フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサードリンク

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 23:17:02.37 ID:A6ibG+pUo
【モバマスSS】です

 閲覧注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483971422

艦隊これくしょん -艦これ-, ガンダムシリーズ

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/09(火) 22:16:52.38 ID:KVDPvKpj0

止まらなかったオルガはひょんなことから命を落とし、そのままなろう的な感じで異世界(艦これ世界)へ転生したのだった。

提督となったオルガは、艦娘たちに自分のことを「団長」と呼ばせ、女の子(艦娘)だらけの鉄華団を再興する。

そして1年の月日が流れた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515503812

ラブライブ!

1: 名無しで叶える物語(神宮) 2018/01/10(水) 21:39:48.40 ID:ky7edTkA

花丸「ずらずら~」

千歌「邪魔だ邪魔だどけどけ~」

花丸「ずらずら~」

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/01/07(日) 22:53:24.51 ID:ZmZJuJl40
アイドルマスターシンデレラガールズです。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆7l.cHa6lArh7 2015/09/18(金) 07:52:19.74 ID:+YF7p1Zm0
いつもお世話になっております。346プロダクション所属のプロデューサー、比企谷八幡です。
弊社のアイドルをよろしくお願い致します。

・・・まずい、最初に思いついた挨拶がすでに社畜と化している。
どうしてこうなった・・・。

卯月「プロデューサーさん、お仕事の時間ですよ!」

未央「なーにブツブツいってんのー?」

凛「気持ち悪いよ?」

はぁ、また仕事か・・・。
てか気持ち悪いってなんだよ。泣いちゃうぞ?

と、そこで一人の少女が近づいて声をかけてきた。

美嘉「ほら、いくよ、プロデューサー★」

八幡「ん、わかった。卯月、未央、凛・・・美嘉。準備できてるか?」

卯月「はい♪」

未央「ばっちしだよっ!」

凛「うん、大丈夫」

美嘉「もっちろん。それじゃあプロデューサー、今日もヨロシクね★」

八幡「おう、それじゃあいくか・・・」

これは、一人のぼっちがなぜかアイドルのプロデューサーになるという、ちょっとしたお話である。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442530339

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/10(水) 00:03:55.87 ID:MolQL9rh0
初投稿です。

~居酒屋~
P  「・・・・・・」
ちひろ「・・・何か問題でも?」
P  「いえ・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515510235

ラブライブ!

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/04(木) 23:59:29.70 ID:jwenM9eCO
松浦果南…。並外れた身体能力を持つポニーテールが特徴の海が大好きな少女。そんな彼女の事を我々はどれだけ知っているのか?

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515077969

名探偵コナン

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 20:36:53.94 ID:4oDdyyHw0
阿笠「出来たぞ、ボタン連打用定規じゃ」

コナン「連打用定規じゃってただの定規じゃねーか何言ってんだ?」

阿笠「なんじゃ知らんのか?昔は連射スイッチなんぞもなかったから、これを使って連射したもんじゃ」

コナン「ほーん!で、どうやって使うんだ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463139413

THE IDOLM@STER

1: ◆h8PchLJM6BH7 2017/09/27(水)09:27:30 ID:Cxe

モバP(以下P表記)「本当か藍子! ・・・いや、え? 藍子?」

藍子「えへへ、一度言ってみたくて~♪」

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 20:07:32.78 ID:bPMxPB440
提督「一体どうしたんだ翔鶴!」

翔鶴「て、提督! 私にも何が何だか・・・!」

翔鶴「弓道場まで行こうとしたら、突然誰かに掴まれて・・・」

翔鶴「無理矢理この塀に突っ込まれたんです・・・!」グス

提督「何ということだ・・・! 一体誰がこんな酷いことを・・・!?」

提督「怪我はないか!?」

翔鶴「だ、大丈夫です・・・」

提督「とにかく今助けてやるからな!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477739252

PAGE TOP