スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

サザエさん

1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)20:36:47 ID:esU
カツオ「姉さん、前々から思ってたんだけど、なんで置き傘しないの?」

サザエ「置き傘?」

カツオ「だっていつも急な雨の度に誰かが傘を持って行ってるじゃん。会社に置き傘してこればいいでしょ」

サザエ「何馬鹿な事言ってるの。余分な傘を買うお金なんてうちにはないわ」

カツオ「傘なんてコンビニで500円で買えるでしょ。ってか家族に持ってこさせるくらいならコンビニで買えばいいじゃん」

サザエ「バカな事言ってないで早く持って行きなさい」

カツオ「はぁ…わかったよ」

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/08(火)23:30:40 ID:BoD
城島「邪馬台国やねんけど」
松岡「何?またこの人何言い出したの?」
国分「邪馬台国って邪馬台国?」
山口「この頃地図とにらめっこしてたのそれ?」
長瀬「邪馬台国って何だっけ?」

ラブライブ!

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/08/15(水) 01:14:47.40 ID:BoIym8PA
从/*^ヮ^§从メイ*σ ᴗ σリ(*> ᴗ •*)ゞノcノ,,・o・,,ノレ¶cリ˘ヮ˚)|⌒°( ^ω^)°⌒

|c||^.- ^||「嘘でしょう…?」

∫∫( c||^ヮ^||「ホントなんだよな~ん」

ノξソ>ω<ハ6「あまり変なこと言わない方がいいわよ。傷つくから」

|c||^.- ^||「うう…わからない。わからないままで…」

NARUTO

1: 名無しさん@おーぷん 2015/11/07(土)15:50:24 ID:hv2
彡(゚)(゚)「なんでワイなんですか!ワイ上忍なりたてですよ!」

ヒルゼン「だってお主…」

彡(゚)(゚)「嫌やわ!どうしてもっていうなら金114514両持ってこいや!」

ヒルゼン「よし、分かった」ドサッ

彡(゚)(゚)「ファッ!?」

ヒルゼン「では、頼むぞ ワシは木の葉丸と遊んでくる」

彡(゚)(゚)「お、おい待てやクソジジイ!」

ドラゴンボール

1: 名無しさん@おーぷん 2015/11/02(月)11:37:18 ID:PLK
悟空「ラーメン食う前ぇに高菜食ったら味が分からなくなんだろ!家にけぇれ!」

新世紀エヴァンゲリオン

1: 名無しさん@おーぷん 2015/10/22(木)00:45:55 ID:HGp
シンジ「勝手に飲んだな僕のジュース!お茶ならあるだろin the 急須!」

アスカ「ケチ臭いわねー。オレンジジュースの気分だったのよ」

シンジ「…ファック!」

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/10(火)00:05:55 ID:30x
(*^◯^*)「最下位の危機を逃れたベイスを待っていたのは、また地獄だった。
身売りの後に住み着いた負け癖と炎上。
拝金主義が生み出したソドムのチーム。
悪徳と野心、頽廃と混沌とを横浜スタジアムにかけてブチまけた、
ここはセ・リーグのゴミ溜め。

次回『三連戦』。
来週もベイスと地獄に付き合ってもらう。」

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2015/11/06(金)20:41:54 ID:rks
女勇者「目標を失うと人生ってダメになるよね!」

女勇者「だから、新しい目標を作ろう! ていうか、作るって決めたもん!」

女勇者「よし! 次の目標は>>2にしよ!」

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2015/11/02(月)00:45:27 ID:Vfr
例の小料理屋の外伝を書いてみたやで
元のお話書いてる方は外伝とか許可しとったけど
荒れる事もあると思って小料理屋の名前は明言してないで
なるべく元の雰囲気を壊さんように配慮してるつもりやけど
あくまでこれは二次創作で元のヤツとは関係ないことをあらかじめ言っておくやで

彡(゚)(゚)うまっ! この天ぷら最高ですやん…

(´・ω・`)トントントン

彡(゚)(゚)はあ、やっぱこの時期は食べ物が旨い

彡(゚)(゚)そして食べ物がうまいと酒も進む! グビー

彡(゚)(゚)大将ポン酒おかわりっ!

(´・ω・`)はいはい、ちょっと待ってくださいね

ラブライブ!

1: 家 ◆YmvLytuhUo (やわらか銀行) 2018/08/14(火) 05:21:43.04 ID:qqnn0pCF
花丸「あれ……? ダイヤさん…? ここは…」

ダイヤ「私の部屋ですわ」

花丸「ダイヤさんの……」ボーッ

ダイヤ「ええ、忘れてしまいましたか?」

花丸「……うーん…」

ダイヤ「フフッ…今お茶を淹れてきます、それまでにゆっくり思い出してくださいね」スッ

花丸「あっ、はい……」

花丸「……えーと、マルは確か…」

──

PAGE TOP