【艦これ】提督「さっむ…」

艦隊これくしょん -艦これ-



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/16(水) 21:35:23.72 ID:tqCoY/ys0
提督「そろそろ炬燵でも出すかぁ…」

三日月「お手伝いしますよ、司令官」

提督「お、サンキュ。でも二人じゃなぁ…。五月雨は何してた?」

三日月「まだ食堂でお昼ご飯を食べてましたよ」

提督「そっか。…流石に昼飯中に頼むのはなぁ」

満潮「ちょっと…」

提督「あーあ、こんな所に髪の毛をツンデレのテンプレみたいな結び方にして性格も髪型の通りにツンデレで練度が上がると補給の時にデレだして二人きりになると甘えん坊になる朝潮型四番艦でもいればいいのに」

満潮「~~~っ!沈め!」ヒュッ

提督「おっと危ない。おや、満潮じゃないか」

三日月「さすがにわざとらし過ぎますよ司令官…」

スマホで酉つけるときにシャープみたいな記号はどうやってつけるのか教えて下さいエロい人

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479299723






2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/16(水) 21:38:30.11 ID:tqCoY/ys0
満潮は三番艦だった。すまぬ
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/16(水) 21:39:55.69 ID:tqCoY/ys0
満潮「人がせっかく手伝ってあげようとしたのに…」

提督「はは、悪い悪い。ありがとよ」

満潮「べ、別に」

三日月「相変わらずですねぇ満潮は」

満潮「な!ど、どういう意味よ!」

提督「おーい盛り上がってる所悪いけど倉庫に着いたぞー。誰か机のそっち側持ってくれー」

三日月「はーいただいま」

満潮「じゃあ私は布団を…う、そこそこ重いわね」

村雨「あらあら~?皆で何してるの~?」

満潮「あ、丁度良いわね。村雨、手伝ってちょうだい」

村雨「別にいいけど…。何やってるの?」

三日月「炬燵を出してるんです。司令官寒がりですから」

村雨「あ、そういえばそうだったね~。でもいつもより炬燵出すの遅くないですか?」

提督「今年はそこそこ暖かかったからな。出すタイミングが無かったんだよ。」

満潮「ほら!お喋りしてないで早く運ぶ!」

提督「はいはいっと」

#←これかな?

5: ◆oiCa9hEAzZxk 2016/11/16(水) 21:43:26.96 ID:tqCoY/ys0
提督「あ~暖かいわ~」

村雨「そ~ですね~」

満潮「あんまりダラダラし過ぎて執務サボるんじゃないわよ」

提督「え~もう今日はいいや。終業時刻でーす」

満潮「なっ!まだお昼の12時過ぎだばかりよ!?馬鹿言ってるんじゃ…」

提督「村雨~満潮こわーい」

村雨「はいは~い村雨さんが慰めてあげますよ~」

提督「わ~い」

三日月「村雨、あんまり司令官を甘やかしたら駄目ですよ。すぐサボろうとするんですから」

提督「サボりじゃねえし。もう午前中にほとんど終わらせたし。俺優秀だし」

満潮「このっ…!」

五月雨「あっー!司令官やっぱりサボってるじゃないですか!」

提督「さ、五月雨貴様飯を食っているはずじゃ…」

五月雨「いや、もう皆食べ終わりましたよ…。いやいやそうじゃなくて。司令官、早く執務室に行きましょう」

提督「まあそんなにカッカするなよ五月雨。1回こっちにこい」

五月雨「こっちって…。あ、炬燵出したんですか」

提督「そうそう。おいでー暖かいぞー」

五月雨「炬燵…」

満潮「駄目よ五月雨!」

五月雨「ハッ!?」

満潮「貴女まで炬燵に入ったら司令官が本当に執務をしなくなるわ!」

五月雨「そ、そうですよね…。司令官を…連れ出さないと…」

三日月「でももう満潮炬燵に入っちゃってますけどね」

満潮「この暖かさには誰にも抗えないのよ…」

8: ◆mQ3UMlyAKTD2 2016/11/16(水) 21:45:46.07 ID:tqCoY/ys0
五月雨「とにかく、司令官を執務室に…」

村雨「隙あり~」ダキッ

五月雨「きゃあ!?む、村雨?何を…」

村雨「さあ今よ司令官!」

提督「合点承知!」ズイッ

五月雨「え、わ、わあ!?」

満潮「さ、五月雨が炬燵に吸い込まれっ…!?」

三日月「まあ提督が引っ張ってるだけですけどね」

提督「さあどうだ五月雨、炬燵の感想は」

五月雨「お休みなさい…」

満潮「即堕ち…!?」

三日月「飲み物を注ぎますよ。皆さんリクエストはありますか?」

提督「こ、この炬燵から抜け出し…」

村雨「じ、自分から皆の飲み物を用意する…?」

満潮「流石秘書艦は格が違うわね」

三日月「あんまりふざけたこと言ってるともう私の分しか用意しませんよ」

提督「コーヒーをくれ。砂糖は…三日月が俺に注ぐ愛情の量と同じで…」

三日月「はいはい角砂糖3つですね」

村雨「じゃあ私はミルクティー♪」

満潮「緑茶で」

五月雨「ホットミルクをお願いします…」

三日月「分かりました。ちょっと待ってて下さいね」

村雨「三日月は皆に気配りできますよね~。いや~美人ですしいい女の子ですね~」

三日月「え?」

満潮「髪も綺麗な黒だしサラサラよね」

三日月「な、なんですか急に」

五月雨「その上皆に優しくフォローが上手いですよね」

三日月「ちょ、ちょっと」

提督「そうだな、三日月は…」

三日月「し、司令官まで…」

提督「野球も上手いしなぁ…」

三日月「……どうぞ司令官、ブラックコーヒーです」

提督「あれ?三日月?砂糖は?おーい三日月さーん?」

9: ◆4mcs8I2CNc 2016/11/16(水) 21:46:47.26 ID:tqCoY/ys0
酉間違えた

村雨「今のは司令官がわるーい」

五月雨「そうですよ~わかってませんね~」

満潮「頭床に擦り付けて謝罪しなさい」

提督「み、三日月?」

三日月「何ですか」ツーン

提督「いつものしてやるから許してくれって…」

三日月「!………」トコトコポスン

提督「はーいヨシヨシ」ナデナデ

三日月「…ぅん……気持ち良いです…」

満潮「よくこんな人前で…」

五月雨「でも満潮も司令官と二人きりの時はよくしてもらってますよね」

満潮「は、ハァっ!?」

村雨「バレてないとでも思ったの?」

14: ◆4mcs8I2CNc 2016/11/17(木) 23:15:35.00 ID:MOEpKJ/w0
提督「三日月~プロ○ピやろうぜ~」

三日月「まだプ○スピやってるんですか?あれ2016年度版発売されて無いですよね?」

提督「一度あの面白味にはまったら抜け出せないんだよ…」

三日月「そうなんですか…?多分司令官以外はパワ○ロをしてると思いますけど…」

満潮「わざわざ皆2015年度版なんてやらないわよ」

村雨「私もたまにやるけどぉ…。メインはやっぱりパ○プロよね」

提督「やっぱりそうなのか…?くそっ…。何故コナ○は分からないんだ…。ミートが左右で分かれる楽しみ…。現実に忠実なフォーム…」

五月雨「あ、そういえば朧はまだプロ○ピがメインだったはずですよ」

満潮「あー何かそんな気がするわ」

三日月「あ、司令官司令官」

提督「すまん三日月。司令官ちょっと朧探してくる」

三日月「朧あそこにいますよ」マドユビサシ

村雨「あ、響もいるじゃない」

15: ◆4mcs8I2CNc 2016/11/17(木) 23:16:31.33 ID:MOEpKJ/w0
朧「やっぱり寒い時は体を動かすのが一番だね」ヒョイ

響「そうだね。………ただキャッチボールじゃあんまり体は温まらないんじゃないかな」パシッ

朧「そうかな。私はもう寒さ感じないけど」

響「そう?…まあ私は寒さには慣れてるからいいんだけど」ヒョイ

提督「おーい朧ー響ー」

朧「あ、提督だ」

響「執務時間中に私室の窓から顔を出すという事はまたサボりかな?」

提督「そ、そんなことねーし。もう終わったし」

朧「ほんとかなぁ?」

提督「そ、それより、炬燵を出したんだ。お前らも入らないか?」

朧「炬燵…行きます。入ります」

響「そうだね。私もお邪魔しよう」

提督「おう来い来い。……寒いから炬燵入る」ピシャ

響「相変わらず寒がりだね司令官は」

朧「そうだね。……ただ夏の提督よりは良いんじゃない?」

響「フフ…それもそうだね。司令官、何故か夏になるとテンションが高くなるからね」

朧「川内さんとよく夜に騒ぐのもやめて欲しい」

響「まあ南国生まれらしいし仕方がないのかもね。……早く行こうか。少し冷えて来てしまった」

朧「寒さには慣れてるんじゃなかったの?」

響「…やはりキャッチボールでも体は温まるみたいだ」

朧「そうでしょ?」

三日月「二人共ーココア冷めますよー」

響「急ごうか、朧」

朧「そうだね。温かいココア飲みたいし」

18: ◆4mcs8I2CNc 2016/11/18(金) 23:21:44.28 ID:L/TSqsAw0
プロス○2017は出てほしいなぁ…。
細々と更新。

提督「五回の裏~阪○タイガースの攻撃は~一番~ライト~マー○ン~背番号9~」

朧「バカな…マート○は既に退団してるはずじゃ…!?」

三日月「そのゲーム2015年度版ですしね」

五月雨「はぁ…炬燵に入りながらゴロゴロ…幸せですぅ…」

満潮「あんたそんなゴロゴロして急な出撃命令とか出たらどうするの?あ、村雨、みかん取って」

村雨「満潮も十分にゴロゴロしてるけどね~。…あ」

満潮「何よ?」

村雨「みかん切れちゃった」

満潮「あ、そう?じゃあ何かお菓子をくれない?」

村雨「はいは~い。……っと、お菓子何処だっけ?」

満潮「はぁ?あんたの傍にあったでしょ?響、お菓子何処にあるのか知らない?」

響「お菓子を隠すなんて酷いやつもいたものだね」モグモグ

満潮「ええ全く……ってあんたじゃないの!」

響「だって私の手の届かない所にみかんがあったんだ。仕方無いだろ?」

満潮「だったら言えば良かったじゃないの!」

響「悪かったよ。まだお菓子は余って……あれ?お菓子が消えてしまった」

満潮「はぁ?お菓子はそんにどっか行ったり消えたりしないのよ?一体誰が…」

提督「ポテ○うめーやっぱうす塩だよなー」

響「満潮」

満潮「…何よ」

響「あれが最後のお菓子だ」

満潮「司令官!それ寄越しなさい!」

提督「お、ゴミ袋捨ててくれるのか、サンキュー」

満潮「………」

19: ◆4mcs8I2CNc 2016/11/18(金) 23:25:37.36 ID:L/TSqsAw0
満潮「誰かお菓子買ってきてよ」

提督「外寒い、出れない、OK?」

満潮「元はと言えばあんたがあんなに食べたからでしょうが!」

村雨「そうそう。提督食べ過ぎ」

朧「行ってらっしゃい。私はよ○ちゃん」

響「私はボルシチを」

提督「ねえよ。てか行かねえよ」

三日月「そうですよ。普段お忙しい司令官におつかいなんて頼めません。私が行ってきます」

五月雨「いやいや三日月も秘書艦で疲れてるだろうし、私が行ってきますよ!」

村雨「五月雨にお手伝いさせるのはちょっとアレだから私が行くわ」

満潮「……まあ言い出しッペは私だし私が行くわよ」

提督「いやいや、皆が行くくらいだったら俺が…」

「「どーぞどーぞ」」

提督「知ってたよコンチクショウ!!」

20: ◆4mcs8I2CNc 2016/11/18(金) 23:35:16.24 ID:L/TSqsAw0
提督「じゃあ行ってくんぞー」

三日月「はい。お願いします」

五月雨「ちゃんとメモ見てくださいね~」

提督「はいは~い」バタン

満潮「……行ったわね」

響「そうだね」

朧「寂しいの?」

満潮「ばっ、馬鹿言わないでよ!」

五月雨「相変わらずですね~」

村雨「もっと素直になればいいのに~」

満潮「うるさいわよ!」

21: ◆4mcs8I2CNc 2016/11/18(金) 23:35:47.02 ID:L/TSqsAw0
村雨「あ、そうだ」

朧「どうしたの?」

村雨「ちょっとさ、提督を驚かせてみない?」

五月雨「驚かせる……ってどういうことですか?」

村雨「こう…提督がドアを開けた瞬間皆でワッ!とやるとか」

五月雨「あーなるほど」

三日月「でも司令官結構そういう耐性強いですからね。あまりびっくりしないんじゃないですか?」

村雨「あれ?そうだっけ?うーん。何かいい案内かな?」

響「びっくり系がダメなら皆で隠れて部屋に誰もいなくするとかかな」

五月雨「クラッカーとかならいくら耐性が強くてもびっくりするんじゃないかな」

満潮「いきなり炬燵の中に突っ込んで皆でマッサージとか始めればあいつもびっくりするんじゃない?」

朧「満潮…優しいね」

満潮「え、ちが、そういう訳じゃ、えっ?そう言うことじゃないの?」

三日月「じゃあ今回は優しい満潮の案を採用しましょうか」

村雨「さんせーい」

満潮「違うって…」

響「さすが満潮。司令官のことをよく考えている」

満潮「だから違うって言ってるでしょぉぉぉ!」

23: ◆jPpg5.obl6 2016/11/21(月) 23:14:59.38 ID:j0KvYrY00
提督「ただいま~さむかっ…」

満潮「ふんっ!」ガシッ

提督「え、なにどうしたのいきなり抱き締めて」

満潮「うるさいわね!少し黙ってなさい!」

提督「…満潮何か怒ってんのか?」

満潮「別に怒ってないわよ!」

五月雨「無理がありますよね」

響「満潮も必死なんだよ。ここはそういう事にしてよう」

満潮「そこ!聞こえてるわよ!」

24: ◆4mcs8I2CNc 2016/11/21(月) 23:15:46.94 ID:j0KvYrY00
提督「……一体全体どういう状況?」

村雨「満潮、パ~ス!」

満潮「ほらっ!」ヒョイ

提督「えぇ!?投げるんですかぁ!?……んむ」ドスッ

村雨「は~い提督いらっしゃ~い」

提督「あぁ…村雨の太もも柔らかいんじゃぁ~…」

朧「流石の包容力だね」

三日月「ほら、こっちも始めますよ」

提督「で、これどういう状況なの?」

村雨「まあまあリラックスしてて下さいね~」

提督「いきなり抱き締られて投げられて膝枕されてるこの状況ですぐにリラックスするのは無理があると思う」

村雨「う~んと、じゃあ耳かきでもしましょうか♪」ガサゴソ

提督「ぉぅふ…」

25: ◆4mcs8I2CNc 2016/11/21(月) 23:23:36.75 ID:j0KvYrY00
響「あ、それ私もやってみたいな」

朧「私もやってみたいかも」

村雨「そう?…じゃあ提督仰向けになって」

提督「ん?おお」ゴロッ

村雨「はい二人共、耳かき棒」

響「え?二人同時にやるのかい?」

村雨「いいじゃないの。気持ち良さそうだし」

朧「そうかな?…まぁ物は試しに」ガサガサ

響「失礼するよ、司令官」ガサガサ

提督「あぁ……何か両耳がやべぇ…気持ちえぇ…」

村雨「ふふっ、提督だらしない顔してるぞ♪」

提督「いや、これは……おうっ!?」

三日月「足つぼマッサージでーす」

五月雨「ここ…ですかね…」ググッ

提督「ぁぁあー…ああ、そこ……おぉ…」

26: ◆4mcs8I2CNc 2016/11/21(月) 23:24:17.50 ID:j0KvYrY00
満潮「………」ゴソゴソ

提督「!?」ビクッ

村雨「どうしたの?」

提督「なんかが上半身に抱き着いて…」

満潮「なんかじゃないわよ」

提督「……何してんの?」

満潮「あんたが寒いって言うから温めてやってんの」

提督「いやでも炬燵入ったから別に……」

満潮「……」ゲシッ

提督「いて」

満潮「いいから大人しくしてなさい」

提督「………うい」

満潮「…フフッ」

31: ◆4mcs8I2CNc 2016/11/23(水) 23:15:25.88 ID:XuzFttbI0
提督「………ファーアアァ…。あれ、寝ちまってたか…」

三日月「あ、おはようございます、司令官」

村雨「おはようございます~。いい寝顔でしたよ~」

提督「そりゃどうも…。他の奴らは?」

三日月「司令官と一緒に寝てしまいましたよ。なにか飲み物を飲まれますか?」

提督「…コーヒー一杯」

三日月「そう言うと思っていましたよ」コト

提督「流石秘書艦だな」

村雨「あ、三日月、私も紅茶ちょーだい」

三日月「わかりました」

提督「………あち」

三日月「もう少し冷めてから飲んでは?はい、村雨」

村雨「ありがと」

提督「なんか………いいな、こういうのも」ズズッ

三日月「…………そうですね」

提督「あちっ」

村雨「も~提督猫舌なんですから気を着けないと駄目ですよ」

提督「はーい」

32: ◆4mcs8I2CNc 2016/11/23(水) 23:16:42.55 ID:XuzFttbI0
やまなしおちなしで申し訳ない。読んでくれた人ありがとうございました。

SSで三日月と朧の出番増えろ!

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 23:40:25.78 ID:Cskc79d7o
乙ー






元スレ
タイトル:【艦これ】提督「さっむ…」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479299723/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP