スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/03(日) 23:29:27.95 ID:FaSMEWs40

P「確かにもうすぐお月見イベントでライブもある。お前もいい役をもらったしな」

肇「…………」ピョコピョコ

P「役作りに熱心なのはいい事だし、俺も応援するよ」

肇「……ハイ」ピョコピョコ

P「でもな、限度ってものがあると思うんだ」

肇「…………」シュン

P「わざわざ本物生やすのはやりすぎだと思うぞ……」

肇「私もそう思います……」

P「また志希に変なもん飲まされたのか?」

肇「えっと、今回はそうじゃなくて……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1504448967

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 01:32:29.68 ID:89NDRaZv0
楓さんがライラちゃんについてノロケる(?)お話です。
楓さんが一人でMCをするラジオ番組を持っている、という設定があります。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1531499549

THE IDOLM@STER

1: ◆cgcCmk1QIM 2018/08/18(土) 01:15:47.43 ID:fQiQAiWa0
(注意・シリアスな話ではありません)

P「ほたる。お前はこれまでうちのフロントメンバーとしてがんばってくれた」

ほたる「……」

P「苦しいときも大変なときも、文句ひとつ言わずライブバトルを戦ってくれたな」

ほたる「そんなの、当たり前です。ここで頑張りたいって、私、本当に」

P「本当に感謝してる。だが、それでも俺はお前に、残酷な通達をしなくてはならない」

ほたる「……言ってください。じつは、薄々もうわかってるんです」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534522547

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 19:32:45.37 ID:C2iDep6S0
ーー事務所ーー

P「夏コミが終わってしまった」

P「友人達から次々と戦利品の写真が送られてきて辛い」

P「はあ~俺も行きたかったなあ」

静香「プロデューサーああいうイベント好きなんですか?」

P「うん。学生時代は毎年行ってた」

静香「そうですか」

ミリマスSSです。プロデューサーと静香がちょっとだけイチャイチャします。
静香の親愛は激高です。よろしくお願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534588365

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/15(火) 21:18:39.15 ID:Izp1FBPcO
妊娠の要素を含んでおります。苦手な方は、ご遠慮願います。

教会:大聖堂

まゆ「ずっと……永遠に。まゆの、プロデューサーでいてくれますか?」

モバP「まゆ。その先も俺、考えていいかな?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405426719

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/18(土) 01:35:42.06 ID:rV4Fu6MWo
P「灯織、レッスンお疲れ様。今日も遅くまで自主練か」

灯織「プロデューサー、お疲れ様です。今日のレッスン、どうしても出来なかったステップがあったので、そこだけでも直そうかと」

P「自主レッスンを重ねるのはいいことだけど、あまり遅くまでするのはやめるんだぞ。親御さんも心配するだろうし」

灯織「両親は今日家にいないんです。父は出張で、母は用事で祖母の家に泊まるので大丈夫です」

P「それなら両親の代わりに俺が心配する。女の子が夜遅くに帰るなんて危ないからな」

灯織「それは……そうですね」

P「ということで、今日は終わりだ。休養を取ることも仕事のうちだぞ。早くしないとレッスン場閉めるぞー」

灯織「着替えてくるので少し待ってて下さい。……本当に閉めないで下さいね?」

P「しないって。今日も送ってくから待ってるよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534523741

THE IDOLM@STER

1: ◆VvysKS2FVo 2018/08/17(金) 20:33:37.95 ID:6R6maFYv0
 父に手を引かれて、記憶の中の少女は都会の夜を歩いている。それがいつだったのか、それが何処だったのかすらわからない。
 ひとつだけ確かなのは、その手を離すだけで生きていけなくなるほどボクは幼いということ。

 排ガスの匂い、ネオンサイン、壁の落書き、すれ違う人々──そのどれもが恐ろしく、そこに留まればいつかこの存在は融け出してそれらと混ざり合うだろう。
 それはどうしようもなく残酷で、醜悪で、キュッと父の手を握りなおした。

 街は融け合っている。そいつらは誰も認め合わないのに、いつもひとつになってボクを脅かしていた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534505617

とある魔術の禁書目録

1: ◆n9cydZxNSw 2013/08/10(土) 00:27:33.57 ID:OGetzeLF0
以前書き溜めておいた上琴ssを投下してみる。

文才無いですが暇なら付き合って頂けると幸いです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376062053

THE IDOLM@STER

1: ◆uYNNmHkuwIgM 2018/08/17(金) 00:00:19.33 ID:5RfFyhkG0
############
765シアター
エントランス
############

海美「パッパッパー♩パッパッパー♩パパーパーパパー♩パパーパーパパー♩パパーパーパパー♩パッパッパッパッ♩」

美奈子「さぁ、765高校4番レフト高坂選手が打席に入ります。アルプスの演奏にリズムを合わせてバットをゆらゆら揺らしています」

紗代子「3点リードされながら、9回2アウト満塁という場面でも余裕が見られますね」

奈緒「魔曲を口ずさむアイドルがいるとはなぁ…」

エミリー「魔曲!?海美さんが歌われてるのは呪詛の類なのでしょうか…?」

奈緒「あぁ、ちゃうちゃうジョックロックって曲や。この曲が流れると甲子園のマモノが起きて何かが起きるって意味でそう呼ばれてんねん」

エミリー「甲子園というところには魔物が住んでいるのですか!?あぁ、これは百合子さん達に退治してもらわないと…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534431619

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 15:08:25.15 ID:05f3zdEG0
P「またずいぶんと可愛らしい垂れ耳だな?尻尾までフサフサだ」

志希「これはレトリバーだね~。うちの事務所だと、わんこくんとか」

P「なるほど、レトリバーか。でもな志希。俺は『何の』イヌ耳かを聞いたんじゃない。『何で』イヌ耳が生えてるかを聞いてるんだ」

肇「…………レッスン中、差し入れにお茶をいただいて……飲んだら、何だか眠くなって……起きたら、またこんな……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495087704

PAGE TOP