スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

その他

1: ◆xW69XHZIXl2A 2014/03/12(水) 21:46:22.40 ID:Qlyiq2Mv0
ガララッ

風間「部室に来たんだが、誰もいねーな」

風間「ん?コップに水が置いてある」

風間「喉が渇いてたんだよな。頂くとするか」

ゴクゴクゴク

風間「」プハーッ

ガララララッ

中(ドМ)「やめろーーー!それを飲むなーーー!」

風間「ん?ああ、悪いな。これお前のだったのか?」

中「違う!それはただの水などではない!」

風間「は?」

中「それは超強力な『ほれ薬』なんだ!」

風間「そんな非科学的な薬が存在するわけねーだろ」

中「それを飲むと、周りの人間は全員お前の事が好きになってしまうんだああああ!」

風間「へぇー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394628382

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/28(火) 21:49:17.14 ID:hwnXhZn00
あれは忘れもしない、去年の夏休みの終わり。
遊び呆けていた俺の宿題は、手付かずだった。
新学期まで、あと3日。万事休すだと悟った。
もう無理だと諦めかけていたその時、閃いた。

そう言えば、近所にガリ勉女が暮らしていた。

俺はすぐさまチャリを飛ばし、アポなし訪問。
なにせその女子生徒とは電話番号はおろかメアドもLINEも交換していない。赤の他人だった。
それなのにどうして自宅を知っていたかと言えば、それはひとえに席が隣同士だったからだ。
欠席の際にプリントを届けてくれと担任教師に頼まれた折、近所に住んでることが発覚した。

これも何かの縁だと勝手に解釈をして。
パパッと宿題を写させて貰おうと目論んだ。
ガリ勉女は学年主席。テストはいつも1番。
間違いなく、宿題は片付けている筈である。

そんなわけで、ピンポーンと呼び鈴を押すと。

『……何しに来たの?』

インターフォン越しに、不機嫌な声が届いた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1535460556

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 12:23:52.79 ID:dzKTdEPYO
魔王城、玉座の間

魔王「フハハハハ!勇者一行の実力はこの程度か!」

勇者「ぐっ、強い…!」

僧侶「ダメです、このままじゃ勝てません」

勇者「魔法使い!一か八かの勝負だ!」

魔法使い「えっ!?でもあれは…」

勇者「だがここで負ければ世界が終わる!やってくれ!」

魔王「ほう…奥の手があるのか、面白い!その技、我に見せてみよ!」

魔法使い「…分かったわよ、やってやろうじゃない!」

魔法使い([召喚魔法:アナザーウェポン]、こことは異なる世界から、強力な助っ人を呼び出す魔法…)

魔法使い(だけどその強さはピンキリ…更に言う事を聞いてくれるとは限らない…)

魔法使い(でもうまくいけば勝てる…やるしかない!)

魔法使い(魔王よりも強く、硬く、そして従順な奴が出て来ますように!)

魔法使い「[召喚魔法:アナザーウェポン]!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1539660232

その他

1: ◆uWPFlft14M 2014/07/21(月) 09:42:06.22 ID:KbAP1KZa0

前作

男「俺のT○SOウッディ28Bキャップを挿入してやるぜ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402835492/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405903316

その他

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/02(金) 18:32:26 ID:7YkazGjM
匿名栗キノコさん「あんな植物より、もっとふさわしいマリオシリーズに欠かせない雑魚キャラがいるでクリよ」
https://i.imgur.com/A9435n2.jpg
ノコノコ「でもお前菌類じゃん」

その他

1: ◆cCI7CMf0X2 2014/06/15(日) 21:31:33.04 ID:bN+Y1ERB0
~ 朝 男家2階 男自室 ~

妹「……兄貴」

妹「……兄貴ィ、起きろよ」

男「………」スヤーリ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402835492

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/10(月) 21:50:15.578 ID:fiiIJvp50
男「ただいまー、はい弁当箱。ごちそうさま」

母「うちは貧しいからあまり大したオカズも入れられないけど、全部食べてくれてありがとう」

男「……」

母「私の取り柄といえば、お弁当作りぐらいだから……」

男「あのさ……お母さん」

母「なに?」

男「弁当……もう作ってくれなくていいから」

母「えっ……!?」

その他

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/13(木) 00:10:54.87 ID:NbDfbX7S0
男「どれどれ、俺のザクⅢは強化されたかな?」

カカッテコンナラ、コチカラカラ!

男「……サブが早くなってる。他はまだ、よくわからないな」

男「とりあえず、CP戦で一日触ってみるか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394637054

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/25(土) 00:36:09.908 ID:ic0NsxBP0
俺「ファアア……昨日はほぼ徹夜で届いたゲームやっちまったわ」

女「おい俺ェ、昨日、なんか忘れたよなぁ!?」

俺「ひっ!」ビクッ

俺「あ、ああ、急ぎの用事があって……その」

女「一言私にいえばよかったんじゃねぇかなあ? なあ?」

女「メール返したのも三時間後だったよなあ? お前私の事舐めてるだろ、オイ!」

俺「ごめんなさい……本当に急ぎで」

女「何があったんだよ?」

俺「いや、ごめん、急ぎで」

女「要件聞いてんだろうがさぁ! お前いつもそれだよなぁ?」

俺「……ごめんなさい」

女「そういうとこがお前……チッ」

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/01(木) 00:20:06.206 ID:jNv02VMV0
男「う……ここは……」

男(俺はたしか……怪しい男に変な薬を嗅がされて……)

少女「どこなのここ!?」

DQN「俺に変なもん嗅がせたのは誰だぁ!?」

インテリ女「……」

オカマ「なによこれぇ! どうなってんのー?」

男(俺の他にも同じ目にあった人たちがいるようだ……いったい何が始まるんだ!?)

「ようこそ、諸君!」

PAGE TOP