スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/16(日) 00:00:41.14 ID:fi+pPFf/0
李衣菜「いや確かに、簡単で時間も掛からないけど……アイドルは身体が資本ですよ?」

文香「はぁ……その、仰る通りです……が、その…私は料理をしたことが無く、寮の台所には調理道具すら……」

李衣菜「……マジで? じゃあ、いつもどうしてたんですか……?」

文香「朝食は、寮の食堂が利用できますので……」

李衣菜「……昼と夜は…?」

文香「………その…昼は学食を……」

李衣菜「でも、大学って授業が無い日もありますよね? それに、今日みたいに仕事のある日もあるじゃないですか」

文香「………私達のような世代には当たり前で、中々実感を得ることが難しいことではありますが……」

李衣菜「………?」

文香「少し辺りを見回せば、飲食にありつける環境に居る…というのは、得難い幸運なのでしょうね……」

李衣菜「………つまり?」

文香「…コンビニ弁当、です……申し訳ありません……」

李衣菜「いや、謝られても困りますけど……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439650840

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/15(火) 00:15:20.617 ID:YpXg7za/0
<TV局スタジオ>

大御所「……」スタスタ

男(よし……大御所さんが歩いてきた)

男(あとはこの紙でできた壁から叫びながら飛び出して、驚かせる)

男(驚いたところで、『ドッキリ大成功!』と叫ぶ!)

男(メチャクチャ怒られるだろうけど、それはそれでテレビ的にはおいしい……)

男(俺自ら局に持ち込んだこの企画、絶対成功させる!)

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆GU9rEi2owk 2019/01/21(月) 20:18:21.26 ID:FCwyom2Zo
※短いです。

提督「ただいま」

漣「あ、お帰りなさいご主人様!長旅ご苦労様でした。それで目当ての艦娘とは出逢えましたか?」

提督「…」

漣「ご主人様?」

俺は何日も鎮守府を離れてブーゲンビル島沖で艦娘の保護活動を行ってきた。その中でそれを望む艦娘がいれば連れて帰ってよいことになっていた。
今回はフレッチャー級駆逐艦ジョンストンが確認されたということで、貴重な戦力になるかもしれないと思い、漣に鎮守府の多くの仕事を任せて出撃していた。
そんな苦労をかけた彼女に何からつたえればいいのだろうか。

提督「…」

漣「どうしたんですか?黙ったままで。らしくないですよ」

浮かんでくるのはありふれた謝罪の言葉だけ。ただ素直に「すまない、ジョンストンを迎えることはできなかった」と謝ればいいのだ。
それができないまま外の雨が段々と小雨から細雨になってきて沈黙が更に気まずくなる。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1548069500

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/19(月) 01:03:34.33 ID:K4xHFZVEo
志保「今日は私の誕生日だけど……」

可奈「え!?覚えてたんだね……」

志保「えっと……もしかして、今私馬鹿にされてるの?」

可奈「違う違う!!そうじゃなくて、まさかいきなりそう答えられるとは思ってなかったから、ね?」

志保「自分の誕生日を忘れるわけないし、そう答えるのが普通かなって思ったのだけど」

可奈「え゛゛!
…そうだよね、自分の誕生日忘れるなんてわけないよね!」

志保「ふーん……
可奈って、想像以上に、なんというか、変わった子なのね」

可奈「今すごいオブラートに包まれた気がするけど、気にしないーー♪」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421597014

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/22(土) 23:26:43.459 ID:UYpuIP0l0
先輩ぼく(よしっ!同じようにめちゃくちゃ怒ってやろう)

先輩ぼく「こらぁああ!!!何やってんだぁぁぁあああ!!!!分からかったら聞けよ!!!勝手にやるな!!!」

後輩「す、すみません……」

先輩ぼく「ったく、使えねぇな!!もういいからこっちのことやっとけ!!!」

後輩「……はい」

先輩ぼく(これでコイツも成長できるな。うんうん)

THE IDOLM@STER

1: ◆pquguykCZ2 2019/01/21(月) 17:36:26.49 ID:Nkj9S9YzO
文香「はい」

美嘉「えっ!? ……そうなの?」

文香「はい」

美嘉「な、なんで?」

文香「三段論法です」

美嘉「三段論法」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1548059786

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/21(月) 18:25:47.31 ID:YlQr3i3T0
ある日、事務所にて……、

モバP「ちひろさん、折り入って相談があるんですか」

ちひろ「はい。一体どんな相談ですか?」

モバP「実は、アイドルをイメージした香水を作って販売しようと思うんです」

ちひろ「香水?」

モバP「ええ。女性アイドルって女性のファンも多いけど、やっぱり男性アイドルの方が多いと思うんですよね」

ちひろ「確かにそうかもしれないですね。可愛いアイドルに惹かれてファンになることありますもんね」

モバP「もちろん男性ファンの存在が悪いとは言いませんよ。ただ華がある女性ファンから支持された方が、アイドルとしてもイメージが良くなると思うんですよ。たとえば美嘉はカリスマギャルとして同じ年代の同性から支持されてるでしょ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1548062746

THE IDOLM@STER

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/21(月) 21:31:19.372 ID:Uj2XkiRx0
ガキ大将「バーカ!」

少年「デーブ!」

ガキ大将「アーホ!」

少年「ゴリラー!」

ガキ大将「くう……お前の母ちゃんでーべそ!」

少年「なんで知ってんだ!?」

ガキ大将「なんで知ってるって……決まってんだろ?」ペロリ

少年「お前……お母さんに何しやがった!?」

ガキ大将「なかなかよかったぜ……人妻ってのもよぉ」

少年「お母さん!」ダッ

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/01/21(月) 00:20:10.35 ID:Xo4crD+X0
やよい「うー……暗くて靴が見えません……」

P「ちょっと待ってろ」万札ボッ

P「どうだ明るくなったろう?」

やよい「」

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/21(月) 21:22:34.52 ID:XUYduWjw0
シャニP(以下P)「こら、またイタズラしたな」

摩美々「まみみは悪い子なんでー」

P「人のバッグにダンベルを入れるんじゃありません」

摩美々「鍛えられて、いいじゃないですかー」

P「流石に出る前に気付いたよ」

摩美々「ちぇー」

P「勝手に持ち出して、夏葉が探してたぞ」

摩美々「プロデューサーが返しておいてくださいよー」

P「摩美々も一緒にな」

摩美々「仕方ないですねー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1548073354

PAGE TOP