スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/22(土) 22:00:01.41 ID:S575EL2To
どうもこんばんは、今回も短いですがよろしくお願いします

八百屋「両さん!あと1人だ!」

両津「任せろ!でえい!」

ズバン!ストライクバッターアウッ!

酒屋「やった、勝ったぞ!」

プラモ屋「お疲れ両さん。約束通り、この前のプラモ代はタダでいいよ」

両津「これくらいわしにかかればパワプロのぷぅ~をやっつけるようなもんだ」

友紀「おじさん凄い球投げるんだね!」

両津「誰がおじさんだ!何か用か嬢ちゃん?」

友紀「ううん、さっきまでそこで見てたんだけど、おじさんが余りに大活躍だったから思わず声かけちゃった」

両津「わはは、もっと褒めろもっと褒めろ。しかし商店街の草野球を見物するなんてお前も物好きな奴だな」

友紀「今日はキャッツの試合が無いからね~。でもたまには河川敷に座って草野球見ながらビール飲むのもいいもんだよ!」

両津「未成年飲酒はわしはどうでもいいが世間が関心せんぞ…?」

友紀「失敬なー。私こう見えても20歳なんだからねー」

両津「何?20歳だと?近頃の女は若いのにババアだったりババアなのに若かったりさっぱりわからん」

友紀「自己紹介がまだだったね!私は姫川友紀。アイドルやってるよ!」

両津「姫川ってあの、キャッツ対タイタンズ戦の始球式でビーンボール投げたって奴か?」

友紀「あ、あれはわざとじゃないよ!ただ、ほんのちょーーーっと当ててもいいかなって思ってたけど」

両津「お前春に会ったらド突き回されるぞ…。わしは両津勘吉。本職は警察官だ」

友紀「あ~知ってる!拓海ちゃんを死の淵から救ったんでしょ~。事務所じゃ有名だよ」

両津「もう何でもいい…毎回突っ込むのも疲れた…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371906001

PAGE TOP