スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

のび太「本格的にいじめられるようになった」

ドラえもん

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 12:02:55.25 ID:ZX4vOcAr0
のび太「おはよー」

クラスメイト「……」

のび太「ジャイアンおはよー」

ジャイアン「……」

のび太「スネ夫おはよー」

スネ夫「……」

のび太「しずかちゃんおはよー」

しずかちゃん「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1469242974



    

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 12:05:02.30 ID:ZX4vOcAr0
体育

先生「それでは二人一組でペアになってください」

のび太「しずかちゃーん、一緒にやろうよ!」

しずか「ごめんなさい、先約がいるの……」

のび太「……」

のび太「じゃあ他の人と余った人と組むか」

のび太「偶数なのにあまりがいないだと!?」

のび太「ばかな!?」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 12:08:22.27 ID:ZX4vOcAr0
授業

のび太「眠いな」

先生「じゃあ野比君、ここを答えなさい」

のび太「え!? あ、はい!!」

先生「何だね野比君、また居眠りしようとしてたのかね」

のび太「えーと」

のび太(算数は苦手なんだよなぁ)チラッ

しずか「……」

のび太(どうしたんだしずかちゃん、いつもなら助けてくれるじゃないか)

のび太「ええと、分かりません」

先生「はぁ~、それじゃあ次の人」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 12:10:45.46 ID:ZX4vOcAr0
下校時間

のび太「くそっ、今日は皆どうしたっていうんだ?」

のび太「そろいもそろって僕をバカにしやがって」

のび太「ちくしょうめが……」

のび太「出木杉の野郎も僕を無視しやがって」

のび太「優等生の化けの皮だな」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 12:13:12.15 ID:ZX4vOcAr0
しずか「のび太さーん」

のび太「しずかちゃん!」

しずか「今日はごめんなさい」

のび太「いいんだよ!」

のび太(どんな酷い事をされても謝れば許せる僕ってお人よしだな~アハハ)

しずか「良かったら今日家に来ない?クッキーを焼こうかと思って」

のび太「うん!行く行く……」

のび太(……いや、待てよ)

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 12:15:16.24 ID:ZX4vOcAr0
のび太(いじめというのはあっさりと終わるわけがないんだ)

のび太(故にこの約束もトラップ)

のび太(だとすればそれにむざむざと引っかかるのはいけない)

のび太(だが逆にこれはチャンスともなりえる)

のび太(つまりは家で攻撃を仕掛けられた時に正当防衛としてこちらも攻撃する)

のび太(まあドラえもんから道具でも借りればそれでOKか)

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 12:15:48.06 ID:ZX4vOcAr0
しずか「じゃあ四時に」

のび太「OK」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 12:21:11.93 ID:ZX4vOcAr0

ドラえもん「陰湿ないじめを受けただって!?酷い!」

のび太「だろ?」

ドラえもん「全員で無視なんて酷すぎる!のび太君、反撃をしなよ!」

のび太「ジャイアンの身体的いじめなんてどうでもよかった。しかし――」

のび太「温厚な僕も今回ばかりは少し頭にきたよ。だから反撃をしたいと思う」

ドラえもん「いいぞ!それでこそ男だ!」

のび太「さしあたって、もし僕の怒りのリミッターが外れて暴動を起こした時の為に警察沙汰にならないように事態を揉み消す道具を使っておいてくれないか?」

ドラえもん「の、のび太君……そこまで強烈な仕返しはしないほうがいいんじゃ。それだちとかえって――」

のび太「強烈な仕返しをしなきゃ終わらないでしょう?このいじめ」

のび太「ドラえもんの道具だって飾りじゃないでしょ?」

のび太「子守ロボットなら、子供が正しい道を進もうとしているなら応援しなきゃ。だろ?」

ドラえもん「……」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 12:22:47.54 ID:ZX4vOcAr0
のび太「しーずーかーちゃーん」ピンポーン

のび太「しーずーかーちゃーん」ピンポーン

しずか「はーい」

のび太「やあ」

しずか「待ってたわのび太さん」

しずか「さあ上がって上がって」

のび太「はいよ」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 12:25:16.58 ID:ZX4vOcAr0
のび太「しずかちゃんの部屋久しぶり……」

出木杉「やあ野比君!君も誘われたのかい?」

のび太「てめえも来てたのかハリボテ野郎……」

出木杉「そ、そんな事言うなんて酷いじゃないか!!」

のび太(くそっ、少し冷静さを失っていた)

のび太「ごめん、ごめん。皆で一緒に楽しもう!」

出木杉「うん!」しずか「ええ」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 12:28:54.39 ID:ZX4vOcAr0
のび太(……で?いつまで僕を除け者にする気だ?)

出木杉「それでね、裏山に九官鳥が出没したからさ」

しずか「そうなの」ウフフ

のび太(しかもあっちは見せ付けるだけで攻撃の気配なし)

のび太「ねえねえ、昨日のお笑い番組見た?面白かったよね!」

しずか「そう……」

のび太(とまあこんな感じでこっちが会話をふっても明らかにそっけない)

のび太(イライラしてくんなぁ)

のび太「僕もう帰るわ」

出木杉「え?どうしてだい?まだ来たばかりじゃないか」

しずか「そうよ!早すぎるわよ」

のび太「いいや、不快だからもう帰るよ。とめたって帰るからな」

出木杉「本気なのかい?」

のび太「ああ」

しずか「……そう」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 12:31:19.68 ID:ZX4vOcAr0
のび太「ちっ、クソが!不快だぜ!」

のび太「あれだけなら最初から呼ぶんじゃねえよ!」

のび太「ムカツクなおい」

のび太「ああああああ」ぶつぶつ

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 13:08:42.11 ID:ZX4vOcAr0
のび太(あれから、数ヶ月いじめは続いた)

のび太(僕自身もう慣れ始めていた)

のび太(しかし――)

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 13:10:56.08 ID:ZX4vOcAr0
のび太「……」ガラガラ

クラスメイト「クスクス」

のび太(またいつものか……ん?)

のび太(あれは!?」

のび太(僕の机に花瓶と花!?)

のび太(許せん……っ!?)

のび太「あああああああああああああああああああああああ!!!!」バァアン!

クラスメイト「!?」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 13:14:44.32 ID:ZX4vOcAr0
のび太「貴様らそんなに人をいじめるのが楽しいか?」

のび太「小さい聞こえるか聞こえないかギリギリの声で死ねだの何だの」

のび太「そんな事言って人の気持ちを考えたことがないのか?」

のび太「貴様らは人の姿をした悪魔だ」

のび太「平気で人を傷つけるようなことが出来る貴様らは悪魔だ」

のび太「許せん……許せん……」

出木杉「の……野比君……」

のび太「触るなぁ!」パリィイン!

出木杉「がぁああっ!」ドタッ

クラスメイト「きゃああああああああああああああ!」

のび太「動くな貴様ら!」

のび太「動いたらこいつの首を掻っ切るぞ!」

クラスメイト「逃げろぉおおおおおおおおおおおお!」

のび太「人質にすら気を配らないとは、貴様らそれでも人間か?」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 13:15:44.08 ID:ZX4vOcAr0
のび太「一人残らず殺す!」

のび太「貴様ら誰一人生き残れると思うなよ!」

のび太「はああああああああああああ!」

ザンザンッ!!
ズビュ!

・・・・・・・・・

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 13:17:11.20 ID:ZX4vOcAr0
A「やばかったな、のび太」

B「うん、とても怖かった」

A「これからどうする気なんだ?アイツ」

B「もういっそ、学校から出て警察に駆け込んじゃえば……」

のび太「見ぃ~~~つけた」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 13:21:00.96 ID:ZX4vOcAr0
残り8人

ジャイアン「あんにゃろさっさとぶっ飛ばそうぜ!」

スネ夫「やめなよジャイアン!あののび太の目を見たかい?」

スネ夫「あれは平気で人を殺せる眼だよ」

スネ夫「今ののび太には殺人なんてどうってことないんだよ」

ジャイアン「だからどうした!腕力は所詮のび太だろ!」

スネ夫「警察にでも電話すれば簡単に済むはず。そう、一階の職員室前の……」

ジャイアン「だめだ!」

スネ夫「どうしてさ!」

ジャイアン「いいか?あの殺人鬼を作り出したのは俺たちだ」

ジャイアン「俺たちでケリをつけるのが筋ってもんじゃあないか?」

スネ夫「本気で言ってるの?」

ジャイアン「ああ!」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 13:23:27.42 ID:ZX4vOcAr0
帽子「ああ……のび太ぁ……」ガクガク

デブ「ひ、ひぃいいい……」

のび太「どうしたんだ?何をそんなにおびえている?」

帽子「や、やめてくれ」

のび太「何だと?じゃああの時僕がやめてと頼んだらいじめはやめてくれたのか?」

帽子「そ、それは……」

のび太「決まりだな」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 13:28:42.48 ID:ZX4vOcAr0
残り6人

ドレス「……どうしましょう。私こんなこと慣れていませんわ……」ガクガク

ドレス「野比さんは何故あんなに怒って……」

PLLLLLLLL

ドレス「!!??」ビクッ!

ドレス「誰かしら……」

ドレス「で……出木杉英才さん」

ピッ

ドレス「もし?」

出木杉『もしもし、ドレスさんかい?』

ドレス「ええ。出木杉さんは大丈夫でしたの?」

出木杉『ギリギリ心臓は避けられたようだ』

ドレス「よかった……」ホッ

出木杉『それで、ドレスさんはどこに隠れてるの?助けに行くよ』

ドレス「本当ですの?私は三階女子更衣室のロッカーの中ですわ」

出木杉『……』

ドレス「え?」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 13:31:29.21 ID:ZX4vOcAr0
のび太『そっかぁ~。ヒヒヒ。意外と声真似でなんとかなるもんだなぁ~』

ドレス「あ……」

のび太『それじゃあ今からそっちへ行くよ。待っててね。ヒヒヒ』

カチャ

ドレス「……」

ドレス「……ぅ」

ドレス「う……動かないと……ここから動かないと……」

ドレス「殺されてしまいますわ……」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 13:37:32.84 ID:ZX4vOcAr0
ドレス「せめてどこか別の場所へ……」

ドレス「そうだわ、近くの荷物室に……」

ハアハア

ドレス「案外苦しいですわね……」ハアハア

ドレス「でもここなら……」

のび太「ここだよねぇ~」

のび太「どこへ逃げても無駄だよ~?」

ドレス「!!??」

ドレス(で、ですが大丈夫ですわ。ここで静かにしてればばれる筈がありませんわ)

のび太「君はあまり学校へこないようだけど、それでも傍観者に徹するってのはどうなのかなぁ~?」

のび太「良家のお嬢様がいじめを見過ごすなんてねぇ」

ドレス(息を潜めてれば……)

のび太「どこかなぁ~」

のび太「ヒヒヒ」

ドレス(私のロッカーの前で。そんな……!?)

のび太「そこだな」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 13:39:06.39 ID:oeQrQqAG0
やべえよ….やべえよ….
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 13:42:46.54 ID:ZX4vOcAr0
残り5人

ジャイアン「くそぅ!どこだ!のび太ぁ!」

スネ夫「そ、そんなに大声出さなくても」

ジャイアン「うるせぇ!」

ジャイアン「早くのび太を倒さないと……」

ジャイアン「もっと仲間が餌食になっちまう」

スネ夫「……」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 13:50:28.13 ID:ZX4vOcAr0
残り5人

しずか「……」

女「……」

しずか「……大丈夫よ」

女「そうね……」

しずか「……」

女「……」

カタッ

しずか・女「!?」ビクッ

しずか「だ、大丈夫……多分風で物が動いたのよ」

女「……」

女(落ち着かないわね……)キョロキョロ

女「??」

女(何であの通気口開いてるのかしら)

サッ

女「!?」

女(何か今動いた?)

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 13:53:27.87 ID:ZX4vOcAr0
女(見てみようかしら)

女「!!??」

のび太「……」ジー

女「し、しずかちゃ……っ」

ガッ
ズイッ

しずか「どうしたの……っ!?」

女「ぎゃああああああああああああ」ビシャアアアアアアアッ!

ポタッポタッ

しずか「いやあああああああああああああああああああ!!!」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 13:56:40.24 ID:ZX4vOcAr0
残り4人

しずか「ハアッハアッ」タッタッタッタッ

しずか(どうしよう、殺されるっ!)

ジャイアン「ちくしょう、のび太が見あたらねえ」

スネ夫「あっ、あれってしずかちゃんじゃない!?」

ジャイアン「あ、マジだ」

スネ夫「逃げてるようだったけど……」

ジャイアン「まさかのび太か!?行くぞスネ夫!」

スネ夫「うん、分かったよ!」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 14:01:05.03 ID:ZX4vOcAr0
ジャイアン「この先は宿直室しかない。覚悟を決めろ!この先にのび太がいるはずだ!」

スネ夫「う、うん、分かったよ」

バァン!

ジャイアン「のび太!食らえっ!」

ジャイアン「何?いない?」

スネ夫「見て!通気口!」

ジャイアン「くそっ、ここから出入りしたってのか!?」

スネ夫「だとしたら……」

ジャイアン「しずかちゃんが危ない!行くぞスネ夫!こっちだ!」

スネ夫「ああ!」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 14:03:34.37 ID:ZX4vOcAr0
「しーずーかーちゃーん?どこにいるのぉ~?」

「逃げても無駄だよぉ~?」

しずか(どうしよう、息が切れてきちゃった……)

しずか(心臓が凄くなってる……)

「しーずーかー――」

シーン

しずか「?声が消えた?」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 14:10:33.55 ID:ZX4vOcAr0
ジャイアン「のび太ぁ。もうお前の好き勝手にはさせん」

スネ夫「そうだぞのびた!」

のび太「なんだ、ジャイアンとスネ夫じゃないか」

ジャイアン「お前を倒す……覚悟はいいな?」

スネ夫「覚悟しろよ!」

のび太「どうして僕を狙うんだい?」

ジャイアン「は!?決まってるだろ!お前が俺たちの仲間を殺したからだ!」

のび太「今更正義漢ぶってるのか。自分のしてきた事を思い出せよ」

ジャイアン「は?」

のび太「今まで僕を無視し続けて、精神的苦痛を与え続けてきたお前が、仲間をかたるだと?」

ジャイアン「それは」

のび太「僕の事は仲間じゃなかったんだね。幼馴染だったっていうのにさ……」

ジャイアン「……」

ジャイアン「すまない……」

のび太「ん?」

ジャイアン「今まで、すまなかった」

のび太「へえ、これは驚いた。お前に謝るなんて事が出来るなんてね。でも今更」

ジャイアン「ああ、今更だよな。だから俺の事は……」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 14:15:42.19 ID:ZX4vOcAr0
ズパッ!

ジャイアン「ぐあっ!」

ジャイアン「い、いてぇ……」

のび太「アキレス腱を切っておいた。もう動けないよ」

ジャイアン「あああ」

のび太「さて。どういたぶってやろうか……」

ジャイアン「ひっ」

ジャイアン「た、助けてくれスネ夫!このままじゃ俺は殺される!」

スネ夫「え?」

ジャイアン「助けてくれよぉ!」

スネ夫「……う、うるさい!」

ジャイアン「!?」

スネ夫「全部お前のせいだ!クラスメイトが殺されまくったのもなにもかも!」

スネ夫「お前があんないじめやろうなんて言わなければ!」

ジャイアン「お、お前だってあん時は!」

スネ夫「全部全部お前のせいなんだ!消えてしまえ!」タッタッタッ

のび太「残念だったねぇ。あの性格のスネ夫が助けてくれるとでも思ったかい?」

のび太「そうだな……まずは生爪でも剥がしてやろうか?ふふふふふ」

ジャイアン「あ、アア。死にたくねえ……」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 14:21:49.82 ID:ZX4vOcAr0
階段下の隙間

スネ夫「うううう」ブルブル

スネ夫(全部ジャイアンが招いた災いなんだ)

スネ夫(全部ジャイアンが悪いんだ)

スネ夫(僕は……被害者なんだ!いじめを強要された被害者なんだ!)

スネ夫(僕は絶対に悪くない!)

――本当にそうなのか?――

スネ夫(思えばジャイアンだって冗談で言ってたかもしれない。冗談にしては内容が酷いかもしれないけど)

スネ夫(それに僕のあのお調子者の性格のせいで、ジャイアンをその気にさせていたのかも……)

スネ夫「……」

スネ夫(もしかして、僕も悪いのか?)

スネ夫「……」

スネ夫(……)

スネ夫(……確か、しずかちゃんがまだ生き残ってたはず……)

スネ夫(しずかちゃんを助け出してから、今度は正式にのび太とのび太の両親に謝ったら)

スネ夫(もしかしたら助けてくれるかもしれない……)

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 14:25:21.86 ID:ZX4vOcAr0
しずか「ガチガチ」ガタガタ

しずか(震えで歯がかみ合わない……)

トタ……トタ……

しずか(!? 誰か来た!)

カチャリ

スネ夫「しずかちゃん、いる?」

しずか(スネ夫さん!?)

しずか「こ、ここよ!」

スネ夫「そ、そこにいたか!」

スネ夫「いいかい?今から学校の裏口から脱出しよう!」

しずか「ええ、分かったわ!」

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 14:29:57.79 ID:ZX4vOcAr0
タッタッタッ

スネ夫「いいか?ここを出たらのび太の家に行って二人で謝罪しよう!」

しずか「え?」

スネ夫「のび太は17人もの命を奪った。多分確実に警察に捕まる」

スネ夫「だから、その前に謝るんだ!」

しずか「……」

スネ夫「のび太は取り返しのつかないことをした。そして僕らも」

スネ夫「謝って許されることじゃないと思う。でも、僕らにはそれしかできないんだ!」

しずか「そうね」

スネ夫「!しずかちゃん!」

しずか「もとはと言えば、私たちがあんないじめに賛成しなければあんなことは起きなかった」

しずか「皆に責任があるわ!」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 14:37:20.98 ID:ZX4vOcAr0
のび太「どこに行こうっていうの?」

スネ夫・しずか「あ!?」

のび太「僕と両親に謝罪?よくもまあぬけぬけと」

のび太「そんな事で僕が許すとでも思っているのかい!?」

のび太「ここは通さないよ?」

のび太「お前らはここで死ぬ。クラスメイト全員で死ぬのさ」

のび太「皆一緒だ。皆に罪があるんだ。だろ?だったら――」

のび太「ここで皆で死のう」スチャッ

スネ夫「いいかい?しずかちゃん。僕が合図したら一気に裏口に走れ」ボソッ

しずか「そんな!それじゃあスネ夫さんは?」

スネ夫「聞かないでくれ。せめて君だけでも生き残るんだ」

しずか「……ええ、分かったわ」

スネ夫「三つ数える」

「三・・・」
「ニ・・・」
「一・・・」

しずか(今ね!)タッ

ガシッ

しずか「え?」

のび太「しずかちゃん捕まえたぁ~」

スネ夫「悪いねしずかちゃん!そこで足止めしといてくれ!」

しずか「そんな……」

しずか「あ、あんな奴……信頼するんじゃなかった……」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 14:41:46.16 ID:ZX4vOcAr0
スネ夫(謝罪?皆に罪?知るかバカ!)

スネ夫(僕は何も悪くないに決まってるだろ!)

スネ夫(どの道のび太は殺人罪なんかでつかまる。そもそも謝罪なんて必要ないんだよ!)

スネ夫「よし!よし!裏口が見えてきた!」

ステンッ!

ゴツン!

スネ夫「イテテ。何が落ちてたんだよ」

スネ夫「って、血!?」

のび太「ジャイアンの血さ。生きたままナイフで絞り取ったんだ」

スネ夫「ひ、ひいぃぃぃぃ」

のび太「もう逃げられないよ。全員死ぬんだ……」

ガンッ!

のび太「だ、誰……」ヨロヨロ

ドタッ

???「危なかったね。スネ夫君」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 14:48:24.15 ID:ZX4vOcAr0
スネ夫「出木杉!?」

出木杉「うん」

スネ夫「生きていたのか!」

出木杉「運が良かったよ。たまたま懐に電子辞書を入れてて、それでナイフの刃先が滑ってなかったら危なかった」

スネ夫「た、助かった~」

出木杉「殺人は立派な犯罪……。のび太君はもう警察に突き出すしかない」

スネ夫「よしよし、僕も手伝うから早く行こう!」

出木杉「そうかい?」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 14:52:37.82 ID:ZX4vOcAr0
数日後

レポーター「同級生17名の命を奪った少年は精神に何らかの異常があるとして精神科に移されることになりました」

レポーター「次のニュースです……」

スネ夫「ふぃ~。刑務所に入れとけって言いたいけど、まあ精神科でもいいか」

出木杉「……」

スネ夫「ん?出木杉君どうしたの?」

出木杉「実は野比君の家に寄ったんだけどね、ドラえもんがいなかったんだ。当然といえば当然だけど」

スネ夫「ああそう。もうどうでもいいんだけどぉ~」

出木杉「僕はもう帰るよ」

スネ夫「じゃあねバイバイー」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 14:58:50.11 ID:ZX4vOcAr0
・・・・・・・・・

スネ夫(あれから僕は数少ない生き残りとして他のクラスの奴から英雄視されていたのさ)

スネ夫(まあ気持ちいいね。あんなまなざし受けられると)

スネ夫(さっさとクラスに馴染んだしもう過去の人の話なんてどうでもいいさ)

スネママ「スネちゃま~、私旧友とお茶会があるので出かけてくるザマスわね~」

スネ夫「言ってらっしゃいママ~」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 15:02:39.54 ID:ZX4vOcAr0
出木杉「ん?」

レポーター「臨時のニュースです。先日精神科に送られた囚人が脱走しました。警察は捜査を開始し――」

出木杉(野比君かな?しかし、ここから数十キロは離れている。警察の目を掻い潜るのは難しいはずだけど)

出木杉(もしもということがある。戸締りをしよう)

スッ

出木杉「よいしょっと。……!!??」

のび太「……」ニヤッ

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 15:05:35.10 ID:ZX4vOcAr0
出木杉(ここは二階!どうやってここまで。いや、そんな事はどうでもいい)

出木杉(今出来るのは……)

ガシッ

のび太「……」

出木杉「うぉっ!?」

ガッ!

出木杉(許せ、野比君)

ドンッ

のび太「……」ヒュウウ

ウウウウウウウ

バシャンッ

出木杉「……」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 15:09:18.41 ID:ZX4vOcAr0
スネ夫「のび太が死んだ?」

出木杉「正確には僕が落とした」

スネ夫「そ、それで!?」

出木杉「のび太君は打ち所が悪くて植物状態になったよ」

出木杉「僕は警察の取調べを受けたけど正当防衛と見なされて開放された」

スネ夫「のび太はもう動かないってことか!やったじゃん!」

出木杉「喜ぶべき事かい?」

スネ夫「あんな殺人犯消えたほうが良かったんだって!」

出木杉「う~ん」

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 15:11:58.31 ID:ZX4vOcAr0
???「……スネオクン」

スネ夫「出木杉君呼んだかい?」

???「……デキスギクン」

出木杉「スネ夫君こそ」

スネ夫・出木杉「????」

スネ夫「気のせいかな」

出木杉「だろうね」

???「……イマカラアソビニイクネ」

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 15:12:42.29 ID:ZX4vOcAr0
つまんねーとか面白くないとか言うんじゃないぞ?
読んだ方ありがとう
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 15:44:08.20 ID:T4k/MJrYo
素晴らしいな
何が素晴らしいって、出木杉の名前を間違えてないところ
出来杉って間違えてる人ほんと多い
61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/23(土) 19:09:55.31 ID:lsVAxA1Mo
[たぬき]が代わりに復習なりしてくれると思ったけど違ったな
最後のはのび太だよね?
でもこういうのいいね、スカッとする
103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/26(火) 01:11:35.81 ID:zaLYsA+l0
面白かった
また痛いSSかいてね

     


元スレ
タイトル:のび太「本格的にいじめられるようになった」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469242974/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP