スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

提督「精液を素材に使おうwwww」

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 19:26:37.47 ID:V1+AQhJG0
提督「大型艦建造で大和が出なさ過ぎて禿げ上がりそうだwwww」

提督「もっ、もう、変な笑いしか出ないwwww」

提督「こうなったらヤケだwwww」

提督「大型艦建造の際wwww」

提督「素材入れに、俺様の精液をぶちまけてやるwwwww」

~十時間後~

北方棲姫「パパー」

提督「どうしてこうなった……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432808787


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 19:29:33.95 ID:V1+AQhJG0
ザワッ

吹雪「えっ、うそっ……」ヒソヒソ

長門「提督に隠し子が……?」ヒソヒソ

神通「いえ、でも、あの子は建造ドックから……」ヒソヒソ

利根「では、新しい艦娘ということか……?」ヒソヒソ

北方「パパー」ペシペシ

提督「違う、違う……」オロオロ

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 19:34:43.19 ID:V1+AQhJG0
扶桑「でも、提督を父と呼ぶ艦娘は今までいませんでした」

山城「じゃあ、本当に父親なのでは……!?」

初春「人と艦娘の合いの子、ということか」

足柄「相手は誰よっ!?」

明石「あの時、秘書艦を務めていたのは――」

加賀「上々ね」ホッコリ

北方「ママー」スリスリ

提督「ひいぃ……!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 19:35:57.12 ID:V1+AQhJG0
赤城「加賀さん! あなた、まさか……」

赤城「提督と……!?」

加賀「……」

加賀「ええ」

加賀「一夜を共にしたわ」

艦娘「っ!?」

提督「っ!?」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 19:39:01.19 ID:V1+AQhJG0
加賀「そうして生まれたのが、この子」

加賀「提督と私の血を色濃く表す、プリティベイビー」

加賀「――ほっぽちゃんよ」

電「似てないのです! 似てないのです!!」

雷「欺瞞よ! きっと養子だわ!」

金剛「提督! 本当にカガとベッドインしたのデスカ!?」

提督「身に覚えがありません」ガタガタ

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 19:41:20.63 ID:V1+AQhJG0
霧島「――では、なぜ、あの子が生まれたのですか?」

鳥海「提督は昨晩遅くまで、大型艦建造に励まれていましたね」

大淀「そこで何か――特別な材料を使った、とか」

提督「っ!」ドキンッ!

提督「は、ははは」

提督「……まっさかぁ~?」

提督「そんなはずない……あ、あるわけないじゃないか」ハハハ

艦娘(怪しい)

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 19:51:53.10 ID:V1+AQhJG0
長門「……」ジー

陸奥「……」ジー

加賀「歓迎パーティーのプレゼントは何がいいかしら」ウフフ

北方「ゼロ! レップウ!」ピョンピョン

赤城「……」ジー

提督「くっ……」

提督「し、司令官を疑うとはな!」

提督「こんな魔女裁判のような場所にいられるか!」

提督「わ、私は部屋に帰らせてもらう!」スタスタ

吹雪「あっ、逃げた」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 19:54:55.73 ID:V1+AQhJG0
~提督の私室~

提督「くっ……」

提督「な、何たることだ」

提督「まさか精液があのように作用するとは……」

提督「加賀はともかく、DNA鑑定をされれば、言い逃れはできないぞ!」

提督「どうする……どうする、私!?」

ガチャ

提督「……ん?」

北方「……」ヒョコッ

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 19:56:54.60 ID:V1+AQhJG0
提督「なんだ、お前か」

提督「私は今、忙しい。みんなのところに戻りなさい」

北方「……」

テテテッ

ポスン

北方「パパトイッショガ、イイ」ギュッ

提督「……!」キュンッ

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 19:59:30.94 ID:V1+AQhJG0
提督「そ、そうか」

提督「パパといっしょがいいか!」

北方「ウン!」

提督「よ、ようし」

提督「じゃあ、ジェンガでもして……」

提督「遊ぼうか!」ニッコリ

北方「ワーイ!」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 20:02:36.39 ID:V1+AQhJG0
提督(こうして、私はほっぽちゃんの可愛さに負け)

提督(彼女を認知し、私の子どもとして鎮守府に迎え入れた)

提督(ほっぽちゃんが来てからの鎮守府はにぎやかで――)

提督(戦時中だというのに、みんな明るくなって――)

提督(私は、ずっとそんな日々が続けばいいと思っていた)

提督(しかし――)

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 20:05:48.57 ID:V1+AQhJG0
提督「なにっ!? 深海棲艦の大群が押し寄せてきているだと!?」

大淀「はい! 南西より続々と現れ――」

大淀「海が黒く染まって見える、とのことです!」

提督「なんということだ――!」

大淀「提督。ここは撤退も視野に入れるべきでは――」

提督「――いや、駄目だ!」

提督「ここは重要拠点の一つ。落とされれば、人類の生存圏は大きく減衰する」

提督「援軍が来るまで……持ちこたえるんだ!」グッ

大淀「……はい!」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 20:09:02.67 ID:V1+AQhJG0
提督(……)

提督(……これで大勢、死ぬな)

提督(死力を尽くさねば、この進行は食い止められない)

提督(多くの艦娘が――おそらく、私さえも)

提督(死兵とならねば、この鎮守府は守れない)

提督(だが、それでいい)

提督(続く者たちが、私たちの遺志を継いでくれるのならば――)

北方「……」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 20:10:58.78 ID:V1+AQhJG0
~軍港~

提督「どうしたんだ、ほっぽちゃん」

提督「こんなところまで連れてきて――」

北方「……」

北方「テキノタイグンハ、ホッポガ、タオス」

提督「――なっ!?」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 20:13:11.41 ID:V1+AQhJG0
北方「ホッポヒトリデ、タオシテクル」

提督「無茶だ!」

提督「お前はまだ幼い――戦えるはずがない!」

提督「い、いや、それ以前に、出撃などさせるものか!」

提督「ほっぽちゃんはみんなの希望だ。この鎮守府の太陽だ」

提督「せめて、お前だけは逃がして――」

ドスッ

提督「うっ……!?」

提督「ほっぽ、ちゃん……」ドサッ

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 20:15:47.46 ID:V1+AQhJG0
北方「……」

北方「ココデ、マッテテ」

北方「スグニカエッテクルカラ……」

北方「マッテテネ――」

北方「パパ――」

提督(薄れゆく意識の中、それが、最後に聞いたあの子の声となった)

提督(果たして、何がどうなったのか――)

提督(それからほどなくして、深海棲艦の大群は消滅した)

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 20:18:08.65 ID:V1+AQhJG0
提督(あの大規模進行から、早くも一週間が経った)

提督(惨劇は回避され、私たちは生き残った)

提督(――ほっぽちゃん、ただ一人を除いて)

提督(艦娘たちによる懸命な捜索が続いているが)

提督(ほっぽちゃんは残骸さえ、見つかっていない――)

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 20:19:27.89 ID:V1+AQhJG0
~建造ドック内~

提督「う、ううう……」

提督「どうして親より先に逝ってしまったんだ……」

提督「この親不孝者め……」

提督「閻魔様に叱られても知らないからな……」グスン

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 20:21:50.40 ID:V1+AQhJG0
提督「駄目だ、何をしていても、どこにいても」

提督「ほっぽちゃんとの思い出がよみがえる……」

提督「胸にぽっかりと穴が開いたみたいだ」

提督「そしてそこから、血が流れて――」

提督「うっ、ううう……」

提督「――この悲しみは、耐えられない」

提督「こんなに苦しいのなら、いっそ――」

シュッシュッ!

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 20:23:36.04 ID:V1+AQhJG0
~同時刻 建造ドック前~

北方(ヤットモドレタ)

北方(コンナジカンニナッタケド)

北方(パパ、ヨロコブカナ……)テクテク

シュッシュッ!

北方(……?)

北方(ナンノオト……?)

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 20:27:07.04 ID:V1+AQhJG0
北方(ダレカ、イルノカナ……?)ヒョコッ

提督「う、うおおおおお!!」シュッシュッ!

提督「ほっぽちゃん! ほっぽちゃんカムバーック!」シュッシュッ!

提督「それが駄目なら、せめて――!」シュッシュッ!

提督「あの子の代わりにはならないが――!」シュッシュッ!

提督「第二子を作ってやるぅぅぅぅぅぅぅ!!!!」シュッシュッ!

提督「う、うおおお!! 孕めぇ!!」ドピュッ!

提督「建造ドック孕めぇぇぇぇえええ!!!!」ドピュルルルルゥッ!!

北方「」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 20:31:23.34 ID:V1+AQhJG0
こうして――。

こうして、ほっぽちゃんは鎮守府に帰ってきて。

同時に、大人の階段を一つ、上った。

自分はああやって生まれたのだ――。

ほっぽちゃんは生命の神秘を知ると同時に。

しばらくの間、パパへの生理的嫌悪感が拭えなかった。

当の提督はなぜ、ほっぽちゃんに避けられるのか、分からなかったが――。

艦娘たちといっしょになって、彼女の帰還を大いに喜んだという。

めでたし、めでたし

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/28(木) 21:32:18.68 ID:ST3JIsqF0
スレタイからまさかのイイハナシに涙不可避


元スレ
タイトル:提督「精液を素材に使おうwwww」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432808787/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP