スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

こちら葛飾区亀有公園前派出所, ドラえもん

1: 名無しさん@おーぷん 2016/08/28(日)18:09:54 ID:bUB
ドラえもん「僕はタヌキなんかじゃない!猫型ロボットだ!」

両津「猫と名乗るなら耳の1つでもつけやがれってんだ!」

麗子「ちょっと両ちゃん!かわいそうよ!」
中川「そうですよ先輩!謝ってください」
本田「先輩ひどいっす!」

両津「うぬぬ」
両津「やかましい!!大体猫だかタヌキだか知らんがそのロボットが派出所になんのようだ!」

●●「朝からご機嫌のようだな両津くん…」
両津「ギク」

麗子、中川、本田「あっ部長!おはようございます!」

部長「朝っぱらから、変な男の大声がすると思ったらやっぱりお前か」

THE IDOLM@STER

2: ◆OtiAGlay2E 2018/09/13(木)23:49:36 ID:dzm
―劇場控え室。

昴「おーい、ロコー。キャッチボールしようぜー!」

ロコ「うぅ…なんでロコが…。スバル、またコトハにアングリーされますよ?」

昴「へーきだって!今なら琴葉もいないからさ!それに今回は秘策があるんだ」

ロコ「うぅ…絶対に後からアングリーされますからね…それにシークレットプランってなんなんですか…」

昴「それは見てからのお楽しみっと…へへ、じゃあさっそくグローブをはめて…」

???「なにをしようとしてるのかしら?」

BanG Dream!

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)16:39:43 ID:BxQ
※キャラ崩壊してます
 
 ちょっと百合してます

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)19:20:56 ID:M7P
それはとある冬の日のことだった。
そいつは、コンビニの駐車場の隅で、車止めブロックに座っていた。
肩くらいの金髪、上下ジャージにサンダル。
端から見ても未成年だというのに、タバコをくわえていた。

普段見ない顔だったから、気になって見てたら目が合った。

そいつは、まるで野良犬のように、俺を睨んでいた。

ラブライブ!

1: ぬし ◆z9ftktNqPQ (帝国中央都市) 2018/08/22(水) 13:42:36.58 ID:/lZoaN+6
♪1.お昼ごはんまで眠らせて

梨子「果南さーん。起きてますか?」ヒョコ

果南「んー。ねてないよ…」ゴロ

梨子「ああ、もう。またフローリングに寝転がって。埃が付きますよ」

果南「んー。つかないよ…」ゴロ

梨子「すでに付いてますから」ヒョイ

果南「頭なでた?」

梨子「埃を取りました」

果南「なでないの?」

梨子「埃が付いちゃうから撫でません」

果南「んー…」モゾモゾ

心底面倒くさそうに唸りつつ、手をばたつかせる。

残念ながら、私が見立てたところ、果南さんの手が届きそうな範囲にはなにもない。

ドラゴンボール, HUNTER×HUNTER

1: ケイティ 2018/03/18(日)12:47:05 ID:gDC
【1】ハンター試験っちゅーものに参加すっぞ

需要があれば書く

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2016/08/24(水)15:57:30 ID:3lU
彡(゚)(゚)「今日は原ちゃんと温泉宿に来たやで~」

(´・ω・`)「温泉気持ちよかったね、お兄ちゃん」

彡(゚)(゚)「ご飯も美味かったな」

彡(゚)(゚)「でももうすることなくて退屈や。トランプでも持って来ればよかったわ」

|`°Ο°´|「………おい」

ラブライブ!

1: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/08/23(木) 04:25:55.11 ID:wPk7MnUa
ことり「ここがことりのおうちだよ」

凛「にゃああ~すっごい大きいにゃー!」

ことり「入ってどうぞ?」

凛「おじゃましますにゃー!」

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)18:10:29 ID:SlV
千尋「元気にしてた?」

カオナシ「……….」モジモジ

ラブライブ!

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/08/23(木) 04:34:06.90 ID:+Gp5UKt1
真姫「これをにこちゃんに飲ませれば…♪」

真姫「いつも憎まれ口ばかり叩くにこちゃんも、きっと本心を言ってくれるわ!」

真姫「でもその前に私もこの薬を飲んだほうがいいわね」

真姫「何せ私自身がツンデレなのだから、言いたいことを言えずに想いを遂げられないなんてことがないようにしないと」

真姫「じゃあレッツドープ」ゴッキュン

PAGE TOP