スポンサーリンク

あけましておめでとうございます。٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/26(月)15:11:25 ID:pR5
俺「ほいっ」

 ボウッツ (戦闘力・無量大数)

小学生「……!? な、なんだそれは……?」

俺「さあ、かかって来なさい」

(一秒後)

俺「フフ……」

小学生「ちくしょー! 手も足も出ない!」

俺「まあ、もう少し修行してくるんだな」

小学生「くそっ! 絶対殺してやるからな!」

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/26(月) 02:49:20.972 ID:RNU4wpLb0
友「だって、ぼくがそうしたんだから。ぼくの思い通りになって、よかったよ。」

友「どうかな、孤立した気分は。きっとキミには初めての経験でしょ。でもね、ぼくはずっとこうだったんだよ。」

友「誰からも相手にされなくて、たまに注目されてもからかわれて終わり。おかげでぼくは、ヒトが苦手になっちゃった。」

友「学校なんて大嫌いだった。はやく終わってずっと家にいたいって思ってた。でもね、キミがいてくれた。」

友「キミが、ぼくの友だちになってくれたんだ。ぼくに優しくしてくれた、初めてのお友だち。大切な、ぼくの親友。」

友「ずっと一緒にいたいって、思うようになった。キミならぼくを、大事にしてくれる。ぼくとキミとで、ずっとお話してたかった。」

友「でも……キミ、人がいいからさ。ぼく以外にも、仲のいい人、いるんだよね。ぼくにとって唯一の友だちはキミだけ。でも、キミにとってぼくは沢山いるうちの一人に過ぎないの。」

友「そんなの、嫌だったんだよね。ぼくにとってただ一人の存在なんだから、キミにとってもそうじゃなきゃ不公平じゃない。そうでしょ?」

友「だから…………ちょっとした噂を流したんだ。キミの友だちが、みーんないなくなるように。」

友「あっけなかったよね。すぐ離れてった。所詮キミのことはその程度しか思ってない、偽物の友だちしかいなかった。」

友「でもね、ぼくは違うよ。キミの唯一の友だちであるぼくは、決してキミから離れたりしない。なにがあっても、ぼくらはずっと友だちだ。」

友「……怒ってる、よね。でも、突き放そうとはしない。だって、ぼくがいなくなったら、キミは本当にひとりになっちゃうから。」

友「今さらひとりになんて、なれっこないのに。」

友「……えへ…。このあったかいの、ぼく好きだな…。これからはずっと、このあったかいのにスリスリできる…。……うれしい、な…♪」

友「うぅー……っ…♪○○、好きだよぉー…っ♪これからもずーっと、仲良しでいよーね……へへ…。」

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

八幡「やはり俺のアイドルプロデュースはまちがっている。」凛「これで最後、だね」【前編】

551 ◆iX3BLKpVR62014/07/12(土)02:12:41.78 ID: Gl0S96aK0

アイドル。

それは人々の憧れであり、遠い存在。

テレビの向こう側、雲の上の人、女の子の永遠の夢。
人によってその表現は違うが、どれもが自分とは別の世界のように語る。

それもそうだ。目にする事はあっても、そこに自分と同じ現実味などそう簡単には抱けない。

自分と同い年の少年が、甲子園に出ているように。

自分となんら変わりない少女が、コンクールで受賞されるように。

画面の向こうというだけで、どこか遠く感じてしまう。

 

THE IDOLM@STER

1: ◆eLzwTC9gW6 2018/11/26(月) 20:15:15.36 ID:igQimJIuo
アイドルマスターシャイニーカラーズ

三峰結華のSSです

短いです

三峰か結華かどっちにするか迷った

https://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira156390.jpg
https://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira156391.jpg

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1543230914

ニセコイ

1: ◆LeBgafvn/6 2016/08/09(火) 23:15:13.28 ID:SrR5nxCV0

・前作(本編とは関係ありません)

万里花「所詮はニセコイ」

つぐみ「二人のニセコイ」

※ジャンプ最新号までのネタバレを含みます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470752112

うる星やつら

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/04(火) 17:50:43.39 ID:PnyhazfDO
 
カタカタカタ…がらっ!

どどどどどっ!!

あたる「どわっ!!押入れから雪が!!」

おユキ「ラム…」ビュウウゥゥ…

ラム「おユキちゃん!いきなりどうしたっちゃ?」

あたる「おユキさ~ん!」ガバッ!

ラム「ダーリン!!」ドバババババ!

あたる「かっ…かはっ……」ビリビリ…

おユキ「ラム、ちょっと手伝って欲しい事があるの…」

ラム「なんだっちゃ?うちに出来る事なら何でもするっちゃよ?」

おユキ「実はね…」

カクカクシカジカ

ラム「ええっ?」
 

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370335843

ラブライブ!

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/05(月) 19:34:13.83 ID:hFHRtBCTO
海未「穂乃果、おめでとうございます」

ことり「穂乃果ちゃんおめでとう」

穂乃果「うう、二人ともありがとう」

海未「ふふっ、今日は良く頑張りましたね」

ことり「偉かったよ、穂乃果ちゃん」

穂乃果「ありがとう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480934053

THE IDOLM@STER

1: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/11(水) 20:16:05.35 ID:jwVi/Xdeo
前川みく「にゃ? 急にどうしたんだにゃPチャン?」

P「ん……いや、何となく言っておきたくなったんだ。急にごめんな」

みく「別に謝ることはないけど、ちょっとビックリしたの」

P「……新たに5人のCDデビューも決まったし、ウチの事務所も段々と活気づいてきたよな」

みく「CD以外にも皆いろんなお仕事を頑張ってるのにゃ! Pチャンやちひろさんの頑張りあってこそだね! このこの~♪」

P「皆が支えてくれたからこそ俺達は頑張れたから」

P「またひとつ節目を迎える今、改めて気持ちを表したかったんだ」

P「本当にありがとう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378898165

THE IDOLM@STER

1: ◆cTsEE87S4. 2018/11/18(日) 00:49:33.24 ID:0rN593qB0
泰葉とフレちゃんとプロデューサーの物語です
後、このSSの泰葉はちょっと変だと思います

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1542469772

PAGE TOP