スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

THE IDOLM@STER

1: ◆foQczOBlAI 2015/10/12(月) 01:02:13.16 ID:ZeFr44Y10
雨がしとしとと降っている。強くもなく、弱くもなく。
こんな日は気分が乗らない。いや、いつも乗らないけどさ。いつも以上に乗らない。
はぁ、音が一緒だから飴が振ってくればいいのに…。そんなことになったら大惨事か。はぁ、我ながらくだらない。
事務所に来たもののプロデューサーはいないし、ちひろさんは私に留守番頼んでどっかいっちゃうし。
もうすぐ誰か代わりが来るって言ってたな。
そのあとはレッスンか。レッスンスタジオまで行くのめんどくさいし誰も見てないしさぼってもいいかな。
コレも全部雨が悪い!雨だから仕方ないよね。

とりあえず代わりが来るまでゲームしてよう。
なんだかんだ言って頼まれていることこなしているのがえらいよね。
まあ、帰るのがめんどくさいだけだけど。
留守番の報酬ももらわないといけないな。具体的には休みとか。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444579332

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 12:25:09.60 ID:s20rCkLwO
幸子「あー寒……そろそろ冬も近いですね」

小梅「そ、そうだね……日が暮れるのが早くなって……みんな集まってくる、よ」

輝子「フヒ……空気が乾燥するから、キノコには少し辛い……」

幸子「ところで、机の下にいて寒くないんですか?」

輝子「最初は寒いけど……長くいると熱がこもってきて、暖かくなるぞ」

幸子「ふーん……そういうものなんですね」

小梅「……あ、この前のクリスマスの箱なら、倉庫にある、と思うよ……」

幸子「いやいや、狭い所に入ろうなんて考えてませんし、そもそもあの箱イブさんに持っていかれましたし」

輝子「……あ、冬といえば」

小梅「鍋」

幸子「鍋に最適なお供がすぐそこに」

輝子「ノォーーーマイフレェェェーーーンズ!!!」

輝子「……じゃなくて」

小梅「じゃなくて……?」

輝子「予防接種……」

幸子「うっ」

小梅「あー……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444620309

THE IDOLM@STER

1: ◆qTT9TbrQGQ 2019/04/19(金) 00:43:03.64 ID:+6dIVjn00

雪美「猫のロボット……〇ラえもん……?」

晶葉「違う! リアルな猫を、ロボットに落とし込むんだ!」

雪美「リアルな、猫……ペットロボット……?」

晶葉「ああ! この、年号が変わろうという時代! 現代日本に求められているのは何か! それは、〇ラえもんのような、なんでもしてくれるロボットじゃなく……」

雪美「……猫のロボット……」

晶葉「いきなり結論に飛ぶんじゃない!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1555602183

THE IDOLM@STER

1: ◆qTT9TbrQGQ 2018/07/10(火) 22:51:34.17 ID:2xakDV5V0
――スタジオ

雪美「プロデューサー…………どう…………?」

P「おお、ウェディングドレス似合ってるぞ」

カメラマン「ウエディング”風”のドレスですけどね。でも雪美ちゃん、大人っぽい雰囲気あるので、これはいい写真になりますよ」

雪美「ふふっ……良かった…………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1531230693

THE IDOLM@STER

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 平成31年 04/18(木)23:48:52 ID:f4G
モバP(以降P表記。かぽーん)「ん、着いたぞ」

P「それにしても本当にここで良かったのか?折角の誕生日祝いなのに」

P「ほら、東京ミートレアとか及川牧場とか」

P「…え?ああ、うん。そりゃ確かにここは埼玉屈指のテーマパークだけど」

P「はいはい余計な事言わずにご案内致します」

P「ブヒィ」

P「あ、何か落としたぞ?」

P「…」

P「パンフ取り寄せるくらい楽しみにしてたん?」

P「痛い駐車場でプレイ開始しない!」バシィッ

P「痛ってぇ…背中も周囲の視線も痛いんだけど」

P「はいはい大人しく案内しますお誕生日様」

P「いつも通りに呼べばいいのか?」

P「よし行くぞトッキー」

P「だから公衆の面前で鞭はッ!」バシィッ

まゆ「あらぁ?Pさんいないんですか?」

凛「うん、何か時子さんと有名な豚肉直営販売所に出掛けたんだってさ」プラーン

まゆ「ああ、お誕生日様でしたねぇ」

凛「邪魔しちゃ駄目だよ」プラーン

まゆ「凛ちゃんみたいに吊るされたくないですからしませんよ」

THE IDOLM@STER

1: ◆IFFm0md6XI 2015/10/11(日) 17:11:41.00 ID:0Eg5nukYo

モバマスSSです。書き溜めあります。短い…と思います。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444551100

THE IDOLM@STER

1: ◆4DB.5kEdYY 2019/04/17(水) 11:32:48.72 ID:SZco85P70
麻理菜「」ガチャ

楓「」ペロペロ

心「……」

麻理菜「!?」

楓「あ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1555468367

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/08(月) 20:13:52.29 ID:8/EA4L0I0
P「ほら、『はい、あーんして』とかさ」

凛「うん」

P「いま、ふと何であれで通じるんだろうな、って思った」

凛「……。言われてみればそうかも」

P「だろ?」

凛「『あーん』が口を開けることだって、どこで知るんだろうね」

P「な。物心ついた頃には知ってた気がするし、不思議」

凛「でも、ほら『いーっ』してとか言うよね」

P「確かに」

凛「だから特別なことじゃないのかも」

P「『あー』で口を開けて、『ん』で閉じるし、わかりやすいもんな」

凛「そうそう」

P「といったところで」

凛「? うん」

P「あーん、の時間です」

凛「前置き長くないかな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1554722031

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/21(金) 23:05:10.35 ID:53t+yz8ko
モバマスの川島さんSSですん

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416578700

THE IDOLM@STER

1: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 13:47:51.92 ID:InA+UA+f0
島風「あなた駆逐艦? よろしく!」

龍驤「………」ピクピク

提督「……え、えーと、こちら新しく着任した駆逐艦の島風だ」

島風「駆逐艦島風です。スピードなら誰にも負けません。速きこと、島風の如し、です!」

龍驤「ウ、ウチは秘書艦の龍驤や。よろし」

島風「え?! 秘書艦なの!? ちっちゃい駆逐艦なのにすごーい!!」

龍驤「………」ピキピキ

提督「し、島風。あのだな…龍驤は……」

龍驤「ウチはな…」

島風「え?」

龍驤「ウチは軽空母や!!!」

島風「あはは、そんなまさか…」

龍驤「……」

提督「……」

島風「…え?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457585271

PAGE TOP