スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/13(土) 16:33:03.466 ID:JAxkDeQ90
召喚士「よし、あとはこの魔法陣に血を捧げるだけだ……」

召喚士(かなりの量流さないといけないみたいだから、ザクッと……)

ザクッ

ボタボタボタ…

召喚士「うぐっ……出でよ、かつて世界を焼き尽くしたといわれる火魔神よ!」

ボワンッ!

召喚士「なんだ、この軽い音は」

暇人「…………?」

召喚士「あの……火魔神様、ですよね?」

暇人「暇人だけど?」

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/18(日) 21:14:54.21 ID:6IqMHEM30
女「……」キュッ

女「……」ジャー

「あー、あの」

女「……うわっ」ジャー

女(さっきまで誰もいなかったのに……)ジャー

「女、さんですよね」

女「は、はい。そうですけど……」ジャー

女(……にしても、綺麗な人だな……)ジャー

「わたし、こういう者です」スッ

女「あ、これはご丁寧に……」キュッ

女「……」フキフキスッ

女(……竜宮城……『乙姫』……)

女(……普通の美女だ)ションボリ

乙姫「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474200893

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/05(火) 20:10:38.53 ID:A/3rfYC8o
騎士「なあなあ、女騎士」

女騎士「なんだ?」

騎士「これ、なにか分かるか?」ヒョイッ

女騎士「鶏卵だろう? バカにしているのか」

騎士「じゃあさ……この卵を道具を使わずこのテーブルに立てられるか? もちろん縦にだぞ」

女騎士「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467717038

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/30(金) 20:58:57.77 ID:F4cPK2aho
司会「これより究極の料理対決を開幕いたします!」

司会「優勝の栄冠を手にするのは、五人の料理人のうち、一体誰か!?」

司会「それではまず、五人に本日の意気込みを語って頂きましょう!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475236737

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/15(木) 00:32:16.05 ID:brfcD8O3o
男「あのさ」

友「ん?」

男「“一本でもニンジン”って歌あるじゃん?」

友「あー、あったあった! どんどん数字が増えてく歌な。懐かしいな~」

男「俺さ……あれの限界にチャレンジしたいんだよな」

友「は……? 限界ってどういうこと?」

男「ようするに、あの歌の数字をどこまで大きくできるかやってみたいんだ」

友「まーた下らないことを……」

友「でもちょっと面白そうだな……やってみるか!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473867135

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)10:50:07 ID:M5Y
ーベランダー

彡(゚)(゚)「タバコ吸お」プハー

彡(゚)(゚)「・・・ん?向かいのマンションの一室のカーテンが空いており一人の少女がおるな(解説)」

少女「んっ・・ふっ・・・」

少女(久々だから気持ちいい・・・>>4いじっちゃお)

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 20:23:44.80 ID:A8kS5L/do
―居酒屋―

男「……でさー、ホント危なかったよ」

友「ハハハ、『前門の虎、後門の狼』ってやつだな」

男「まったくだ」

男「ところで、ふと思ったけど……」

友「なに?」

男「ことわざって結構怖いよな」

友「なんで?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480677824

その他

1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2016/10/20(木)06:40:42.556 ID: FYeRt2GG0.net

女戦士「何故強力な防具程露出度が高くなっていくんだ」

女格闘家「・・・・」

女戦士「お前も黙ってないで何か言ったらどうなんだ。お前だっておかしいと思ってるだろう」

女格闘家「・・・別に、それで強くなれるなら」

女戦士「だからってこれはおかしいだろ」

【伝説の魔術師の作ったネックレス。あらゆる攻撃を跳ね返す魔法がかかっています】

女格闘家「絶対強い・・買おう」

女戦士「まて、まて。注意書きをよく読め」

【※衣服を纏うと魔法が機能しなくなります】

女格闘家「・・・大丈夫。見た相手を全て殺していけばいい。・・大丈夫」

女戦士「自分以外の人間がいなくなるぞ・・・」

その他

1: ◆QkRJTXcpFI 2012/11/30(金) 11:54:33.68 ID:nlsr789Z0
「美味そうな飯、見ィつけた」

少年「!?」キョロキョロ

「ここだここ。もっと上」

少年は不可解な存在を目にした。
塀の上に腰掛ける、少なくとも人間ではない灰色のナニカ。
化物と呼ぶには頼りなく、幽霊と呼ぶにはコミカルな、異質の存在。

「少年、君の欲望を一つ叶えてやろう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1354244073

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/03/01(金) 20:07:08.067 ID:7LGKRITJ0
男「あっ!」

男「まーた誰かが車を勝手に止めてやがる!」

男「この空き地は俺の私有地だってのによぉ……」

男「まあ、ぱっと見駐車場っぽい空き地だし、柵とか作ってない俺も悪いのかもしんないけどさ」

男「いや、だからって勝手に車止めるなんてありえないだろ!」

男「あー、ムカつく!」

PAGE TOP