フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

亜美「皆は恋をしている」

THE IDOLM@STER

引き続き画面上のメニュー・スライドバーをご活用ください☺

間もなく2周年になります!日頃よりご愛顧いただきありがとうございます<m(__)m>

さて、今回新たにトップ画を募集します!

もし、制作いただける方は下記フォームよりお送りいただけましたら幸いです☺

https://ws.formzu.net/fgen/S35239263/

引き続き、当まとめサイトを宜しくお願い致します。

1: ◆kcyZIFYucg 2014/04/28(月) 22:47:09.86 ID:IovMT2dDO
春香「おはようございまーす」

亜美「おはよーはるるん。それはクッキーですかな?」

春香「うん!今日新しく焼いてきたんだ。亜美も食べるよね?」

亜美「モチのロンですともー!…んむ、相変わらずはるるんのクッキーはベッピンですなあ」

春香「それって絶品って行ってくれてるの?でもありがとう!」

P「お、春香来てたのか。クッキー焼いてきてくれたのか?」

春香「!!!」ドキーン

春香「あ、あの、プロデューサーさん、来てたんですか!?」

P「おー、ずっといたぞ?それより、俺もそれ食っていいのか?」

春香「ははははい!どうぞ食べてください!私は仕事行ってきます!」ダダダダドンガラ

P「お、おい!大丈夫か!?」

亜美「大丈夫っぽいね」モシャモシャ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398692829


2: ◆kcyZIFYucg 2014/04/28(月) 23:03:08.79 ID:IovMT2dDO
亜美「千早お姉ちゃーん、ここの歌い方教えてー!」

千早「?どうしたの亜美……ああ、これのことね。少し高めの音で始めて……~~♪」

亜美「ア~~♪」

千早「そうそう、その歌い方よ。後は音程が途中で変わらないように…」

亜美「おお、流石は765の歌姫なだけはあるぜ!教え方もすっごく上手で尊敬しちゃうYO!」

千早「ふふっ、褒めても何も出ないわよ?」

亜美「んっふっふ~」

コンコンガチャ

P「失礼するぞー」

千早「ぷっ、プロデューサー!?」アワアワ

P「おお、亜美も千早も頑張ってるな。ちょっとだけ見学してってもいいか?」

千早「! は、はい!」

千早「……」スゥ

千早「……」ハァ

千早「……………」スゥ

千早「………………」

P「…あれ?何かあったのか?」

千早「いっいえ!そう言うわけでは…」カアアア

P「……あー、そうか。俺が見てたら集中出来ないよな。ごめんな無理に聞こうとして」スタスタバタン

千早「あっ……」シュン

亜美「ドンマイ千早お姉ちゃん」ナデナデ

6: >>3~5さんくす ◆kcyZIFYucg 2014/04/29(火) 04:14:39.09 ID:1o6nbIfDO
亜美「およ?まこちん?」トコトコ

真「亜美!今帰り?」テクテク

亜美「そうだよーん。ところでまこちん、何か嬉しそうだね」

真「へへっ!そう見える?」

亜美「何かあったの?」

真「うん!さっきカワイイ服屋を見つけてさ、今度雪歩達を誘って行こうかなって」

亜美「んん?それだけでいいの?」

真「? どういう事?」

亜美「そりゃあ…」ズイ

亜美「オフの話っしょ?兄ちゃんも誘ってカワイイまこちんをたっぷり見てもらえばいーじゃんか」ヒソヒソ

真「なっ!?」ボッ

亜美「んっふっふ~、滅多にないダンピールチャンスだぜ?兄ちゃんをメロメロにしちゃいなYO!」ニヤニヤ

真「アピールチャンス?そんな、でも……うん、わかった!ボク頑張るよ!」グッ

亜美「がんばー。ただいま→」ガチャ

P「お、おかえり!」

真「た、ただいまー…あ、あの、プロデューサー…」

P「ん?どうした?」ニコッ

真「えっと、その、今度のオフの日……」モジモジ

真「………やっぱダメだあ!」ダッ

P「!? おい真!」

真「プロデューサー、ボクちょっと走ってきます!亜美も着替えて!一緒に走るよ!」グイッ

亜美「………えっ」

7: ◆kcyZIFYucg 2014/04/29(火) 04:35:47.70 ID:1o6nbIfDO
亜美「ひーびーきんっ!」ガバッ

響「うひゃあ!?」ビクッ

亜美「ひびきんはちっちゃくて可愛いなあ」ムギュー

響「あ、亜美がでかすぎるだけだぞ!自分にも身長分けてよ!」

亜美「だが断る。うりうり~」モミモミ

響「うぎゃー!離すさー!」ジタバタ

亜美「やーだよんっ」ガシッ

P「亜美ー、ほどほどにしとけよー?」

亜美「へーい。あ、そうだ!兄ちゃんも混ざる?」ニヤニヤ

P「へ?」

響「なっ…!?」

P「おいおい…セクハラになるだろ。やらないよ俺は」

響「え、いや、プロデューサーなら、その、触られても……いいけど…」ゴニョゴニョ

P「え?何だって?」

響「な、何でもない!やだぞ!セクハラだぞ!変態だぞ!このバカプロデューサーーー!」グワッ

P「お、おう…?」

P(え?何で俺、変態扱いされてるんだ?)

亜美(兄ちゃんは難聴だなあ)

8: ◆kcyZIFYucg 2014/04/29(火) 04:49:20.25 ID:1o6nbIfDO
亜美「~♪」ズルズルズルズル

貴音「真、よいらあめんでした」ズルッ

亜美(ラーメンうまうま)ズルズルズルズル

貴音「せっかくの出前ですし、プロデューサーにも分けて差し上げましょうか」ガタッ

亜美(頑張れお姫ちん)ズルズルズルズル

P「……」カタカタ

貴音「……」ウロウロ

P「……」カリカリ

貴音「……」ジー

P「はい、こちら765プロ…は、はい!その節は本当に…!」

貴音「……」チラチラ

P「はい、はい…ではよろしくお願いします…」ガチャ

貴音「あ、あの、あなた様…」

P「すまん貴音!急用が出来たからちょっと出てくる!亜美と一緒に留守番頼めるか!?」

貴音「あ…わかりました。お気を付けて」
P「すまない。行ってくる!」バタバタ

貴音「……」 シュン

亜美(マが悪いぞお姫ちん)ズルズルズルズル

11: ◆kcyZIFYucg 2014/04/29(火) 10:38:37.94 ID:1o6nbIfDO
やよい「うっうー!プロデューサー、亜美、どうぞ入って下さい!」

亜美「おじゃましま→す」

P「お邪魔します。悪いな、夕食ご馳走になるなんて」

やよい「今日はもやし祭りの日です!来てくれる人は多い方が嬉しいですー!」

やよい「それに…」チラッ

P「?」

やよい「えへへ、今日は来てくれて本当にありがとうございますー!」ガルーン

P「ああ。こちらこそ、ありがとうな」ナデナデ

やよい「えへへ…」ニコニコ

亜美「おっす介ちーん」

長介「こんばんは。あと何だよそのアダ名…」

亜美「ね、やよいっち今嬉しそうだし、あとは若い二人に任せて亜美達は先に入っとこーよ」ヒソヒソ

長介「俺たちの方が年下だろ…。まあ、そうするけどさ」

亜美「んじゃ、介ちんは準備よろ~。亜美はその間ダラダラしてるからさ」ヒラヒラ

長介「手伝わねーのかよ!」

亜美「だって亜美はお客様だし?」

長介「…そうだったな。じゃあ姉ちゃん!俺たち先に家入ってるからなー!」

やよい「ええっ!?」

亜美「やよいっちファイト→」ガラガラバタン

P・やよい「……」

やよい「あ、あの、プロデューサー…」

P「?」

やよい「…や、やっぱり何でもありません!」

やよい「うっうー!もやし祭りの準備してきますー!」パタパタパタパタ

亜美・長介「ダメだこりゃ」

12: ◆kcyZIFYucg 2014/04/29(火) 11:17:43.40 ID:1o6nbIfDO
亜美「ただいまー」ガチャ

雪歩「おかえり亜美ちゃん。今からお茶淹れるけど、亜美ちゃんも飲む?」

亜美「飲むYO!」

雪歩「ふふっ、ちょっと待っててね」パタパタ

亜美「あいあーい。兄ちゃんももうすぐ帰ってくるらしいから、二人分でよろよろ~」フリフリ

雪歩「う、うん!…新しいお茶っ葉、よろこんでくれるかな…?ふふっ」ニコニコ

亜美「…お、テーブルに置きっぱにされたこれはもしや…ゆきぴょんの詩集!」

亜美「ヒマだし読んでよーっと」パラパラ

亜美「何々…?

『粉雪の中、真っ白な世界、あなたの温もりだけを感じている。
ふわふわ甘い、あなたの吐息。見つめ続けたらとろけてしまいそうな、あなたの目。私の体を繊細に伝って抱き締めてくれる、あなたの指。
ずっとずっと、包まれていたい。あなたの優しい魅力の中に、融けて混じってしまいたい』

…わお」

雪歩「亜美ちゃあああああん!」ガバッ

亜美「oh…ゆきぴょん。何か…勝手に読んでごめんね?」

雪歩「せめて音読しないで!?もし誰かに聞かれてたかと思うと私…私…!」アワアワ

P「…」

雪歩「…」

P「…ただいま」

雪歩「お、お帰りなさい…」プルプル

P「その…何だ。俺は…雪歩らしくて素敵だと思ったぞ?」

雪歩「は、はい…」カアアア

亜美「兄ちゃん。一応聞くけどさ…どこから聞いてた?」

P「『粉雪の中で』の所から…」

雪歩「ーーーーー最初からじゃないですかああああっ!」チャキン

P「うおっ!?」

雪歩「こんな、こんな恥ずかしいポエムしか書けない私なんて!穴掘って埋まってますうううううう!!」ドババババ

P「雪歩ーーーー!」

亜美「あー…兄ちゃん。これ、ゆきぴょんの淹れてくれたお茶」

P「ああ…ありがとう」ゴクッ

P「うん、美味い」

亜美(今回は亜美も悪かったなあ。ごめんよゆきぴょん)ゴクゴク

13: ◆kcyZIFYucg 2014/04/29(火) 11:53:36.28 ID:1o6nbIfDO
美希「ハニー!」ダキッ

P「こら美希、急に抱きつくなといつも言ってるだろ。離れなさい」

美希「ヤ!なの!しばらくハニーにくっつけなかったんだから、今日はいっぱいハニーに甘えるのー!」ムギュ

P「ちょ!胸!当たってるから!」アタフタ

美希「当ててるんだよ?」グイグイ

亜美「ミキミキは積極的だなあ。さすがミキミキ!はるるん達に出来ないことを平然とやってのける!そこにシビれるあこがれるゥ!」コゴエ

P「待て!落ち着け美希!誰かに見られたらどうするつもりだ!」

美希「あはっ♪見せつけてやればいいのー!」ギュウウウ

亜美「ちなみに現在、兄ちゃんとミキミキと亜美の3人だけの楽屋より、カンヨー植物に擬態した亜美が中継しておりまーす」

P「それじゃアイドルとして終わってしまうだろ…!こうなったら!」ガバッ

美希「ひゃっ!ハニー!?」ビクッ

P「オラオラオラオラ!美希が!離すまで!くすぐるのをやめない!」コチョコチョコチョ

美希「あっ!やっ!やあん!は、ハニー!くすぐったいの!」ビクンッ

亜美「意外!それは攻め耐性のなさッ!」

P「ウーノ!ドゥーエ!じゃあ果てろ!覚悟はしてきてるんだろ!?」

美希「は、はに、や、やあ…!」ビクビク

P「我慢なんて無駄無駄無駄ァ!離さないのならこのまま…!」

パッシイァ

P「なっ…!?」

美希「はっ…ハニーのエッチ!ヘンタイ!バカーーーー!」ダッ

ウワアアアアアアンバタバタバタバタ

P「な、何で…?」

亜美「てめーの原因はたった一つ、たった一つのシンプルな答えだぜ兄ちゃん」

亜美「てめーはミキミキを照れさせた」

14: ◆kcyZIFYucg 2014/04/29(火) 17:48:34.25 ID:1o6nbIfDO
P「はー、腹減った…いやダメだ、まだ仕事が…」グウウ

伊織「…」ポスッ

P「ん?何だこれ…弁当?」

伊織「昨日の余り物よ。アンタにはそれで充分でしょ?」

亜美「訳:大好きなあなたのために精一杯作った愛のお弁当です♪どうぞ召し上がれ!」ボソッ

P「え…俺に?」

伊織「そうよ!毎日毎日飢えた顔して、正直見てるのが不快なんだから。それ食べて、少しはマシな顔してなさい」フンッ

亜美「訳:私たちの為に働いてくれているプロデューサーがお腹を減らして辛そうなのは、本当に心配で嫌なんです!だから私のお弁当を食べて、しっかり休んでください!」ボソッ

P「…いやーあはは。悟られないようにしてたけどバレバレだったんだな。ありがたくいただくよ」

伊織「に、にひひっ♪光栄に思いなさい!こ、この、伊織ちゃんの、て、手作りなんだからね!の、残したら許さないわよ?」ヒクヒク

亜美「訳:やった!私、とっても嬉しいです!手作りしたかいがありました!残したら悲しくて、私泣いちゃうかも…」ボソッ

P「…ん?手作り?伊織が作ってくれたのか?すごく美味いじゃないか!」

伊織「あ、あら、なかなか見る目があるじゃない?そうよ、この伊織ちゃんの手作りなんだから、アンタには二度と味わえないくらい、価値のあるものなんだからね?」プルプル

亜美「訳:本当ですか!?えへへ、褒めてもらって嬉しいです!正直、料理は自信が無かったから不味いって言われたらどうしようって不安で不安で…!」ボソッ

P「俺のためにわざわざありがとうな、伊織。すごく嬉しいよ」ナデナデ

伊織「~~~~っ!か、勝手に頭に触ってんじゃないわよ!この変態!ド変態!der変態!とっとと出てって!」カアアア

亜美「訳:み、見ないで!今顔が真っ赤なの!こんな顔見られたらあなたが好きってバレちゃうから、お願い見ないでええええええ」ボソッ

P「あ、ああ…すまん。屋上で食ってくるわ」ガタン

スタスタスタバタン

伊織「………」ハァ

伊織「……っ!」ギンッ

亜美「ぐえっ」グワシ

伊織「亜美…? ぜ ん ぶ 聞 こ え て ん だ け ど ? 」ギリギリギリギリ

亜美「全自動ツンデレ翻訳サービスでございまふ…兄ちゃんには聞こえてないから大丈グエー」ガクリ

16: ◆kcyZIFYucg 2014/04/29(火) 18:30:08.22 ID:1o6nbIfDO
P「あずささん!こんな所にいましたか…!」

あずさ「あらあら、いつも迎えに来てもらってすみません~」ペコリ

亜美「兄ちゃん遅いYO!待ちくたびれちまったぜ!」

P「亜美もありがとうな。あずささんに付き添ってくれて」

亜美「そりゃ同じ竜宮小町の仲間でござんすから。でもちゃんと明日、約束通りゴホービのプリン買っといてね!」

P「分かってるよ、お疲れ様」ポンポン

亜美「じゃ!亜美はテキトーに遊んで帰るから、あずさお姉ちゃんは頼んだぞ兄ちゃん二等兵!あずさお姉ちゃんもまたね→!」ブンブン

あずさ「亜美ちゃん、本当にありがとう~」フリフリ

亜美「あ、そうそうあずさお姉ちゃん」ススッ

あずさ「?」

亜美「頑張ってね。あずさお姉ちゃんなら兄ちゃんをオトせるYO!」ヒソヒソ

あずさ「!!! あ、あんまりからかわないでちょうだい…!」ボッ

亜美「んっふっふ~。まったねー!」

亜美「……さて、こちらスネーク。今からあずさお姉ちゃんと兄ちゃんを追跡する」コソッ

亜美「さてあずさお姉ちゃんはどう攻めるか…? …おおっ!流石あずさお姉ちゃん!いきなり兄ちゃんにくっついた!」

亜美「しかし離れた!思った以上に恥ずかしかったらしく、その顔は真っ赤だ!」

亜美「手を握ろうとした!しかし離した!やっぱり恥ずかしいようだ!」

亜美「なんやかんやアタックしようとしたが全部失敗!事務所についたら珍しくダッシュで事務所に駆け込んでいった!」

亜美「三浦あずさ!チャレンジ失敗ーーーー!」

亜美「…意外にウブなんだね、あずさお姉ちゃん」

18: ◆kcyZIFYucg 2014/04/29(火) 19:18:31.82 ID:1o6nbIfDO
律子「只今戻りましたー…あれ?プロデューサー殿、まだいたんですか?」

竜宮小町「ただいま(帰りました)ー」

P「おう。ちょっと溜まった仕事を片付けたくてな。今終わった所だ」

P「ところで律子、今晩空いてるか?仕事が一段落ついたし久し振りに飲みに行こうと思うんだが。あずささんもどうです?」

あずさ「いいですね♪行きましょうよ律子さん」

律子「…お気持ちは嬉しいんですが…この子達を送っていかなきゃならないので、今日は遠慮しておきますね」

伊織「…」ムッ

伊織「律子。ちょっとこっち来なさい」

律子「な、何?」

伊織「あのね…私達は子供じゃないのよ?毎日毎日送ってもらう必要なんてないわよ。こっちには新堂だっているんだから」

律子「伊織…」

あずさ「うふふ♪残念ですけど今日は私も伊織ちゃんと亜美ちゃんと帰りますね。普段忙しい分、しっかり甘えて来て下さいね♪」

律子「あ、甘…!?」

亜美「いつも頑張ってるんだからさ、今日くらいはハメ外してきなよ。もう押し倒すくらいはいっちゃ」

伊織・あずさ「え?何ですって?」ジロッ

亜美「何でもありましぇーん」

律子「あんた達…そうね、今日くらいはお言葉に甘えようかしらね!」

伊織「全くもう、世話がかかるんだから…」

亜美「訳:律子、いつもありがとう!」ボソッ

伊織「あんったねぇ!」クワッ

あずさ「あらあら~」クスッ

次の日

P「リッチャンコワイリッチャンコワイコワイコワイコワイ」ガタガタブルブル

亜美「…律っちゃん、何したの?」

律子「…昨日、ちょっとハメを外そうとして…その、ちょっとお酒を飲んだところから記憶がなくて…」

亜美「酒って怖い。亜美は改めてそう思った」

21: ◆kcyZIFYucg 2014/04/29(火) 20:47:39.68 ID:1o6nbIfDO
冬馬「おっ、おい!」

P「冬馬か。どうした?」

冬馬「こ、今度俺たちのライブがあるんだけどよ…チケット余ったからよ、お前にお、俺たちの実力見せてやるよ」

P「お!いいのか!?」

冬馬「かかか勘違いするんじゃねーぞ!これはお前ら765プロに俺たちとの格の差を見せつけてやるってだけなんだからな!」

P「そうか、でもありがとな!ずっと見に行きたかったんだけどチケット取れなかったんだ!楽しみにしてるぞ冬馬!」

冬馬「! ああ!時間間違えたりするんじゃねーぞ!」パア

亜美「あまとうはツンデレだねえ」

高木「はっはっは、懐かしいねえ。昔の黒井はいつも、あんな風に私に突っ掛かってきたものだ」

亜美「ウホッ」

22: ◆kcyZIFYucg 2014/04/29(火) 21:07:24.38 ID:1o6nbIfDO
亜美「ーーってのが、今週の皆のアプローチだよ」

小鳥「な…なんですって…?律子さんは一体プロデューサーさんとドコまでイッたと言うの…!?」

亜美「そういやピヨちゃん。ピヨちゃんはあの時何してたのさ?3人で一緒に飲みに行けば良かったじゃん」

小鳥「わたし?わたしは、わたしはね……」

小鳥「一人寂しく飲むであろうプロデューサーさんを驚かせようと、たるき亭でスタンバってました…」

亜美「そういや飲みにいったのは全く別の所だったね。ドンマイ。情報料ちょーだい」

小鳥「ええ…買ってきたわ。言われた通り、遊園地のチケット二人分をね」

亜美「いやー、情報屋やってると色々買う手間とお金が節約できていいね→!まいどあり!」

小鳥「ええ、これからもよろしく頼むわね亜美ちゃん。……しかし、律子さんとイッたレベルによってはうかうかしてられないわね…今度こそ、プロデューサーに何か決定的なアプローチを…!」グヌヌ

亜美(こうして、毎週亜美の金ヅルになってしまうピヨちゃんなのでした)

亜美「またのゴリヨーをお待ちしておりまーす」ヒラヒラ

26: ◆kcyZIFYucg 2014/04/29(火) 21:35:33.24 ID:1o6nbIfDO
亜美「真美殿ー!」

真美「およ?亜美殿ではございませんか。一体どうなされたのですかな?」

亜美「いえいえ、本日は真美殿にお渡ししたいものがありましてなあ。こちら、遊園地のチケットにございます」ピラッ

真美「ほほう!それはピヨ殿に対する情報料と言う奴ですかな?って言うか、まだやってたんだ?」

亜美「真美の情報だけは売ってないから安心してよ。さあ、是非とも受け取りくだされ」

真美「うむ、くるしゅうない!…ところでいつ行く?亜美って今週末オフだったっけ?」

亜美「何言ってんのさ?兄ちゃんと二人で行ってきなよ。そのためにピヨちゃんから貰ったんだし」

真美「えっ」

真美「………うええっ!?ちょ、亜美!?兄ちゃんと行けって何言ってんの!?」

亜美「言ったまんまだYO!ずっと皆の恋模様見てきたけどさ、もー皆ウブすぎて全っ然進展しないんだもん。亜美が一番応援してるのは真美なんだからさ、さっさと告って付き合っちゃえばいいよ!」

真美「で、でも真美、アイドルだし…コクハクしたら兄ちゃんにメーワクかけちゃうよ…」モジモジ

亜美「それは違うよ真美!兄ちゃんは真美の事を迷惑に思ったりしないよ?ナゼか兄ちゃんの一番近くにいる亜美を信じなよ!」

真美「! そっか。そうだよね!ありがと真美!それなら早速、兄ちゃんを遊園地に誘ってみるよ!」

亜美「乙女よ大志を抱け→!」bグッ

真美「お→!」bグッ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

真美「兄ちゃんのバカーーーーーーーー!!!」

亜美「…うん、こうなるとは思ってたよ。今度一緒に遊園地行こうね、真美」

29: ◆kcyZIFYucg 2014/04/29(火) 21:50:21.40 ID:1o6nbIfDO
P「ハァ……」

亜美「どったの兄ちゃん」

P「亜美か…いやな?最近、アイドル達から嫌われてる気がするんだよ。やたら逃げられたり、バカバカ変態言われたりさ」

亜美「みんなお年頃なんだよ。兄ちゃんはそこんとこ、もうちょい理解した方がいいんじゃない?」

P「そーかなあ…ダメだ、ちょっと折れそう。亜美頭なでさせて」チョイチョイ

亜美「はーい」チョコン

P「はあ…落ち着く……こうさせてくれるのは亜美だけだよ……」ナデナデ

亜美「兄ちゃんしっかりしなよー、亜美は本来、律っちゃんの担当なんだからさ」

亜美(こうして兄ちゃんへの意識がほとんどない筈の亜美が、兄ちゃんと一番仲良く接しているのです。全く、みんな何をキンチョーしてるのかねえ?)

亜美(皆は兄ちゃんに恋をしている。でも誰が兄ちゃんとくっつく事になるのか、分かるのはまだまだ先になりそうですな)

おちまい

31: ◆kcyZIFYucg 2014/04/29(火) 21:54:59.89 ID:1o6nbIfDO
ギャルゲーやハーレムアニメで主人公になびかない非攻略対象キャラって、なんか独特の魅力があっていいよね。
Pハーレムでも亜美は例外、な話が好きです。

読んでくださりありがとうございました。

32: ◆kcyZIFYucg 2014/04/29(火) 22:27:06.90 ID:1o6nbIfDO
……あと、ジョジョネタの誤用や年齢設定の無視、口調のおかしいところなどは目をつぶって下さると嬉しいです。

亜美ならジョジョネタを間違って使いそうな気もするし

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/29(火) 22:51:42.70 ID:nb8aJs2DO
良いスレ!乙


元スレ
タイトル:亜美「皆は恋をしている」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398692829/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP