やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/13(火) 03:07:34.45 ID:BpcSycVC0
 高速運転中のランプは、ものの二十秒もしないうちに消えた。考え事も、躊躇する暇だってありゃしない。

 いや、そんな時間は職場で予定表が張り出されてから腐るほどあったが――

 まあどれだけ考えたって足りないことだったってわけだ。

 ともかくもエレベーターは押したボタンの通りの階で止まり、機能通りにドアは開いた。

 いつもなら日本製万歳というところだが、今夜ばかりはその正確さが恨めしい。

 開けた視界の先は、穏やかな間接照明が大理石の上で絨毯の様に灯りを敷き詰め、そしてガラス越しの夜景を壁紙代わりにあしらったバーラウンジ。

 薄給もいいとこの俺がおいそれと出入りするような空間でないことは、賢明な読者諸君には自明のことであろう――なんてラノベ主人公じみたメタいモノローグが浮かんだ。

 とういうか――いや、あったな。

 いつぞやの探偵気分がデジャヴとなって蘇る。

 あれからもう十年か、という感慨が、この取材が決まって以降何度浸ったことだろう。

 そうして浸っている間にエレベーターがまた階下に降りてゆく時間を稼いでいたのだが、開きっぱなしのハコの中で立ちっぱなしのヤツが居ればさすがに目立つ。

 当然、俺のことを目ざとく見つけた受付の女性が畏まって礼をしてきたので、慌てて俺も礼を返してしまった。
 
 するとその受付からの指示があったか、間髪入れずにボーイが歩み寄ってきて、いらっしゃいませ今夜はお待ち合わせですかと落ち着いてかつ爽やかに予約の有無を尋ねられ、俺はアッハイと言うだけのマシーンと成り果ててしまった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444673254

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/01(月) 12:42:50.33 ID:hyqJ9q9H0

海老名「…………」

戸部「あの……、俺さ、その……その」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514778170

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/12(月) 23:09:10.76 ID:/s8rM2Xqo
某潜水艇

雪ノ下「なにこれ」

八幡「減圧室だ」

由比ヶ浜「減圧室?なんかコインランドリーの乾燥室みたいだけど」

雪ノ下「何に使うの?」

八幡「ダイバーが減圧症にならないようにするためだ」

雪ノ下「減圧症?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444658950

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆lpf/TAjzto 2015/10/09(金) 21:41:38.05 ID:Uke9Flid0
千葉村 肝試し前

八幡「雪女の衣装似合ってるな」

雪乃「あら、ありがとう。あなたの目の腐り方もハリウッド級よ」

八幡「ほっとけ。つーかお前無駄に和服似合うな」

雪乃「無駄は余計よ……まあ確かに昔からこういった服を着る機会はあったから、それなりに着付けや作法は心得ているつもりよ」

八幡(心得てるならさっきの悪口はなんだよ)

八幡「つか作法とかじゃなく俺は単純な感想を言ったまでだが、似合ってるって」

雪乃「へっ!?」

雪乃「………そ……そう………//」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444394497

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆KkwE6yJXmI 2015/08/27(木) 13:14:01.15 ID:UkClOfPk0
5月 奉仕部にて

八幡「……」カリカリ

結衣「ゆきのん、ここの問題これでいいかな~?」

雪乃「ええ、大丈夫ね。問題ないわ」

いろは「……」

八幡「…」ペラペラ

いろは「……」

結衣「じゃあ、こっちの問題は…」

雪乃「そちらのほうは…」

いろは「………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440648840

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 17:15:13.61 ID:T6WgsUjT0
小町「噂だけどね、噂」

八幡「それ、俺のことか?」

小町「小町がこうやって話題振ってるんだから、お兄ちゃんしか考えられないでしょ」

八幡「いや、小町の可愛さなら、男の一人や二人…」

小町「小町そんな悪い事しないし。そもそも彼氏いないし」

八幡「彼氏できたら、お兄ちゃんに言うんだぞ」

小町「お兄ちゃん、それマジっぽいからやめてよね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1513066513

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/23(火) 23:34:35.20 ID:k/TRLAcd0

八幡「部室だけど?」

雪乃「ちょっと待ちなさい。今日は活動は無しとあなたにも連絡をしてもらったはずよ」

八幡「誰にだ? って、由比ヶ浜しかいないか」

雪乃「ええ。あなたの家にファックスをするようにとちゃんと伝えたのだけれど」

八幡「ファックスでなんで俺に情報が届くと思ったんですかね……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1516718074

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/22(月) 23:49:18.23 ID:4VMYbKQM0

八幡「ロリコンじゃないから。 なんだよいきなり、レベル上げの邪魔すんなら許さねぇぞ」スイスイ

結衣「レベル上げ? その小さい女の子ばっか出てくるやつで?」

八幡「瑠璃色コンドミニアムな」

結衣「略してルリコン……ってやっぱロリコンじゃん! 超キモい!」

八幡「来期の『このゲームが熱盛!』にノミネート確実な神ゲーに対してなんつー言い草だ」

結衣「よくわかんないけど、ゲームがアレっていうより、いい歳してそーゆーのやってるヒッキーがアレなだけだし」

八幡「由比ヶ浜、いい歳ってお前俺と同い年だろうに」タプタプ

結衣「や、あたし別に歳のこと悪く言ってるわけじゃ……なんかヒッキー返事雑くない?」

八幡「問題ない。由比ヶ浜との会話なんざ考えなくても大体なんとかなる」スイスイ

結衣「めっちゃ失礼なこと言われた!!」

八幡「むしろ、考えて話すことでお前のキャパの少ない頭にかかる負荷を減らしてるだけありがたく思……あ、やべ選択ミスった」

結衣「ミスってるのはリアルでの言葉のチョイスだかんね!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1516632557

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 八股先輩 ◆3svf9ywuI. 2014/02/11(火) 10:53:31.46 ID:oXXchaTo0

雪乃「比企谷君、私は野菜ジュースのイチゴヨーグルト味で」

八幡(……ナチュラルに俺をパシリやがった)

トイレ

八幡「はぁはぁ……うっ…」

家庭科室

八幡「はいよ」つ野菜ジュース

雪乃(開いてる……?)コクコク

八幡「………」ハァハァ

結衣(ヒッキー……勃起してる…)ハァハァ

変態しかいない世界で愛を謳う。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392083611

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 八股先輩 ◆3svf9ywuI. 2014/02/09(日) 21:18:51.20 ID:jivnfb520

「高校生活を振り返って 改」

三年F組 比企谷八幡

青春とは嘘であり悪である。

その気持ちは一年前となんら変わらない。

青春を謳歌せしものは常に自己と周囲を欺くし、自ら取り巻く環境の全てを肯定的にとらえる。

だが、この一年で必要悪の存在に気付いた。

筋肉を傷付けることは本来悪であるが、結果としてより強い筋肉を形成する。

他人と勝ち負けを競うことは自己満足の帰結にすぎないが、終わった後には結果はどうあれ清々しい気持ちになる。

つまり、嘘も欺瞞も秘密も詐術も、

平塚「時として高校生活には必要なものである」

八幡「………」

これは、比企谷八幡の後悔の物語。

全てが遅く、タイミングが悪く、それでいて甘く優しい青春の一年間。

部活に、恋に、友情に。

道を踏み外した人間に訪れる最後のチャンス。

それは、一年前の春、奉仕部に入って間もない頃にさかのぼる。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1391948331

PAGE TOP