スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

THE IDOLM@STER, 遊戯王

1: ◆zipV3m0sxU 2018/07/06(金) 15:44:28.86 ID:W8DzxCNR0
アイドルが遊戯王をやるだけのSSです。何故か類似作がありますが読んでなくても大丈夫です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1530859468

THE IDOLM@STER

1: ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:45:04.66 ID:pSLCOGdy0
――夏の終わりのある日・事務所

モバP(以下P)「なんだって?」

渋谷凛「もう一回言うよ。連れていってほしい場所があるんだ」

P「なんだ藪から棒に」

凛「訳は話すけど、ちょっと長くなる」

P「連れてけって、なんか遠い場所なのか」

凛「遠い……うん、そうだね、多分ちょっと遠い」

P「要領を得ないな」

凛「都内でも大丈夫だと思うんだけど」

P「それなら自分でいけるだろう」

凛「うーん、ちょっと難しいかな。あと、保護者も欲しい」

P「普通親御さんに頼まないか、そういうの」

凛「いや、いろいろ吟味した結果、プロデューサーが適役なんだ」

P「……よくわからん」クル

凛「あ、ちょっとこっち向いてよ」

P「こう見えても忙しいんだぞ。お前だってレッスンあるだろ」

凛「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1547822704

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/23(水) 22:49:39.45 ID:WWD7dky20
黒井「なんなんだこのふざけた部屋は!?」

黒井「私はただ家へ帰ろうと扉を開けただけだぞ!」

黒井「それがどうして私の家じゃなくて私にふさわしくない四方八方ピンク色の部屋に飛ばされてしまうんだ!」

黒井「しかもなんで高木がいるんだぁ!!!」

高木「さぁ、私も正直驚いたよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1527083379

THE IDOLM@STER

1: ◆CiplHxdHi6 2013/01/16(水) 00:20:20.32 ID:lCWb7lZI0
貴音「んもぐもぐ……」

P「ちーっす。って貴音のやつ、何食べてんだ?」

貴音「ほはははま、ほはへりははいはへ(あなた様、おかえりなさいませ)」

P「口にものを入れてしゃべらないの!」

貴音「んぐ。失礼いたしました。お帰りなさいませ」

P「ただいま。これ、ケーキか。随分甘そうだな」

貴音「収録後にお土産としていただいたものです。嗚呼、ぐるめれぽーととは、なんと素敵なお仕事なのでしょうか! わたくし、そのためなら週7日働けます」

P「気に入って貰えたようで何よりだけど、最近食べ過ぎじゃないか? 甘いもの」

貴音「これもなかなか美味ですね。据え膳喰わずは何とやら、頂きましょう」

P「おーい、聞いてる?」

響「無駄だぞ、プロデューサー。貴音は一度食べ始めたら、こっちの話を聞かないからね」

P「しかしラーメン好きってのは知っていたけど、今時の女の子らしく、甘いものも食べるんだな」

響「プロデューサー知らないの? 最近はラーメンだけじゃなくて、ホテルのバイキング、スイーツショップ巡りと色々手を出してるんだよね」

P「マジか? そう言えば前は100円のドーナツを買い占めてたっけか」

貴音「あーむぐっ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1358263220

THE IDOLM@STER

1: ◆RY6L0rQza2 2015/08/17(月) 21:05:21.80 ID:kOVaQeaTo
スーパーでお昼ご飯の材料を買って、いざ外に出ようとした所で、雨がざんざんと降っているのが見えた。

最近、こう言う突然の雨が多いのよね。夏だからかしら?

スーパーの店員が慌てて傘立てと売り物の傘を用意しているのを横目に、雨が弱まるタイミングを待つ。

別に、家までかなり近いから、私単身ならそのまま帰ってもよかったんだけど、今日のお昼ご飯を犠牲にするわけにはいかない。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439813121

THE IDOLM@STER

1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/18(金)20:46:42 ID:fR6

【GBNS部屋】

私は岡崎泰葉。とあるアイドル事務所に所属するアイドルだ。

いつものようにレッスンを終えてユニットで使っている仕事部屋に戻ってきた。

「只今戻りました」

そう声を出しながら部屋に入る。

出迎えてくれる誰かがいるのはとてもありがたいものだなあ…ってあれ?

「あ、おかえりなさい」

普段、出迎えてくれる人はユニットであるGBNSの皆。プロデューサー。

そして…たまにお客様。今日はお客様の日だったらしい。

同僚のアイドルであり、ロッカー?でもある多田李衣菜が部屋のこたつでくつろいでいた。

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/17(月) 14:21:48.53 ID:Jp5DjVpkO
~会議室~

小鳥「ね!」

真「ね!って言われても……」

雪歩「ワケが分からないです……」

伊織「しかもなんでこの3人なのよ」

小鳥「事務所で暇そうにしてたから!」

伊織「余計なお世話よ!」

真「小鳥さんだって仕事用のPCで艦これしてたじゃないですか!」

雪歩「雲龍…って何度も呟いてました……」

小鳥「わ、私はいいの!そういうアレだから!」

伊織「どれよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439788908

THE IDOLM@STER

1: ◆C8rbp8eahM 2018/09/16(日)22:22:10 ID:6eP
以前速報の方で書いていた

モバP「楓さんのダジャレに全力で笑ってみた結果」

モバP「杏を全力で甘やかした結果」

モバP「美嘉の性事情を全力で聞き出した結果」

モバP「まゆのことを全力で…何してんだ、これ?」

の続きみたいなの

PAGE TOP