡「俺よりも懐かれてるじゃねえか……」

いろは「あれ?先輩、やきもちですか?」

八幡「…………そうだな、カマクラがうらやましいぜ」

 

13: たまには比企谷八幡もやり返される。 2015/08/23(日) 21:25:19.21 ID:Tj/Jqspr0

一色家

いろは「どうぞどうぞ~」

八幡「お、おう……」

いろは「リアクションうすいですね~女の子の部屋に入ったんだからなんかないんですか?」

八幡「…………なんていうか……ものが多いな」

いろは「…………いや、女の子の部屋の感想で、それはないですよ……」

八幡「…………俺にそういうの期待すんな」

いろは「……まあわかってましたけど」

八幡「それにもの多いのも事実だろ。そこに溜まってるブランドの紙袋とかいつ使うんだよ……」

いろは「えー、でもそのうち必要になるかもしれないし、いつか使うかもしれないじゃないですかー」

八幡「いーや、ないね。‘いつか行こうねー’とか‘そのうち連絡するねー’のいつかやそのうちは未来永劫来ない。ソースは俺」

いろは「……わたしは先輩との‘いつか’は全部叶えたいと思ってますけどね」

八幡「…………」

いろは「あれー?先輩、顔赤いですよー」

八幡「……暖房がきいてきたんだよ。にやにやすんな」

いろは「ふふふ~、いつものお返しです」

 

14: こんなとき比企谷八幡は妹をだしに使う。 2015/08/23(日) 21:26:00.47 ID:Tj/Jqspr0

卒業式

いろは「卒業ですね……寂しくなります。ぐすっ」

八幡「別に会えなくなるわけじゃないだろ……」

いろは「そうですね、近場の私立ですしね」

八幡「嘘泣きかよ、いろはす怖い。まあ、実家暮らし最強だからな。小町とも離れたくないし」

いろは「…………こんな時までシスコンなんですね……」

八幡「まあ、もちろん……あれだ…………お前とも離れたくなかったしな」

いろは「…………あざといですよ、先輩」

 

15: 時に一色いろはの評価は厳しい。 2015/08/23(日) 21:26:34.97 ID:Tj/Jqspr0

卒賞式其の二

いろは「先輩、第二ボタン下さい。三つぐらい」

八幡「第二ボタンは一つしかねえよ……それにブレザーの第二ボタンって……」

いろは「いいじゃないですか、記念ですよ。き・ね・ん」

八幡「もともと第二ボタンって心臓の位置に近いから、あなたのハートがほしい……って意味でもらってたんだぞ…………俺のハートはとっくにお前のものだっての」

いろは「今のはあざとすぎてちょっとダメです」

八幡「え、まじで?」

 

16: そしてここで、初めて二人は。 2015/08/23(日) 21:27:14.55 ID:Tj/Jqspr0

卒業式其の三

いろは「先輩、写真撮りましょう。写真」

八幡「二回言わなくてもわかる……お前はみのもんたか」

いろは「ファイナルアンサー?」

八幡「ちょっと待って。小町にテレフォン使うわ」

いろは「小町ちゃんなら‘撮らなくてどうすんの!ほんとごみぃちゃんだなー’って言いますよ」

八幡「やべ、ほんとに言いそう」

いろは「だからほら、撮りますよ」

八幡「はいはい」

いろは「…………あ、ちょっと待ってください。前髪、変じゃないですか?」

八幡「……いや、別に変じゃな……むぐ」

いろは「……撮っちゃいましたーへへー」

八幡(そう言ってはしゃぐ一色の顔は真っ赤だったが…………多分それを見ている俺の顔もそれに負けないくらい真っ赤なのだろう)

八幡(似た者同士か、と改めて思ったが、なんか恥ずかしいのでその顔には気づかないふりをした)

 

17: 時が経ち、或りし日の二人は記憶をなぞる。 2015/08/23(日) 21:27:50.30 ID:Tj/Jqspr0

???「懐かしい写真出てきたな~…………卒業式か」

???「このころから比べると、髪……伸びたな……」

???「ねえ、あなたーこんな写真が………………」

FIN

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 21:29:05.46 ID:Tj/Jqspr0
以上です。ここまでお付き合い頂いた方、ありがとうございました。

 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 21:59:26.13 ID:hoBGYk0Fo
乙です
短編もいいね

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 22:54:14.27 ID:HevLhJFVO

乙!

面白いし読み易かった。
個人的に地の文を長ったらしく書くより、セリフとか擬音語で書いてる方が見やすいから今回のは良かった。


元スレ
タイトル:いろは「先輩と、とにかくいちゃいちゃする」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440332145/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP