スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

この素晴らしい世界に祝福を!

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/26(木)18:41:20 ID:7s6
この物語は本編のこのすばと少し違ったストーリーで進みます。また、省かれる部分もあります。

プロローグ『佐藤和真、その死』

カズマ「ハッ!?」

医者「おっ、気が付かれましたか」

カズマ「えっ、ここは!??」

医者「病院ですよ、佐藤和真さん」

カズマ「病院って俺は確か、女性を助けようとしてトラックに轢かれたはず…」

医者「いえ、トラックではなく、正確にはトラクターですよ」

カズマ「へっ!?」

医者「説明しますとトラックに轢かれると思った貴方は、咄嗟に女性を助けるため突き飛ばした」

医者「はずでしたが、実はそれはトラクターで、トラクターは女性の前で止まりましたよ」

カズマ「はぁっ!?」

医者「そして、貴方はそのままトラックに轢かれたと勘違いし、気絶してしまったという訳です」

カズマ「マジですかっ!?」

THE IDOLM@STER

1: ◆sIPDGEqLDE 2014/05/25(日) 21:56:47.61 ID:VXF8cJTy0

私は今、ご飯を食べる所を探して歩いています。
知らない土地でご飯を食べる場所を探すのがこんなに大変だとは思いませんでした。
探す時間が長くなればそれだけお腹もぐーぐーなっちゃうので早く見つけなきゃ。

そう簡単に見つかるならこんなに苦労はしないんですけど……。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401022607

THE IDOLM@STER

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 00:13:09.12 ID:dFcF9q+R0
・モバマスssです

・地の文、会話文半々くらいです

よろしくお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1389453188

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/13(日) 07:55:57.50 ID:nKeLmguU0

※Pしか喋りません

※続き物ですが前作を読まなくても問題はありません。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397343357

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆.6GznXWe75C2 2016/07/19(火) 22:57:33.72 ID:8sh+zRp2o
八幡「一色が死んだって……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446168302/
の前日譚兼後日談みたいな感じです。
あまりいい気分になる話ではありません。ご了承ください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468936653

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/09(水) 00:02:16.63 ID:UOPS6obl0

THE IDOLM@STER

1: ◆hhWakiPNok 2013/04/20(土) 18:48:37.62 ID:MhtssSOb0
若林智香「張っ付くパンツか、引っ付くパンツか、くっつくパンツか、ムカつくパンツかっ☆」

島村卯月「な、なに!? どうしたの、智香ちゃん?」

智香「って早口で言うと、ボイパみたいに聞こえるんだよっ☆」

渋谷凛「ボイパ?」

佐久間まゆ「ボイスパーカッションの略ですよねぇ。道具をなにも使わなくてもぉ、打楽器みたいな音を口で出せるって言いますけどぉ」

凛「へえ」

卯月「ちょっとやってみてよ、智香ちゃん」

智香「張っ付くパンツか、引っ付くパンツか、くっつくパンツか、ムカつくパンツかっ☆」

卯月「うん。確かに、打楽器のリズムっぽく聞こえるかも知れないね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1366451317

とある魔術の禁書目録

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/06(水) 20:36:03.37 ID:0Z20HC7xO
ある日、俺は暴漢から滝壺を庇って死んだ。と思ったらすぐに目が覚めた。傷は全て再生していた。何が起こっているのかわからなかった。
ーーーーー
ーーー

滝壺「はまづらから能力者の信号は感じない。」

浜面「でも、この通り傷が治ったんだ。再生能力者じゃないのか?」

滝壺「違うと思う。普段の傷は全く治らない。きっと、原石ってやつだと思う。」

浜面「?原石?第7位みたいな?」

滝壺「そう、昨日確かにはまづらは死んだ。でも、はまづらの脳波が止まった瞬間、生き返った。死んでしまったら演算はできない。だから、能力者じゃない。きっとはまづらは昔からそういう特殊能力を持っていた」

浜面「今までは死んだことがなかったから気がつかなかったってことか。」

滝壺「そうだと思う。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407324963

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/12(水) 23:20:11 ID:YQxBlivU

※世界観や細かいことは脳内自己解釈でお願いします。

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/12(土) 14:45:11.49 ID:mdW29m3R0
※Pしか喋りません

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397281511

PAGE TOP