スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/01(土) 04:00:32.272 ID:TakE23vgp
僕「お前の作る飯はうまいな。特に味噌汁なんて出汁がきいてて最高だよ」

女「あらまあ、ありがとうございます。お前さんに褒められるだけで身が煮えるように熱くなりますよ」

僕「はは、それは困るな。どうだ、今度ちょっとばかし作るところを見せてはくれないか」

女「それは勘弁してくださいな。私、料理姿を見られるのはどうにも恥ずかしくて……」

僕「そこをなんとか。減るもんじゃなかろうに」

女「駄目です」

僕「そこまで言われちゃ仕方ない。隠れて覗くとするさ」

女「……絶対に覗かんでくださいよ。覗くようなら三行半でも叩きつけてみせます」

僕「……わぁったよ」
翌朝
僕「ん、今日はいつになく早く起きたな。あいつは……この小気味良い音からするに朝飯の支度か」

僕「……昨日はああまで言われたがやはり好奇心は抑えられんな。……見つからなければ問題ないさ」

僕「……台所の戸まで来てしまった。包丁の音が止んだが、気づかれたか?……いや、そうならば声をかけるだろうし、まだ問題ない」

僕「……水を注ぐような音がするな……。そっとだ、そっと戸を開けて中を覗きそっと閉じる、それだけだ見つかることはない……」スー(戸を開く音)

僕「見え……見えた……ん?あいつ、鍋にまたがるように立って何をしてんだ?……手の位置からして服をたくし上げて……まさか小便でもしてるのか?!」

僕「おまえ!何してるんだ!」

女「えっ、どうして!……あ、あれほど覗くなと言ったじゃあありませんか!」

僕「黙れ!人に出す食い物に小便を混ぜるやつがあるか!出て行け!」

女「ぐっ!しかしこれにはわけが」

僕「聞く耳なんて持ちやしないぞ!いますぐに出て行け!」

女「……わかりましたよ。……お世話になりました」

僕「ひどい女だ……ああ、この味噌汁もほとんど完成してるというのに。……飲めるか、これ?……少し混じっただけならいい……いや結構……けど小便の匂いはしないな。飲んでみるか」

僕「……若干出汁が薄いが……いつもの、うまい味噌汁だ。……追いかけるべきか?……そうだよな、きっと」
砂浜
僕「ここにもいないか……いや、あれ女に似てるな。……あの手の動き、もしかして泣いてるのか?声をかけようか?」

僕「……面倒なのに関わりたくないしな……。ん、いやちょうど泣き止んだところだったようだ……」

僕「どうしたんだあの娘、急にうずくまって……」

僕「あれ!どこに消えた!?」スタスタ(女のいた方へ歩く)

僕「娘が消えた?隠れるような場所もない。怪しいものも特には……なんだこれ、ハマグリ?それも大きい……」

僕「そういえば少し前ちょうどこのくらいのでかいハマグリを見つけたことあったな。それでその次の日にあいつと出会って……それであいつと別れた日にまた同じ大きさのハマグリがある……?これって……もしかして……」

僕「……いや、空想をめぐらしてもどうしようもないんだ。ここにも女はいなかった、他をあたるしかないな……」

僕「……ハマグリよ、おまえも海に帰りな。誰か探してるかもしれないからな」
おしまい

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/26(月) 21:48:03.637 ID:kfHI2O9N0
~情報番組~

アナウンサー「こちらが今若い女性の間で大人気のスイーツです!」

アイドル「わぁ~、おいしそ~!」

アナウンサー「ぜひ食べてみて下さい!」

アイドル「はいっ!」パクッ

アナウンサー「いかがですか?」

アイドル「とってもおいしいですぅ~」

アイドル(まっずううううううううううううううううううううううううううう!!!!!)

その他

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/18(火) 12:18:13.17 ID:DBy1Yqe90
勝俣「えっwwwwちょwww冗談はやめましょうよアッコさんwwwwww」

アッコ「冗談やないで…ホンマに好きや!昔からずっと好きやったんや!」

勝俣「いやいやwwwww困りますってwww」

アッコ「なんで困るんや!人が真剣に思い伝えとんのに!」ゴゴゴゴゴ…

勝俣「あ、はい…www嬉しいッスww」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395112693

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2014/09/19(金)22:43:56 ID:3mVt85zWr

――イギリス荘(グレートブリテン及び北アイルランド連合荘)

スコットランド女「~~~~ッ!」

スコットランド女「もう我慢ならないわっ!!!」

ウェールズ幼女「きゅ、急にどうしちゃったの……?」

北アイルランド不良♀「はぁ……また癇癪起こしたのかよ」

イングランド寮長「スコットランドちゃん……今度はなによ?」

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/18(月) 20:50:23.24 ID:VxjiyNr80

妻「今日の晩ご飯なにがいい?」

夫「何でもいいよ」

妻(いつもこれなんだから……)

妻「何でもっていったわね?」

夫「ああ、いったとも」

妻「本当に?」

夫「本当だとも」

妻「分かったわ……!」

妻(その言葉、後悔させてあげる!)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1529322622

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/10(土)23:13:17 ID:wpt
店長「お菓子に…ファッション誌と、あと漫画ね。なんでこんな事…」

JK「…。」

店長「黙ってたら許してもらえるとか、そんなのないから。とりあえず学校と親御さんに…」

JK「い、家はやめてください!学校も…バレたら私…。なんでもしますから!」

店長「えっ、今なんでもって…。…じゃあ手始めに>>6とかしてもらおうか」

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/28(水) 08:46:29.898 ID:JmoVLfDTr
現地

???「わりぃちょっと遅れたわ!」

エルフ「あっきたきた!おーい!」

ゴブスレ「!!!」

ドワーフ「どうしたんじゃ?」

ゴブスレ「全員構えろ、ゴブリンだ」

小峠「お前喧嘩売ってんのか?」

ゴブスレ「言葉を喋るのか・・・それにとてつもなく流暢だな・・・新たな高等種か・・・」

エルフ「・・・・・・・・・」

小峠「何こいつ?初対面で人見てゴブリン呼ばわりとか何こいつ?」

エルフ「ゴメン、彼に悪気はないの」

トカゲ「彼はゴブリンに並々ならぬ感情を抱えているゆえ、どうか非礼をお許し願いたい」

神官「ゴ、ゴブリンスレイヤーさん、はやくあの人に謝ってください!」

ゴブスレ「・・・・・・すまない」

小峠「おう、気にすんな。もういいよ」

ゴブスレ「あまりにも・・・人に擬態を試みた狡猾なゴブリンのように見えてしまった・・・顔の造形と頭髪の無さがそれの説得力を強く後押ししていてな」

小峠「お前それ、誤認の弁論と理由の説明のつもりだろうけど失礼の上乗せにしかなってねーからな?」

ゴブスレ「・・・・・・・すまない」

小峠「もういいって、ほら切り替えてさっさと行こうぜ」

ゴブスレ「・・・・・・・潔い頭だな。まるで熟練の職人が磨きあげた宝珠のように光かーー」

小峠「出来もしねーおべっか頑張ってんじゃねーよっ!!」

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/26(月)15:11:25 ID:pR5
俺「ほいっ」

 ボウッツ (戦闘力・無量大数)

小学生「……!? な、なんだそれは……?」

俺「さあ、かかって来なさい」

(一秒後)

俺「フフ……」

小学生「ちくしょー! 手も足も出ない!」

俺「まあ、もう少し修行してくるんだな」

小学生「くそっ! 絶対殺してやるからな!」

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/26(月) 02:49:20.972 ID:RNU4wpLb0
友「だって、ぼくがそうしたんだから。ぼくの思い通りになって、よかったよ。」

友「どうかな、孤立した気分は。きっとキミには初めての経験でしょ。でもね、ぼくはずっとこうだったんだよ。」

友「誰からも相手にされなくて、たまに注目されてもからかわれて終わり。おかげでぼくは、ヒトが苦手になっちゃった。」

友「学校なんて大嫌いだった。はやく終わってずっと家にいたいって思ってた。でもね、キミがいてくれた。」

友「キミが、ぼくの友だちになってくれたんだ。ぼくに優しくしてくれた、初めてのお友だち。大切な、ぼくの親友。」

友「ずっと一緒にいたいって、思うようになった。キミならぼくを、大事にしてくれる。ぼくとキミとで、ずっとお話してたかった。」

友「でも……キミ、人がいいからさ。ぼく以外にも、仲のいい人、いるんだよね。ぼくにとって唯一の友だちはキミだけ。でも、キミにとってぼくは沢山いるうちの一人に過ぎないの。」

友「そんなの、嫌だったんだよね。ぼくにとってただ一人の存在なんだから、キミにとってもそうじゃなきゃ不公平じゃない。そうでしょ?」

友「だから…………ちょっとした噂を流したんだ。キミの友だちが、みーんないなくなるように。」

友「あっけなかったよね。すぐ離れてった。所詮キミのことはその程度しか思ってない、偽物の友だちしかいなかった。」

友「でもね、ぼくは違うよ。キミの唯一の友だちであるぼくは、決してキミから離れたりしない。なにがあっても、ぼくらはずっと友だちだ。」

友「……怒ってる、よね。でも、突き放そうとはしない。だって、ぼくがいなくなったら、キミは本当にひとりになっちゃうから。」

友「今さらひとりになんて、なれっこないのに。」

友「……えへ…。このあったかいの、ぼく好きだな…。これからはずっと、このあったかいのにスリスリできる…。……うれしい、な…♪」

友「うぅー……っ…♪○○、好きだよぉー…っ♪これからもずーっと、仲良しでいよーね……へへ…。」

その他

1: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 22:08:50.35 ID:ZNieORUr
プシュッ!

曜「1個くらい減っててもバレないよね……」

曜「へへへ」

曜「お、お酒かあ……。飲んだことないけど、どんな感じなんだろ」ドキドキ

曜「よーし、いただきます!」グビグビ

曜「……わっ!まずっ!」

曜「なにこれ……注射みたいな味する……おえっ」

曜「というかこれ、そもそもなんてお酒だったんだろう?勢いで飲んじゃったけど」

曜「…… すとろんぐ?よく分かんないなあ」

曜「…………」

曜「あれ?……ん?あ、なんか、グラッと……してきた……?」フラフラ

PAGE TOP