【安価】貴方の読みたい物語

その他

サーバー負荷等の原因からサイトを移転いたしました。

ブックマークの変更等お手数をおかけしますが、

引き続きSSマンションをよろしくお願い致します<(_ _)>

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 15:35:44.83 ID:YXOe0iiY0

【ジャンル】

>>3

【季節】

【主人公名】

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1469687744


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 15:36:40.01 ID:0u3E+ptzO
ラブコメ

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 15:38:12.02 ID:YXOe0iiY0

【ジャンル】

ラブコメ

【季節】

>>6

【主人公名】

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 15:39:00.65 ID:WKIZpnBLO

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 15:40:28.05 ID:YXOe0iiY0

【ジャンル】

ラブコメ

【季節】

【主人公名】

>>9

【ヒロイン名】

>>12

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 15:40:58.21 ID:Up/BThk8O
元男

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 15:41:17.96 ID:sTYPdy0pO
シャルロッテ

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 15:43:43.65 ID:YXOe0iiY0

【ジャンル】

ラブコメ

【季節】

【主人公名】

元男

【ヒロイン名】

シャルロッテ

 

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 15:59:58.99 ID:YXOe0iiY0

我ながらついていない一日だ。

そう思うのも無理はない。

朝の占いでは最下位。洗濯をしようとすると洗剤が切れていた。

好きなアーティストが突然の休業宣言を出し、お気に入りの靴下には穴が開いた。

そして極めつけは、突然の白雨に襲われて、濡れそぼる体のまま立往生することになってしまった。

注文していた書物が届いたと近所の本屋から連絡があった頃は

夏の空に似つかわしい色合いをした青空だったのに。

不幸というのは中々どうして重なるものだ。

溜め息が口から漏れるも、その音は頭上のトタンに打ち付ける雨がかき消してしまう。

今はただ雨脚が遠のくのを祈るばかりだが、さて今日の私の運気で願いが叶うのかは難しいところだ。

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 16:12:07.59 ID:YXOe0iiY0

急いで走ってきたので気づかなかったが、今こうして雨宿りをしている場所を確認すると何とも古びたバス停前だった。

地方都市の郊外に住んでいると、バスの本数の少なさに比例してバス停がおんぼろ調になっている。これは田舎ではよくある事だろう。

柱の随所とトタン部位には錆が纏い始めていて、手入れをしていない事と利用客の少なさが見て取れる。

街に出る時は路面電車を利用する私としては、こうして普段使わないバス停で立ちすくむという事自体が稀なのだ。

時間を持て余すので、暇つぶしの一環としてバスの到着時間を確認してみた。

一時間に二本……。都内に住んでいた頃を思うと、田舎にいるという事が顕著に分かり思わず苦笑してしまう。

あと数分で街から郊外に戻ってくるバスが来るようだが、あいにく私には関係のない事象だ。

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 16:21:45.49 ID:YXOe0iiY0

暇つぶしの種を蒔くために、今日降りかかった些細な不幸の群れを振り返ってみる。

そしてふと気付いた。

そういえば、以前にもこんな事があったなと。

 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 16:32:45.87 ID:YXOe0iiY0

まだ私が若い頃だったか。

高校に向かうためにバス停を利用していた時があった。

その高校の立地場所が都心部だったから、正確にはここのバス停ではなく、私の向かいに見える街行きの方を使っていた。

あの時は土曜か日曜だったか、その辺りは流石にもう覚えていない。

だが確か休日に学校に行かなければならない用事があったので、渋々歩みを進めていたのだと思う。

そして現状のような天気雨に見舞われてしまい、ビショビショで行きのバスを待っていた時の事。

「キャーッ、もう、何ですか!? ※▽◇×※○○ーーー!!」

やたら大きい声をあげながら、ぱしゃぱしゃと水たまりを蹴りながらこちらに向かってくる人影があった。

遠目ではよく分からなかったけれど、その人物が近づいてくるにつれて徐々に姿がハッキリ見えてくる。

その人物は制服に身を包んでいた。どうやら我が校の女子生徒が着用する制服のようだった。

頭には学校指定のカバンを掲げて雨傘代わりにしており、長くすらりとした足が水気を弾いていた。

しかして、その人物を一番特徴づけるのは、その髪と瞳だった。

肩まで伸びている秋の実りのような色をしたブロンドヘア。やや長い前髪から垣間見える、宝石のようなターコイズブルー。

美しいものを見た。

ただ純粋に、そう思った。

 

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 16:47:16.30 ID:YXOe0iiY0

私が腰を下ろしていたバス停に急ぎ足で駆け込んできた彼女は、ぜぇぜぇと肩で息をしながら呼吸を整えていた。

ぐえっほ、げっほ、ごっほ。 肺が落ち着かずにむせるほど走ってきたのか、それともただ単に体力が無いのかは分からない。

そんな苦しそうな彼女を見てしまったので、大丈夫ですかとつい声をかけてしまう。

「心配かけてスイマセン、ぜんぜんヘッチャラ、平気のHEYです」

何かイントネーションがおかしい気もしたけれど、そこは聞き流しておくことに。

とりあえずまだ空けていないミネラルウォーターを差し出すと、嬉しそうな顔を見せてくれる。

「それ、イタダケマスか? ありがとうございます! 嬉しいです!」

笑顔と共にお礼を言われ、自分の頬が少し赤くなるのを自覚する。

あまり女性に縁のない人生だったので、こういう事柄には慣れていない。美人なら尚更だ。

しどろもどろになる前に心を落ち着けるため、とりあえず目線を時刻表に向けてみた。

次の到着は二十分後。なんとも絶妙に長い時間だ。

さて、どうしようか。

……いや本当にどうしようか。

 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 17:02:22.59 ID:YXOe0iiY0

とりあえず腕時計を一瞥して、外の風景を視界に入れてみた。

現在は朝の十時過ぎ。

今の時間なら季節的にも茹だるような暑さと紫外線が差してくる頃合だが、

厚い雲が太陽を覆い隠しているので、似つかわしくない薄暗さが辺りに蔓延している。

「今日の天気はハレだったのに、突然の雨ってタイヘンですよね」

声の方向を見ると、先ほどの女生徒がにこやかな顔でこちらを見ていた。

「お水、ごちそうさまでした」

ああ、いえいえ。お気になさらず。そちらも急に降られて大変でしたね。

社交辞令じみた返事をしてお茶を濁してみる。

そして改めて彼女の外見を確認すると、やはりこの辺りの人ではなさそうだと改めて実感する。

金髪碧眼のルックスに、モデルのようなプロポーション。もし高校に居たのなら話題にならない筈がない。

もしかすると私がそういった噂に疎いだけなのかも知れない、という可能性は考慮せずにいよう。

 

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 17:14:09.67 ID:YXOe0iiY0

この辺りではあまり見かけないお方ですが、この先の花蒔咲高校の生徒ですか?

思い切ってそう聞いてみた。

「YES! その高校に来週から転校してくる予定デス!」

転校生か、それは道理で見かけないわけだ。流行に疎いという事ではなくて隠れて安堵してしまう。

それにしたって見事な美人さんだ。これは週明けに彼女が所属するクラスはさぞ活気づくだろうなと考える。

「アナタもその高校に用事があるんですか? もしかしてセンパイさん?」

澄んだ碧の目をくりくりさせて、無邪気に彼女は問うてくる。

私もその学校に用事があって、今日は休みなのにバスに乗るところですと返答。

「Wow! じゃあ、アナタの用事、もし終わったら学校の案内とかしてくれませんか!?
ワタシ、ここに来たばかりで友達が居なくて心細かったんです!」

彼女の言葉の後半部分を聞いて断ることが出来るほど、私の心は強くはなかった。

 

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 17:27:50.12 ID:YXOe0iiY0

「じゃあ、まずは自己紹介しましょう!
私の名前は、シャルロッテ・マクシミリアン。親しい人からはシャルと呼ばれてます」

マクシミリアンさん、か。フルネームから察するにジャーマン系の方なのかな?

それにしたってドイツの苗字は格好いい。自分の苗字がそうだったら、私だと名前負けならぬ苗字負けしてしまいそうだ。

「ほら、そんなアナタは何て呼んだらイイですか?」

これは失礼。私の名前は、塚原 元男。

苗字か名前の呼び捨てで呼ばれることが多い者です。

「ツカハラ・モトオ? じゃあ、アナタを‘モトオ’と呼んでもいいですか?」

いきなりファーストネーム呼びには驚いたけれど、外国の方はこういう気さくな所があるのか。

断る理由もないので、了承の意味を込めて軽く頷いた。

 

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 17:42:26.44 ID:YXOe0iiY0

そして、私はマクシミリアンさんと色々な事を話した。

バスを一本見送る程度には話し込んでしまった。

その中でも彼女がここに来るまでの過程を聞いて、まだ若い身空で色々と抱えているのを知る。

曰く、彼女は相当良いところのお家柄で、中学の頃にはすでに婚約者が決められていた。

その婚約者は彼女が苦手とする人物のようで、その辺りは彼についての事柄であまり口を開かない所で察することが出来た。

才女である彼女は母国語の他に英語、フランス語、日本語を習得している。

母国であるドイツでは十八歳で結婚が出来るようなので、それまでは婚約者の元から離れたいと思い来日したと。

モラトリアムという言葉を隠れ蓑にして、逃げてきたのだという。

……今日あったばかりの私に打ち明けても、良かったのですか?

そう、訊ねずにはいられなかった。

彼女は語っている間ずっと、朗らかに笑っていたから。

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 17:57:06.31 ID:YXOe0iiY0

「モトオ、それはですね。直感です。
いい男になら話してもいいカナ、というヤツです」

頭にクエスチョンマークが浮かぶ。
いい男と言われて呆気に取られたのもあるが、そんな事が話す理由だということに。

「ワタシは日本に友達がいません。親戚も遠縁なので、ここに来て初めて顔を合わせたくらいの初対面デス。
だから、ここならワタシは誰に憚られることもなく、‘私’でいられる。
人並の女の子として、友達を作って、セイシュンというのを楽しめることができる」

「そして、恋ができる。 初めて、ワタシは人に恋することができる」

「初恋の色は知らなかったけれど、もしかすると、アナタの色になりそうなの」

「声をかけてくれたのはモトオの気まぐれかも知れないけれど、優しさがなければその気まぐれさえも浮かんでコナイ。
知らない土地で、心細くて、雨に振られて泣きそうだったワタシは。アナタの無意識の優しさに、絆されそうになっているんデス」

 

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 18:01:19.47 ID:YXOe0iiY0

可哀想だな、と思った。

当たり前の優しさに飢えてしまうような彼女の在り方が。

恋とは勘違いから生まれるものなれば、マクシミリアンさんの今の気持ちはまさにそれだ。

だから私は、「有難う御座います」としか答えられなかった。

「お!? ワタシの告白、まさかのOK!? ヤッター!」

いや違います。

更なる勘違いに全力で頭を横に振るのが精いっぱいだった。

 

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 18:10:01.65 ID:YXOe0iiY0

「それは残念デス……でも、これからずっと同じ学校なら、きっとチャンスはいくらでもありマスね!
‘初恋は女房を質に入れてでも手に入れるべき’は日本のイイ言葉です!」

彼女の朗らかさに突っ込む元気すら起きず、ただ「善処します」としか答えられなかった。

そもそも、彼女と恋仲になる想像が今の私にはできないので、どうあろうとマクシミリアンさんの夢物語で終わりそうなのが現実だ。

そんな事を思っていると、ようやくバスが停留所に着いた。

一本逃したことで随分と待ち時間が出来たが、その結果、すっかり雨は上がっていた。

美しい青空が頭上に広がる。彼女の瞳と同じ色。

「モトオ! 学校に着いたら、ちゃんと案内してくださいネ!」

この夏はきっと暑くなるだろう。

そんな予感をたなびく金色は想起させてくれた。

 

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 18:23:24.17 ID:YXOe0iiY0

シャルロッテ・マクシミリアン。

私を好いてくれた、美しい人。

何度彼女に「気持ちに答えられない」と告げても、ずっと「諦めない」と言ってくれた。

我ながら頑固さには定評があると思っていたが、ついに根負けしてしまった事がある。

あれほどの美貌がありながら、高校生活の間中ずっと彼氏も作らず勉学と部活動に励むストイックな彼女の姿に、

ついぞ私も絆されてしまい、一つだけ約束してしまった。

「マクシミリアンさん。高校を卒業したら君は国に帰る。
だが君がもしも、もしも本当に運命から逃げようと思ったら、高校を卒業したら私のところに来なさい」

彼女が求めて止まなかった華の青春と引き換えに、私への恋を貫こうとしていた。

だからプロポーズを彼女に返事として渡してあげた。

私が学校の先生として教鞭を振るう間は、生徒とは付き合えないから。

あのとき初めて、私は君の泣き顔を見たのだと思う。

両目から零れる滴を拭わずに笑顔を向ける貴方は、なんと美しいのだろう。

目蓋の裏に今でもしっかり焼き付いて離れない。

 

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 18:31:07.16 ID:YXOe0iiY0

そして彼女は、無事に高校を卒業した。

帰国後にすぐ挙式が上がった、というのは卒業生から聞かされた話だ。

彼女は場所を問わずに猛烈なアピールをしてくれたから、その姿は下手したら全校生徒が目撃しているのやも知れない。

私にその話をしてくれた卒業生の女の子は、国に帰ったら好きな人の事を忘れるなんて、ひどいよシャル……と涙ながらに訴えてくれた。

だから私はこう答える。

もう私は何度も彼女をフッているから、きっと次の恋を見つけたのだろう。今は新たな門出を祝福しましょう。

そう告げて、シャルロッテ・マクシミリアンの恋を終わらせてあげるのがせめてもの祝儀だった。

 

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 18:36:42.98 ID:YXOe0iiY0

一度だけ、手紙が届いた。

大きな草原をバックにして、白いワンピースの彼女が大きく空に手を掲げている写真と共に。

手紙にはこう書かれていた。

「あの日出会ったときの空の色を忘れていません。
モトオ、貴方にずっと恋しています。
いつでも、いつまでも」

馬鹿者め、私はいいから幸せになりなさい。

そんな事を思いつつ、知らず知らずに口元がフッと緩んでしまった。

その写真は未だ私の部屋の写真立てに置かれている。

 

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 18:44:41.44 ID:YXOe0iiY0

トタンに落ちる雨粒の鼓動で、ふと意識が戻る。

随分と懐かしい事を思い出してしまった。

あの夏からもうすぐ七年が経つのか。

時が流れて様々な者が変わりゆくが、あの頃と変わらないのは私が独身だという事実だけなのかも知れない。

誰もいない停留所で囁いてみる。

シャルロッテ、と。

親しい人からシャルと呼ばれていた彼女。私も心の中では、いつしかそう呼んでいたというのに気づかれなかったのは幸いだろうか。

呼んであげたら喜んだのだろうか。

そんなつまらないifを考える程度には、私も恋とかいう緩やかな湖に沈んでいたようだ。

 

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 18:54:01.08 ID:YXOe0iiY0

昔読んだ「若きウェルテルの悩み」を思い出す。

婚約者のいる娘に恋をした男が自殺するまでの物語だったか。

その男が焦がれた女性の名前は、シャルロッテ。

有名な書物のストーリーとの妙な重なりは笑い話のタネになってくれるかも知れない。

そうなると主役は私になるというのか? いや、ますます面白い。

物語と違うのは、主役は自ら命を絶たず、緩やかに余生を終えるだろうという事だ。

悲観することもなく、ただ、穏やかに日々が過ぎていけば良い。

彼女が幸せになるのを心から祈っている。

ただ、一つの事を心に芯と残しつつ。

「君がもしも、もしも本当に運命から逃げようと思ったら、高校を卒業したら私のところに来なさい」

彼女が運命に負けたとき。

出会ったときの停留所のごとく、雨風を凌げるような場所になってあげられるように。

私は約束を守るだけだ。 生涯を賭けて。

 

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 19:07:11.28 ID:YXOe0iiY0

ぱらたったった、という上から聞こえていた軽快なリズムのビートが遅くなる。

どうやら雨脚が弱まってきたようだ。

覗き込むように空を見上げると、雲間の切れ目から夏色の空が広がり始めた。

なんとも清々しい気持ちが湧き出てくる。

さて、感傷にも十分に浸ったし、そろそろ腰を上げて帰ろう。

そう思いながらも購入した本の無事を確認しようとすると、目の前にバスが止まった。

街から帰ってくるための系統なのだが、相変わらず人が乗っている気配がない。

ふと降車口に目を向けると、誰かが一人だけ乗車券を出して支払いを済ませていた。

近隣住民の方にしては妙にもたついているようだ。

その人は車内にも関わらず大きめの麦わら帽子を被っていたので、顔は見えない。

ただ、帽子から零れている美しい金色の髪が私の眼を離さないのだ。

 

 

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 19:10:37.68 ID:YXOe0iiY0

支払いを済ませて、大きな荷物を下げたその人は降車口から姿を見せる。

今まで陰っていた空が、出迎えるスポットライトのように青く碧く輝きだした。

「……ただいま、モトオ」

おかえりなさい、シャル。

 

 

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 19:17:20.59 ID:YXOe0iiY0

運命から逃げてきたのではなく、運命と決着をつけてきた。

彼女はそう語った。

それ以上の言葉は要らなかった。

空よりもなお碧玉の色合いをしたシャルの瞳。

彼女はそっと目を瞑り、私の歩みを待ってくれる。

これから先は、話す事など無くなって。

二人で緩やかに幸せになるだけの物語。

―― END ――

 

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 19:18:35.01 ID:/XJ9vsmro
コメディではなかったが良かった。

 

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 19:19:42.68 ID:ZwEh5q81O
何事もなく女設定だったから元男の名前に言及されるのかと思ったらそんなことはなかった

 

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 20:04:22.27 ID:YXOe0iiY0

【ジャンル】

>>43

【季節】

【主人公名】

 

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 20:07:23.09 ID:yUIKhjUeO
ディストピア

 

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 20:12:22.63 ID:YXOe0iiY0

【ジャンル】

ディストピア

【季節】

>>46

【主人公名】

 

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 20:16:42.08 ID:RUeYXCFAo

 

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 20:20:23.11 ID:YXOe0iiY0

【ジャンル】

ディストピア

【季節】

【主人公の能力】

>>50

 

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 20:31:37.54 ID:aWh2C0A7O
共感

 

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 20:37:01.18 ID:YXOe0iiY0

【ジャンル】

ディストピア

【季節】

【主人公の能力】

共感

 

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 21:01:32.44 ID:YXOe0iiY0

生まれた時から、人生の選択肢は限られている。

貧困地帯で産声を上げたならば、銃を取るか取らないかの選択肢を問われる。

山村地帯で出生したときは、神の供物に選ばれたか否かの選択肢が一方的に与えられる。

海沿付近で過ごしていると、海の長の悪戯に怯える日々しか持たされない。

豊かな国で生まれたからこそ、自由と平和を怠惰に貪ることが出来る。

人は生まれた瞬間から決定されている。

だから、この統制国家で生を受けた時点で私たちは既に地球上のどの地域の者よりも秀でている。

豊かに生きるための最上級の土台を創り上げたという偉業を成し得た、顕現せしめん我らが王に感謝を示そう。

生徒手帳を開くと、これが最初の一ページ目に書かれている。

僕は声に出さずに溜め息を吐いた。

小学校、中学校と進級して、いざ高校生になってもこの言葉は後ろをついて離れない。

もはや国歌の歌詞のような浸透具合だ。誰だってそらで唱えることが出来るだろう。

 

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 21:05:39.15 ID:YXOe0iiY0

産声を上げて生を謳歌する準備が整った時には、その人の人生において活躍できる場が決まる。

ある人は、政治家や弁護士、医者などのノブレス・オブリージュを持ち得て。

またある人は、どの企業においてどれほど頑張っても、課長や係長のポストまでしか上り詰めることは出来ない。

生まれた時から人生は限られている。

そういう国に、僕は生まれた。

 

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 21:18:48.35 ID:YXOe0iiY0

ではどのようにして、その人の人生のレールを詰めていくのか。

答えは簡単。生まれたときの能力で決まるのだ。

IQや容姿などではなく、文字通りの‘能力’がこの国の赤ん坊には授けられる。

何でも第三次世界大戦なるものが行われた際、この国の王が神と契約して受けた、国全体を覆い包んだ祝福だとか。

その辺りは学問書を読んでも僕には分かりかねるが、とにかく戦争に勝つ為に神と取引をした事がある等という、

まさに神話めいた話である。

「国を巻き込んだ災厄」だと迂闊にも一説を唱えたニュースキャスターが生放送中に粛清されたという事案もあるらしい。

個人で利用できるPCのデータベースで詳細が見れるらしいが、人の死に様を拝見しようなんて気は僕には起きない。

 

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 21:21:14.14 ID:YXOe0iiY0

話が少し脱線したが、その能力というのが個人に割り振られているらしい。

それは強さというよりも、能力を使って社会に貢献できるかどうかが大事らしく、

用途によっては最高峰のランクAから最底辺のランクEまでに分類される。

例えば『気体を固体にする能力』が使える人は、使用の為の限定条件が厳しいけれど、

新薬開発のために役立つのでランクはBに分類されている。

逆に『ウィザード級を超えたハッキング能力』を持つ人は、国が見られて困る情報を漏えいされるのを恐れてか

ランクはDもしくはEに分類されて、将来的にもPCとは無縁の業務に就かされる事になるらしい。

ちなみに僕の能力は『共感』。ランクはC。

二十八歳で医療系の分野に立つことが、七歳で決まっていたとのこと。

本当の夢は小説家。これはどうやら墓まで持っていく事になりそうだ。

 

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 21:36:17.48 ID:YXOe0iiY0

今日は入学初日。

この国では昔、桜という木が薄桃色の花吹雪を舞い散らせて、新生活を始める人を歓迎したという。

しかし、件の大戦以降は桜の木も枯れ果てた。

四季という季節の概念が無くなり、舞っていたであろう花吹雪は寒さを纏う本物の吹雪となって僕を歓迎してくれる。

いや、少し歓迎しすぎな気もする。

学前の駅に着いてから徒歩五分で目的地と近くの案内板に書いてあったのに、もうかれこれ一時間近く彷徨っている。

もう二時間迷ったら遭難と言ってもいいのかも知れない。

そんな限界を感じつつホワイトアウトの視界で手探りの中、ようやくそれらしき校門が見えた。

厳かな雰囲気を醸し出す門前に立つ見張りの警備員に生徒手帳を見せて、入門承諾を貰う。

前途多難な初日になってしまい、ついた溜め息が白く染まった。

 

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 21:39:35.30 ID:YXOe0iiY0

いざ校門を抜けると、途端に目先が明るくなり、学生服の面々が辺りを埋め尽くす。

どうやら学校全体に何らかの能力が働いていて、校内は安全に過ごす事が可能になっているのだろう。

この広い空間すべてに影響を与えるのは相当なものだと感心しつつ、自分が所属するクラスに向かう。

見取り図を見ても学校自体が広すぎて、あまり参考にならない。

とりあえず、近くを通る先生らしき人物に声をかけて訊ねてみよう。

すいません、特進A級クラスはどちらになりますか?

 

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 21:48:01.86 ID:YXOe0iiY0

どの学校も自己の持つ能力を参照にして、そのクラスごとに分類されている。

僕の持つ『共感』の能力は、本来ならCクラス。

本来なら普通科の一般枠で過ごすのが常である。

だが、この学校は違った。

勉学において優秀な成績を中学で収めたうえで、更に入学の為の上級試験に合格することで

特例として一般能力者も特別進学級のAクラスに属することが出来るのだ。

ただ、せっかく入る事ができても劣等感などによって普通科落ちするのが殆どだとか。

確かに選ばれたエリート達の群れへと急に混ざるとなれば、彼らからとてつもない反発がありそうだ。

その辺りも僕は気をつけなければならないだろう。

 

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 21:52:36.45 ID:YXOe0iiY0

物腰の柔らかい先生から案内され、いざA級クラスの扉の前に立つ。

柄にもなくワクワクしてしまう。

この先どんな超級能力所持者が居てくれるのだろうか。

勢いよく扉を開けると、生徒が一人椅子から立っていて、皆が傾聴の姿勢を取っている。

どうやらもう既にHRが始まっていたらしく、今は初顔合わせの自己紹介をしている最中だったようだ。

担任になるらしい先生が「重役出勤お疲れさん」と苦笑いをしながら僕の席に案内してくれる。

クラスも先生の言葉にどっと笑いが出ていたので、たぶん良い雰囲気で迎えてくれたのだろうと前向きな解釈をしてみた。

 

61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 22:10:11.94 ID:YXOe0iiY0

自分が着席すると、立ったままの女子生徒が照れ笑いを浮かべながら咳払いをした。

「え、おほん。改めまして、新城厚樹です。男っぽい名前ですが、ちゃんと女子です!
能力は‘時間跳躍’。 三年間、どうぞよろしく!」

耳を疑った。

時間跳躍って、タイムジャンパー?

世界どころか歴史を揺るがすレベルの特A級が目の前にいるのか。

肌が怖気だつように震えるが、これは決して鳥肌ではないと自分で分かる。

これは、武者震いだ。口元が三日月を描かないように、必死で堪える。

「えー、次は俺か。 どうも、長良賢介です。
能力は‘念動力・全’。 あまり役に立つ気がしないのにA級に選ばれてるマグレ持ちっす」

「俺は藤島高雄。能力は‘毒物付与’。不味いものが嫌いです」

「初めまして、円谷凛子です。能力は‘能力の間借り’。あまり嫌わずに接してくださいな」

「月森直哉。能力は‘時間停止’。 よろしく」

なんだここは。

化け物の園に迷い込んだのか僕は。

 

 

62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 22:17:37.43 ID:YXOe0iiY0

「そう思うのも無理ないよね」

ギクリと肩を震わせて横を向く。

明朗快活を絵に描いたような、ボブカットの女子生徒がそこにいた。

「よろしく、編入生くん。 私は薙沢智世。
‘読心’の能力持ちなもんで君の声が少し聞こえちゃったから、つい返事しちゃった」

心臓に悪いからオフにしておいてくださいよ、と心で思ってみた。

「うん、善処する」

そっか、前向きに検討しておいてください。

 

63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 22:22:01.92 ID:YXOe0iiY0

既に結構な人数の自己紹介を聞いてみたけれど、先ほどのやり取りで理解した。

現状で最凶なのは隣の席の子だ。

僕の『計画』に綻びが生まれるなら、この子が筆頭になる。

使うか。

僕の能力、‘共感’を。

 

64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 22:31:05.53 ID:YXOe0iiY0

~~

「初めまして。 僕の名前は……まぁもう知ってると思うので、割愛で。 僕の能力は‘共感’です。
人の痛みや悲しみを感じやすいんで、みんなは僕の前では楽しく学生生活を送ってください」

僕の軽い冗談もちらほらウケてくれたようで安堵した。

特に隣の席の子は、うんうんと何度も頷いている。確か薙沢さんだったか。

心を読む人に使用した事は無かったけれど、どうにか成功したようで良かった。

僕の能力は、相手の事を思って理解するというものではない。

『相手に僕の心情を無理やり理解させる』ものだ。

強制的に共感を得るのが本当の能力。

相手がそう思っていなくても、僕の意見や意思を全面尊重させることができる。

向こうが別に泣きたくなくても、僕が悲しいなら一緒に涙して。

向こうが何も感じなくても、僕が罪悪感を抱いたなら一緒に苦しんで。

向こうが罪悪感を抱かなくても、僕が無心であれば躊躇することなく何事もこなせる。

能力の意味に気づいたとき、この力の万能さを同時に理解した。

これなら作れるのではなかろうか。

僕の思い描いた理想の国家が。

 

65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 22:40:10.30 ID:YXOe0iiY0

小学校、中学校と過ごしてきて、触れ合ってきた人物のほぼ全てに思ってもらった。

「機会があれば、この国を一度壊してしまって再建した方がいいんじゃないか」と。

ただ、問題というか心配事があった。

能力によるクラス分けで、どうしても上位能力者と接する機会がないから

いざ蜂起する際にA級所持者に敵わないのではなかろうかという懸念。

それを解消するために、死に物狂いで勉強をして、少し教師の方々に肩を持ってもらって、今の学校に入学したのだ。

ここは予想以上に素晴らしい。

特A級の能力者が沢山いる。

彼らに僕の理念を「共感」してもらって、その時が来たら兵力になってもらうことにしよう。

現状で一番の不安材料だった読心者も介添えできたので、一旦の憂いは消えた。

ただ、今日という日に遅刻したのは悔やまれる。

まだクラス内の半分はどんな能力を持っているのか不明だから、迂闊に動くことが出来ない。

まぁ、あと三年もある。

ゆっくりと、僕の考えを‘共感’してもらえるように、努力しようかな。

 

66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/28(木) 22:41:31.24 ID:YXOe0iiY0

この国の 真の暗黒郷まで  あと 7149日

 

72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 03:04:04.94 ID:xZ6fmaYm0

【ジャンル】

>>74

【季節】

【主人公名】

 

74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 03:11:25.98 ID:ybMdX9Ino
ギャグ

 

75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 03:16:56.48 ID:xZ6fmaYm0

【ジャンル】

ギャグ

【季節】

>>77

【主人公名】

>>80

 

77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 03:22:23.05 ID:cN5m7T2f0

 

80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/29(金) 09:01:16.36 ID:J5yyNuPWO
プレシオサウルス斎藤

 

82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 14:19:18.96 ID:AzObomoQ0

【ジャンル】

ギャグ

【季節】

【主人公名】

プレシオサウルス斎藤

 

83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 14:25:32.77 ID:AzObomoQ0

神「突然だが、今日から君には世界を救ってもらいたい」

男「さすがに突然過ぎませんかね」

神「まぁ有り体に言うとアレだよ、君の世界で最近流行している‘異世界転生’を依頼しているのさ」

男「いや、確かに流行ってはいるけれど、別にさほど魅力を感じているものじゃないですね」

神「昨今の若者にしては珍しい意見だ。大抵の人は喜び勇んで新世界に行くものだが」

男「そりゃ昨今の若者ならそうでしょうとも」

神「まるで自分が若者じゃないような口ぶりだね」

男「俺、今年で三十四歳ですよ」

神「……」

男「目をそらさないでこっち見てください」

 

84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 14:31:21.23 ID:AzObomoQ0

男「俺の世界でよく見る書籍のタイトルだと、有名なものにはよくニートや引きこもりってありますけれど」

神「うん」

男「俺、普通に働いてるんですよ。市民税や年金やら保険もちゃんと給与から差し引かれてますし」

神「まるで社会人みたいだね」

男「社会人そのものなんです」

神「転生先での君の属性や能力は『歯車(ギア)』とかどうかな」

男「なんでその能力をチョイスしたのかは、ぐっと堪えましょう、ええ、大人ですから」

 

85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 14:37:06.35 ID:AzObomoQ0

男「まぁ、そんなわけでちゃんと地に足のついた生活をしていますから、この話はなかったことに」

神「君がそう言うなら仕方ないけれど、本当にいいのかい?」

男「何がですか?」

神「君はさ、今の生活に現状で満足している?」

男「うさんくさい宗教の勧誘が始まった」

神「神様そのものだっての。
で、さ。改めて聞くけれど、本当にいいの?」

男「しつこいですよ」

神「君の今年の夏の賞与、言ってごらんよ」

男「……」

神「ほれほれ」

男「……119円」

 

86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 14:45:39.46 ID:AzObomoQ0

神「ジュースすら買えない賞与って何さ」

男「……出ないよりはマシ」

神「飼い慣らされてるなぁ。じゃあ、先月の残業時間は?」

男「……八十三時間。先々月よりも四時間少ないから上出来だ」

神「朝の満員電車に乗って、疲労困憊で終電で帰宅する。一人暮らしだから出迎えてくれる人もいない」

男「……気楽でいいもんだよ」

神「徐々に君の地が出てきて嬉しい限りだよ。
さらに頓挫するのが分かりきったプロジェクトのリーダーに選ばれるという貧乏くじも引いちゃうんだね、君って」

男「……前任者が途中で逃げ出したから仕方ない」

神「ちなみに前任者だけれど、いま異世界で美女ばかりのハーレムパーティを作ってるよ」

男「何ィッ!?」

神「ほれ、これがその写真」

男「お、おおおぉ……体中を駆け巡る、この負の感情は何なんだ……」

神「殺意だろうね」

 

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 14:48:44.00 ID:AzObomoQ0

神「昇給とは縁のない零細企業。楽しさや喜びもない日々。先行きの分からない未来に向けて、泥に沈むような生活」

男「……」

神「そういえば先日、君の初恋の子に二人目の赤ちゃん出来たってさ」

男「……お前ぜったい悪魔だろ」

神「神様だってば」

 

88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 14:52:20.69 ID:AzObomoQ0

神「さて、もう一回だけ聞こうかな」

男「……」

神「君には世界を救ってもらいたんだけれど、異世界に行く気はあるかい?」

男「……たぃ」

神「ん?」

男「……きたぃ」

神「もっと大きな声で」

男「行ぎだい゛っっ!!!」

神「本音は!?」

男「働ぎたくないっ!!!」

神「よっしゃ! ようこそ、異世界の入口へ!」

 

89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 15:00:59.36 ID:AzObomoQ0

神「ではでは、君の行く世界についてまず説明しておこうかな」

男「俺あんまり若くないんだから、トリッキーな仕組みとかは勘弁してほしいな……」

神「その辺りは大丈夫。もしかしたら君の知ってるゲームにもなっているかも知れないよ」

男「へ?」

神「君が向かう地とよく似た世界観を踏破した人が、後日その出来事をゲーム化してるんだ」

男「なんだそれ初耳だぞ」

神「そりゃ素面でそんな事言ってたら、白い壁まみれの病院から抜け出せなくなるだろ」

男「確かにな。で、そのゲームの名前は?」

神「ドラ○ンクエ○ト」

男「あかんテンション上がってしまいそうや」

 

 

90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 15:07:55.38 ID:AzObomoQ0

神「この世界は日本で言うところの秋の季節だ。紅葉が年中舞い散るような、風情のある世界。
ただ、この秋には実りがない。人々は蓄えのない生活をもう何十年と過ごしている」

男「過ごしやすい気候で何より」

神「そうなるのも、魔王が収穫を横取りするのが原因の三割だ。
君にはその魔王を討伐する勇者として派遣されてもらう」

男「正社員から派遣社員か、まるで転職活動に失敗した人みたいだな……ん?」

神「どうしたの?」

男「原因の三割が魔王なんだろ? 残りの七割は一体なんだ?」

神「人々が三日に一回は収穫祭を行ってどんちゃん騒ぎをするからさ」

男「魔王倒したところで根本的な解決にならないだろそれ」

 

91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 15:14:11.86 ID:AzObomoQ0

神「まぁまぁ、とりあえず行ってみればいいさ」

男「いやもう乗りかかった船だから行くけどさ。新天地に向かう勇者に餞別とかはないのかね?」

神「え、欲しいの?」

男「貰えるものなら頂戴したいわ」

神「君けっこう図太い性格してるんだねぇ……。いいよ、君にひとつギフトを授けよう」

男「ありがたや、ありがたや」

神「下記の三つから選んでね」

・洗濯用洗剤セット

・ビール350ml×24本

・コーヒーセット

・○大ハム、ビッグウインナー

・バスタオル12枚

男「ギフトってお中元的なアレかよ!?」

 

 

92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 15:21:47.58 ID:AzObomoQ0

神「即物的な君の事だから食べ物系だろうと思ったら、まさかバスタオルを選ぶとはね」

男「小さなディスはさておいて、冒険とかには一番使いそうだからな。」

神「では、最後に君の名前を決めておこう」

男「え? 今の名前だと不味いのか?」

神「これから向かう世界では浮いてしまうだろうからね。世界観にあった名前を私がつけてあげよう」

男「よろしくお願いします」

神「一発決めでいい?」

男「ああ、なんでもいいぜ」

神「了解。変更したいときは私にまた会いにくればいいよ。そのときは俗にいう裏ダンジョンの最深部で待ってるからさ」

男「なんで神様が隠しボスなんだよ。つまり魔王討伐後じゃないと変えられないと」

神「では、君の名前はこれだ!」

男「おいちょっと待って、やっぱ考えなおs……」

“プレシオサウルス斎藤”

男「おいちょっと待て、待つんだ」

 

93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 15:27:06.87 ID:AzObomoQ0

神「では、勇者なるプレシオサウルス斎藤よ」

男「いやこれどう考えても名前じゃなくてリングネームとか芸名だろ」

神「これから貴殿には、様々な艱難辛苦が待ち受けるだろう」

男「もう一回だけ名前をつけなおすチャンスとかないのか?」

神「だが安心するといい。同じ目的を目指す仲間と共に、支えあい、戦いぬくのだ」

男「ちくしょう急に事務的になりやがった!」

神「さぁ……新たなる地にて、伝説となるのだ」

男「だから名前の変更を……」

神「ゆくがいい、プレシオサウルス斎藤!!」

男「よっしゃ絶対に名前変更に行くからな! 覚えとけよ!!」

~~

 

94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 15:29:29.42 ID:AzObomoQ0

~~

……なさい、おきなさい

「ん?」

……起きなさい、おきなさい

「誰かが呼んでる?」

起きなさい、私の可愛い、プレシオサウルス斎藤や

「意地でも起きたくないんですがそれは」

 

 

95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 15:34:11.62 ID:AzObomoQ0

母「起きなさい、今日は貴方が王様に謁見をして、勇者となる日でしょう?」

男「あ、ああ。そうだったね」

母「まったく……何のために働きもしない引きこもりを二十年近く養ってきたと思ってるんだい」

男「新世界の方で引きこもり設定を付けられるのは予想外だわ」

母「ほれ、とっととお行き! 魔王を倒すまでアンタの帰る家は無いと思いなさい!」

男「ちょっと待って初っ端から辛辣すぎる」

 

96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 15:38:57.94 ID:AzObomoQ0

【中略】

男「さて、実際に謁見を済ませてみたら、街の酒場で仲間を募れと王様から言われたので来てみたけれど……」

男「賑やかだなぁ……こんなのを三日に一度やってたら、そりゃ貯蓄なんてできる筈がないわ」

男「とりあえず仲間募集の張り紙でもしておいて、ちょっと待ってみるか」

???「おい、貴様」

男「ん?」

???「その手に持つ張り紙の内容……もしかして、勇者か?」

男「ああ、そのつもりだが」

男(さっそく仲間キター!!)

 

97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 15:44:11.12 ID:AzObomoQ0

女騎士「もしよければ、私をパーティに入れてくれないか?」

男「ああ、いいぜ。まだ誰一人もいなかったんで、それは願ったり叶ったりだ」

男(うわ凄い美人さんだ。甲冑から見え隠れする浅黒い肌が、またエキゾチックを醸し出してるわ)

女騎士「そう言ってもらえるのは嬉しいな。では、宜しく頼むぞ」

男「ああ、こちらこそ」

女騎士「私の名前は、スカラベール・カーメンムシーノ。気軽にスカラと呼んでくれ」

男「ん?」

 

98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 15:48:50.39 ID:AzObomoQ0

   男「……失礼だが、もう一度お名前を訊ねても宜しいかな?」

スカラ「スカラベール・カーメンムシーノだ。由緒正しいスカラベール家の末裔だから、勇者のパーティとして血統的にも問題はないぞ」

男「そ、そうか! よろしく頼むぞ!」

男(きっとこの世界ではこういう名前が普通なのか。
あながち神様がつけた俺の名前も、苗字でいうところの佐藤さんクラスで浸透してるのかもな)

スカラ「ところで勇者よ、貴殿の名前は?」

男「あ、ああ。プレシオサウルス斎藤だ」

スカラ「ん? リングネームか?」

男「やっぱり変わった名前じゃねぇかチクショウ!」

 

99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 15:52:26.15 ID:AzObomoQ0

スカラ「急に叫ぶとビックリするじゃないか」

男「いやすまんな、自分の名前は苦手なもので……」

スカラ「なるほど、そういうことか。では今後は自分を勇者と名乗ればいいだけだろう」

勇者「スカラ、君は天才なのかも知れないな」

スカラ「稀によく言われるぞ」

勇者「どっちだよ」

 

100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 15:55:33.08 ID:AzObomoQ0

スカラ「そもそも私は力ばかりが売りではないぞ? 鎧に身を包んではいるが、こう見えても知性派でな」

勇者「ほほぅ」

スカラ「帝都ではくっころ学を専攻してきた」

勇者「なにを学んだって?」

スカラ「くっころ学」

勇者「どういう学問なんだよそれ……」

スカラ「心身の苦痛を快楽に転換する事を目的とした学問だな」

勇者「それっぽく言ってるけれどロクなもんじゃない学術なのは分かった」

スカラ「何故だ!? 由緒正しい心理学の一つで、禁欲的な騎士たちの間では盛んな学問なのだぞ!?」

勇者「いやもう禁欲的とか謳いながら、快楽目的とか素直に言うてますやん……」

 

101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 15:59:12.06 ID:AzObomoQ0

 勇者「はぁ……仲間第一号にしては心もとないが、改めて宜しく頼むよ」

スカラ「ああ、大船を乗り継ぐつもりで頼ってくれ」

勇者「なんで途中脱落フラグを立てたんだ」

 

102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 16:02:35.78 ID:AzObomoQ0

スカラ「ちなみに勇者よ、酒場の奥でゆるりと飲んでいる人物がいるだろう?」

勇者「どれどれ? おお、本当だ。えらく顔立ちの整った男が見えるな。
一人で飲んでいるのはワケありか?」

スカラ「あれはこの街で一番の魔術師だ。強さが突出しているので釣り合うものがおらず、いつもああして飲んでいる」

勇者「ほほぅ、スカウトには持って来いだな」

スカラ「と思う」

勇者「適当すぎませんかね……」

スカラ「いや、だが街一番の魔術師なのは本当さ。試しに声でもかけてみたらどうだ」

勇者「まぁダメで元々だからな。ちょっと聞いてみるわ」

 

103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 16:06:37.47 ID:AzObomoQ0

 勇者「あの、すみません」

魔術師「何か?」

勇者「貴方がこの街で一番の魔法使いと聞いたもので。もし宜しければ私のパーティに加入しませんか?」

魔術師「ほぅ、勇者様ですか! いいでしょう、魔術の神髄を世界に知らしめるチャンスを待っておりました!」

勇者(えらくあっさり参入してくれたな。まぁ有り難い限りだが)

魔術師「おっと失礼。まだ名乗っていませんでしたね。
私の名前は、ショッタスキーデ・ローリモイイネ・ペルドフェリアン。紳士です」

勇者「前世でどんだけ地蔵を蹴り倒せばそういう名前で生まれてこれるんですか?」

魔術師「ちなみに酒場の皆さんからは愛称でペドと呼ばれております」

勇者「蔑称以外の何物でもないわ」

 

104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 16:15:14.98 ID:AzObomoQ0

スカラ「首尾はどうだ?」

勇者「仲間になってくれたよ」

スカラ「喜ばしいことなのに浮かない顔立ちだな」

勇者「いやまぁ、ちょっとね……」

スカラ「ところでプレシオサウルス斎藤」

勇者「フルネームは勘弁してください」

スカラ「貴様の後ろに誰かずっと立っているようなのだが」

勇者「ん?」

??「…………」

勇者「うおビックリした!?」

 

105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 16:19:50.43 ID:AzObomoQ0

 僧侶「あ、あの! ずっと話が聞こえてきちゃって……。
わ、私を仲間に入れてもらえませんか?回復呪文とか色々補助ができるので、居れば何かと便利かなと思います!」

勇者「そうですね。 つかぬことをお聞きしますが、お名前は何と言うのですか?」

僧侶「私の名前はアルトリス・コーディアル。アルトって呼んでください」

勇者(ようやくまともな名前の仲間が出来そうだ……)

勇者「うん、喜んで。貴方の参入を歓迎するよ、アルト!」

僧侶「あ、ありがとうございます!勇者様!」

僧侶「ちなみに勇者様のお名前は何というのですか?」

勇者「俺の名前はプレシオサウルス斎藤って言います」

僧侶「凄く変な名前ですね」

勇者「君ちょっとコミュ障の香りがするね」

 

106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 16:22:37.57 ID:AzObomoQ0

 勇者「改めて、この世界を救う予定の勇者です。呪文に関しては疎いので、ご指導ご鞭撻をよしなに」

僧侶「は、はい! 主に回復呪文のンホラメを使えますので、どうぞ宜しくお願いします!」

勇者「なんて?」

僧侶「え? ですので、回復呪文のンホラメを……」

勇者「ゴメンさっきの加入の話は速やかに忘れて」

僧侶「手の平大回転!? あんなに快く承諾をして頂いたのに!
も、もしかして中級呪文のンホゥラァメェを覚えていなければいけないのですか!?」

勇者「おい待ってくれ! この世界の回復呪文はそんな魔法しかないのか!?」

僧侶「わ、私が知る一般常識ではンホラメを代表に、派生魔法の回復呪文がいくつか……」

勇者「例えば?」

僧侶「中級呪文のンホゥラァメェ、上級呪文のソッコハラァメェ
活性化魔法のクヤシビクン、全体効果だとクヤシビクンビクン、とかですね」

勇者「ありがとう。俺は意地でも怪我だけはせずに己が力で戦うと決めたよ」

 

108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 16:32:54.02 ID:AzObomoQ0

こうして、魔王討伐を目的としている勇者のパーティが誕生した。

聖ドメスティックバイオレンス酒場を後にしたプレシオサウルス斎藤たち。

待ち受ける様々な試練はのちに伝承(サーガ)となるだろう。

闘将(たたかえ)、プレシオサウルス斎藤。

魔王バブミスト・ハハスキーを倒すその日まで……!

勇者「ツッコミが渋滞してるぞオイ」

 

109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 16:37:21.08 ID:AzObomoQ0

スカラ「ところで勇者よ」

勇者「なんだね?」

スカラ「魔王を討伐したら、報奨がもらえるだろう」

勇者「ああ、らしいな」

スカラ「貴様は何を望むのだ?」

勇者「そうだな……隠しダンジョンに挑むための武具を調達してもらうよ」

スカラ「ほぅ、更に強き者との出会いを求めるか。まさかの武人気質があるとはな」

勇者「いや、そんな大仰なもんじゃない」

スカラ「?」

勇者「俺は只この旅で……」

勇者「名前を変えたいだけなんだ」

―― END ――

 

112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 20:51:11.84 ID:u83Fb9CRO
くっそ下らないけどなかなか面白い
こうなんでも書けそうだと少し無茶振りしてみたくもなるな

 

113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/30(土) 23:16:35.77 ID:KHcyUPsk0
天才かよwwwwwwwwwwww

 

114: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 03:12:00.00 ID:A05UpXHC0

【ジャンル】

>>116

【季節】

【主人公名】

 

116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 03:35:29.55 ID:9OZrsjUqO
魔法少女

 

117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 03:48:41.98 ID:A05UpXHC0

【ジャンル】

魔法少女

【季節】

>>120

【主人公名】

 

120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 08:21:04.34 ID:ZtkVINS3o
身も凍るような真冬

 

121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 15:46:54.86 ID:A05UpXHC0

【ジャンル】

魔法少女

【季節】

身も凍るような真冬

【主人公の能力名】

>>123

 

123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 15:53:52.45 ID:6z2vipgqO
アポカリプス・ナウ

 

127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/01(月) 23:32:09.55 ID:A05UpXHC0

【ジャンル】

魔法少女

【季節】

身も凍るような真冬

【主人公の能力名】

アポカリプス・ナウ

【発動条件】

>>130

 

130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 00:20:28.78 ID:tNg6f6xCO
1万円札を依代に発動

 

131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 00:52:33.66 ID:D0XktGGI0

【ジャンル】

魔法少女

【季節】

身も凍るような真冬

【主人公の能力名】

アポカリプス・ナウ

【発動条件】

1万円札を依代に発動

 

132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 01:15:33.63 ID:D0XktGGI0

貴方が凛と立っているだけで、私の命が燃えるのです。

 

133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 01:44:57.57 ID:D0XktGGI0

しんしんと降り積もる雪が目に映った色づくもの全てを白く染め上げる。

今こうして隠れている自分には有り難い天の恵みだ、などと少女は考えた。

空は曇天の雲に覆われ、降るものが雪だけになり、天気予報が意味を成さなくなってから何年経っただろうか。

最後に太陽を見たのはいつだったか。

そんな事を思い出せないほど、もうずっと昔の話になってしまっている。

現在地である廃墟のビルを始めとした、瓦礫の街を埋めるようなスノウホワイト。

ここは倒壊しそうなほどに損傷しており、建物自体の古さも相重なって一時しのぎにすらならないかも知れない。

それでもどこに逃げていいのか分からず、歩き疲れてた末にようやく見つけた隠れ場所。無碍には出来ない。

一人で息を潜めていると、静寂が辺りを包み、きぃんと耳鳴りがするような無音の世界が形成された。

ここがバレたら私はきっと殺される。

そう思うと、口から漏れる息が白く染まるのすら、

自分の居場所を伝える狼煙のように思えてしまい、内腑の芯まで底冷えする。

 

134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 01:59:18.73 ID:D0XktGGI0

空恐ろしさすら感じる、しじまの虚しさに変化があった。

ざくり。ざくり。

雪の敷かれた地面を踏む音が聞こえてきたのだ。

ようやくこの閉鎖地区に助けが来てくれたのだろうか?

などと、楽観的に考えられる自分はもういない。

目の前で親兄弟が惨たらしく殺された自分には、そう思う事は不可能だ。

一緒に逃げてきた友人を代償にある今の命では、そう考える事は許されない。

敵が、いる。

私の半径百メートル内に。

 

135: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 02:06:41.92 ID:D0XktGGI0

ガタガタと体が震えるのは寒さがもたらすものだけではない。

恐ろしくて、寂しくて、寒くて、辛くて。

死んでしまいそうな自分から湧き出てくる生存本能。

誰もが持ちうる命のシグナル。それが警笛を鳴らしていた。

ここから逃げろ、と。

だが、疲弊しきった体は言う事を聞かない。

匍匐前進のように無理やり己を引きずる格好で、更にさらに建物の奥へと入り込もうとした。

ぱぁん、という乾いた音が聞こえるまでは。

 

136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 02:16:28.59 ID:D0XktGGI0

少しの余韻を残して、その音は空へ消えていく。

聞こえてきた方向を振り返ると、そこには人がいた。

正確には“人の形をした何か”がいた。

二足歩行で両手足がある、という部分だけが辛うじて残っている人間の尊厳。

だが目に見えたそれの顔面はぐずぐずに溶けており、その右手に付随しているのは銃の形をした肉の塊。

肉の銃はこちらに向けてきており、自分の元いた場所を確認すると焦げ付いた地面がある。

先ほどの音はどうやら何らかのものを発砲したようだ。

眼前のグロテスクな醜形に思わず喉元から悲鳴が漏れそうになる。

だが、声をあげて泣いたところで何も変わらない。それはもう知っている。

敵と呼ぶべきソレが肉の銃を二振り、三振りして、再び銃を向けてきた。

歩みをこちらに進めるつもりはなさそうだが、左手を右手に添える動作を行うのを見て確信する。

次こそ仕留めるつもりなのだ、と。

 

137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 02:28:56.32 ID:D0XktGGI0

逃げ場は無い、打つ手も無い。八方どころか十六方塞がりだ。

だが、例えそうだとしても、このまま大人しく殺されるのを待ってみるのは嫌だ。

今まで助けてくれた人たちに報いる為に、諦観だけは許されない。

うつ伏せの状態から上半身だけ起こして、睨むように相手を見据えた。

恐ろしさまでは消えないものの、面と向かえる度胸が生まれていたようだ。

化け物め、かかってこい。私は命がけで逃げ切ってやる。

そう決めた瞬間、心にふっと種火が灯る。

だが、それは吹けば消えるような幽かな光。

僅かな勇気振り絞るために、地べたに手の平をつけていた右手に力が籠る。

少女の小さな手で形成された握り拳、その内側には紙切れが挟まっていた。

 

138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 02:38:43.85 ID:D0XktGGI0

敵の右手の銃口がぶくぶくと肥大化していく。

目を背けたくなるグロテスクなその動きは、たぶん弾丸を発射する動作なのだろうと予測した。

だが、それが当たったところでどうなるというのだ。

きっと躱すこともなく被弾し、心臓は鼓動を止めるのだろう。

“死にたくないなら 受け取りなさい”

頭に声が反響した。

今の声は一体何なのだ。そもそも、何を受け取れというのだろうか。

そう思っていると、急に右手の平が熱くなってきた。

鉄すら溶かすような尋常じゃないその熱量に、思わず苦悶の声を上げる。

痛みと熱さの発生源である我が手に視線をやると、何か紙切れを挟んでいたのに気づく。

どうやら昔の通貨であったお札、その中でも最高級の一万円札を握りしめていたようだ。

経済が成り立っていない今の世界情勢では何も意味を成さない紙屑のそれが、粒子のようにパッと消えた。

そして自分の身を包むように光の飛礫が降り注ぐ。

一体自分には何が起きているのか、まだ何も彼女は知らない。

 

139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 02:46:08.23 ID:D0XktGGI0

雪よりも煌く光が纏われる。

敵である化け物も突然の発光に目を覆うような仕草を見せた。

だが、すぐさま銃口を改めて肥大化させ、外す事のないよう狙いを定めるように左手を添える。

そして光の中心に向かって撃ち放ったその一撃は。

パキン、と鋭い音と共に弾かれた。

そしてその直後に光は蒸散して、中にいた少女の人影を再臨させる。

「……なにこれ」

少女が思わず呟いたのも無理はない。

自分が目映い光に包まれたと思ったら、その直後にゴシックロリータのような恰好になっていたからだ。

 

 

140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 02:58:03.18 ID:D0XktGGI0

今まで着ていた地区指定の避難服はどこへやら。

自分の姿は、幼い頃に絵本で見たようなファンシーな服装に変わっていた。

スカートと言えそうなものを生まれて初めて履いているのに気づき、生足の露出度に思わず慌てふためいてしまう。

そうやってフラフラと体を動かしたときに気づく。

我が身が羽のような軽さになっている、と。

今ならあの化け物から逃げられるかも知れない。理由は分からないが、きっと二度とない機会だ。

そう思い、いざ走る姿勢を取ったそのとき。 頭の中に何かが流れてきた。

機械のような音声が物凄い速さでずっとリピート再生されているかのような感覚。

濁流のようなそれに意識を傾けると……。

銃撃が二発。屈む、そのまま前転で回避。
そのまま屋外まで走り抜ける。
途中にある雑貨店で五カウント待機。以上(オーバー)。

銃撃が二発。屈む、そのまま前転で回避。
そのまま屋外まで走り抜ける。
途中にある雑貨店で五カウント待機。以上(オーバー)。

銃撃が二発。屈む、そのまま前転で回避。
そのまま屋外まで走り抜ける。
途中にある雑貨店で五カウント待機。以上(オーバー)。

銃撃が二発。屈む、そのまま前転で回避。
そのまま屋外まで走り抜ける。
途中にある雑貨店で五カウント待機。以上(オーバー)。

 

141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 03:03:33.68 ID:D0XktGGI0

何の事やら分からず、その声のように試しに一度屈んでみた、

ぱぁん。

その一発は自分の頭上を掠め、つい先ほどまであった心臓の位置を正確に射抜いていた。

思わずゾッとする。声に従わずにあのままだったら死んでいたのかも知れない。

屈んだ姿勢のまま、勢いに任せて前転。

すると敵は面食らったかのように銃口をよろけさせ、あられもない方向に撃ってしまう。

そして右手が肥大化したまま硬直しており、左手でガンガンと力任せに叩いていた。

好機。

少女はフリルのついたスカートが汚れるのを厭わず、更に前転して敵の横を通り抜け廃墟のビルから屋外に走り抜けた。

 

142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 03:07:09.35 ID:D0XktGGI0

羽のような体が走ることで風を起こし、まるで空を飛ぶような感覚を覚えた。

身体能力の突然の異常発達を今は考える余裕などない。兎に角、走るのだ。

どこへ走るのか見当もつかないが、ただ、ただ、走る。

雪の降り頻る廃墟の街を疾風が駆けてゆく。

 

143: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 03:15:16.33 ID:D0XktGGI0

万能感に任せて走り回っているうちに、少しずつ息が上がってきた。

ようやく人間であることを思い出したかのように足を止め、次の逃げ道を探してみる。

ふと先ほど頭を巡った声が聞こえないかと神経を研いでみた。

どうやら今でもそれは繰り返し流れているようで、少し安堵した。

ただ、先ほどの鮮明な音声と違い、ラジオノイズが入ったかのようなジャミング音が入っており

非常に聞き取りづらくなっている。

聞き逃すまいとさらに意識を内に向けると、繰り返し同じような事を発していた。

途……に……る雑貨店で五カウ……ト待機。以上(オーバー)。

……る雑……店で……ト待……。以上(オーバー)。

途中……る雑貨店で五カウ…………機。以上(オーバー)。

ザラザラした音声が煩わしかったが、先ほどの事と照らし合わせると、こうだろう。

‘途中にある雑貨店で五カウント待機。以上(オーバー)。’

目的もないまま疲弊するのも考え物と思い、この声に従って、もう少し進んだ先にある雑貨店に歩みを進めることにした。

 

144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 03:22:14.08 ID:D0XktGGI0

走ること十分。体の重さをすっかり覚えてきた頃だったが、どうにか目的地の雑貨店前に着いた。

それと同じくらいのタイミングで、またしても乾いた音が後方から聞こえてきた。

振り返ってみて、顔から血の気がみるみる引いていくのが自分でもわかる。

最悪だ、最悪だ。あれは見た事のある絶望だ。

敵に出会ってしまった。

しかも、先ほど自分を襲ってきたのと同じ奴だろう。肥大化した右手は所々で裂けており、謎の汁を垂れ流している。

グロテスクな風貌と、襲い来る死の恐怖がリフレインしてきた。

とてつもない吐き気を覚えながら、必死に二つの選択肢を想起する。

更に逃げて、敵を撒くか。

声に従って、敵と対峙するか。

少女の足は、躊躇うことなく雑貨店に向かっていった。

 

 

145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 03:36:03.26 ID:D0XktGGI0

雑貨店に飛び込むと同時に、ドア越しに撃たれた敵の一発を背中に浴びた。

とてつもない衝撃が襲い掛かり、その勢いのまま店内の陳列棚を薙ぎ倒す。

背骨がイカれて半身不随になったのかと恐怖したが、ちゃんと下半身が動くのは不幸中の幸いか。

だが、痛みは消えず、また、脅威も消えない。

強がるために再度相手を見据えてはいるが、絶望感は拭えない。

ダメージを負って流石に動けない体。出入り口に立ちふさがる敵。向けられる銃口。

チェックメイト。詰みというやつだ。

もう出来ることはたった一つ。

頭に聞こえてきたものを信じて、大声でカウントをするだけ。

 

146: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 03:37:22.23 ID:D0XktGGI0

「5!」

ああ、声が震えている。頬が熱い。きっと今私は泣いているんだ。

「4!」

お父さん、お母さん。生んでくれてありがとう。もうすぐそっちに行くね。

「3!」

夕子ちゃん。シェルターが襲われたとき、庇ってくれてありがとう。
貴方のおかげで私はここまで生きてこれたよ。

「2!」

神様、ありがとう。今まで縁が無かった可愛い恰好をさせてくれて。
せっかく着せてくれたのに、走り回って汚してごめんなさい。

「1!」

神様、神様。

今まで信じていませんでしたが、どうかすがらせてください。

あと一度だけ奇跡を起こしてください。

「ゼロ!!」

 

148: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 03:46:13.52 ID:D0XktGGI0

数え終えたその瞬間、敵は動きを止めた。

それから一度のまばたきをしたあと、眼前のそれは縦から二つに体が割れて、出入り口を赤茶けた景色に染めあげる。

一体なにが起こったのか分からず唖然とするなか、その二つに裂けた化け物の間から人影が見えた。

その人影は一振りの剣を持っていた。逆光でよく顔は見えないが、そのフリルを纏った姿は自分とよく似ていると思った。

助けてくれた人なのか、新しい敵なのか分からない。

気を抜いていいのかどうかも分からないが、今はただこびりついた眠気がうっとうしい。

「間に合ってよかった……もう大丈夫ですよ。よく頑張りましたね」

優しい声をしたその人物を捉える事無く、緊張の糸が切れた少女の意識は闇に沈んでいった。

 

149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 03:53:56.82 ID:D0XktGGI0

~~

それから保護された少女は、様々な物事を知ることになる。

今まで襲ってきた敵は第三次世界大戦の名残である生物兵器であるということ。

それらを駆逐するためには、神様から宣託を受けたギフトユーザーである能力者が必要であるということ。

選ばれる者はランダムで神様の気まぐれのようだが、いずれ全ての人が利用できるよう研究しているということ。

自分が受けた能力の本質は、未来予知の力。戦闘向けではないが非常に重宝されるものだということ。

そして自分を助けてくれた少女は、凪原夕子。自分の親友と同じ名前であるということ。

 

150: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 04:07:05.45 ID:D0XktGGI0

それから少女は、戦地に赴くことになった。

神様に選ばれた特殊能力者で形成された部隊は皆、能力発動時にフリフリの戦闘服に変身しているという事柄から、

その有り様は昔の本や映像で見た『魔法少女』なるものに見え、

魔法少女隊と人々の間で浸透することになる。

少女は怪物の殲滅を指針とした未来予知を行ない、それらを遂行するための部隊を率いている。

敵を倒すために繰り出される予知の中にはどうしても変えられない未来もあり

それを踏まえて作戦指示を出さねばならない。

五十体の敵の屍を作る為に、魔法少女を一人殺す。

必ず勝てるが、犠牲は出る。

どうしても流れる血は仕方ないと理解していても、その白羽の矢がいつ自分に刺さるか分からない。

予言というよりも開示書めいたその未来予知は、仲間の内でとある呼ばれ方をするようになり

いつしかそれは彼女のコードネームと成った。

地獄の黙示録(アポカリプス・ナウ )、と。

 

151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 04:24:51.06 ID:D0XktGGI0

黙示録の名前を関する少女の活躍により、日本政府は相当の領土を奪還できた。

いつしか伝説の英雄で名を馳せるようになった少女は、戦いの途中で命を散らせてこの世を去る。

名誉の死とも讃えられ、政府の闇に加担して秘密裏に消されたとも言われた。

自分を助けてくれた凪原夕子が死ぬ運命の戦いで

彼女が身代わりになったという事を知るのは、本人以外誰もいない。

彼女は最後に自身の呼ばれている名前に反して、二つの地獄を隠していった。

平和を隠れ蓑とした暗黒の時代が始まるという近未来。

そしてその更なる未来で、史上空前の独裁者が生まれるという、暗黒郷(ディストピア)。

血塗れで得た未来の先に待つ真の地獄を見せないまま、魔法少女は一足先に地獄で待つことにした。

そこでなら黙示録を読まなくてもいいのかな、という一抹の悲しい希望を密やかに抱いて。

To Be Continued…… 【>>52】

―― END ――

 

152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 04:32:42.30 ID:D0XktGGI0

LAST

【ジャンル】

>>155

【季節】

【??】

 

155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 06:52:23.93 ID:PLf5mfhno
ヒーロー

 

157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 07:11:45.27 ID:D0XktGGI0

【ジャンル】

ヒーロー

【季節】

>>160

【??】

 

160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 07:18:14.45 ID:KxL9narFO
梅雨
無理なら春

 

161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 07:25:29.07 ID:D0XktGGI0

【ジャンル】

ヒーロー

【季節】

梅雨(春頃の描写含む)

【>>163】

 

163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 08:39:00.67 ID:qgOQLZvyo

 

165: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 13:56:50.20 ID:D0XktGGI0

【ジャンル】

ヒーロー

【季節】

梅雨(春頃の描写含む)

【敵】

>>167

 

167: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 14:55:31.42 ID:ivsufYgeo
ブラック企業

 

171: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 00:15:53.95 ID:PZdK1LBG0

【ジャンル】

ヒーロー

【季節】

梅雨(春頃の描写含む)

【敵】

ブラック企業

 

172: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 00:38:04.89 ID:PZdK1LBG0

何もかもが嫌になるときがある。

例えば片思いが終わったとき。

夏休みの終盤で宿題に追われているとき。

人生を考えすぎたとき。

思う起因は大小あれど、その気持ちがふっと浮かび上がるのは誰しも持ちうるだろう。

取引先でのプレゼンに失敗した帰り道、突然の雨に降られてしまった身だと尚更だ。

社用車を使わずにたまには公共の交通機関で行ってみようと行動した矢先にこれだ。

普段は常備している折りたたみ傘も今日に限ってカバンに入れておらず、溜息が漏れる。

今はシャッターの下りた呉服屋らしき店前で雨宿りをしている。

周りには人気もなく、アスファルトに出来た水たまりが跳ねる音しか聞こえてこない。

またしても、溜息ひとつ。

燻るような吐息は湿気た空へと霧散した。

 

173: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 00:45:04.35 ID:PZdK1LBG0

涙を隠せと言わんばかりの豪雨でワイシャツは濡れそぼっていた。

ワックスで整えていた髪も乱れ、前髪から水滴が足元へと落ちていく。

黒々とした自分の髪の隙間から見えるのは、新緑の芽が初々しい街路樹。

雨粒こそが最優の糧と言わんばかりに葉が目映く光るが、あいにく梅雨というのは好きではない。

たまの雨なら良いのだが、こう夕立が多いと煩わしさしか見えてこないのだ。

桜が舞っていた過ごしやすい季節が遠い昔に思えてしまう。

 

174: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 01:05:34.59 ID:PZdK1LBG0

雨宿りから十分ほど経過しただろうか。空は未だ灰色に包まれている。

雨が止むのが先か、心が病むのが先か。

最初から病んでいたのならばそもそも勝負にならないな、と自嘲を口に添えて独りごちる。

それから軽く頭を振って、カバンを確認した。

今日のプレゼンに関する資料がデータとしてUSBメモリに入っているのだ。

安否が気になる所ではあるが、どうせ壊れていても問題ない。

会議で披露して失敗したものは、もう使われることのない内容なのだから。

 

175: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 01:12:51.59 ID:PZdK1LBG0

会社に寝泊まりをしてまで仕上げた渾身の一品。世界中の子どもに夢を与えられると信じた我が集大成。

どこかに不備はないか、採算はとれるのか、出費のコストは抑えられるか。

様々な要素を懸念して、説得力のあるものに仕上げた筈だった。

それをたった一言で覆された。しかも満場一致で。

「二番煎じ」

悔しい事にぐぅの音も出ない。

 

176: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 01:24:45.33 ID:PZdK1LBG0

自分の開発しようとしたのは、スマートフォンのゲームアプリだ。

内容は“アウトカメラとゲームを同期させ、そこに映るモンスターを捕まえる”というもの。

まさか、かの有名な会社が既に開発を終えていて、さらに全世界でブームになっているとは……。

それを知ったのが今日の朝だった。

出かける前のニュースで突然のブレイクを発表され、当然それを見ていた方々から非難を浴びたわけだ。

そして雨で立往生をしているこの現状。間の悪い事ここに極まれり。

ああ、今は何もかもが嫌になる。

 

177: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 01:32:03.82 ID:PZdK1LBG0

そう思っていると、耳に雨音以外が聞こえてきた。

カツン、カツンと。革靴の踵がアスファルトを叩いている。

それに遅れてヒールを踏むようなコツコツした音が残響する。

音のする方へ目線を向けると、そこには傘を差した男女がいた。

男は梅雨の蒸し暑い時期にも関わらず、冬物のような厚手の黒いスーツ上着をきっちり着ていた。

さらにネクタイまでご丁寧に巻いてある。

その暑苦しさしか感じられない恰好は見ているだけで不快になり、うえっと内心で苦い顔をした。

女性の方は体のラインが少し浮き出るようなOL調の恰好。

男の後ろで凛と佇んで構えているあたり、ひょっとすると秘書なのだろうか。

彼女の眼鏡の奥に見える怜悧な眼は、鋭さと美しさを想起させる。

「こんなところに居たのですね」

奥に立つ男性が声をかけてきた。どうやら自分を探していたらしい。

はて、こんなポンコツに用事があるとは。いったいどんな了見なのだろう。

 

178: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 01:35:25.28 ID:PZdK1LBG0

「会社に連絡したらまだ帰社していないと聞いたので、随分と探しました」

それは大変失礼を致しました、と軽く会釈。

振舞いから何とはなしに上の身分の御方かなと思い、まずは下手に出て話を伺う事にした。

 

179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 01:43:27.60 ID:PZdK1LBG0

「申し遅れました。私はこういう者です」

スーツの内側から名刺入れを取り出して、こちらへ差し出してくる。

相手様の名前を確認する前に自分も無意識のうちに名刺を相手へ差し出していた。

これはサラリーマンの性(さが)というものか。

向かいに居る男性も、これはご丁寧にどうもと柔和な笑みを浮かべてくる。

その仕草を目に映しつつ、視界は頂いた名刺の方へゆっくりと下げられた。

黒々としたインクに大きく書かれていた名前は、総角 弦徳(あげまき げんとく)。

和風というか荘厳というか、なんとも奥ゆかしくも珍しい。

その名の横に記された“代表取締役”という肩書には納得の二文字しか浮かんでこなかった。

 

180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 01:50:17.85 ID:PZdK1LBG0

しかして、こちらの会社名には見覚えがあるような、ないような……。

内心で唸っていると、相手はこちらの考えを見透かしたような言葉をかけてくる。

「名に覚えが無いのに既視感があるのも無理はありません。
弊社は先ほど貴方のプレゼンを聞いていた外部の会社でして。
ベンチャー企業の代表として呼ばれたのが、私のような若輩者が頭の会社で恐縮です」

ということは、会議での失態をしっかりとこの若者にも見られていたのか。

肩が少し重くなる。憂鬱な気持ちに拍車がかかりそうだ。

 

181: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 03:24:57.16 ID:PZdK1LBG0

「貴方を探していたのは他でもありません」

急に本題が吹っ掛けられそうな雰囲気だ。

後ろの秘書らしき方に目をやると、素知らぬようなすました顔をしながら目を瞑っている。

さながら上司の発言を聞き逃さない傾聴の姿勢に見えなくもない。

湿気を纏う生温い風が、少しずつひりつくような緊迫した空気を連れて来た。

「ヘッドハンティングです。率直に言います。 弊社で、世界を救ってみませんか?」

突拍子のない話を聞くと、一瞬頭が真っ白になるというのは本当だったか。

二度三度と言われた内容を反芻すると、どうにも後半部分にモヤがかかる。

ヘッドハンティングは分かる。

なんだ、世界を救うとは。

 

182: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 03:34:29.18 ID:PZdK1LBG0

「先ほどの会議でプレゼンを拝見しました。
実に間が悪く、鮮度の大事なゲームビジネスとして扱うのは難しいものでしょう」

いま自分が一所懸命に頭を動かそうとしていることなぞ相手は知らぬだろう。

構わずに滔々と話を続けてきた。

「ですが、貴方の技術はもっと大事な所で使えるのです。
むしろ弊社が総力をかけて取組んでいたプロジェクトの主戦力足り得る素晴らしいもの。
その技術力と、貴方に眠る一欠片の正義の心に向けて、もう一度だけ問います」

「弊社で、世界を救ってみませんか?」

内容も何も聞いていないのに。

今の会社以上に激務になる可能性だって充分あるのに。

危ない事柄に巻き込まれているかも知れないのに。

世界を救ってみませんか。

その言葉を聞いたとき、胸に確かな熱が灯る。

眠ったままの少年の心に火が点いた。

 

183: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 03:40:47.14 ID:PZdK1LBG0

~~

とある都市伝説がある。

世界を守る七人の存在、というものだ。

今の世の中で当たり前に使っているインターネットという不定形の万能機。

このインターネットで問題が発生したときの再起動方法を知っている者は少ない。

実はwww(ワールド・ワイド・ウェブ)の再起動は、アメリカにあるベースで行う必要がある。

そのベースは高度なセキュリティで守られており、再起動にはその鍵となるカードが必要となる。

カードは世界でたったの七人しか持っておらず、複製や模倣は不可能。

何故なら一日に一度、ランダムで読取用のナンバーが変わる。

それどころか徐々に形まで変わっていく形状変化のものだからだ。

長方形の形で受け取ったと思ったら数日後には正方形やひし形に成っているなど、様々なものに姿を変えるらしい。

必要な情報は断片的なもので、再起動にはその七人のうち五人以上が集合しなくてはならない。

七人はそれぞれ他国から一名ずつ選出されており、その素性は明らかとなっていない。

一国支配されないように配慮されているので、同国で複数枚の所持者というものは居ないのだ。

そう、現状は。

情報が土台となっているこの社会においてインターネットを統べるというのは、

世界を掌握するというのに等しいかも知れない。

欲と罪に駆られ、このカードの所有者を割り出そうと躍起になっている国は多い。

カードを持つ選ばれた七人。

世界の守護者にして、大規模戦争を抑える為の抑止力と成り得る彼らの存在は。

現代において英雄(ヒーロー)と呼ばれるものかも知れない。

~~

 

 

184: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 03:49:38.39 ID:PZdK1LBG0

果たして転職をしたのは良いのだが、思っていた事と違う点がまず一つ。

それは、自分の腕を買われた部分。

ゲーミングシステムのプログラムで抜擢されたのかと考えていたが、どうやらそこではないらしい。

プログラムという点に間違いはないのだが、ゲームで遊ぶためにシステムで付随していた“位置情報の取得”という所に目を付けてもらったようだ。

どうやら自分の組み立てた取得システムは国内どころか世界有数の正確さを打ち立てているとのこと。

ただ問題なのは、その辺りは互換性などあまり考えずにプレテスト版として割と適当に組んでいたので

自身でどう作動しているか分かりかねている部分が多々ある。正直に言うと、半分くらい分からない。

これ本当にどうやって動いているのだろうか。首をかしげるばかりである。

なので、今の新しい職場で与えられている最初の仕事は「自身の組んだプログラムの理解」。

なんとなく本末転倒な気がしてならない。

 

185: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 04:03:39.93 ID:PZdK1LBG0

強いてあと一つ挙げるならば、私自身が世界を救うという事ではないという点か。

正しい業務としては「世界を守るヒーローを見つける手助け」だ。

そのヒーローというのがどこにいるのか皆目見当もつかないと手ぐすねを引いていた所に

位置情報の取得に特化したシステムを持つ人が現れてくれた、とは社長の弁。

このシステムを様々な物に内密で組み込ませ、世界各国に散布させていち早くヒーローを見つけるのがこの会社の業務。

実際に見つけたらどうするのか訊ねてみたら、保護しますよという簡素な一言だけ述べて笑顔を浮かべるばかりなのが妙に怖い。

もしかしたらここの社長は、手元に件のカードを集中させて世界征服でも企んでいるのではなかろうかと勘ぐってしまう。

まぁそんな事はないだろう。

そうだとすれば、この会社は本当の意味で世の中を混沌に導くブラック企業になってしまうじゃないか。

せっかく転職した先がブラック企業だなんて目も当てられない。

もし上手いこと解析に成功したとしても、まさかこんなちっぽけなシステムで

今の今まで表舞台から隠れきっていた世界の重鎮が見つかるとは思わない。だが万が一の事もある。

だからこう自分は祈るのだ。

ブラック企業が狙っているぞ。

せいぜい逃げ延びてくれよ、ヒーロー。

―― END ――

 

186: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 04:07:20.88 ID:PZdK1LBG0

【ED曲】

https://www.youtube.com/watch?v=KO-bMWYb_3c

お付き合い頂いて有難うございました。

拙い小話の内容にも関わらず、こうして貴方に目を通してもらえた事が何よりも嬉しいです。

またどこかで。

 

187: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 09:08:20.11 ID:6o81KP3io

早筆だなほんと

 

188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/21(日) 09:18:00.93 ID:o01al8Ut0
結構丁寧に書かれていたので貴方の作品は好きでした、また書いてください

 

156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/02(火) 07:10:42.46 ID:D0XktGGI0

>>153
恐縮です。色々と書いてはおりますが、ここでは下記の二つを挙げておきます。

オリジナル:男「ここが君の、終の棲家でありますように」
二次創作:ていとくがこわれるはなし


元スレ
タイトル:【安価】貴方の読みたい物語
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469687744/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP