スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 21:31:33.14 ID:tYZninQx0
樹里「ちょこが1週間も学校休んでる?」

P「ああ。親御さんから連絡があって」

P「具合が悪いって、部屋からも出ようとしてないらしい……」

樹里「……流石にちょっと心配だよな。」

樹里「プロデューサー、アタシって今週もうオフなんだろ?」

樹里「ちょこの家、行ってきてもいいか?」

P「俺からも頼むよ。親御さんとか、学校の友達とかには相談しにくい事かもしれないし」

P「ユニットのメンバーとして、力になってやってくれ」

THE IDOLM@STER

1: ◆qTT9TbrQGQ 2019/03/11(月) 21:10:23.82 ID:cQT8os810
――事務所

雪美「……こうして、ここを押して……」

こずえ「こうー?」パシャ

こずえ「おー……ぺろのしゃしん、とれたー」

雪美「それで……ここから、こうやって……」ピロン

こずえ「ゆきみのすまほに、ぺろ、きたー」

ガチャ

椿「おはようございます……あ、雪美ちゃん。こずえちゃんに写真の撮り方、教えてるの?」

雪美「うん……スマホで撮る方法、教えてた……」

こずえ「つばき、みてー」

椿「おお……初めてなのに、上手ね。猫ちゃん、しっかり撮れてる」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1552306223

THE IDOLM@STER

1: ◆i/Ay6sgovU 2016/01/18(月) 15:10:54.47 ID:fTwRYQ9e0
―――――事務所―――――

ガチャ
橘ありす「おはようございます」

柊志乃「あら……ありすちゃん、おはよう。今朝は冷えるわね……」

ありす「橘です。外は雪が降ってますからね……ってそれ、ワインですか?こんな朝から……」

志乃「ファンタグレープよ」

ありす「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453097454

THE IDOLM@STER

1: ◆Xz5sQ/W/66 2019/04/14(日) 23:44:39.54 ID:BI+ycsxU0
そもそも明け透けに考えれば、模範的な食生活と習慣的な運動に加えて

最低限の快適な睡眠時間も確保した生活を送る一介の女子中学生が、

医師から一切の問題を発見されない優良健康体として

花丸を貰えるなんて1たす1が2になるレベルで当然至極の帰結であり、

そうなると生物学的分類上雌雄の分かれた生き物なれば

持ちうる最後の欲求を解消せんと本能が疼くもまた摂理なのだという話で。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1555253079

THE IDOLM@STER

1: ◆r7Y88Tobf2 2014/05/03(土) 16:56:59.42 ID:/tDCpcPH0
※SS初投稿です。
※キャラ崩壊があるかも知れません。
※ラブライブ!二期4話の後日談ifです。

凛「凛もあんな衣装着てみたい…でも…」 

希「どうしたん凛ちゃん?」

海未「なにやら元気がないようですが…」

凛「あ、希ちゃん海未ちゃん…」

希「何かあったらいつでもうちらに相談してって言ったやん?」

海未「そうですよ、悲しそうな凛を見るのは辛いです。」

凛「ありがとう、実はね…この前にこちゃんが着てた衣装がすごくかわいくて…」

希「うちとエリチがデザインしたやつ?」

凛「そう。でもあんなかわいすぎる衣装、凛が着ても似合わないだろうなって思ってちょっと落ち込んでたにゃ…」

海未「そんな!凛だってとてもかわいいじゃないですか!」

凛「でもね、凛は髪も短いし、ガサツだって自分で思うし、にこちゃんみたいな雰囲気?は出せないし…」 
海未「にこの雰囲気…?」

希「あざといってことやね」

凛「でも二人に話せて楽になったにゃ、ありがと」

海未「そんな!これでは解決してませんよ!」

凛「え?」

希「そうやで、ここはうちらに任せて!とりゃー!!」

凛「えっ、ええええ!!!!?????」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399103818

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/17(木) 13:34:25.73 ID:sPOH61kC0
この世界は様々な主張で溢れている。

経済、政治、軍事、エネルギー、環境、幾多の分野で今日もいくつもの議論が行われ、その結論は出ない。

P「ならさくっと決めてしまえばいいのです!」

ちひろ「あの、待って下さい」

P「はい?」

ちひろ「ここまで豪勢なセットを用意して何かの特番かと思ったら何ですかこれは?」

P「だから様々な議論に対して結論を出そうってお遊びです」

ちひろ「お遊び!?」

P「アイドル達に趣旨は伝えてありますから」

ちひろ「それでは喧嘩になるだけでは?」

P「大丈夫です、10分もあれば適当に誰かに聞いてきますから」

ちひろ「そんな適当な多数決で決めるんですか!?」

P「大丈夫です。最低でも2人、多いときは200人には聞いてきますから」

ちひろ「2人!?」

P「では入場頂きましょう! どうぞ!」

ちひろ「どうぞって、こんなふざけた企画……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397709265

THE IDOLM@STER

1: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/27(金) 19:38:10.18 ID:xImnE6tDO
美波「えっ!?プロデューサーさんには婚約者がいるんですか?」

―それは20歳の誕生日

―初めてお酒を飲みに連れてもらった時に聞いた話

早苗「そうらのよ~こんらにいいおんらがいるってのにぃ」

友紀「はぁぁぁ……やっぱり美波ちゃんもショック?」

美波「しょ……ショックなんてものは……」

楓「……それ、私のちょこっと入ったお猪口」

美波「あ、ご、ごめんなさい」

―そう私も……

―プロデューサーさんに淡い……

―生まれたてのこの気持ちを持ってしまっていたのだから

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1532687889

THE IDOLM@STER

1: ◆XA5KFIPHPs 2019/03/27(水) 09:37:50.56 ID:vPQ5uwTmO
楓「うっ……ぐすっ……」

凛「楓さん……!? どうしたの!?」

楓「凛ちゃん……」

凛「……何かあったの?」

楓「わ、私……捨てられたんですっ……!!」

凛「えっ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1553647070

THE IDOLM@STER

1: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/07(日)01:18:16 ID:cUC
P(……最近、後輩のプロデューサーがようやくアイドルのスカウトに成功した)

P(その人数、実に7人)

P(実に喜ばしいことではあるんだが、それがまたとんでもないキワモノ揃いだった。……まあ俺の言えた口ではない)

P(それはともかく、だ)

P(あの新人達と後輩の関係性や話している様子を見ていて非常に不安なのが、礼儀についてだ)

P(これまで俺が散々緩くやってきたこともあり、彼女達には尚更悪い影響を与えてしまうのではないか?)

P(それがどうにも心配でならない……)

拓海「さっきから何を一人でブツブツ言ってやがんだ? 気持ち悪ィな」

P「いたのかオイ」

PAGE TOP