スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

ラブライブ!

1: ◆tr.t4dJfuU 2017/12/09 20:18:38 ID:khOVee1o
※世界観及びキャラも崩壊します

見切り発車です

ラブライブ!

1: 名無しで叶える物語 2017/12/09 21:18:30.92 ID:sZj0zbQT.net
千歌「…だってさ」

曜「部室の机にこう書いた紙が置いてあったけど…一体誰が置いたんだろうね?」

梨子「……」プルプル

千歌「…ん?梨子ちゃん?」

梨子「こ、この紙はすぐ処分しましょ?」

千歌「えーなんで?せっかくだし、考えてみよーよ!体が魅力的な子!」

梨子「えぇっ」ガーン

ラブライブ!

1: 名無しで叶える物語 2017/10/13 23:26:22.00 ID:WtAsr9du.net
–放課後 部室–

穂乃果「おっはよーございまーす」ガチャッ

にこ「ん、おはよ」

穂乃果「おおっ!にこちゃんが珍しくパンを食べてるっ!何食べてるの?」

にこ「ん?にこボーロを食べてるのよ?」

穂乃果「へ?」

にこ「正確に言うと"ほんのりあまーいにこボーロ"」

にこ「コンビニによったら、たまたま見つけちゃってね~」

にこ「にこの名前が入ってるし、ついつい買っちゃったのよ~」

穂乃果「にこボーロ…」

にこ「穂乃果?」

ラブライブ!

1: ◆tr.t4dJfuU 2017/11/24 21:18:55 ID:eiMjxOxA

※世界観とキャラ崩壊注意

ラブライブ!

1: 名無しで叶える物語 2017/11/28 15:36:53.93 ID:U7MG2JvG.net
絵里「貴方達の力ではラブライブで勝つことはできない。勿論、廃校を阻止することも」

にこ「ならば絵里、あなたが直接確かめてみる?私と決闘しなさい」

海未「にこ先輩・・・」

絵里「貴女と?いいわ、その目にしかと焼き付けなさい。自分たちの弱さを。私が勝ったらアイドル研究部は廃部にするわ」

にこ「ずいぶんな自信ね。ならば私が勝ったら貴女にはさっき穂乃果が言ったようにμ’sに入ってもらうわ。皆、ここは私に任せてくれるかしら?」

穂乃果「にこ先輩にお任せします」

絵里「ルールは新エキスパートルールで行うわ!」

にこ「ライフは4000点!」

絵里・にこ「「決闘!!!」」

絵里・LP4000 にこ・LP4000

ラブライブ!

1: 名無しで叶える物語 2017/11/26 09:47:06.59 ID:lThKF9G1.net
海未「今日もドッタンバッタンお・お・さ・わ・ぎ!」

ラブライブ!

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/23(木) 23:29:45.74 ID:qYxWSPBWO
穂乃果「ねえねえ、希ちゃん?」

希「ん?どうしたん?」

凛「希ちゃんって一人暮らしだったんだね」

希「うん。そうやけど?」

穂乃果「実は穂乃果、一人暮らしとかした事ないんだけどさ」

希「うん。そうやろうね」

凛「凛も一人暮らしじゃないんだ」

希「うん。知ってる」

穂乃果「一人暮らしってどんな感じなの?」

希「どんな感じって言われてもなぁ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1511447385

ドラゴンボール, ラブライブ!

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/11/24 18:22:39 ID:/c/kEVAU
悟空「うんめぇ~」

ルビィ「美味しいね!」

悟空「ところでこのアイスだれんだ?」

ルビィ「え?お姉ちゃんのだけど」

ラブライブ!

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/15 21:01:08.33 ID:F1Rk+5Lw.net
梨子「いつものことじゃないの?」

千歌「最近はちょっと過剰な気がして心配だよ。この前も…」

千歌『曜ちゃーん!みてみて!これ買ったんだぁ!』

曜『あ、うん!よかったね!えっと、私用事あるからちょっと行くね!』タッタッタッ

千歌『え!?』

千歌(様子がおかしい…つけてみよーっと♪)コソコソ

梨子(静岡では友達の様子がおかしいときは後をつけるんだ……カルチャーショックだね)

曜『フッ!フッ!』

千歌『え?筋トレ…?』

曜『っ!誰かいるの!?』バッ

千歌『曜ちゃん!用って筋トレなの!?私より筋トレが大事なの!?』

曜『ち、千歌ちゃん!?え、えっと…これはですね……』

曜『あ!そ、そーだ千歌ちゃん!今、私の名前の曜と用事の用をかけたでしょ!?』

千歌『説明しなくていいから!もぅ、ごまかさないで!私怒ってるんだよ!?』ズイッ

曜『うっ……』ダッ

千歌『あ!待ってよ!なんで逃げるのぉ!』

千歌「私避けられてるのかな…」

梨子「確かに今も一緒に居ないね」

梨子「でも、千歌ちゃんまで落ち込んだら余計疎遠になっちゃうかもよ?曜ちゃんのことだし何か理由があると思うよ。話してみたら?」聖母スマイル

千歌「梨子ちゃん…うん、やってみるよ」

PAGE TOP