スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2016/08/18(木)22:20:51 ID:H8Q
ワイ「最近暑いんで散歩とかは行かせなくていいです。一応室内犬なので涼しい部屋に置いてくれると有り難いです。」
おばはん「OKよ~」
イッヌ「ハッハッハッ」

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2016/08/18(木)20:37:11 ID:e06
長瀬「あれ?リーダー何買ったんスか?」
城島「ああこれ?『世界に一つだけの花』のCD」
松岡「ばふぉぉごぅっ!!!!(むせる)」
山口・国分・長瀬「「「・・・は?」」」
松岡「げほげほごえげほg」
山口「何か・・・SMAPファンが購買運動してるってのは
ZIPで聞いたけど・・・」
国分「俺もビビットで聞いたけど」
城島「中居ちゃんと吾郎ちゃんは、最後の寮生同士やし、
中居ちゃんとはヒガシ君ちでも一緒やったし」
国分「俺だって中居君に死ぬ程パワプロつき合わされたけど。
でもあれさあ?謎だよね?」
長瀬「何でッスか?」
国分「だってCD買ったって、何になるの?事務所と
レコード会社と、槇原さんが喜ぶだけだよね?」
長瀬「レコード会社は、いいんじゃないですか?」
城島「そうや。中居ちゃん前からいろんな所で言うてたやんか。
デビューしてビックリする位売れへんくても、
『ビクターさんはずっと、売れない僕らを、
見捨てずにCD出し続けてくれた』て」

ガールズ&パンツァー

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/05(水)22:39:23 ID:ZSh
みほ「まさかこんなことになるなんて….」

西住家

しほ「まほ あなたモンストを知っていますか?」

まほ「はい たまにテレビのcmでみます あのパッパラパッパラ言ってる奴ですよね」

しほ「それはパズドラです」

まほ「それでそのパズドラがどうしたんですか?」

しほ「パズドラではありません…あのゲームに将来性はありませんから」

まほ「お母様!敵を作るような発言はやめてください!」

しほ「すいません では話を戻しますがモンストと言うのはなんとみんなで遊べるケータイゲームらしいのです」

まほ「最近のゲームはすごいですね」

しほ「あなたこのゲームを始めなさい」

まほ「なぜですか?」

しほ「まほ….あなたは学校で孤立してますね」

まほ「!?」

しほ「私に知らないことは何もないのです」

まほ「それとモンストに何の関係が!! モンスト をやれば友達ができるのですか!? 私が3年かけて手に入れられなかった物がケータイゲームで手に入るのですか!?」

しほ「手に入るわ モンストでマルチすればみんな仲良し 休日はみんなでキャンプよ まほは薪を集めなさい」

まほ「嫌です!私もテント組み立て係がいいです!」

・・・・・・・・・・

みほ「ってことがあって」

沙織「つまりどうゆうこと?」

みほ「お姉ちゃんがモンストを始めたんだけど部屋から出てこなくてなっちゃって」

ポケットモンスター

1: ◆lY96AQe/o2 2018/09/08(土)20:14:06 ID:Xpz
ポケモンスクール

ワイワイ

ククイ「えー……では、この間やったテストを返すぞー」

サトシ「えー!?」ガタッ

ククイ「どうしたサトシー?そんなふいうちをくらっちまったみたいな顔してー」ジトー

サトシ「いや…ハハハ…」

ピカチュウ「ピカピ…」

スイレン(この間のテスト……どうしよう……苦手なとこばっかりだったから正直自信ない……)

スイレン(……点数悪かったらお母さんに怒られる……)ゾクッ

アシマリ「アウ」

ガヴリールドロップアウト

1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/12(火)21:57:40 ID:JwN
ガヴリール「サーバーメンテ中だから暇だ…。」ゴロゴロ

ヴィーネ「せっかくの休みなのに、どこも混んでるなんてね」スクッ

サターニャ「何か暇潰しの遊びはないのかしら?」ゴロゴロ

ラフィエル「では、サターニャを導っt」ニコニコ

サターニャ「それ以外でよ!?」

ラフィエル「では、しりとりでもしましょうか」

ガヴリール「しりとり?」ムクッ

ヴィーネ「それ、暇潰しの遊ぶに最適ね!」

サターニャ「いいじゃないの。負けないわよ!」ムクッ

THE IDOLM@STER

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)01:03:44 ID:lg8
P「はぁーやっと仕事終わったぁー」

P「……疲れたなぁ」

P「楓さんとゆったりしたいなぁ」

楓「レッスン終わりました」ガチャ

P「あっ、楓さん」

楓「……」

P(聞かれてたか……?)

楓「いつもお仕事お疲れ様です」

P(聞かれてなかったみたいだ)

楓「ところで私とゆったりしたいってどういうことですか?」

P(聞かれてたみたいだ)

THE IDOLM@STER

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)04:13:38 ID:MVA
【閲覧注意】
このSSはかなり内容が痛いです。いたたたたた。
それでも見たいという人はどうぞ。

THE IDOLM@STER

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/11(火)18:59:47 ID:LzJ
琴葉「プロデューサー、今度の仕事で少し気になるところが…」ガチャッ

美咲「あ、琴葉ちゃん。プロデューサーさんならさっき飲み物を買ってくるって出ていきましたよー」

琴葉「あぁ…そうでしたか…」

美咲「多分もうすぐ戻ってくると思います。それじゃ私、音無先輩に呼ばれているんで事務所の方に行ってきますね!」

琴葉「あっ、はい」

ガチャッ バタン

琴葉「んー…戻ってくるならここで待って…」チラッ

デスクの上「」グチャァ

琴葉(あれ、このデスク…プロデューサーのかな?)

琴葉(こんなに散らかして…でも、これは私たちの為にいつも頑張ってくれている証だよね…)

琴葉「…お返しに出来ることは少ないけど、せめて片付けくらいはしてあげなきゃ…」

ガヴリールドロップアウト

1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/23(水)18:39:02 ID:6a4
※オリジナルキャラクターが登場します。

ラフィエル「で、サターニャさんを導ったらなんと…」クスクス

ヴィーネ「へぇ~、そんな事がっ!?」

サターニャ「それはアンタが脅かすからでしょ!?」

ガヴリール「そういう展開になったのは、サターニャが単純だからだろ」

サターニャ「単純ってなによ、単純って!?」

THE IDOLM@STER

1: ◆Vysj.4B9aySt 2018/09/09(日)20:53:46 ID:lHT
――私がまだ病弱だった頃、姉はいつも世話を焼いてくれた

――私が少しながらも自由が利くようになり、その姉がアイドルを目指すことになったのは今からほんの数年前

――アイドルになりたての姉は毎日経過報告をしてきた

ネネ「あのね、しーちゃん。今日マストレさんに歌を褒めてもらったんだ!」ウキウキ

ネネ「今日は失敗しちゃった……せっかくのバックダンスのお仕事だったのに」ドヨーン

――やがて話題は一つのことで纏まるようになった

ネネ「またプロデューサーさんってば、ゼリーとか栄養ドリンクで昼食を取っていたんだよ」

ネネ「えへへ、今日プロデューサーさんにお弁当をあげたら喜んでくれたんだ」

――私はこのとき、なんて横着な人なんだろう。アイドルにお昼をたかるだなんて

――そんな人に姉を任せていいのかと思っていた

――そう、実際に自分が出会うまでは

PAGE TOP