スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/12/10(月) 13:57:41.33 ID:MjS2/Aqs0
モバマスSS初投稿です。題名の通り、水曜どうでしょうが元になってます。キャラ崩壊等があると思います。

THE IDOLM@STER

1: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/04(水) 17:09:29.82 ID:bKqi92pu0
「本番五分前でーーーす」

スタッフさんの声が響き、スタジオ内の空気がよりいっそうとピリピリするのを感じる。
収録が毎週あることくらいわかっているはずなのに、テレビ番組の準備というやつは常に不足している。

慌ただしい空気の中に凛と咲く一輪の花、なんて言いかたをしたってばちは当たらないだろう。
一輪の花の如く悠然と構えているのは、俺の担当アイドルである四条貴音だ。
数年前にデビューし、アイドルとしてまあ順当にステップを踏んでいたのだが、
ある事件をきっかけに猛スピードでスターダムを駆け上がることになる。

今やその活動範囲は女優、歌手、タレント、文筆と多岐に渡るものであり、
逆にいわゆるアイドルとしてのステレオタイプな仕事はほぼ鳴りをひそめていると言った状態だ。

それでありながら、貴音は今も自分がアイドルという呼び名にこだわり続けている。
短くない付き合いの中でわかったのだが、貴音は愛着心が強いのだ。
偏執狂的なラーメン愛好家として名を馳せているのはその好例である。
ひとつこれと決めたらそれ以外を拒絶してでも愛し続けるといった頑強さがある。
そんな貴音にとっては、アイドルという肩書きもまた寵愛すべき対象ということらしい。

そんなわけで暇な事務所でじゃんけんをしていた頃から一貫して貴音はアイドルであり
俺もまたプロデューサーであり続けているが、実情はまあ専属マネージャーみたいなものだ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378282169

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/28(火) 17:24:50.65 ID:OnE2EXUqo
今西部長「やあ、見違えたね」

大和田常務「いやいや、そんなことはありませんよぉ。今西部長こそ元気そうで」

今西部長「心にもないことを言うもんじゃないよ?」

大和田常務「なんのことやら」

ハッハッハ

今西部長「それにしても、帰国したその足で出社とはね」

大和田常務「時間は有限なんですよ……出世したかったらね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438071890

THE IDOLM@STER

1: ◆hhWakiPNok 2013/06/01(土) 17:25:22.84 ID:3A9dO+nR0
智香「スカウターって……なにっ?」

比奈「智香ちゃん知らないっスか!? 国民的名作マンガ、ドラゴンボールの有名ギミックっスよ!!」

智香「ドラゴンボール……知ってはいるけど、読んだことないんだっ☆」

比奈「今度、貸すっス。けどこれは本物のスカウターじゃなくって、そっくりな外観に似た機能を付けた晶葉ちゃん(池袋晶葉)のハンドメイドっス」

智香「似た機能……そもそもこれって、どんな機能があるのっ?」

比奈「そもそもは、対象の強さを計るものっスけど……とりあえずツルの部分に触れてみて欲しいっス」

智香「こうっ?」

ピピッ 『森久保モード!』(音声:假野剛彦)

智香「えっ!? あっ、レンズの所に数字がっ! あそこにいる幸子ちゃんの上に、数字が出たよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370075122

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/11(日) 08:54:49.32 ID:N3obT77DO

朋花「ふふ、ふふふふっ」

まつり「ふふっ、うふふっ」

ミリP(以下P)「誤解だから、誤解だからぁ!」

朋花「なら、プロデューサーはなぜ、私とポッキーゲームをなさらないのですか?」

まつり「あら?面白いことを言うのです。姫が先に声をかけたのです」

朋花、まつり「ふふふふふっ!」バチバチ

P「止めてっ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1541894089

THE IDOLM@STER

1: 名無しさん@おーぷん 2018/12/02(日)22:56:12 ID:SI3
※このSSは意味もなく紗南ちゃんがゲームしてるところを雪美ちゃんが見てるだけのSSです。

雪美「紗南……今日も……ゲーム、する?」

紗南「するよー! 雪美ちゃんは? 今日は一緒にやる?」

雪美「ううん……紗南、昨日やってたゲーム……するでしょ?」

紗南「そうだなぁ……イ◯ちゃんはど安定だよね。 でも、この前みたいにB◯Wを最速プレイで……」

雪美「……口笛、またずっと吹いてるの?」

紗南「あれは封印、かなー。 この前それずっとやってたから指が疲れちゃってさ」

雪美「そう……私は……なんでも、いいよ?」

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/12/03(月) 22:30:50 ID:dY9BKUss
※思い付き執筆。
※劇中劇設定。
※独自設定あり。
※山なし落ちなし。

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/11(土) 23:46:12.76 ID:QVDNUp4DO
未来「プロデューサーさぁん!」

グリP(以下P)「おう、どうした未来」

未来「ポッキーゲームしましょ」

P「よーし、キスしたいわけか」

未来「」

P「……」

未来「」

P「……」

未来「(///)」ポンッ

P「スマンスマン、やり過ぎたな」

未来「きゅー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510411572

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/25(水) 17:54:43.47 ID:JVMGyaAM0
千早「くっ…じゃあもういいです…私ほんとにやりますからね!」ガチャ バタン

小鳥「待って千早ちゃん!」

P「……」

小鳥「えっとプロデューサー…」

ガチャ

律子「ただいまーって…プロデューサー!?どうしたんですかその顔?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403686483

PAGE TOP