魔王「邪魔するぞ」マスター「あぁ、いらっしゃい」 | SSマンション-SSのまとめブログ-

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサードリンク

魔王「邪魔するぞ」マスター「あぁ、いらっしゃい」

2018年6月29日その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 22:22:59.38 ID:GZN9K4Y/0.net
魔王「ふっ、いつもの席は空けてあるか。感心な奴だ」

マスター「どうも…で、今日は何にする?」

魔王「適当に出してくれ。ツマミもな」

マスター「…今日は思いっきり酔い潰れたいって顔だな」

魔王「私の顔はそんなに分かりやすいか?」

マスター「職業柄、そういう能力に長けてるだけさ」






2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 22:25:27.64 ID:GZN9K4Y/0.net
魔王「ふぅ…」ガタン

マスター「随分と疲れてるじゃないか」

魔王「私は美人で人気者だからな。毎日のように不届き者が現れるんだ」

マスター「ははっそうかい」

魔王「…何とも思わないのか?同じ人間がやられているというのに」

マスター「ここに店を構えてから、久しく人と会ってないからな」

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 22:28:42.89 ID:GZN9K4Y/0.net
魔王「全く、物好きな奴だ。なぜ人間界に店を建てなかった?」

マスター「人間、若い時には無茶をしたくなるものさ」

魔王「お前はもう良い歳だろう?」

マスター「…歳をとっても変わらなかった。それだけの話だ」

魔王「人間にしては良い根性をしていると思ったが。ただの変わり者だということか」

マスター「魔王なんてモンよりはよっぽどまともで退屈だよ」

魔王「クク…心外な評価だ」

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 22:31:55.21 ID:GZN9K4Y/0.net
マスター「ほら、どうぞ」

魔王「なんだこれは?見たことがないが」

マスター「常連のお客さんにしか出さないものだ」

魔王「私以外に常連などおるまい」

マスター「そういうことは言わないのが出来た大人というものだ」

魔王「難しいな、魔王になるよりも」

マスター「交代はせんよ」

魔王「賢明な判断だ」

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 22:34:14.39 ID:GZN9K4Y/0.net
マスター「さ、ツマミもできたぞ」

魔王「ふむ…これは人間界の食い物か?」

マスター「揚げ物だよ」

魔王「先ほどからやかましい音を立てていたのはそのせいか」

マスター「ああ、魔界ではないものだろう?」

魔王「そうだな、食い物と言えば普通は生でしか食わん」

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 22:37:18.75 ID:GZN9K4Y/0.net
マスター「魔界の住人の口に合うかは分からないが…」

マスター「まあ物は試しだ、食べてみな」

魔王「…どう食べればいいんだ?」

マスター「そのままかぶり付けばいい」

魔王「ふむ…」ガブッ

魔王「……」ムグムグ

マスター「どうだい?」

魔王「…褒めてやらんこともない」

マスター「あぁ、充分だ」

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 22:40:31.98 ID:GZN9K4Y/0.net
魔王「ん?」

マスター「よっ…と」スッ

魔王「どうした、お前は向こう側に立っているのが商売だろう」

マスター「お客さんとの交流も商売だ。横、失礼するぞ」

魔王「ふっ…好きにしろ」

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 22:44:10.87 ID:GZN9K4Y/0.net
魔王「そういえばお前、家族はいるのか?」

マスター「人間界に妻と息子がいる」

魔王「…戻ってやらんのか」

マスター「些細なことで喧嘩をしてしまってな。一人家を出て行ったわけだ」

魔王「また若さゆえの無茶か?」

マスター「あぁ、後は分かるだろう?」

魔王「…その歳まで変わらなかったわけか。バカな男だな」

マスター「言うな、百も二百も自分に言ってきたことだ」

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 22:46:53.77 ID:GZN9K4Y/0.net
魔王「む…」

魔王「そろそろ酔いが回り始めてきたな…」

マスター「もう酔いに任せて魔法を乱発するのはやめてくれよ」

魔王「安心しろ、昼間の戦いのせいで魔力はスッカラカンだ」

マスター「そこまで苦戦するとは珍しいな」

魔王「たまには暴れるのもいいと思っただけだ」

マスター「あぁ、そういうことにしておこう」グビッ

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 22:49:20.04 ID:GZN9K4Y/0.net
魔王「……でな!私はそこでこう言ってやったんだ!」

魔王「『私を倒したくば人生を百回はやり直せ』とな!」

マスター「はははっ」

魔王「その時の人間の悔しそうな顔ときたらなーひっく…」

魔王「おーいマスター!もっと飲め!ぜーんぜん減ってないぞぉー!」

マスター「酔い潰れたら商売にならんだろう」

魔王「ばかお前ーそーいうのも含めてだな!商売というものは…」

魔王「んー…」パタッ

マスター「おやおや…しょうがない、ソファで寝かせておいてやるか…」

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 22:52:29.11 ID:GZN9K4Y/0.net
カランカラン…

マスター「いらっしゃ…あぁ、執事さん」

執事「魔王様は?」

マスター「酔い潰れたからソファで寝かせておいたんだ」

執事「いつもすみませんな」

マスター「ははっ構わんよ」

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 22:55:35.51 ID:GZN9K4Y/0.net
魔王「……むぅ…」スースー

執事「…本当に、お幸せそうな寝顔だ」

マスター「随分とご機嫌に話してたからな」

執事「城でもずっと気を張り続けていて…本当に安らげるのはこの店だけなのです」

マスター「だろうな。毎日毎日戦い漬けなのだから」

執事「それに加えてこの殺伐とした時代。臣下達もいつ誰が謀反を起こすかも分からぬ状況で…」

マスター「そしてあなたは魔王のお付き…苦労するな」

執事「いえ、私は…」

マスター「…気晴らしに、少し飲んでいくかい?」

執事「……えぇ、ではお言葉に甘えて」

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 22:58:45.61 ID:GZN9K4Y/0.net
マスター「魔王は今日、相当苦戦していたようだが…」

執事「ご存知なのですか?」

マスター「向こうから聞いた」

執事「資源も食糧も、無限にはありませんからな…」

執事「我々の不手際のせいで、少しずつ魔王様の負担が重くなってしまう」

執事「…歯痒い状況です、実に」

マスター「…そうか」

マスター「私は既に俗世を離れた身だ……何も、言わんよ」

執事「そうして頂くと嬉しいですな…」

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 23:01:36.88 ID:GZN9K4Y/0.net
魔王「ん…んん?」

マスター「お目覚めか」

執事「魔王様、私です」

魔王「あぁ…来ていたか、執事」

執事「帰りましょう、臣下共が待っております」

魔王「馬鹿を言うな。今頃全員夢の世界に旅立っているだろう」

執事「大人の世界では建前は重要でしてな」

魔王「ふ…厄介なものだ、大人というのは」

魔王「では失礼するぞ、マスター。金はここに置いておく」

マスター「あぁ、また来るといい」

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 23:04:12.83 ID:GZN9K4Y/0.net
「…ん?」

「な、なんでこんな所に店が…?」

「誰かいるのか…?入ってみるか」ガチャッ

マスター「おや、今日は早…」

マスター「っ!」

「……え?」

マスター「お前…」

「………おや、じ……?」

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 23:07:53.31 ID:GZN9K4Y/0.net
マスター「お前、討伐隊に入っていたのか…」

「おっ俺のことなんかより!なんで親父がここにいんだよ!」

「母さんと俺をほったらかして!一人勝手に家を出て行って!」

マスター「…すまん」

「どれだけ…俺達がツラかったか…!」

マスター「…………すまん、本当に…」

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 23:10:34.44 ID:GZN9K4Y/0.net
―――――――
―――

「…で、親父はここで何をしてるんだ?」

マスター「見ての通りだ、店を経営してる」

「魔物が酒なんて飲むのかよ」

マスター「あまり飲む奴はいないが…」

マスター「…一人、とびっきりの酒好きがいてな」

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 23:13:31.58 ID:GZN9K4Y/0.net
マスター「ところでお前はどうしたんだ?」

「さっき親父が言った通りだよ」

マスター「魔王を討伐しに来たというわけか…」

「あぁ、近い内に奇襲をかける。今日は偵察だ」

マスター「…そうか…」

「何か魔王について知らないか?どんなことでもいいんだ」

マスター「……」

マスター「…知らないな、会ったこともない」

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 23:16:52.00 ID:GZN9K4Y/0.net
「…さて、昔話の一つでもしたいけど」

「仲間が待ってるんだ。そろそろ帰る」

マスター「…あぁ」

「じゃあ、な…」スッ…

マスター「……待て」

「なんだよ?」

マスター「お前が故郷に戻ったら…」

マスター「母さんに伝えてくれ…『お前のことは一日も忘れたことはない』と」

「……伝えておくよ、約束する」

マスター「…ありがとう」

「…元気でな、親父。全部終わったら…酒、飲みに来るよ」ガチャッ

マスター「あぁ、待ってる」

カランカラン…

マスター「……」

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 23:20:38.05 ID:GZN9K4Y/0.net
数日後

魔王「ふむふむ、やはりこの揚げ物とやらは褒めてやるに値すると認めてやっても…」ムグムグ

マスター「今日はどうしてこんな昼間から?」

魔王「不届き者の気配が全くなかったからな。たまには昼に行ってもいいだろうと」

魔王「ま、お前も客がいなくて寂しいからちょうど良かっただろう?感謝しろよ?」

マスター「ははっ、光栄だ」

ガチャッ!

魔物「魔王様!!!!」

魔王「なんだ、騒々しい」

魔物「大変です!敵が奇襲を仕掛けてきました!!」

魔王「なに?」

マスター「…奇襲…?」

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 23:23:38.67 ID:GZN9K4Y/0.net
魔王「どうした、マスター」

マスター「……その敵」

マスター「おそらく、私の息子だ…」

魔王「なっ…お前の息子…!?」

マスター「数日前に店に来た」

魔王「なんだと…クソッ…!」

マスター「……魔王」

マスター「私は、お前側にも息子側にもつかん」

マスター「だから…気にするな」

魔王「…しかし…」

マスター「…いいんだ」

魔王「…分かった」

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 23:27:12.32 ID:GZN9K4Y/0.net
魔物「魔王様!早くお戻りになってください!」

魔王「分かっている!すぐに行くから先に帰っていろ!」

魔物「はっ…!」ガチャッ

魔王「…マスター」

マスター「…なんだ?」

魔王「我々は、今非常に厳しい戦況にある」

魔王「さらに今回は奇襲を受けた…正直、生き延びる自信はない」

魔王「だから…今日で一応の別れとさせt…」

マスター「…………おく」

魔王「え?」

マスター「また…揚げ物を用意して待っておく」

魔王「…マス、ター…」

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 23:30:31.73 ID:GZN9K4Y/0.net
マスター「私はここのマスターで、お前は客だ」

マスター「それ以上でもそれ以下でもない」

マスター「そうだろう?」

魔王「…ふっ、その通りだな」

魔王「じゃあ…行って来る」

マスター「あぁ、またの来店を待っている」

魔王「…マスター」

マスター「ん?」

魔王「……揚げ物、美味かったぞ」

マスター「…どうも」

ガチャッ バタン

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 23:34:32.48 ID:GZN9K4Y/0.net
数週間後

マスター「……ふぅ、これくらい掃除したら充分か」

マスター「…ん?」

スタスタスタ…ザッ

マスター「おや…お客さんか…」

ガチャッ

カランカラン…

マスター「いらっしゃい」

マスター「あぁ…お前か」

マスター「…ちゃんと用意しておいたぞ」

…さあ、食べな

Fin

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 23:39:01.03 ID:/bSSNevx0.net
この終わり方好きだわ乙
39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/20 23:40:11.35 ID:2LBRQCkR0.net
こういうスムーズに終わらせてくれるSSを見たのは久しぶりだ






元スレ
タイトル:魔王「邪魔するぞ」マスター「あぁ、いらっしゃい」
URL:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1403270579
掲載サイト:2ch.sc  に投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP