スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

THE IDOLM@STER

1: ◆GO.FUkF2N6 2018/12/03(月) 17:40:31.55 ID:HUwosoqio

ゆっくり投稿していきます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1543826431

THE IDOLM@STER

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 12:55:31.45 ID:Zont878Ro

某日

【CGプロダクション親睦会会場】

P「親睦会もいい具合に場があったまってきましたね」

ちひろ「ええ、新しい子たちもすっかり溶け込んでます」

P「この子たちはどんな反応してくれるんでしょうか」

ちひろ「いいですよね……女の子たちの疑心暗鬼……」

P「完全に親睦深めさせる気ないでしょう、あんた……」

P「だが、それがいい」

ちひろ「そういってくれると思ってました」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395374131

クレヨンしんちゃん

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/07/23(月) 01:53:50 ID:RXfjyCUQ
しんのすけ「おっ、ここはどこだゾ?」

ジャイアント・トード「」

しんのすけ「おぉ、でっかいカエル!」

ジャイアント・トード「」アーーーン

しんのすけ「オラを食べる気ぃ~?」

?「あ、危ない!? ン狙撃ッ」パシュ

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/30(日) 01:19:37.468 ID:kXfRGxTJ0
~放課後~

盲目美少女「今日も手を繋いで帰ってくれてありがとね!お陰で杖に頼らなくていいから楽ちん楽ちん♪」

ブサイク「ま、俺がお前にしてあげれんのはこれくらいだしな」

盲目美少女「へへっ十分嬉しいよ♪」

ブサイク「そうかい?しっかし急に外も冷え込んで来たなあYシャツじゃ寒いし」

盲目美少女「私はすぐ側に人がいてくれるから…あったかいよ///」

ブサイク「…ったく、人を困らせることを言いやがるぜ」

盲目美少女「えへへー」

ヒソヒソ ヒソヒソ

盲目美少女「…」

ブサイク「どうした?」

盲目美少女「う、ううん!何でもないよ!」

THE IDOLM@STER

1: ◆GO.FUkF2N6 2018/05/26(土) 14:54:34.46 ID:7ukIH8+z0
♦765プロ事務所

白石紬(765プロ)

紬(私、白石紬は本日からここでアイドルをすることになりました)

紬(同期で入ってくる桜守さんはとてもすごい方らしいと聞いています)

紬(正直うち……私に務まる仕事なのか不安で仕方がありません)

紬(ですが引き受けた以上、全身全霊を持って取り組んでいく所存です)

紬(そう覚悟を決めて事務所まで来ました)

紬(やったのに……)

双海亜美「これから面接をはじめるよ→」

双海真美「まずは自己紹介からよろよろ→」

紬(なんでうち、桜守さんと一緒に面接をさせられとるん?)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1527314074

ドラゴンボール

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/23(日) 19:25:07.107 ID:XGsCwMz90
ブルマ「そうよ、今日会社の社長さん達とパーティーがあるから、トランクスと出かけてくるわね」

ベジータ「ふん、くだらん。勝手にしろ」

ブルマ「一応聞くけど、あんたも来る?」

ベジータ「ふん、なにがクリスマスだ。俺はそんなくだらないパーティー等には行かん」

ブルマ「だと思った。じゃあ行ってくるわね」

トランクス「パパ、ばいばい」

ベジータ「ふんっ」

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/23(土) 01:28:10.099 ID:JmzD84S50
男「ただいまー」

少女「お帰りなさーい」

男「おお、よしよし」ナデナデ

少女「えへへ~」

嫁「あなた……大事な話があるの」

男「なんだい?」

嫁「この子……あなたの子じゃないの」

男「ええーっ!?」

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/26(水) 20:59:41.95 ID:gN7dml660
キャラ崩壊注意
各アイドルにPが居る設定

P「やっと外回り終わったわ。やっぱ外寒いなぁ」

P「おかげで手がキンキンに冷えちまった」

ありす「それはいけませんね。ありストーブ。起動です」

P「ありストーブ?」

ありす「プロデューサーさん。手を」スッ

P「ほい」スッ

ありす「はぁー」

P(ありすの温かい息が俺の冷えた手にかかる)

P「……これは?」

ありす「ありストーブです。あなたの手を温めます。さっきはみがき(イチゴ味)もしたので口臭も問題ないはずです」ハァー

ありす「……どうですか?温かいですか?」

P(むしろ心が温まるなぁ)シミジミ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1545825581

THE IDOLM@STER

1: ◆Vysj.4B9aySt 2018/12/26(水)20:52:26 ID:HPX
加奈「えっと……メモしたスイーツ屋さんは……」トテトテ

「え?こっちですか?」クルッ

「違う……ここは……」アタフタ

「こっちでもないです」パニック

「うわーんっ!!」

Fate

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/27(水) 01:56:26.93 ID:B36hnpLHO
※設定・キャラ崩壊注意。

書き手の料理知識はゼロなので全てデタラメです。本気にしないでください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1530032186

PAGE TOP