スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/19(火) 00:51:58.528 ID:N8Qe0WAA0
ーー深夜。スイス、ヌーシャテル近郊。
ワンボックスカー車内。

偉い人「昨日、サン・ヴェルニー島に居た中佐から連絡が入ってな」

「え、どうやって? あの島には通信設備なんて無いはずですよ。というか、”居た”?」

偉い人「ああ。もう島を出とる。あの島では少し大きな地震があってな。そのおかげーーと言うと言葉は悪いが、”彼女”との仕事が存外早く片付いた」

「地震ですか……。それと租税回避とどんな関係が?」

偉い人「ま、色々あったんだ。色々」

「はあ」

偉い人「中佐は急遽島に寄港した空中艦で、捕らえた総督とエルルまで優雅に空の旅だ。連絡は当然、艦の通信設備から寄越した」

「なるほど」

偉い人「でーーまあ本題なんだが、地震で島の御神体が目覚めたんだと」

「御神体? ……まさかっ!」

偉い人「勇者様だよ」

「そんな馬鹿な……」

偉い人「君はドラゴンクエストをやったことがあるかね?」

「……Ⅷからなら。欧州版が出ていますので……」

偉い人「おおそうか。私などは若い頃から北米版を手に入れてやり込んでいたクチでね。まさにあれの世界だよ」

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/19(火) 00:08:06.27 ID:xJz4/1uK0
ブロロロロロ…

男「……」チラッ

女「ちょっと、運転中にスマホ見ないでよ。危ないよ」

男「俺さ、ガラケーからスマホにするの結構遅かったんだけど」

女「そうなんだ」

男「ガラケーだった頃は、次々スマホに切り替えていく連中を」

男「スマホのどこがそんなにいいんだ、ミーハーどもめ、だなんてバカにしてたけど」

男「自分もいざスマホにしてみたら、やっぱりこう思うよ」

男「一度スマホにしちゃうと、もうガラケーには戻れないよな……って」

女「どうして?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550502485

その他

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 21:46:03.989 ID:NcS1/+oA0

―寿司屋―

寿司職人「へい、大トロ!」

女「いただきま~す!」パクッ

女友「あれ? どうしてシャリだけ残してるの?」

女「だって太っちゃうじゃない。ご飯って炭水化物だし、百害あって一利なしだわ」

女「お寿司を食べる時はね、シャリは残した方がいいわよ」

女友「へぇ~、私もそうしよっと」パクッ

男「……」

THE IDOLM@STER

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 06:48:18.06 ID:zENmOOSzo
飛鳥「おはようございます」

P「おはよう、アスカ。 ん、イヤホンつけて……何か聞いてるのか?」

飛鳥「うん、最近心にくるものがあってね」

P「アスカはどんな曲が好きなんだっけ」

飛鳥「騒々しいのかな」

P「邦楽は聞かないのか?」

飛鳥「聞くよ」

P「ロック好きか?」

飛鳥「好き……うん、好きなのかも」

飛鳥「好きだよ。 ロック以外も聞くけど」

P「李衣菜にも見習わせたいよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388785697

THE IDOLM@STER

1: ◆C2VTzcV58A 2015/05/18(月) 19:24:07.17 ID:jVShqnu20
とある休日。
見慣れた彼の姿を視界に捉えたのは、街をぶらついていた午前中のことだった。

「やあ、P」

「ん? おう、飛鳥じゃないか。奇遇だな」

声をかけると、向こうもボクの存在に気づいて近寄ってくる。
そんな彼の様子を見つめながら、ボクの関心は彼が隣に連れているある物に向けられていた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431944637

ストライクウィッチーズ

1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2016/10/22(土)21:21:56.581 ID: fmW6i7tU0.net

〜食堂〜

エイラ「邪魔だナ。どかせよミヤフジ」

芳佳「何度もどかそうとしたんですけど……なかなか動かなくて」

リーネ「すっごく重いんです」

エイラ「しょうがない。私も手伝ってやるよ。せーの、で押すからナ」

芳佳「はい」

エイラ「せーの! んぐぐぐぐぐ」

芳佳「むむむむむっ!」

リーネ「ん〜〜〜〜!」

エイラ「ハァ!? なんだよコレ! 全然動かネー!」

芳佳「だから言ったじゃないですか」

エイラ「黒くて丸いけど、鉛か?」

芳佳「さぁ……石? ではないよね」

リーネ「困ったね……これじゃ朝ご飯が食べられないよ」

芳佳「うん……」

その他

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/02/19(火) 10:28:37 ID:Sjk7MgBU
※注意点
オリキャラが1匹いるのだ(デスハムくん)
ハムスターが死ぬのだ(殺し合い)
小学生時代に見た時の知識しかないので、
ハム太郎、こうしくん、タイショーくん
メガネくん、まいどくん、のっぽくん
かぶるくん、パンダくん、リボンちゃん
トラハムくん、トラハムちゃん、ねてるくん
マフラーちゃん、ちびまるちゃん

この14匹しか出ないのだ
それでもよければ見ていくのだ!
へけっ!

ラブライブ!

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/19(火) 00:09:12.49 ID:Ga9WdjH+O
真姫「ふう。今日も一日疲れそうだわ」

穂乃果「ハ~イ!真姫ちゃ~ん」

真姫「げっ、穂乃果…」

穂乃果「げって何さ?失礼しちゃう」

真姫「だって。穂乃果が待ち伏してるなんてロクなことがなさそうじゃない。あと、にこちゃんも」

穂乃果「そんな事はないよ!今日は真姫ちゃんに美味しいスイーツを食べさせてあげようと思っただけだよ」

真姫「スイーツ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550502552

ドラゴンボール

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 01:56:13.77 ID:FfjROp/Io
ベジータ「オレは……超(スーパー)ベジータだ!」

セル「超ベジータ……!? な、なんだそれは!?」

ベジータ「いちいち説明するのも面倒だ。てめえで勝手に想像しろ……」

セル「そうだな……想像してみるとしよう」

ベジータ「ほう……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455209773

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/19(火) 21:17:18.14 ID:/3yrQCADO
こずえ「ふぁー」

―一目見ただけなら、単に眠そうにしている一人の少女

―その頭の中を覗いてみると

―そこは……

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550578638

PAGE TOP