スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

ラブライブ!

1: 名無しで叶える物語(庭) 2019/02/20(水) 17:26:42.39 ID:xHVuaj97
突然だけど、私は教室でうんこを漏らしてしまった
授業中に自分の席で、ビシャビシャの下痢便がお尻から漏れ出てしまったのだ

私の名前は桜内梨子
浦の星女学院に在籍する華の高校2年生

華の──というのは、なんかダジャレっぽくて笑ってしまう、ふふ
だって私の名前、「桜」って入ってるでしょ?正真正銘華の高校2年生だよね

……なんて、くだらないこと考えてる場合じゃなかった
そんなピッチピチの華の高校生が、たった今うんこを漏らしてしまっているのだから
これはとっても一大事、どうしよう

正確には……今はうんこがまさに漏れ始めている瞬間
0.001秒の刹那的な瞬間なんだよね
この極限状況で冴え渡った私の意識は、圧縮された時の中でこのように思考をフル回転させている

さあ。あと1秒ほどでうんこが撒き散らされてしまう
どうにかしないと

ドラゴンボール

1: ◆nlCx7YJs2Q 2014/02/12(水) 01:19:50.87 ID:uvYkis9/o

【 パオズ山 】

チチ「悟空さっ!もういい加減にしてけれっ!」

悟空「いやぁ、そんなこと言われても、オラ、難しいことわかんねぇぞ」

チチ「そんなこと!?大黒柱が家族の為に働くのは当たり前のことだべ!」

悟空「オラ、働きたくねえぞ。それよかもっと修行……」

チチ「そうはいかねえ!魔人ブウとかなんだかもやっつけたんだから、今更強くなっても仕方ねえだ!」

悟空「参ったなぁ」

悟飯「またか……母さんの言うことはもっともだけど、父さんが働いてるところは想像できないなぁ」

悟天「大人って大変だね」

※このSSは! ドラゴンボールの二次SS、でございます。

  一応、原作全巻読破、アニメ視聴済みですが、うろ覚えのところもある為、

  多少設定や人物の口調に齟齬がでるやもしれません。

  苦手な人はそっ閉じでお願いいたします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392135590

THE IDOLM@STER

1: ◆C2VTzcV58A 2015/06/02(火) 13:36:48.71 ID:2152zZxq0
裕子「温泉街です!」

P「おう」

裕子「和風です!」

P「そうだな」

裕子「前回はお仕事でしたが、今回は完全にプライベートです!」

P「休みに2人で小旅行ってやつだな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433219798

THE IDOLM@STER

1: ◆z80pHM8khRJd 2019/02/20(水) 00:15:51.41 ID:1/zxA0lS0
「わたし、まつりさんのお城に遊びにいきたいです」

無邪気な一言にまつりは固まった。何故だか理由は語れないが、とにかく姫のお家には人を上がらせるわけにはいかないのだ。

「ほ? 姫のお城は高い高いお空の上にあるのです。だから星梨花ちゃんが来るは難しいと思うのです」

まつりは汗1つかかずに、切り返す。さすがは我らが姫、かわし方は心得ている。

それを聞いたら、ある程度分別がつく子は察しを込めて、それが難しい子は本当の意味で「じゃあ無理だねと」諦めてしまうであろう。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550589351

ぼくたちは勉強ができない

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/10(月) 23:23:54 ID:w/7Zs4bc
………………海での一件から数日後 予備校

成幸 「なんです、藪から棒に」

小美浪先輩 「いや、メールでも謝ったけど、これだよ。ほれ」

成幸 (紙袋? 中身は……)

成幸 「あっ……ああ。これ、海で貸したシャツですね」

小美浪先輩 「いや、ほんと悪かったな。返すの忘れて先に帰って」

小美浪先輩 「メールでは大丈夫だったって言ってたけど、本当に大丈夫だったのか?」

成幸 「えっ、あー……」

成幸 (……帰りに乗せてもらった桐須先生の車の運転は、正直全然大丈夫ではなかったけど、)

小美浪先輩 「? 後輩?」

成幸 (それをこの愉快的な先輩に話したら、また桐須先生をからかうネタにしかねないし)

成幸 (わざわざ言うことではないな。よし)

小美浪先輩 「おーい、こうはーい。どうしたー?」

成幸 「……すみません。大丈夫でしたよ。海の家ですぐに新しいシャツを買えましたし」

小美浪先輩 「そ、そうか……」 ホッ

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 20:40:34.79 ID:n7pw+o2ro
卯月「あ、おはよう凛ちゃん!」

凛「あ、あのさ……二人に、話しておきたいことがあって」

卯月「プロジェクト、クローネ……」

未央「迷ってるってどういうこと?」

凛「………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441539634

THE IDOLM@STER

1: ◆W56PhqhW.M 2019/02/20(水) 00:52:29.23 ID:cQcjrJXB0
今日はアイドルマスターミリオンライブ!の星梨花の誕生日ですね。

誕生日記念ということで、拙作を流しちゃうぞ。

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 00:11:26.09 ID:3KkNZLQN0
P「TPO弁えろとか言ってくるんスわ。もうわけわかんないですよねちひろさん!」

ちひろ「寝ぼけたこと言ってないでTPO弁えてください」

P「あん?」

ちひろ「だいたいですね。プロデューサーさんは何でそう頑なにスーツを脱ごうとしないんですか」

P「まさか、ちひろさんまでスーツを脱げと言うんですか?」

ちひろ「だってプロデューサーさんってば運動するときも、海に行くときも、温泉はいるときもスーツじゃないですか。そのうち宇宙行くのにもスーツなんてことも」

P「さすがに風呂入るときにスーツはないです。まあ宇宙にスーツは菜々さんの時に実行してるのであしからず」

ちひろ「ほぉ。そこまで筋金入りとなるとみんなが必死脱がせようとする気持ちがよくわかりますよ」

P「言っておきますけど、最初からずっとスーツだったんじゃないんですよ。そう、あれは入社したての頃」

ちひろ「あ、回想ですか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441465885

ラブライブ!

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2019/02/19(火) 23:47:54.45 ID:VwbwQqcN
花陽「?!!?!」

希「んー?」ニヤニヤ

凛「ち、違う!ほら、ことりちゃんってお姉さんっぽいから間違えただけで……!」

穂乃果「わかる!」

海未「穂乃果も少しは見習いなさい」

絵里(私はお姉さんっぽくないのかしら……)

ことり「ことりは嬉しいよ?ありがとう、凛ちゃん♡」

凛「ごめんなさい…」

真姫「大丈夫よ凛、私に向かって『ママ!』って言った人も居るから」

にこ「ちょっと!!!」

ソードアート・オンライン

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/23(金) 06:28:44.99 ID:jSiQ6egz0
キバオウ「どういうことや!?」

キバオウ「SAOの人気ランキングをやっていたのは知っとったけど・・・」

キバオウ「なんでワイがそのランキングで1位なんや!?」

キバオウ「ま、まさか・・・!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445549324

PAGE TOP