スポンサーリンク

フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/05(金) 17:59:15.04 ID:tuLtIjyk0
ーーーー
ーー鎮守府

陽炎「不知火、はいバレンタインチョコ」

不知火「えぇ……」ヒキ

陽炎「ちょ、何で引いてるのよ!」

不知火「陽炎、不知火にはそのような趣味は……」

陽炎「ち、違うわよ! 友チョコよ! 友チョコ!」

不知火「友チョコ?」

陽炎「え、知らないの友チョコ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470387554

弱虫ペダル

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/12(金) 03:52:05.19 ID:UlBy62/w0
小野田「うん。アキバが舞台のアニメでね、学校の廃校を阻止するために集まった九人の女の子達がアイドルを……もがっ」

小野田「ど、どうしたの今泉君?」

今泉「どうしたのじゃねーよ! いきなりアニメのBD渡してきていきなり語り出すな!」

小野田「はっ!…ご、ごめん」

ヒソヒソヒソヒソ…

今泉(くっ…これじゃあ俺もオタクみてーに見られるじゃねえか…)

小野田「でも今泉君はラブ☆ヒメ楽しんで見てくれてるみたいだからさ、きっとこれも合うと思って」

今泉「た、楽しんでねえよ…………ねえよ」

小野田「それじゃ後で感想聞かせてね!

今泉「おい小野田! 俺は見るとは言ってな……」

今泉「……ちっ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418323915

THE IDOLM@STER

1: ◆10Upq4MUWY 2018/02/15(木) 01:43:13.87 ID:cgXo1v5h0
おことわり
・多少日本語・口調がおかしいところはございますが、お見逃しください。
・かなり設定をいじっており、キャラ崩壊・オリジナル設定も多々あります。
・回想内は本人以外聞こえておりません
・天の声(CV:芳乃)はこのSSの登場人物には聞こえてません。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518626593

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/18(日) 20:10:57.57 ID:W6e3Wp1Y0

八幡「最近夜眠れなくて困ってるんだ」

戸塚「え、なんか悩み事?」

八幡「妄想が盛り上がりすぎて寝れない」

戸塚「夜ふかしは良くないよー」

八幡「そんな寝苦しい夜でも抱き枕があれば安眠できと思うんだ。かわいい女の子のイラスト付きならなお良し」

戸塚「あー・・・あの女の子がちょっとはだけてるやつね!」

八幡「ゆきのんとかゆいゆいの抱き枕カバー出ないかな・・・。白のスク水とかがいいな」

雪ノ下「・・・」

由比ヶ浜「・・・」

戸塚「いや売ってないでしょ・・・」

八幡「と、思うだろ?ひょっとしたらあるんじゃねって思ってググってみたんだよ。”雪ノ下雪乃 抱き枕””由比ヶ浜結衣 抱き枕””戸塚彩加 抱き枕”で」

戸塚「ちょっと!どさくさに紛れて僕のも検索するのやめてよ!」

八幡「そうしたらな・・・」

戸塚「えっ・・・あるの?!」

八幡「なかった・・・」

戸塚「だよねー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445166657

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 09:25:40.77 ID:1jivTcwP0
このSSには、過度の昼ドラ描写があります
苦手な方はブラウザバック推奨です
電はケッコン後は司令官呼びですのでそれを採用しております

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518654340

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 16:08:15.10 ID:el8FF83so
男「な、なんだよあんた…」

女「本当に満足してますか?」

男「あ、当たり前だろうが! 一本満足バーはなぁ、一本で満足できるように作られてるんだよ! トーシロはカロリーメイトでも食べてろ!」

女「……本当は二本、食べたいんでしょう?」

男「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515654494

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/15(木) 14:30:51.80 ID:JqM3awyV0
P「頼ってる頼ってる」

結華「ホントかなー?」

P「本当に。いつもお世話になっております」

結華「いやぁ、それほどでも……あるけど!」

P「あるのか」

結華「あるよあるよありますよー。なんたって、三峰だし?」

P「お前そういうところは本当調子良いよな」

結華「悪いよりは良い方がいいでしょ?」

P「可愛げはないけどな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518672651

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/14(日) 07:34:30.31 ID:tllqAPyAo
従者「え?」

勇者「だからさ、魔王はもう生まれなくなっただろ」

従者「はぁ・・・」

勇者「なのに勇者は生まれる、なんで?」

従者「いや・・・それは・・・」

勇者「勇者ってのは魔王討伐のための人間のことだろ?なのになんで魔王が居ないのに俺がいるんだよ」

従者「・・・魔族と人間が手を取り合ったからですね・・・魔王は称号であり勇者は生来の素質ですから」

勇者「でもわざわざ俺にも称号つける意味無いよね?その辺にいる魔族耐性持ちのちょっと強い人でいいよね」

従者「あっ、でもあれですよ!魔王は居ませんけれど魔族長なら居ます!」

勇者「そいつ殺しに行くの?」

従者「行くわけないじゃないですか!馬鹿ですか!?」

勇者「でしょ~・・・?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515882869

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 18:00:37.33 ID:i8kqGCrS0
事務所から外に出ると冷えた空気が頬をはたきます。
11月の末とはいえ、この冷え込みは相当です。

夜空には厚く雲がかかっていて星は隠れていますが、見上げた視線をゆっくり落としていくと、街のあちこちでイルミネーションが輝いています。
迎えの車を待ちながら、私は人工的な星の瞬きを眺めていました。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480150836

ラブライブ!

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/05(金) 23:52:13.67 ID:uQr3pCeNO
ことり「違うの?」

海未「いえ……勿論好きですよ?」

ことり「幼なじみとして?」

海未「ええ」

ことり「うーん、ことりが言ってるのはそういう事じゃなくってね……」

海未「違います?」

ことり「ちょっと違うかも……」

海未「そうですか……難しいですね」

ことり「ねえねえ、海未ちゃんはことりのどんな所が好き?」

海未「いつも優しくニコニコとしている所です」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515163933

PAGE TOP