スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

THE IDOLM@STER

2: ◆CS7uVfQgX. 2019/02/21(木)00:28:44 ID:UmI
劇場

春香「お疲れ様で~す、あっ、みんな!」

未来「春香さ~ん!おっつかれさまで~す!」

エミリー「お疲れ様です。春香さん」

百合子「春香さんもプロデューサーさんに呼ばれたんですか?」

春香「うん。ということは百合子ちゃんたちも?」

可奈「そうなんですよー!なっんでかな~♪ふっしぎかな~♪」

春香「う~ん、なんでこの5人が集められたんだろう?新ユニットとかかな?」

未来「新ユニットですか!?やったー!」

春香「あ、あくまで予想だけどね」

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 21:11:43.86 ID:h2Aai3Uno
P(CGプロのホームページでファンを対象としたオークションを開催することになった)

P(みんなには出品物を持ってきてもらっている)

P(出品物を気軽に持ち運べない場合は写真などだが……とにかく)

P(アイドルとしてのイメージもあるから、まずは俺が確認をするというわけだ)

片桐早苗「私はコレよ。警棒と手錠(鍵付き)」

P「おー、さすが元婦警……って!」

P「辞めるときに返却するんじゃないんですか!?」

早苗「え、そうなの?」

P「なんで早苗さんが知らないんですか……」

P「だって警察辞めたのに警察手帳とか持ってたら簡単に人を騙せるでしょう」

早苗「あー、手帳は返した、ウン」

P「コレについては何も言われなかったんですか?」

早苗「どうだったかな~」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412338293

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/20(水) 22:55:46.80 ID:40C5Syfq0
先に言っておきますが、ヒドいです。
キャラ崩壊が了承出来る方のみご覧下さい。

THE IDOLM@STER

1: ◆TOYOUsnVr. 2019/02/20(水) 00:39:12.53 ID:QG61bbmB0
 人混みをかきわけて、スーツ姿の男が一直線にこちらへ歩いてくる。

 「よっ」だとか「ほっ」だとか。

 そんな間抜けな声を上げ、私の目の前に到着した彼は歯を見せて笑う。

「お待たせしました」

「うん。待った」

「ごめん、ってば」

 言いながら、そのまま私の手を取って「じゃあ行こうか」と引いてくるので、「ん」と返事をして、されるがままに足を踏み出した。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550590751

THE IDOLM@STER

1: ◆Zg71aiNoxo 2019/02/20(水) 21:07:00.39 ID:Nl4QXXYK0
星梨花誕生日お祝いSSです。すでに書き終えているので投稿していきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550664420

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/20(水) 20:48:42.63 ID:vutjDZzWo

青春をアイドルに捧げた輝かしき80年代の思い出は、墓場まで大切にとっておこうと決めていた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550663322

THE IDOLM@STER

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 02:51:39.99 ID:8dcTRPkQ0
ほたる「どうしよう……」

???「ハーッハッハ!! そんな時は私達にお任せをーっ!!!!」

ほたる「ひゃうっ!?」ビクッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394733099

THE IDOLM@STER

1: ◆C2VTzcV58A 2015/06/02(火) 13:36:48.71 ID:2152zZxq0
裕子「温泉街です!」

P「おう」

裕子「和風です!」

P「そうだな」

裕子「前回はお仕事でしたが、今回は完全にプライベートです!」

P「休みに2人で小旅行ってやつだな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433219798

THE IDOLM@STER

1: ◆z80pHM8khRJd 2019/02/20(水) 00:15:51.41 ID:1/zxA0lS0
「わたし、まつりさんのお城に遊びにいきたいです」

無邪気な一言にまつりは固まった。何故だか理由は語れないが、とにかく姫のお家には人を上がらせるわけにはいかないのだ。

「ほ? 姫のお城は高い高いお空の上にあるのです。だから星梨花ちゃんが来るは難しいと思うのです」

まつりは汗1つかかずに、切り返す。さすがは我らが姫、かわし方は心得ている。

それを聞いたら、ある程度分別がつく子は察しを込めて、それが難しい子は本当の意味で「じゃあ無理だねと」諦めてしまうであろう。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550589351

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 20:40:34.79 ID:n7pw+o2ro
卯月「あ、おはよう凛ちゃん!」

凛「あ、あのさ……二人に、話しておきたいことがあって」

卯月「プロジェクト、クローネ……」

未央「迷ってるってどういうこと?」

凛「………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441539634

PAGE TOP