スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/11(金) 00:55:12.54 ID:iNZmODUh0
凛「」スワリー

P「」スワラレー

みく「そんなことしてるとPチャンがお仕事できないでしょ!さっさとどくにゃあ!もう!」

凛「でもプロデューサー、今って休憩だよね?」

P「そうだな。なんなら一生ここにいてくれても良いんだぞ?」

凛「一生って。それまさか告白のつもりじゃないよね?」

P「俺は凛とずっと生きられるなら本望なんだけどなー」

凛「もう…//」

みく「にゃああああああ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1525967712

THE IDOLM@STER

1: ◆ZPeiC.fEiIy7 2014/06/20(金) 19:37:09.26 ID:yuSMfWqT0
・モバマス
・誕生日SS
・キャラ崩壊とかはあると思います
・文章力とか酷いです

それでは書いていきます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403260628

艦隊これくしょん -艦これ-

2: ◆sYmms.Q0Cw 2016/03/21(月) 20:00:45.88 ID:hdLy9VSk0
青葉型の部屋 

ガチャ

青葉「き~ぬがさっ!!」ギュッ

衣笠「何?青葉?」

青葉「今、取材が終わって帰りました!!衣笠はいい子にしてましたか?」

衣笠「ちょっと。お風呂入った後なんだから触らないでよ」ゲシッ

青葉「これ!今日取材した先で買ってきたシュークリームのおみやげです!食べますか?」

衣笠「後で食べるから適当に置いといて」

青葉「それじゃあ今日、取材の途中で見つけたおかしな雑貨屋さん聞きます?これがインチキ臭い人形ばっかり売ってて」クィッ

衣笠「いい」

青葉「釣れないな~。もしかして、もう寝るところでしたか?」

衣笠「そうじゃない。」

青葉「分かりました!衣笠はこの前体重を気にしてたし、甘いモノは控えていたとか!」

衣笠「もう!さっさとお風呂入ってきて!」

青葉「はい……それじゃあお風呂に入ってきますね」

衣笠「……」

青葉(はぁ……また今日も口聞いてもらえなかった)

神のみぞ知るセカイ, 魔法少女まどか☆マギカ

1: ◆y1Ir/Q233o 2013/10/22(火) 18:00:15.74 ID:SAg2RAIM0

「出た~~!! 駆け魂、勾留♪♪」

「……貴方は、何者なの……」

「――――――――僕は神。落とし神だ」

「落とし、神……」

「連れて行くよ、エンディングへ」

「さぁ、一緒に行こう」

      「神のみぞ知るセカイ」×「魔法少女まどか☆マギカ」

           『神のみぞ知る魔法少女』

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382432415

俺の妹がこんなに可愛いわけがない, 涼宮ハルヒの憂鬱, ソードアート・オンライン, とある魔術の禁書目録, 僕は友達が少ない, やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/19(土) 22:55:21.79 ID:1ycecHxk0
あの頃の俺達は、ワケもなく数を取り続けていた・・・・

俺達の伝説!カリスマ暴走族!

なんと今夜は数々な作品の主人公が数取団に殴りこみぃ!

主人公補正なんて意味がねぇ!

何故なら今日は全員が主人公なのだからぁ!

俺達と行こうぜ!無限大の彼方へ!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397915721

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/27(火) 21:07:56.92 ID:JxGJwciO0

提督「ほらJervis、遠征もあるわけだし、みんな見てるから…」アセアセ

提督「あ、五月雨!ちょっと食後の珈琲淹れてもらえるか?」

五月雨「!はいっ!いつもの淹れて…」パァッ

Jervis「What?Coffeeが欲しいの?じゃあ、今淹れてくるね!」タタタッ

五月雨「っ…!」

時雨「さ、五月雨っ、そんなに睨まなくても良いんじゃないかなっ」アタフタ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1522152476

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/08(火) 19:17:47.67 ID:3pYwsTG30
偉人「ワシは遠い昔に死んだはずの人間である」

偉人「しかし、ある目的があって、一時的に現世によみがえる許可を得た」

偉人「あまり時間はない……誰か現世の人間はおらんものか」キョロキョロ

子供「……」テクテク

偉人「おお、子供がいるではないか。さっそく話しかけてみよう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1525774667

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆yHRoXjoviS75 2016/04/03(日) 08:35:30.42 ID:9U/n2/aH0
瑞鶴が目を覚ますとそこは海の上だった。しばらくぼうっとしていたが、沈んだ際に切れたはずの艦とのリンクを感じ取ると意識は一気に覚醒し、瞬時に戦闘態勢に入った。
しかしよくよく辺りを見回してみるとただただ穏やかな海が広がるばかりであり、敵艦隊どころか敵航空隊の影すら見えない。ひとまず警戒を解くと彼女は妙なことに気がついた。
艦とのリンクがあの頃と比べて微弱だというのもあるが、なによりも艦が巨大すぎるのである。以前の「自分」の優に数十倍はあろう。
この妙な事態に首を傾げていた瑞鶴であったが、なにはともあれ情報収集だと遠くに見える町へ向かうことにした。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459640130

THE IDOLM@STER

1: ◆uK0l/KjPyl6F 2018/05/10(木) 04:15:28.94 ID:mgB+o41Y0
初投稿です!
設定とか喋り方とかがガバガバなのは多めに見てください!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1525893328

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/10(木) 07:18:30.75 ID:4bUMaSRA0
真乃「はい。めぐるちゃんが、楽しそうだからって持ってきたんです」

灯織「め、めぐる……足が邪魔……!」プルプル

めぐる「しょうがないよー。こういう指示なんだもん」

P「それで今ちょうどやってるところか」

めぐる「えへへ、楽しいよー! 体を柔らかくできるし」

灯織「こんなので柔らかくなったら苦労は……きゃっ!?」

バタンッ

めぐる「はい灯織の負けー!」

灯織「今のは、めぐるが体重をかけてきたせいでしょ。上から降りて」

めぐる「ごめんごめん」ササッ

真乃「これで優勝はめぐるちゃん! さすがだねっ」

P(トーナメント戦だったのか……)

めぐる「優勝っていい響きだねー!」

めぐる「あ! ねえねえ、プロデューサーもやらない?」

P「は?」

めぐる「やろうよ! シード枠で、私と対戦しよう!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1525904310

PAGE TOP